Platinum Kubera FX【検証とレビュー】

Platinum Kubera FX【検証とレビュー】

Platinum Kubera FX【検証とレビュー】

A評価商材

「Platinum Kubera FX」とはどんなFX商材か?

Platinum Kubera FXは6つのロジックを搭載したシグナルツールだ

Platinum Kubera FX(プラチナクベーラFX)をレビューします。

Kubera(クベーラ)とはサンスクリット語です。ヒンドゥー教の神話に出てくる「お金の神様」の名前です。日本でいうところの「毘沙門天様」と同じキャラクターです。なかなか凝った名前をつけますね。ちなみに、「ガネーシャ」も同じヒンドゥー教の神様(智慧と幸運の神)です。

Platinum Kubera FXは、過去にリリースされた「TURBO FX」「PLATINUM TURBO FX 」のさらなる進化版という位置づけです。

Platinum Kubera FX タイトル:Platinum Kubera FX
販売:BELLSTONE株式会社
メディア:PDF・インジケーター
発売日:2016年12月08日
Platinum Kubera FX【公式サイト】

あらゆる相場局面を逃さない6種ポートフォリオ型シグナルツール

Platinum Kubera FX最大の特徴は、6種のロジックを搭載したことです。それらが相互補完することでツールの安定性を高めています。

  1. 押し目・戻り狙い
  2. トレンド初動狙い
  3. レンジ逆張り
  4. 短期反転狙い
  5. 中期反転狙い
  6. トレンド転換狙い

どんな局面でもトレードしたいというユーザーには、うってつけのツールですね。

推奨通貨ペア及び推奨時間足は以下の2つ。

  1. USDJPY(5分足・1時間足)
  2. GBPJPY(1時間足)

【シンプルイズベスト】仕掛けと手仕舞いポイントが6つのロジックごとに表示される

「Platinum Kubera FX」のシグナルは非常にシンプルです。

6種のロジックごとに番号が振られたシグナルが表示されます。わかりやすい動画を貼っておきます。

細かくシグナルを見ていきます。

Platinum Kubera FXチャートその1

Platinum Kubera FXチャートその1

Platinum Kubera FXチャートその2

Platinum Kubera FXチャートその2

Platinum Kubera FXチャートその3

Platinum Kubera FXチャートその3

Platinum Kubera FXチャートその4

Platinum Kubera FXチャートその4

シグナル精度は比較的高いですが、当然「負けトレード」もあります。勝率は50%前後ですね。

勝率は各ロジックによって偏りがあり、「押し目・戻し狙い」ロジック(①)ではおおむね60%前後。「トレンド初速狙い」ロジック(②)はおおむね30〜35%というところです。勝率が高いほうが望ましいならば、①のロジック(押し目・戻し狙い)シグナルに絞ってトレードするのもアリでしょう。

ご覧の通り、チャートは非常にシンプルで一目瞭然です。各番号が6種のロジックに対応しており、EntryとExitの番号も対応しています。

さらに同包される「ピボット」「MTF一目均衡表」インジケーターを重ねて表示させることで、相場背景を加えた裁量判断が可能となります。

Platinum Kubera FX タイトル:Platinum Kubera FX
販売:BELLSTONE株式会社
メディア:PDF・インジケーター
発売日:2016年12月08日
Platinum Kubera FX【公式サイト】

「Platinum Kubera FX」のEAはあくまで”検証用”

販売ページには次のとおり記載があります。

エントリー、利益確定、ストップロス、全てシグナル表示に従い、完全無裁量の機械的トレードが可能です。

つまりEAとしての自動売買が可能ということですね。実際のところ「Platinum Kubera FX」にはEAが標準で添付されています。

一方で「裁量」を推奨する文言も記載されています。

しかし、どの様な手法でもそうですが、得意な相場、苦手な相場、勝ち易いタイミング、負けやすいタイミングがあります。

また、明確にルール化して精度高くシグナルに落とし込む事が難しい内容は、人間が判断した方が良い事もあります。

この様なシグナルでは対応できない事を補い、精度を上げる事を目的として、裁量判断を取り入れる事は効果があります。

シグナルトレードをベースとして、取り入れ易く効果の高い裁量ノウハウを多数ユーザーサイトにて解説しています。

完全無裁量を謳(うた)いかつEA(自動売買ツール)も提供されているので、EA稼働させておけば、完全ほったらかしで利益を上げてくれると思いがちですが、それはリスクが大きく危険な行為です。

EAはあくまで過去データに基づいてカーブフィッティングされたものです。つまり机上トレードによる結果に過ぎません。いきなり「Platinum Kubera FX」のEAを実践で稼働させるという愚行は犯すべきではありません。

「無裁量で負けた?だから裁量判断してって言ったよね?」ということになりかねません。提供されるEAはあくまで検証用として活用すべきです。

「Platinum Kubera FX」のシグナルを鵜呑みにするのではなく、あくまで参考程度にしておき、裁量を大いに加えることでトレードの精度をあげていく努力が求められます。そのために販売者から「裁量マニュアル」が提供されているのです。

