Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)【検証とレビュー】

Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)【検証とレビュー】

Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)【検証とレビュー】

C評価商材

『Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)』検証とレビュー

毎朝7時にENTRYする「朝イチトレード」

クロスリテイリング社からリリースされた『ReverseTrendFX(リバトレFX)』をレビューします。

Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
販売元:クロスリテイリング社
発売日:2018年8月9日
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://t-lab.s3.amazonaws.com/reverse/top/

『Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)』の中身を解説

早朝7時に機械的にENTRY&夕方6時に自動決済するだけのシステムトレード

『Reverse Trend FX(リバトレFX)』はMetaTrader4(MT4)に組み込むカスタムインジケーターです。毎朝7時にシグナル(サイン)が表示されます。そのサインに従って機械的にエントリー。その後、ドテンシグナルがあれば決済・再エントリー。もしくは夕方6時にすべてのポジションを閉じる(自動決済)というスタイル。いわゆる早朝トレードと呼ばれるデイトレですね。

同様の早朝トレードには『岡安盛男のFX 極(モリオのFX)』があります。『岡安盛男のFX 極』は「早朝IFDOCO型トレード」です。トレードの流れは次の通り。

  1. 朝一でチャートを確認し逆指値注文を入れておく=IFD注文
  2. 同時にOCO注文で利確と損切りを設定してそのまま放置

IFD注文で「ワナ」を仕掛け、「ワナ」にヒットしたらその後は「OCO注文」でほったらかしというスタイルです。

一方、『Reverse Trend FX』は毎朝7時にシグナルが(条件をクリアした時のみ)自動点灯します。そのシグナルに従って手動(成り行き)でポジションを持ちます。

NY市場で形成されたトレンドに追随して仕掛けるストラテジー

『Reverse Trend FX(リバトレFX)』も『岡安盛男のFX 極』も、NY市場で形成されたトレンドがアジア市場でも継続しやすいという市場の特性(=あるある)をベースにしたストラテジーです。

Reverse Trend FXのストラテジー解説 その1

Reverse Trend FXのストラテジー解説 その1

Reverse Trend FXのストラテジー解説 その2

Reverse Trend FXのストラテジー解説 その2

NY市場が大引け後に一旦調整に入りアジア市場(東京市場)が開くまでの間の動きを分析し、東京市場でのトレンドの方向を見定めます。もちろん、各種フィルターによって精度を高める工夫はされていますが、基本的にはよくある「早朝トレード」の一種です。

「ドテンシグナル」でトレンド転換を逃さない

『Reverse Trend FX(リバトレFX)』の基本的なトレード手順は以下の通り。

  1. 朝7時にシグナルを確認してエントリー
  2. 夕方6時に自動決済

夕方の決済には「Close On Time」という付属のEAを活用します。

そして、日中にトレンド転換したときは「ドテンシグナル」を自動的に点灯させます。ドテンシグナルによって一旦保有中のポジションを手仕舞い(決済)し、逆方向にポジションを立て直します。

Reverse Trend FX ドテンシグナル

Reverse Trend FX ドテンシグナル

注意!ドテンシグナルは”手動”での手仕舞い・再エントリーが必要

夕方6時の手仕舞いは、EAによって自動化されていますが、日中にドテンシグナルが点灯したときは、手動での作業が必要となります。

日中にドテンシグナルが点灯したら、必ず最初のポジションを手動で決済します。ここは自動ではありません。外出中ならばスマホなどでのチェックは必須です。そしてドテンシグナルに従って逆ポジションを建て直します(ここも手動)

ドテンして再び建てたポジションは「Close On Time」EAにて夕方6時に自動決済されます。

Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
販売元:クロスリテイリング社
発売日:2018年8月9日
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://t-lab.s3.amazonaws.com/reverse/top/

『Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)』の欠点

まず『Reverse Trend FX』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

商材の欠点

決済以外は”手動”でのトレードとなる

『Reverse Trend FX』において、以下の3点は手動での作業が必要です。

  1. 朝7時の仕掛け
  2. ドテン決済
  3. ドテン逆ポジション仕掛け

結局、夕方6時の手仕舞いのみEA化されているにすぎません。

商材の欠点

”検証用EA”を提供してほしかった

『Reverse Trend FX(リバトレFX)』は非常にシンプルかつ明快なロジックですので、EA化することは容易です。ロジックの優位性を確認するための最も簡単な方法はEA化してヒストリカルデータで検証することです。

サインツールとして提供するならば検証用のEAを提供してもよかったかもしれませんね。クロス社の優秀な開発陣ならば、容易にすべての作業をEA化できるはず。スキルの低い私でもこの程度のロジックならば簡単にEAを作ることができます。

EAとして販売する必要はないにしても、せめて検証用のEAを添付してもらえれば、ストラテジーの得意な局面や苦手な局面を過去チャートで検証することができたはず。

商材の欠点

再現性を高めるには相応の”慣れ”や”スキル”が必要ということ

”1日を通して行うことは、お知らせのサイン通りの操作をするだけ”と販売ページ内に説明はありますが、実は大いに裁量が求められるストラテジーであるということを理解しておく必要があります。シグナルを取捨選択するための(裁量)ルールは提供されますが、判断は実践者に委ねられます。この点をしっかりと理解した上で検討をするべきです。

  • 早朝のシグナルが点灯しても、エントリーするかどうかは「裁量判断」
  • 日中にドテンシグナルが点灯しても、ドテンするかどうかは「裁量判断」
  • トレードする通貨ペアすらも、「裁量判断」

裁量判断が大いに入るストラテジーであるということは、つまり「再現性は担保されていない」ことを意味します。販売者(開発者)と同等の成績を出すためには(再現性を高めるためには)、大局を見極めるための相場観や慣れなどが求められるストラテジーです。

商材の欠点
  1. 決済以外は手動でのトレードとなる
  2. ”検証用EA”を提供してほしかった
  3. 再現性を高めるには相応の”慣れ”や”スキル”が必要ということ

『Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)』の評価点

次に『Reverse Trend FX』の評価できるポイントを解説します。

商材の良点

早朝トレードとしてシグナルを参考程度にするならアリか

裁量が大いに必要とされる『Reverse Trend FX(リバトレFX)』。早朝トレードとしてシグナルを参考程度にするなら多少はメリットがあるかもしれませんが、だったら同じ早朝トレードロジックの『岡安盛男のFX 極』のほうが完成度も高くロジックも100%公開されているので、断然『岡安盛男のFX 極』をおすすめします。

Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
販売元:クロスリテイリング社
発売日:2018年8月9日
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://t-lab.s3.amazonaws.com/reverse/top/

『Reverse Trend  FX(リバース・トレンドFX)』総合評価

C評価商材

【結論】早朝トレード商材としては裁量の入る余地が多いため”再現性”は担保されていない
クロス社の商材としては物足りない感があって残念…
早朝トレード商材ならば『岡安盛男のFX 極』に一日の長があるといえる

矢継ぎ早にFX商材をリリースするクロスリテイリング社。優れた商材も少なくなく、その企画力・開発力には脱帽します。とはいえ、短期間に大量のFX商材を乱発すれば、中には及第点にすら達しない残念なFX商材も出てくることは仕方のないことかもしれません。

ここ最近、One Tap Trade FXダイヤモンド・トレンドFXゾーンスキャルFXと立て続けに気合の入ったFX商材が続いたクロス社において、今回の『Reverse Trend  FX』はメジャーなストラテジーである早朝トレードを一部EA化しただけというもので、どうしても物足りなさを感じざるをえません。

『Reverse Trend  FX(リバトレFX)』同様の早朝トレード商材を検討するならば、現時点では『岡安盛男のFX 極』が頭一つ飛び抜けているといえます。

商材の良点
  1. 早朝トレードとしてシグナルを参考程度にするならアリか
商材の欠点
  1. 決済以外は手動でのトレードとなる
  2. ”検証用EA”を提供してほしかった
  3. 再現性を高めるには相応の”慣れ”や”スキル”が必要ということ

