Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)【検証とレビュー】

Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)【検証とレビュー】

Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)【検証とレビュー】

C評価商材

『Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)』検証とレビュー

毎朝7時にENTRYする「朝イチトレード」

クロスリテイリング社からリリースされた『ReverseTrendFX(リバトレFX)』をレビューします。

Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
販売元:クロスリテイリング社
発売日:2018年8月9日
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://t-lab.s3.amazonaws.com/reverse/top/

『Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)』の中身を解説

早朝7時に機械的にENTRY&夕方6時に自動決済するだけのシステムトレード

『Reverse Trend FX(リバトレFX)』はMetaTrader4(MT4)に組み込むカスタムインジケーターです。毎朝7時にシグナル(サイン)が表示されます。そのサインに従って機械的にエントリー。その後、ドテンシグナルがあれば決済・再エントリー。もしくは夕方6時にすべてのポジションを閉じる(自動決済)というスタイル。いわゆる早朝トレードと呼ばれるデイトレですね。

同様の早朝トレードには『岡安盛男のFX 極(モリオのFX)』があります。『岡安盛男のFX 極』は「早朝IFDOCO型トレード」です。トレードの流れは次の通り。

  1. 朝一でチャートを確認し逆指値注文を入れておく=IFD注文
  2. 同時にOCO注文で利確と損切りを設定してそのまま放置

IFD注文で「ワナ」を仕掛け、「ワナ」にヒットしたらその後は「OCO注文」でほったらかしというスタイルです。

一方、『Reverse Trend FX』は毎朝7時にシグナルが(条件をクリアした時のみ)自動点灯します。そのシグナルに従って手動(成り行き)でポジションを持ちます。

NY市場で形成されたトレンドに追随して仕掛けるストラテジー

『Reverse Trend FX(リバトレFX)』も『岡安盛男のFX 極』も、NY市場で形成されたトレンドがアジア市場でも継続しやすいという市場の特性(=あるある)をベースにしたストラテジーです。

Reverse Trend FXのストラテジー解説 その1

Reverse Trend FXのストラテジー解説 その1

Reverse Trend FXのストラテジー解説 その2

Reverse Trend FXのストラテジー解説 その2

NY市場が大引け後に一旦調整に入りアジア市場(東京市場)が開くまでの間の動きを分析し、東京市場でのトレンドの方向を見定めます。もちろん、各種フィルターによって精度を高める工夫はされていますが、基本的にはよくある「早朝トレード」の一種です。

「ドテンシグナル」でトレンド転換を逃さない

『Reverse Trend FX(リバトレFX)』の基本的なトレード手順は以下の通り。

  1. 朝7時にシグナルを確認してエントリー
  2. 夕方6時に自動決済

夕方の決済には「Close On Time」という付属のEAを活用します。

そして、日中にトレンド転換したときは「ドテンシグナル」を自動的に点灯させます。ドテンシグナルによって一旦保有中のポジションを手仕舞い(決済)し、逆方向にポジションを立て直します。

Reverse Trend FX ドテンシグナル

Reverse Trend FX ドテンシグナル

注意!ドテンシグナルは”手動”での手仕舞い・再エントリーが必要

夕方6時の手仕舞いは、EAによって自動化されていますが、日中にドテンシグナルが点灯したときは、手動での作業が必要となります。

日中にドテンシグナルが点灯したら、必ず最初のポジションを手動で決済します。ここは自動ではありません。外出中ならばスマホなどでのチェックは必須です。そしてドテンシグナルに従って逆ポジションを建て直します(ここも手動)

ドテンして再び建てたポジションは「Close On Time」EAにて夕方6時に自動決済されます。

Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
販売元:クロスリテイリング社
発売日:2018年8月9日
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://t-lab.s3.amazonaws.com/reverse/top/

『Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)』の欠点

まず『Reverse Trend FX』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

商材の欠点

決済以外は”手動”でのトレードとなる

『Reverse Trend FX』において、以下の3点は手動での作業が必要です。

  1. 朝7時の仕掛け
  2. ドテン決済
  3. ドテン逆ポジション仕掛け

結局、夕方6時の手仕舞いのみEA化されているにすぎません。

商材の欠点

”検証用EA”を提供してほしかった

『Reverse Trend FX(リバトレFX)』は非常にシンプルかつ明快なロジックですので、EA化することは容易です。ロジックの優位性を確認するための最も簡単な方法はEA化してヒストリカルデータで検証することです。

サインツールとして提供するならば検証用のEAを提供してもよかったかもしれませんね。クロス社の優秀な開発陣ならば、容易にすべての作業をEA化できるはず。スキルの低い私でもこの程度のロジックならば簡単にEAを作ることができます。

EAとして販売する必要はないにしても、せめて検証用のEAを添付してもらえれば、ストラテジーの得意な局面や苦手な局面を過去チャートで検証することができたはず。

商材の欠点

再現性を高めるには相応の”慣れ”や”スキル”が必要ということ

”1日を通して行うことは、お知らせのサイン通りの操作をするだけ”と販売ページ内に説明はありますが、実は大いに裁量が求められるストラテジーであるということを理解しておく必要があります。シグナルを取捨選択するための(裁量)ルールは提供されますが、判断は実践者に委ねられます。この点をしっかりと理解した上で検討をするべきです。

  • 早朝のシグナルが点灯しても、エントリーするかどうかは「裁量判断」
  • 日中にドテンシグナルが点灯しても、ドテンするかどうかは「裁量判断」
  • トレードする通貨ペアすらも、「裁量判断」

裁量判断が大いに入るストラテジーであるということは、つまり「再現性は担保されていない」ことを意味します。販売者(開発者)と同等の成績を出すためには(再現性を高めるためには)、大局を見極めるための相場観や慣れなどが求められるストラテジーです。

商材の欠点
  1. 決済以外は手動でのトレードとなる
  2. ”検証用EA”を提供してほしかった
  3. 再現性を高めるには相応の”慣れ”や”スキル”が必要ということ

『Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)』の評価点

次に『Reverse Trend FX』の評価できるポイントを解説します。

商材の良点

早朝トレードとしてシグナルを参考程度にするならアリか

裁量が大いに必要とされる『Reverse Trend FX(リバトレFX)』。早朝トレードとしてシグナルを参考程度にするなら多少はメリットがあるかもしれませんが、だったら同じ早朝トレードロジックの『岡安盛男のFX 極』のほうが完成度も高くロジックも100%公開されているので、断然『岡安盛男のFX 極』をおすすめします。

Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
販売元:クロスリテイリング社
発売日:2018年8月9日
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://t-lab.s3.amazonaws.com/reverse/top/

『Reverse Trend  FX(リバース・トレンドFX)』総合評価

C評価商材

【結論】早朝トレード商材としては裁量の入る余地が多いため”再現性”は担保されていない
クロス社の商材としては物足りない感があって残念…
早朝トレード商材ならば『岡安盛男のFX 極』に一日の長があるといえる

矢継ぎ早にFX商材をリリースするクロスリテイリング社。優れた商材も少なくなく、その企画力・開発力には脱帽します。とはいえ、短期間に大量のFX商材を乱発すれば、中には及第点にすら達しない残念なFX商材も出てくることは仕方のないことかもしれません。

ここ最近、One Tap Trade FXダイヤモンド・トレンドFXゾーンスキャルFXと立て続けに気合の入ったFX商材が続いたクロス社において、今回の『Reverse Trend  FX』はメジャーなストラテジーである早朝トレードを一部EA化しただけというもので、どうしても物足りなさを感じざるをえません。

