FX成功法則マニュアル 【検証とレビュー】

FX成功法則マニュアル 【検証とレビュー】

FX成功法則マニュアル 【検証とレビュー】

D評価商材

口座残高は1億6062万6036円

FX成功法則マニュアルですが、多くの方がこの商材のバナー広告を目にしていると思います。こんなバナーです。

FX成功法則マニュアルバナー

FX成功法則マニュアルバナー

多くのFX系のアフィリエイトブログに貼ってあると思います。こんなバナーもあります。

FX成功法則マニュアルバナーその2

FX成功法則マニュアルバナー

これらのバナーをクリックすると、無料レポートの紹介ページにアクセスします。そして口座残高=1億6062万6036円という文章と、それを証明するかのような口座キャプチャ画像が目に飛び込みます。

口座キャプチャ

口座キャプチャ画像

拡大してみました。

口座キャプチャ画像その2

口座キャプチャ画像の拡大

相当インパクトがありますね。

様々な情報が意図的に隠されている?

この口座キャプチャ画像を子細に見てみると、不思議なことにどこにも日付が表示されていません。というよりも、日付の部分(更新時刻)が、ポストイットで隠れてしまっています。

口座キャプチャ画像その2

口座キャプチャ画像で隠されている箇所

右上の「前回ログイン日時」も何故か表示されていません。

口座キャプチャ画像更新日時

口座キャプチャ画像更新日時もない…

気になるのでちょっと調べてみましょう。キャプチャ画像の上部の方に各通貨ペアの気配値が表示されています。一部を拡大してみます。

口座キャプチャ気配値

気配値

USD/JPY(ドル円)が107.42円(Bid)と表示されています。直近でドル円が107.42円前後を付けたのは2008年9月19日前後です。それ以降は円高が進み、現時点(2012年4月19日)まで107円台は一度もありません。上記事実により、この口座キャプチャ画像は、2008年9月中旬のものと推測できます。

同様に、EUR/JPY(ユーロ円)は、2008年9月4日~25日くらいで155.8円前後を付けていますので、この口座キャプチャ画像と整合します。

つまり、この口座キャプチャ画像は、2008年9月上旬~中旬、もしくはそれ以前にキャプチャしたもの、ということになります。今(2012年4月19日)から3年7ヶ月以上前の口座キャプチャ画像ですね。

アドレス収集のための”餌”

無料レポートに興味を惹かれて多くの方がアドレスと名前を登録するでしょう。アドレスを入手した販売者は、そのリストに対して自身の商材を販売したりアフィリエイトで他社の商材を紹介して報酬を得ています。 販売者である城北さんは、多くのリスト(メールアドレス)を所有していて、アフィリエイターとして様々なFX商材をアフィリエイトしています。

販売者としては、自分の商材が売れれば利益になりますし、売れなくても、リスト(メールアドレス)が、無料で手に入ります。とても良くできた仕組みです。リスティングのプロですね。

3年前の口座キャプチャではなく直近の口座残高を掲載すべき

城北さんの有料FX情報商材の内容は、購入していないため不明です。1億6000万円の口座キャプチャ画像が本当だとしたら、すごいと思います。ただ、ちょっと古い画像のようですので、できれば今現在の口座残高のキャプチャ画像を見てみたいですね。そうすればもっと信頼性がアップすると思います。

もしも1億6,000万円よりも増えていれば、手法(ロジック)そのものがある程度信頼できると私には判断できます。もしも残高が減っていたら? その手法(ロジック)が現在では、通用しなくなっているという可能性も考えられます。

もちろん途中で出金すれば残高は変わりますが、直近の口座残高キャプチャは何らかの参考になるでしょう。3年以上前の口座キャプチャではなく、最近の口座キャプチャを公開してほしいですね。

D評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

トレンド・ディスカバリーFX
トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】

関連:トレンド・ディスカバリーFXが重要視する”通貨の競争力”とは? 関連:One Tap Trade FX【検証とレビュー】 「トレンド・ディスカバリーFX」とはどんなFX商材か…

AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウトに優位性はあるか?

アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトに優位性はあるのか? 前回の記事でAmbushFXと類似する手法として、アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトをご紹介しました。 Ambush…

ドラゴンアタックFX 【検証とレビュー】

フィボナッチボリバンを使った逆張りスキャル ドラゴンアタックFXは、フィボナッチボリンジャーバンドを使った逆張りスキャルです。フィボナッチボリンジャーバンドを使う商材は以前にもあり…

井手式7daysFX 【検証とレビュー】その3

井手式7daysFXで紹介されている手法 本日は、井手式7daysFX 【検証とレビュー】その3です。 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その1 井手式7daysFX 【検証…

ZERO DRIVE FX 【検証とレビュー】

ZERO DRIVE FXはMT4用のインディケータ ZERO DRIVE FXは、MetaTrader用のシグナル(サイン点灯)ツールです。 販売ページを見てみる 限定100名で…

トリニティスキャルパーFX 【検証とレビュー】

Mr.Brain氏のトリニティスキャルパー 注目のEAが登場しました。トリニティスキャルパーFXです。開発者はMr.Brain氏ですね。これまでも数々のEAを制作・販売してきた実績…

Maestro FX 【検証とレビュー】

チャート分析能力を高めるための優れた商材 チャートリーディング(チャートを読み解く力)を身に付けたいのであれば、この商材以上のものは現時点では見当たりません。19時間もの解説動画は…

FXスキャルマスター 【検証とレビュー】

王道ロジックを採用した順張りスキャル 2009年の10月から販売されていて、今でも売れ続けているヒット商材です。オリジナルインディケータとPDFマニュアル(全113ページ)で構成さ…

One Minute’s FX TAMURA式1分足トレード法(ワンミニFX)を使ってみた

ジーニアス・ブレインFX【検証とレビュー】 TAMURA式ワンミニFXは”乖離トレード” 先日、TAMURA式ワンミニFXを入手する機会を得ました。 以前、TAMURA式ワンミニF…

【賞金総額100万ドル】FXの世界一を決めるトーナメントがXMで絶賛開催中
【賞金総額100万ドル】FXの世界一を決めるトーナメントがXMで絶賛開催中

賞金総額は100万ドル=約1億円 海外FXブローカー「XM」が世界的なトレードバトルを開催しています。その名もXMのFXワールドチャンピオンシップ。賞金総額は100万ドル、日本円に…

ゾーンスキャルFX
『ゾーンスキャルFX』の本質は順張りライントレードにすぎないが10万円を超える価格に見合う優位性は不明【検証とレビュー】

『ゾーンスキャルFX』検証とレビュー 低価格路線に歯止めをかけるか?10万円オーバーのFX情報商材の登場 なかなか強気な価格設定です。なんと10万円オーバー(税込)のFX情報商材が…

含み損をかかえた「全コピFX」が募集を再開?

全コピFXのその後 前回の記事で全コピFXが壊滅的な状態になっていることをお伝えしました。 全コピFXで強制ロスカットが続発 全コピFXの主力トレーダーである全力男氏が莫大な含み損…