全力FX大学 【検証とレビュー】

全力FX大学 【検証とレビュー】

全力FX大学 【検証とレビュー】

D評価商材

全力FX大学は月額課金のFXオンラインスクール

全力FX大学は、月額課金制のFXオンラインスクールです。 講師はFX全力男さんです。FX全力男さんは、過去に全スキャFXや全スタFXなどを販売されていますね。

この全力FX大学は、「塾」という形態をとっています。全12回の動画セミナーです。12回にわけて、段階的・継続的にFXのトレード手法や、マインド、知識などを、体系的に学べるというのが、この塾のウリのようです。

月額3980円ですが、初回(30日間)は無料です。この無料期間にお試しで入塾して、塾が合わないと感じた場合、30日以内に退会すれば、料金はかからないと解説されています。

30万円もの超高額商材を紹介される

この商材(全力FX大学)ですが、おそらく、今後多くのアフィリエイターが紹介すると思います。何故なら、アフィリエイト報酬が非常に高いからです。

3,980円に対し、70~80%の額がアフィリエイト報酬として支払われます。アフィリエイターには、2,786円~3,184円/人 が、継続的に入ってくる計算になります。(販売者側には、796円~1,194円/人 しか入りません。)

もうおわかりだと思いますが、これはフロントエンド商品です。あとで高額商品を売るためのオファーですね。

販売者によると、無料登録2週間後に最初の売り込み(アップセル)があります。その商材の金額は、298,000円です。2万9800円ではありません。29万8000円です。

約30万円もの超高額商材の売り込みが、2週間後にあります。さらに2週間後には、9万8000円の商材の売り込みがあります。つまり、登録してから1ヶ月以内に、2本もの高額FX商材の売り込み(アップセル)があるわけです。

今回の全力FX大学というオンラインスクールは、超高額FX商材(29万8000円と9万8000円)を売るためのオファーであると考えられます。

どちらの超高額FX商材も、30日間の無料登録期間中にオファーがあるため、販売者としては、バックエンド商材が売れれば、それ以降、塾を辞めてもらっても一向にかまわないわけです。

まず、オンラインスクールの30日間無料でユーザーを集め、その30日間で合計2回の超高額商材をアップセルする。よく考えられたマーケティングですね。

アフィリエイターにとっては美味しすぎる商材

アフィリエイターにとっては、無料オファーをアフィリエイトすることで、塾費用の70~80%を報酬として受け取ることができます。(ユーザーが退会するまで、継続的に報酬を得ることができます)

さらにすごいのは、紹介したユーザーが超高額のバックエンド商品を購入した場合も、自動的に、アフィリエイト報酬を受け取れるという仕組みにあります。

  • 29万8000円の商材が売れた場合は、報酬8万9400円(30%)
  • 9万8000円の商材が売れた場合は、報酬2万9400円(30%)

仮に、一人のアフィリエイターが100人を無料登録させて、そのうち、1%(1人)のユーザーが、それぞれ超高額商材を購入すれば、合計11万8800円のアフィリエイト報酬が、手に入るということになります。

この金額はアフィリエイターにとって魅力的でしょう。間違いなく、多くのアフィリエイターが、この「全力FX大学」をアフィリエイトすることになるでしょう。

約30万円もの超高額FX商材の中身は?

ところで、29万8000円もする商材とは何でしょうか?販売者の説明によれば、メタトレーダー用のインディケーターと手法です。インディケーターと手法(マニュアル)で、約30万円です。もう一つのバックエンド商材(9万8000円)は、29万8000円の商材の、機能制限版となります。

29万8000円の商材と同一ですが、機能を制限することで、9万8000円という価格設定になっているということです。

これらのツールやノウハウに、価格相応の価値があるかどうかは不明です。フォワード実績などが提示されていて優位性が確認できれば、検討の余地はありそうです。

インディケーターの優位性について

超高額商材の正体はシグナル点灯ツールですね。

サインには『売買サイン・金額(レート)・信用度』という3つの表示があり・・・

サインに従って取引を行うだけ・・・

誰がやっても同じ結果になる・・・

シグナル(信用度が3段階で表示)に従うだけの手法のようですが、だったらEA化(自動売買化)したほうが良いのでは?信用度という3段階のフィルターがありますが、最も信用度の高いシグナルをベースに、EAを作るべきです。