『Reverse Trend FX』を購入するべき人

  • 早朝トレードに興味がある人
  • 裁量が大いに入る手法であることを理解できる人
  • 再現性は担保されていないことを理解できる人

『Reverse Trend FX』を購入してはいけない人

  • 再現性の高い手法を探している人
Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
Reverse Trend FX(リバース・トレンドFX)
販売元:クロスリテイリング社
発売日:2018年8月9日
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://t-lab.s3.amazonaws.com/reverse/top/
≫ 特典付きで購入する

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

マナブ式FX完全マスタープログラム THVの使い方

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHVシステムを使ってみよう 前回の記事で、THVシステムのダウンロード&設定方法を解説しました。 THVシステムのダウンロード&設定方法 マナ…

プライス乖離FX
乖離率を使ったトレード手法

乖離率トレードにチャレンジしてみるなら… 先日、FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんのプライス乖離FXをご紹介しました。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 乖…

全力男コピートレード週間レポートが残念な件(全コピFX)

全力男氏のトレードが崩壊? お馴染みの全コピFXに関する続報です。全コピFXについては、当サイトでも何度も取り上げてきました。 全コピFX【検証とレビュー】 コピートレードのトラブ…

AmbushFXを購入するべきかどうか?

AmbushFXを購入しても良い人 連日、AmbushFXに対するお問い合わせを頂いております。 AmbushFX 検証とレビュー AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウト…

爆裂プロフィットファクターFX 【検証とレビュー】

爆裂プロフィットファクターFXの実績は不明 読者様からの検証依頼がありました。爆裂プロフィットファクターFXです。EA(自動売買ツール)ですが、残念ながら実績が不明です。EAはフォ…

エスカレーターFX 【検証とレビュー】

エスカレーターFXはSQ-BOXと酷似? 読者様より検証依頼のあった商材です。エスカレーターFXというMT4専用のインディケーターです。 読エスカレーターFXは、(当サイト特典の)…

東進トレーディングゼミナール
東進トレーディングゼミナール(トレゼミ)【検証とレビュー】

『東進トレーディングゼミナール(トレゼミ)』検証とレビュー FXと仮想通貨トレードを学べるスクール 一般的なFXスクールとは少し趣を変えた興味深いサービスが始まりました。『東進トレ…

The Secret FX
The Secret FX(ザ・シークレットFX)に代表されるプライスアクショントレードは海外ではどのように認識されているか?

The Secret FX(ザ・シークレットFX)と海外FXフォーラム The Secret FX(ザ・シークレットFX)はプライスアクショントレードです。遅効性のあるテクニカル指…

「トレードと凡事のお話」とビクトリーメソッドアドバンス

「トレードと凡事のお話」を読んでいないなんて、もったいない! 本日は「トレードと凡事のお話」をご紹介します。 「トレードと凡事のお話」とは佐野裕氏のメルマガコンテンツとして提供され…

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法
マーフィー氏のセミナー開催のお知らせ

必見の”無料”セミナーです 先日、ご紹介したマーフィーの最強スパンモデルFX投資法 の作者である、マーフィーこと柾木利彦さんのセミナーが開催されます。しかも参加料は無料です。 最強…

シンプルフォースFX 【検証とレビュー】

シンプルフォースFXはシグナル点灯ツール 読者様からの検証依頼がありましたので、取り上げてみます。 シンプルフォースFXは、MT4専用の矢印点灯ツールです。ご覧の通り、チャート上に…

Market Hunt System(MHS) 【検証とレビュー】

公(おおやけ)のフォワード成績以外、必要ない ロジック非公開のFX商材販売ページにおいては、様々な言葉を使ってツールの優位性が解説されています。そもそも、ロジックが非公開のシグナル…