Trading Made Simpleがシンプルで素晴らしい件

trading made simple01

Trading Made Simpleがシンプルで素晴らしい件

「Trading Made Simple」はもっと国内で評価されるべき

海外フォーラム「FOREXFACTORY」から、とても評判の高い手法をご紹介します。Trading Made Simpleです。FOREXFACTORY内のスレッドはこちらです。

2011年頃に登場し一躍海外フォーラムのスターダムにのし上がった無料カスタムインディケーターですが、未だにその人気は衰えていません。

まずはチャート画像をご覧下さい。

trading made simple01

trading made simple01

ご覧の通り、非常にシンプルで見やすいチャートですね。

使用しているインディケーターは、主に2つです。メインチャートには、平均足と期間5の単純移動平均線(5SMA、黄色い線)です。※5SMAは、ローソク足2本分だけ右にシフトしてあります。

サブウィンドウ(チャートの下側)には、TDIという聞き慣れないインディケーターが表示してあります。TDIは、正確にはTraders Dynamic Indexという名称のインディケータです。

シンプルかつアレンジしやすいロジック

Trading Made Simpleをご紹介する理由ですが、単に私好みの手法だからです。気に入っている点は、非常にシンプルであるということです。シンプルだからこそ自分好みにアレンジできます。

この手法の発案者であるeelfranzという方は、Trading Made Simpleの開発に、2年間を費やしたそうです。2年かけて、ここまでシンプルな形に洗練されたわけですね。

Trading Made Simpleのルール

それではルールを解説します。ルールといっても、非常にシンプルです。

買いのエントリー

  1. サブウィンドウのTDIの緑色ライン赤色ラインを上抜ける
  2. ローソク足2本以内に平均足がからに変わった場合のみエントリー

売りのエントリー

  1. サブウィンドウのTDIの緑色ライン赤色ラインを下抜ける
  2. ローソク足2本以内に平均足がからに変わった場合のみエントリー

手仕舞い

  1. TDIの緑色ラインが水平になった場合
  2. もしくは、平均足の色が変わった場合

ご覧のとおりルールもシンプルです。

推奨時間足ですが、1時間足以上が推奨されています。ただ、15分足、30分足程度でも有効です。その場合は、チャートへの張り付きが必須となります。

実際にチャート(EURJPY 1時間足)で確認をしてみましょう。

買いエントリーの場合

買いエントリーの場合

チャート上のピンクの縦線(3本)の部分をご覧下さい。3つとも、TDIの緑ラインが赤ラインを上抜いていますね。TDIがクロスしてローソク足2本以内に平均足の色が変わっているので、「買い」でエントリーします。

次は「売り」のケースです。

売りエントリーの場合

売りエントリーの場合

同様に、ピンクラインの箇所をご覧下さい。TDIの緑ラインが赤ラインを下抜け(デッドクロス)しています。さらに平均足の色が青から赤に変わっていますね。

中央のピンクラインの箇所は、若干ダマシ的な感じですので、おそらく損切りになっているでしょう。

大きな時間足で方向性を確認した方が良い

非常にシンプルなTrading Made Simpleですが、ダマシを極力少なくするためにもより大きな時間足でのトレンドの方向を確認した方が良いです。例えば1時間足でトレードするのであれば、4時間足のトレンドの方向を、平均足の色やMA(移動平均)の傾きなどでチェックをします。

そして、4時間足のトレンドと同調する方向にのみ1時間足でエントリーを行うようにすれば、より確度が高くなるはず。

海外トレーダーに高く評価される「TDI」

Trading Made Simpleで採用されているTDI(Traders Dynamic Index)というインディケーターですが、私は6〜7年位前にハマったことがあります。日本では馴染みの薄いインディケーターですが、海外ではTDIだけでトレードしている方も多く、人気の高いインディケーターの1つです。

実際のTDI(Traders Dynamic Index)はもう少し複雑です。以下のチャートをご覧下さい。

TDI

TDI

サブウィンドウに表示されているインディケーターが、実際のTDIの姿です。今回ご紹介したTrading Made Simpleでは、TDIインディケーターの一部(緑と赤のラインのみ)を表示していたわけです。実際のTDIには、赤と緑ラインに加え、ボリンジャーバンドのようなもの(青ライン)も表示されています。

TDIを1日中眺めていると、とても面白いです。FOREXFACTORYには、TDIをメインにした様々なトレードアイデアがたくさん投稿されています。気になる方は、試しにご自分のチャートに設定してみてはいかがでしょうか?何かアイデアがひらめくかもしれませんよ。

TDI(Traders Dynamic Index)は、ネットで検索すれば、無料でダウンロードできます。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

優秀なEAを選ぶシンプルな方法とは?

EAは【成績】が全て 昨日の記事でORION FXを取り上げ、EAの優位性を証明するデータが不十分であることを記載しました。 ORION FX 【検証とレビュー】 EAを提供される…

【SCB】スピードキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】
【崖っぷち】貯金3億円男★大先生、83円まで戻せば2億円!【NZDJPY】

【崖っぷち】貯金3億円男★大先生 前回の記事で、貯金3億円男★大先生を取り上げました。 貯金3億円男★大先生という稀代の賭博師が人々を魅了する理由(ワケ) 現時点で、彼の最新Twi…

【勘違い】モンテカルロ法のあまりの凄さに戸惑いを隠せない←これ
【勘違い】FXモンテカルロ法のあまりの凄さに戸惑いを隠せない←これ

FX投資における「モンテカルロ法」を再考察する ある「まとめブログ」にFX投資におけるモンテカルロ法についての考察が掲載されていて、懐かしい気持ちになりました。こちらです。 エント…

TFAI インパルス 【検証とレビュー】
hawaii023劇場【第二幕】▲4300万円の含み損の行方・・・

hawaii023の含み損が630万円→4100万円にまで拡大(汗) Yahoo!ファイナンスの伝説男「hawaii023」の一人舞台はまだ続いています。 わずか30分間で1億43…

オール・イン、不起訴

オール・イン詐欺容疑幹部、不起訴に オール・インによるFX詐欺容疑で逮捕された元幹部が不起訴になりました。 FXめぐる詐欺容疑、3人不起訴 札幌地検、嫌疑不十分 2014年10月1…

億超えスキャルピング【検証とレビュー】
まず生き残れ!儲けるのはそれからだ(ジョージ・ソロス)

勝てる方法よりも負けない方法を学ぶべき 毎日のようにブログ読者様から様々なご質問を頂くのですが、一番多いご質問は「どうしたら勝てるようになりますか?」というものです。質問者は、あま…

【逆億り人】借金5億円抱えても底抜けに明るい理由とは?
【逆億り人】借金5億円抱えても底抜けに明るい理由とは?

投機のための借金はダメ、絶対! 借金して作ったタネ銭を元にFXで大損し(750万円強制ロスカット)、さらにFXで再起するために新たな借金を重ねる「サムさん」。 【奥さん不憫】借金2…

「テキシアジャパンホールディングス」は巨額ブックメーカー詐欺会社「スピーシー」の残党で結成された詐欺会社だった!?
「テキシアジャパンホールディングス」は巨額ブックメーカー詐欺会社「スピーシー」の残党で結成された詐欺会社だった!?

「テキシアジャパンホールディングス」は巨額ブックメーカー詐欺会社「スピーシー」の残党で結成された詐欺会社だった!? 先日の記事で「キング」こと銅子正人容疑者(41)が率いる「テキシ…

ストップ狩りとは?
ストップ狩りとは?

ストップ狩りの真実 先日の記事(FX第4アービトラージシステム 【検証とレビュー】)でストップ狩りについて触れたところ、ストップ狩りとは何か?ストップ狩りは実在するのか?という問い…

日本最大手は外為どっとコム?それともGMOクリック証券?

本当にGMOクリック証券が日本一? 前回、GMOクリック証券の取引高が世界一になったという記事を書きましたが、 「日本の最大手は、外為どっとコムじゃないの?」 「外為どっとコムが一…

イケダハヤト氏、仮想通貨アフィリエイト98%減
イケダハヤト氏、仮想通貨アフィリエイト98%減

仮想通貨アフィリ報酬「98%減」の衝撃 2017年から2018年にかけて様々な話題を振りまき、一時期はFXをも凌ぐ盛り上がりをみせた仮想通貨。そして、いち早く仮想通貨アフィリエイト…

GMOクリック証券がついに”世界一”

驚きのニュース 驚きのニュースがあります。GMOクリック証券が、2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングにおいて、世界一になったというニュースです。 リテールF…