ワンミニFXを別角度から検証してみる

ワンミニFXを別角度から検証してみる

ワンミニFXを別角度から検証してみる

B評価商材

ワンミニFXは ”乖離トレード”か?

先日ご紹介した乖離トレードに対する問い合わせを多数いただいています。

ワンミニFXは、いわゆる乖離トレードの一種と思われますが、お問い合わせは、一般的な乖離トレードのエッジ(優位性)についてが多いですね。乖離トレードの代表として、春香さんの手法をご紹介しましたが、今回は、その乖離トレードについて別角度から検証してみたいと思います。

乖離トレードとは、つまるところ、レンジ相場でのレートの行き過ぎを狙い撃ちする逆張りトレードのことです。売られすぎ、買われすぎをトレードするわけですから、基本的にはオシレーター系のテクニカル指標を使うことが多いです。

移動平均乖離率を使った逆張りトレードの例

前回ご紹介した春香さんの逆張りトレードや、TAMURA式ワンミニFXは、上下のライン(移動平均線を中心に等間隔に描写した2本のライン)へのヒットで、タイミングを取ることが特徴でしたね。

乖離トレード

乖離トレード

つまり、レートと移動平均線の距離を、一つの目安にするわけです。

これは、移動平均乖離率というオシレーター系のテクニカル指標を活用した手法と基本的には同じです。移動平均乖離率とは、移動平均線からレートがどれくらい離れているかを、数値化したテクニカル指標です。

MetaTrader4のインディケーターでは、kairi.mq4で表示させることが可能です。kairi.mq4をチャートに表示させるとこんな感じになります。(サブウィンドウに表示)

移動平均乖離率

移動平均乖離率

上のチャート図では、EMA(200)の乖離率を表示させています。メインチャートには、EMA(200)を中心に、上下10pipsの幅でラインを表示させています。

ゼロレベルで、移動平均線(EMA200)からの乖離率がゼロということになります。この移動平均乖離率を使うことで、売られすぎ、買われすぎを狙い撃ちするトレードが可能になります。

kairi.mq4が一定レベルに達したら逆張り

具体的なトレード方法ですが、kairi.mq4に上下のラインを引き、そのラインにヒットしたら逆張りエントリーするというのが一般的です。こんな感じですね。

乖離トレード実践編

乖離トレード実践編

上のチャート図では、EMA(21)のkair.mq4に、±0.15の箇所にライン(赤ドットライン)を引いています。そのラインにKairi.mq4がヒット(サブウィンドウの白丸箇所)したら、逆張りでエントリーをします。

利食いは、Kairi.mq4ラインがゼロレベルに達したポイント辺り。損切りは一定値(10〜15pips)、もしくは戦略的ナンピン&マーチン.etc

乖離率を順張りに応用する

いかがですか?なんだか、すごく優位性がありそうな気がしますね。

でも、シンプルなEA(自動売買ツール)を作れば簡単に判明しますが、資産推移は右肩下がり(マイナス)となります。もちろん、TPとSLのバランスやナンピン&マーチンを組み込むことで、右肩上がりにすることも可能です。(=カーブフィッティング)

単純な移動平均乖離を使ったトレードに優位性はない、ということです。やはり、長期の時間足と同調する方向へのトレードを厳選するなど、裁量的な戦略が必要とされます。

私は、順張りトレーダーですので、むしろ移動平均乖離率を順張りの手仕舞いに応用します。つまり、乖離率が一定レベルを超えたポイントを、手仕舞いのシグナルとするということです。

乖離率の応用

乖離率の応用

上記チャート図では、アップトレンドであると考え(当然大きな時間足でのトレンドと同調しているという前提です)、買いエントリーを仕掛けたとします。その上で、乖離率が上に振れ過ぎたポイント(白丸部分)で、段階的に手仕舞いを行うわけです。

トレンドを形成しやすいFXでは、難しいか?