エントリー・エグジットが明確であれば、信用度3(最も信用度が高いシグナル)だけでEAを作ってテストすること、これは極めて合理的なアイデアであるはずです。

そのバックテスト結果やフォワード結果が、右肩上がりであれば、優位性のある手法と判断できます。

そもそも全力男さんご自身は、自動売買を信用していない…という背景がございますので、今後も予定には出ないと思います。

EA化することで、そのロジックの優位性が一目でわかると思うのですが。

信用度の高いシグナルのみでEA化して欲しい

売買シグナルが明確であれば、シグナルをベースにEAでバックテストをすることは、数時間でできます。(ロジックがわかれば、私でも作れます)

信用度は3段階ありますが、だったら、最も高い信用シグナルのみで、EAを作ればOKです。そのEAでバックテストをしてみてもらえませんか?

その結果を販売ページに掲載して下さい。できれば、フォワードテスト結果も(1~3ヶ月程度)。そうすれば、この超高額のインディケーターの優位性(価値)の有無が、ユーザーでも確認できます。大した手間はかからないはずです。

優位性が証明されていない商材を高額で購入するユーザーのリスクを少しでも減らすために、販売者はそこまでするべきではないでしょうか?

是非、シグナルのEA化を販売者に期待したいところです。

D評価商材

全コピFXで強制ロスカットが続発・・・

含み損をかかえた「全コピFX」が募集を再開?

全力男コピートレード週間レポートが残念な件(全コピFX)

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

ニュートンFX【検証とレビュー】

ニュートンFXのロジックを解説します ニュートンFXがインディケータロジックを公開 ニュートンFXを購入した 気になるFX商材があったので購入してみました。ニュートンFXです。この…

FX風林火山 【検証とレビュー】

分速FXの小出万吉さんが総監修したFX商材 とても気になる内容のFX商材です。販売ページの中に以下の一文があります。 今回、正式にその全貌をマニュアル化するにあたり、私のFXの師匠…

Mr.コージの鉄板指標マスターFX 【検証とレビュー】

MR.コージ氏の新商材は「指標スキャル」 MR.コージといえば、鉄板マスタートレンドの作者ですね。 鉄板マスタートレンドのMR.コージ(kojitrading)について 鉄板マスタ…

FX革命 金脈GPS 【検証とレビュー】

FX革命_金脈GPSは裁量マニュアル 検証依頼のあった商材をご紹介します。筒井ヒロキ氏のFX革命_金脈GPSです。FX革命_金脈GPSの中身ですが、裁量マニュアルのようですね。販売…

勝ち組FX道場の必勝テキスト 【検証とレビュー】

「勝ち組FX道場」はFXの基礎学習マニュアル(PDF+動画)だ 勝ち組FX道場は、オーソドックスな裁量手法をDVD(動画)とテキストにまとめたFX商材です。 タイトル:テキスト全セ…

FX THE-RULE-Pro 【検証とレビュー】

玄人好みの裁量系商材 なかなか玄人好みの商材です。FX THE-RULE-Proは、裁量系のトレーディングマニュアルですね。マニュアルは3部作になっており、全部で115ページありま…

FXシステム堅【KEN】 【検証とレビュー】

月利3%というリターンについて考察してみる システム堅はナンピン・マーチンゲール型のEAです。状況に応じて両建ても行います。 マイクロロット(0.01)スタートで月利3%を狙うとい…

ワンミニFXを別角度から検証してみる

ワンミニFXは ”乖離トレード”か? 先日ご紹介した乖離トレードに対する問い合わせを多数いただいています。 One Minute’s FX TAMURA式 1分足トレード法 【検証…

flashzonefx
Flash Zone FXの販売終了まであと12時間

Flash Zone FX【検証とレビュー】 Flash Zone FXを買ったので具体的な手法を解説する Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと Flas…

ビクトリーメソッドアドバンスの販売会社が変更になった

ビクトリーメソッドアドバンスの販売会社変更が変更になりました 当サイトで高い評価のビクトリーメソッドアドバンス(VMA)ですが、2014年9月1日より販売会社が変更になりました。 …

Victory FX 【検証とレビュー】

ナンピン・マーチンゲール系のEA Victory FXですが、販売開始が2010年5月ですから、これも長期にわたって販売されています。販売スタートしてから数ヶ月で消えていくEAが多…

全コピFXで強制ロスカットが続発・・・

全コピFXで強制ロスカットが続発 2012年8月鳴り物入りで登場した全コピFXですが、2013年1月現在破綻の危機に瀕しているようです。 全コピFXが満を持して登場したのは2012…