「Platinum Kubera FX」のシグナルは「(過去データでは)このポイントで仕掛けると利益が出たよ」という意味しかありません。過去においては優位性があったという事実であり、将来的にも優位性が担保されているわけではありません。「Platinum Kubera FX」のEAはあくまで検証用として活用するべきです。

念のためEAを稼働させることのできるブローカーは以下の3社です。

  • TitanFX
  • AXIORY
  • FXDD

6種類のロジック完全公開は高く評価

「Platinum Kubera FX」が搭載する6つのロジックがすべてマニュアル内で公開されています。この姿勢は高く評価できます。前作「PLATINUM TURBO FX」もロジックは100%完全公開されていました。

ブラックボックス化せずに、ロジックを公開することは販売者としては勇気のいることです。シグナルツールのロジックはできれば隠しておきたいというのが一般的な販売者の本音でしょう。

ロジックを公開することで、仮にシグナルが不調をきたしても「なぜ今負けたのか?」をユーザーが検証することが可能になります。各ロジックの得手不得手な相場局面を知ることで、仕掛けるかどうかの裁量判断を取り入れやすくなります。

「Platinum Kubera FX」パラメーターで6種のロジックを個別に「オンオフ」することも可能です。

「Platinum Kubera FX」の欠点

Platinum Kubera FXのデメリットについて触れておきます。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

1.EAはあくまで検証用にすぎないということ

記事中でも触れましたが、提供されるEAはあくまで検証用です。EAを稼働させても素晴らしい成績は期待できません。なぜならEAは過去データにもとづいて最適化されているからです。EAは各ロジックの検証用として使うことをおすすめします。どんな局面で利益を出しやすいのか?そしてどんな局面を苦手とするのか?それらを過去チャートで容易に検証できるツールとしてEAを活用するべきですね。

2.半裁量・半システムということ

完全無裁量との記述が販売ページに見られます。しかし完全無裁量で使用することはおすすめできません。せっかくロジックが詳細に解説されているのですから、むしろ裁量を大いに加えてシグナルを精査すべきです。自分の得意なパターンを補完し、精度を高めるためにPlatinum Kubera FXを活用することをおすすめします。

3.勝率は50%前後

勝率は決して高くありません。高勝率を求めるユーザーには物足りなさを感じさせるかもしれません。ただ、50%という勝率はこの手のツールではむしろ適切であると考えています。極端に高い勝率は見栄えが良いですが、実践としては使い物にならないケースが多いのです。勝率を高めることは簡単です。損切りを極端に深くするか、ナンピンマーチンでハイリスクなトレードをすれば良いのです。しかしそれらの手法は現実的ではありません。むしろ50%前後に勝率をおさえることで、損小利大を狙うことが可能になります。細かく損切りをし、取れるときは大きく取る。現実的なトレードといえます。

今ひとつ
  • EAはあくまで検証用にすぎないということ
  • 半裁量・半システムということ
  • 勝率は50%前後

「Platinum Kubera FX」の評価ポイント

次にPlatinum Kubera FXの評価できるポイントです。

1.6種ものロジックを搭載したことであらゆる相場環境でのトレードが可能

6種類の異なったロジックが1つのツールに搭載されています。

  1. 押し目・戻り狙い
  2. トレンド初動狙い
  3. レンジ逆張り
  4. 短期反転狙い
  5. 中期反転狙い
  6. トレンド転換狙い

対応通貨ペアは2つ(USDJPY・GBPJPY)ですが、6つのロジックを搭載することで、ほぼすべての相場局面でエントリーが可能となります。デイトレーダーや専業トレーダーに最適なツールといえますね。

2.シグナルロジックが完全公開されることでアレンジや応用が可能

この商材の最も評価できるポイント、それが「ロジック完全公開」です。シグナルツールにありがちな「ブラックボックス」ではありません。各ロジックごとに仔細な解説が用意されています。ロジックが公開されていることで、万が一ツールが不調でも安心してトレードすることが可能になります。またロジックのアレンジや応用も可能となります。

3.EA提供で過去チャートにおけるロジックの検証が容易

EAが提供されることで、過去チャートで各ロジックの優位性を検証することが可能です。とてもありがたいですね。

ここがマル
  • 6種ものロジックを搭載することであらゆる相場環境でのトレードが可能
  • シグナルロジックが完全公開されることでアレンジや応用が可能
  • EA提供で過去チャートにおけるロジックの検証が容易

「Platinum Kubera FX」総合評価

A評価商材

【結論】6種のロジックが相互補完し合うポートフォリオ型のシグナルツールは使い勝手がよく「シグナル精度」も高い
あらゆる相場局面で取引したいというデイトレーダーのニーズにマッチした”よくばりツール”
実践用だけでなく各種ロジックを学習する「教材」としても最適
シグナルツール食わず嫌いな人にオススメしたい良商材

6種類ものロジックが組み込まれたポートフォリオ型シグナルツールです。あらゆる相場局面でトレードをしたいというユーザーのニーズに応えた欲張りなツールといえます。

ロジック詳細も完全に公開されており、ロジックを学ぶための教材としても活用することができます。提供されるEAを使えば、過去チャートにおける各ロジックの精度をチェックすることも可能です。

6つのロジックすべてをマスターするのも良いでしょう。もしくは6つの中から自分にマッチしたロジック(自分が勝ちやすいロジック)を選択し、裁量を加えることで優位性をさらに高めていくこともアリです。

シグナルツールに対して食わず嫌いな人ほど、このツールをおすすめしたくなります。

今ひとつ
  • EAはあくまで検証用にすぎないということ
  • 半裁量・半システムということ
  • 勝率は50%前後
ここがマル
  • 6種ものロジックを搭載することであらゆる相場環境でのトレードが可能
  • シグナルロジックが完全公開されることでアレンジや応用が可能
  • EA提供で過去チャートにおけるロジックの検証が容易

「Platinum Kubera FX」を購入したほうが良い人

  • 様々なロジックを学びたい人
  • あらゆる相場局面でトレードしたい人
  • シグナルのロジックの精度を過去チャート(EA)でチェックしたい人
  • 勝率は50%前後でも十分だと考えている人

「Platinum Kubera FX」を購入しないほうが良い人

  • 完全無裁量のツールを求めている人
  • EAだけでほったらかしトレードをしたい人
  • 高勝率(60〜70%以上)のツールを探している人
Platinum Kubera FX タイトル:Platinum Kubera FX
販売:BELLSTONE株式会社
メディア:PDF・インジケーター
発売日:2016年12月08日
Platinum Kubera FX【公式サイト】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

ライントレードFX商材を比較してみる

ライントレード商材が増加傾向にある ここ最近の傾向ですが、ライントレード商材を多く見かけるようになりました。一方、MT4のインディケーターや、シグナル系の商材は、元気が無いですね。…

含み損をかかえた「全コピFX」が募集を再開?

全コピFXのその後 前回の記事で全コピFXが壊滅的な状態になっていることをお伝えしました。 全コピFXで強制ロスカットが続発 全コピFXの主力トレーダーである全力男氏が莫大な含み損…

TradeMax Zillion 【検証とレビュー】

書籍も出されている柳原卓丸氏のEA TradeMax Zillionは、榊原卓丸氏による自動売買システム(EA)です。榊原卓丸氏といえば、以前に書籍を出版されていましたね。「ほった…

大市民流FX資産構築メソッド
大市民流FX資産構築メソッド【検証とレビュー】その2

「大市民流FX資産構築メソッド」の中身を解説 PDFファイル107ページ(本編60ページ、特典・特別レポート47ページ) さっそく「大市民流FX資産構築メソッド」の中身を解説してい…

ビクトリーメソッドアドバンスの販売会社が変更になった

ビクトリーメソッドアドバンスの販売会社変更が変更になりました 当サイトで高い評価のビクトリーメソッドアドバンス(VMA)ですが、2014年9月1日より販売会社が変更になりました。 …

FXplus3 Pistachio(ピスタチオ) 【検証とレビュー】

前作のFXplus2 Essentialについて FXplus3 Pistachio(ピスタチオ)が気になる方が多いみたいです。この販売者は、以前、FXplus2 Essentia…

Free Tribe(フリートライブ) 【検証とレビュー】

会員50人に1億円以上稼がせたFreeTribe 今回も、読者様からの情報を元に、記事を書いています。ご紹介する商材は、FreeTribe(フリートライブ)です。とりあえず、こちら…

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に

ドル円が92円台まで上昇 円が92円台をうろうろしています。アベノミクスによる円安誘導が明らかに機能していますね。国内株式も円安につられるように株高が進行しています。約2ヶ月半で8…

Ava Swing System
Ava Swing System(エヴァスイングシステム)【検証とレビュー】

『Ava Swing System(エヴァスイングシステム)』検証とレビュー FX”先進国”の「日本」 FXが最も盛んな国はどこでしょう。言わずと知れた「日本」です。この事実は各種…

FXスキャル・パーフェクトシグナル会員限定オンラインセミナーを視聴した感想

会員限定オンラインセミナーの案内が届いた FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入したその日に、以下の様なメールが届きました。 こんばんは、 SPSサポート事務局です。 講師の奥谷…

FXブルーBOX
FXブルーBOX【検証とレビュー】

『FXブルーBOX』検証とレビュー 『マックス岩本の1秒スキャルFX』のレビュー内で、少しだけ触れた『FXブルーBOX』をご紹介します。 『FXブルーBOX』はMT4で稼働するオリ…

マステリースタイルトレードクラブ 【検証とレビュー】

マステリースタイルトレードクラブは高額FX塾 マステリースタイルトレードクラブは、高額FX塾です。今回が8回目(8期生)の募集となります。 販売会社は株式会社SKナレッジです。SK…