Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)【検証とレビュー】

Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)【検証とレビュー】

Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)【検証とレビュー】

『Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)』検証とレビュー

本日は、クロスリテイリング株式会社が販売するFX情報商材『Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)』を検証レビューします。

ギャラクシー・トレンドFX
Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)
販売元:クロスリテイリング株式会社
開発者:本田浩輝
発売日:2020/04/02
公式サイト:https://new-scal.s3.amazonaws.com/expert/top/end.html

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

『Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)』はどのようなFX商材か?

『Go!Go!!スキャルFX(ゴースキャFX)』開発者の本田浩輝氏による最新FX商材

『Galaxy Trend FX』の開発者は、『Go!Go!!スキャルFX』本田浩輝氏です。『Go!Go!!スキャルFX』の検証レビュー記事はこちら。

Go!Go!!スキャルFX【検証とレビュー】

『Go!Go!!スキャルFX』に代表される”時間決済”の優位性について考察してみる

前作『Go!Go!!スキャルFX』は、3分後決済という特殊なスキャルピング手法でしたね。エントリーしたら3分後に必ず決済するという時間決済を取り入れたロジックですが、本田浩輝氏が”3分後決済”にこだわった理由に論理性が感じられず、せっかくのロジックの優位性を毀損してしまっている印象でした。

「3分後決済」は良く言えば”アノマリー”、悪く言えば単なる”オカルト”だ

『Go!Go!!スキャルFX』の3分後決済は、「3分利益の新法則」と呼ばれています。この「3分利益の新法則」を導き出した経緯は、販売ページでも詳しく説明されていません。

引用:『Go!Go!!スキャルFX』に代表される”時間決済”の優位性について考察してみる

『Galaxy Trend FX』はトレンドフォロー系のサインツールだ

さて、本田浩輝氏の新作『Galaxy Trend FX』を検証していきましょう。

まずは『Galaxy Trend FX』のオリジナルインジケーターを設定したMT4(MetaTrader4)をご覧ください。

Galaxy Trend FXチャート画像

Galaxy Trend FXチャート画像

ご覧の通り、チャート上のEntryサイン(矢印)を表示させつつ、他のテクニカルでサインの取捨選択をおこなうタイプのツールであることがわかりますね。

サブウィンドウには『QQE』

サブウィンドウに表示されているインジケーターはQQEです。

Galaxy Trend FX|QQE

Galaxy Trend FX|QQE

Quantitative Qualitative Estimationの頭文字を取ったインジケーターです。

  • Quantitative…定量的な・量的な
  • Qualitative…定性的な・質的
  • Estimation…推定値

ベースはRSIですので、相場の過熱感を推し量るためのインジケーターです。

QQEはそれほど目新しいものでもなく、海外フォーラムでは比較的よく目にするインジケーターの一つです。

『Galaxy Trend FX』では、QQEにボリンジャーバンドを重ねることで、QQEの動きの中から一定のパターン(=バンドウォーク)を抽出するという工夫がなされています。

”天の川”と呼ばれるメインチャートの「雲」

『Galaxy Trend FX』のもう一つの特徴が、メインチャートに描かれる「雲」です。”天の川”と呼ばれています。

Galaxy Trend FX|天の川

Galaxy Trend FX|天の川

ロジックは不明(非公開)ですが、おそらく2本の移動平均線の間を塗りつぶして表現していると思われます。

MA ribbon.ex4などに代表されるインジケーターと同じですね。ちなみにMA ribbon.ex4をチャート上に表示させるとこんな感じです。

『Galaxy Trend FX』の天の川とMA ribbon.ex4が似ている件

『Galaxy Trend FX』の天の川とMA ribbon.ex4が似ている件

『Galaxy Trend FX』の天の川(雲)と似ていますね。

ロジックはトレンドフォロー(順張り)

『Galaxy Trend FX』のロジックはトレンドフォロー(順張り)ですので、身も蓋もなく言ってしまえば「トレンドが発生すれば簡単に勝てる」ということになります。

言い換えれば、『Galaxy Trend FX』を使わずとも、トレンド発生時には誰でも勝てる…ということなんですね。

極論ですが、先ほど紹介したMA ribbon.ex4だけでも明確なトレンド発生時には容易に勝てます。

Galaxy Trend FXとMA ribbon.ex4

Galaxy Trend FXとMA ribbon.ex4

2本の移動平均線が描き出す「雲」。その「雲」をローソク足が抜けたらENTRY…これだけでも勝てそうですよね。

課題はレンジ相場です。

『Galaxy Trend FX』が苦手とするレンジ相場を避けるための工夫

『Galaxy Trend FX』が苦手とするレンジ相場をいかに避けるか?そのための機能も用意されています。それが「激熱サインシステム」

Galaxy Trend FX|過熱サインシステム

Galaxy Trend FX|過熱サインシステム

トレンドが発生している場合は、「激熱サインシステム」と呼ばれる星マークが点灯します。レンジ相場では星マークが消灯するというもの。

ギャラクシー・トレンドFX
Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)
販売元:クロスリテイリング株式会社
開発者:本田浩輝
発売日:2020/04/02
公式サイト:https://new-scal.s3.amazonaws.com/expert/top/end.html