『Reverse Trend  FX(リバトレFX)』同様の早朝トレード商材を検討するならば、現時点では『岡安盛男のFX 極』が頭一つ飛び抜けているといえます。

商材の良点
  1. 早朝トレードとしてシグナルを参考程度にするならアリか
商材の欠点
  1. 決済以外は手動でのトレードとなる
  2. ”検証用EA”を提供してほしかった
  3. 再現性を高めるには相応の”慣れ”や”スキル”が必要ということ

『Reverse Trend FX』を購入するべき人

  • 早朝トレードに興味がある人
  • 裁量が大いに入る手法であることを理解できる人
  • 再現性は担保されていないことを理解できる人

『Reverse Trend FX』を購入してはいけない人

  • 再現性の高い手法を探している人
Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
販売元:クロスリテイリング社
発売日:2018年8月9日
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://t-lab.s3.amazonaws.com/reverse/top/
≫ 特典付きで購入する

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

パリス昼豚の5万円FX 【検証とレビュー】

FX投資の教科書です おちゃらけの販売ページに騙されてはいけません。非常に芯のある真っ当なFX教材です。商材というよりは「教材」と呼ぶにふさわしいと思います。トレーディング技術を磨…

ポイントFXシグナルシリーズが販売を中止

金融庁の指摘により販売を中止 これまでに多くのシグナル配信系商材を販売してきた株式会社ギガリンクですが、金融庁から有料課金サービスに対する指摘があったとのことです。 先日、金融庁よ…

FXシグナル配信 黒山 【検証とレビュー】

FXシグナル配信”黒山”は投資助言代理業社のサービス FXシグナル配信「黒山」は、投資助言代理業の登録をしている株式会社エスフィールドのFXシグナル配信サービスです。ちなみに「黒山…

Global Dream FX
Global Dream FXは残念ながらThe Secret FX(シークレットFX)の劣化版と言わざるを得ない

『Global Dream FX』検証とレビュー 原点回帰か?クロス社からプライスアクション商材の登場 クロス社の人材の豊富さには驚かされます。これほどの数のFX商材を矢継ぎ早にリ…

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入しました

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入 インフォトップのFX部門ランキグ上位のFXスキャル・パーフェクトシグナルという情報商材を購入しました。販売元はクロスリテイリングです。 F…

flashzonefx
Flash Zone FX【検証とレビュー】

Flash Zone FX【検証とレビュー】 Flash Zone FXを買ったので具体的な手法を解説する Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと Flas…

Maestro FX 【検証とレビュー】

チャート分析能力を高めるための優れた商材 チャートリーディング(チャートを読み解く力)を身に付けたいのであれば、この商材以上のものは現時点では見当たりません。19時間もの解説動画は…

ワンナイトキャッシュOneNightCashの販売者「株式会社バベル」について

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-ってなんだ? なんだかよくわからない商材が、ランキング上位に入っています。ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材…

全力FX大学 【検証とレビュー】

全力FX大学は月額課金のFXオンラインスクール 全力FX大学は、月額課金制のFXオンラインスクールです。 講師はFX全力男さんです。FX全力男さんは、過去に全スキャFXや全スタFX…

ストップ狩りとは?
マジックミラービジネスが「景品表示法」に抵触する理由を挙げていく

誇大広告のデパート 中川鉄平氏が提供するマジックミラービジネスの公式ページをみていると頭がクラクラします。あらゆる表現を使って煽り立てていますね。まさに誇大広告のデパートです。 マ…

94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻

2年9ヶ月ぶりに94円突入でクリッパー破綻 先日の記事で、クリッパーが破綻の危機に瀕していることをお伝えしました。その記事の翌日(2月6日)には破綻してしまったようです。 W2C-…

『金と銀プロジェクト』田中保彦氏を褒めそやす18名の業界関係者も”同じ穴のムジナ”だ

詐欺事件の可能性が日に日に高まる『金と銀プロジェクト』 消費者庁が異例の注意喚起をおこなった『金と銀プロジェクト』。 ジパングに対する注意喚起(消費者庁) 4000人もの消費者から…