乖離率を使ったトレードは、株式相場などで良く使われます。株価は、比較的平均値に収束しやすいからでしょう。

ジェイコム男ことBNF氏は、乖離トレードを得意手法の1つとしていたことで有名ですね。25日移動平均からマイナスに乖離(10〜15%)している銘柄を買い、乖離率が0%に戻る過程で売るという手法です。いわゆる”株価のリバインド”です。

FXなどは、比較的一方向にトレンドが出やすいため、乖離トレードが難しいように私は感じています。むしろ、トレンドをそのまま狙ったほうが、簡単に勝てるという印象です。

しかし、難しいからこそ、研究に値する面白い手法だと思います。通貨ペアの特性を研究し、時間帯毎の乖離幅の推移などを検証して、自分だけの強力な武器とすることも不可能ではないと思います。

なかなか奥が深いですね。

B評価商材

関連:ジーニアス・ブレインFX【検証とレビュー】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

最近発売されたFX商材のドラゴンストラテジーFX、FXスキャル・パーフェクトシグナル、Flash Zone FX、ニュートンFXを比較してみる

FXスキャル・パーフェクトシグナル、Flash Zone FX、ニュートンFXを比較検討する ここ最近、多くのFX情報商材がリリースされています。その多くがMetaTrader4を…

秒速スキャルFX
秒速スキャルFX【検証とレビュー】

秒速スキャルFXを販売する「日本投資家育成機構」 今回は、秒速スキャルFXについて検証レビューしていきます。 秒速スキャルFXを販売しているのは「日本投資家育成機構」という一般社団…

ニュートンFXがインディケータロジックを公開した【検証とレビュー】

ニュートンFX【検証とレビュー】 ニュートンFXのロジックを解説【検証とレビュー】 ニュートンFXがインジケータの詳細なロジックを公開 ニュートンFXの販売者から以下のようなメール…

ゴールデンスパイダーFX 【検証とレビュー】

”天才トレーダー”イサム氏のゴルスパFX ゴールデンスパイダー1分バイナリーオプション【検証と評価】 パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】 のべ3000人の弟子を持つ天才トレー…

FX【変態】セミナー【検証とレビュー】

BBFカウンタートレードの応用手法を動画で説明したもの この商材は、もともと別で販売されていた「BBFカウンタートレード」という商材の応用手法を動画で説明したものです。BBFカウン…

FX SHOOTER
FX SHOOTER【検証とレビュー】

「FX SHOOTER」はボリバン±3σからの逆張りスキャルだ FXインストラクターを自認する湯川公治さんのFX商材、FX SHOOTER(エフエックス・シューター)をレビューしま…

FX裏技攻略塾TPS第3期の販売価格は驚きの49万8000円〜

超高額になったTPS第3期 先日、FX商材「FX裏技攻略塾TPS第3期」のオプトイン広告をご紹介しましたが、その販売価格が判明しました。 銀行振込  49万8000円 カード決済 …

ドルエリオンFX 【検証とレビュー】

ドルエリオンFXはUSDJPY専用のEA ドルエリオンFXは、USDJPY(ドル円)専用の、EA(自動売買システム)です。一般的なナンピン・マーチンゲールタイプのEAです。 販売ペ…

大市民流FX資産構築メソッド
大市民流FX資産構築メソッド【検証とレビュー】その2

「大市民流FX資産構築メソッド」の中身を解説 PDFファイル107ページ(本編60ページ、特典・特別レポート47ページ) さっそく「大市民流FX資産構築メソッド」の中身を解説してい…

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入しました

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入 インフォトップのFX部門ランキグ上位のFXスキャル・パーフェクトシグナルという情報商材を購入しました。販売元はクロスリテイリングです。 F…

SCORPION(スコーピオン) 【検証とレビュー】

EAビジネスについて このEAを販売している会社(トレーディングオフィス社)は、PEGASUS(ペガサス)、HAWK(ホーク)やFALCON(ファルコン)など、過去にもいくつかEA…

色彩マスターFX
色彩マスターFX【検証とレビュー】

『色彩マスターFX』検証とレビュー テクニカル分析の誤謬(ごびゅう) FXといえばテクニカル、テクニカルといえばFX。FX業界ではいつの時代もテクニカル分析がもてはやされます。FX…