『ギャラクシー・トレンドFX』の欠点

まず『Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

FX商材の欠点(デメリット)

トレンドフォローを複雑にしすぎてないか

ギャラクシー・トレンドFXは順張り(トレンドフォロー)ロジックです。ご存知のようにトレンドフォローは、トレンド発生すれば容易に勝てます。移動平均線だけでも簡単に勝てるほどシンプルなロジック、それがトレンドフォローなのですね。『Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)』のように様々なインジケーターを複雑に重ね合わせる必要すらありません。

トレンドフォローならば、もう少しシンプルにとらえても良いのでは?例えば移動平均線の寄せ集めであるGMMAなどのほうが相場を大局的に捉えやすいです。

FX商材の欠点(デメリット)

既存インジケーターの焼き直しという印象を拭い去れない

『Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)』のチャートを見ていると、既視感に囚われます。チャートに表示されるインジケーターはいずれもどこかで見たことのあるようなものばかり。

海外フォーラムで何年も前に見かけたインジケーターを寄せ集めて、あたかも最新のツールのごとく演出しているように見えなくもありません。寄せ集めが悪いとは述べませんが、「相対性理論」や「量子力学」さらには「銀河系最強」などというワードを使うほどのものかな?と感じますね。

結局、古いインジケーターの焼き直しという印象を完全には拭い去れません。

FX商材の欠点(デメリット)
  1. トレンドフォローを複雑にしすぎてないか
  2. 既存インジケーターの焼き直しという印象を拭い去れない

『ギャラクシー・トレンドFX』の評価点

次に『Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)』の評価できるポイントを解説します。

FX商材の良点(メリット)

飽くなき”探究心”に敬服する

先に「寄せ集め感が半端ない…」と書きましたが、それでも過去の海外フォーラムを漁って今でも使えそうなインジケーターを掘り起こし、それをカスタマイズして組み合わせるという行為は、相当の探求心がなければできません。その飽くなき探究心には、本当に敬服します。

FX商材の良点(メリット)

弱点をわかった上でどう克服するかの工夫がなされている

トレンドフォローの最大の弱点である「レンジでのダマシ」を理解した上で、どのように回避するかを真剣に考え工夫がなされている点は評価できます。

FX商材の良点(メリット)
  1. 飽くなき”探究心”に敬服する
  2. 弱点をわかった上でどう克服するかの工夫がなされている

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

『Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)』総合評価

【結論】初見では目新しさを感じさせるが、よく見れば既存インジケーターの焼き直しという印象を拭い去れないFX商材だ
シンプルなトレンドフォローを複雑にしてしまい相場の本質を見失ってしまうことも…

FX初心者が『Galaxy Trend FX』のチャートを見ると、ワクワクするのではないでしょうか。カラフルで機能的にビジュアライズされたチャートシステムは強烈な印象を与えてくれます。

ただFX中級者以上になると「ん?どこかで見たことあるチャートだな…」と思ってしまうでしょうね。QQE、そして”天の川”と呼ばれる「雲」は、海外FXフォーラムなどでは比較的よく見かけるインジケーターの一つ。悪く言えば既存インジケーターの焼き直しという印象を拭い去れないFX商材です。

とはいえ、そうした古いインジケーターを掘り起こして、新たに組み直して提供するという行為は決して悪いことではありません。むしろその探究心に敬服します。まあ「銀河系最強」とは思いませんが…

順張りロジックがベースですので、強いトレンドが発生すれば簡単に大きな利益を得ることが可能です。しかしそのためにこれほどの複雑なインジケーターシステムが必要かと言われればNOです。むしろシンプルな移動平均線の組み合わせだけのほうが、相場の本質を失わずに済むでしょうね。たとえばGMMAに代表されるインジケーターを使うだけでも容易にトレンドフォローで勝てます。

トレンドフォロー(順張り)に取り組みたいならば、GMMAのようなシンプルなロジックから初めて見るのもアリですよ。

FX商材の良点(メリット)
  1. 飽くなき”探究心”に敬服する
  2. 弱点をわかった上でどう克服するかの工夫がなされている
FX商材の欠点(デメリット)
  1. トレンドフォローを複雑にしすぎてないか
  2. 既存インジケーターの焼き直しという印象を拭い去れない

『Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)』を購入したほうが良い人

  • FX初心者でサインツールを探している人
  • 詳細なロジックには興味がない人
  • 順張りを好む人

『Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)』を購入してはいけない人

  • FX中上級者
  • ロジックを詳しく知りたい人
ギャラクシー・トレンドFX
Galaxy Trend FX(ギャラクシー・トレンドFX)
販売元:クロスリテイリング株式会社
開発者:本田浩輝
発売日:2020/04/02
公式サイト:https://new-scal.s3.amazonaws.com/expert/top/end.html

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら