Trading Made Simpleがシンプルで素晴らしい件

trading made simple01

Trading Made Simpleがシンプルで素晴らしい件

「Trading Made Simple」はもっと国内で評価されるべき

海外フォーラム「FOREXFACTORY」から、とても評判の高い手法をご紹介します。Trading Made Simpleです。FOREXFACTORY内のスレッドはこちらです。

2011年頃に登場し一躍海外フォーラムのスターダムにのし上がった無料カスタムインディケーターですが、未だにその人気は衰えていません。

まずはチャート画像をご覧下さい。

trading made simple01

trading made simple01

ご覧の通り、非常にシンプルで見やすいチャートですね。

使用しているインディケーターは、主に2つです。メインチャートには、平均足と期間5の単純移動平均線(5SMA、黄色い線)です。※5SMAは、ローソク足2本分だけ右にシフトしてあります。

サブウィンドウ(チャートの下側)には、TDIという聞き慣れないインディケーターが表示してあります。TDIは、正確にはTraders Dynamic Indexという名称のインディケータです。

シンプルかつアレンジしやすいロジック

Trading Made Simpleをご紹介する理由ですが、単に私好みの手法だからです。気に入っている点は、非常にシンプルであるということです。シンプルだからこそ自分好みにアレンジできます。

この手法の発案者であるeelfranzという方は、Trading Made Simpleの開発に、2年間を費やしたそうです。2年かけて、ここまでシンプルな形に洗練されたわけですね。

Trading Made Simpleのルール

それではルールを解説します。ルールといっても、非常にシンプルです。

買いのエントリー

  1. サブウィンドウのTDIの緑色ライン赤色ラインを上抜ける
  2. ローソク足2本以内に平均足がからに変わった場合のみエントリー

売りのエントリー

  1. サブウィンドウのTDIの緑色ライン赤色ラインを下抜ける
  2. ローソク足2本以内に平均足がからに変わった場合のみエントリー

手仕舞い

  1. TDIの緑色ラインが水平になった場合
  2. もしくは、平均足の色が変わった場合

ご覧のとおりルールもシンプルです。

推奨時間足ですが、1時間足以上が推奨されています。ただ、15分足、30分足程度でも有効です。その場合は、チャートへの張り付きが必須となります。

実際にチャート(EURJPY 1時間足)で確認をしてみましょう。

買いエントリーの場合

買いエントリーの場合

チャート上のピンクの縦線(3本)の部分をご覧下さい。3つとも、TDIの緑ラインが赤ラインを上抜いていますね。TDIがクロスしてローソク足2本以内に平均足の色が変わっているので、「買い」でエントリーします。

次は「売り」のケースです。

売りエントリーの場合

売りエントリーの場合

同様に、ピンクラインの箇所をご覧下さい。TDIの緑ラインが赤ラインを下抜け(デッドクロス)しています。さらに平均足の色が青から赤に変わっていますね。

中央のピンクラインの箇所は、若干ダマシ的な感じですので、おそらく損切りになっているでしょう。

大きな時間足で方向性を確認した方が良い

非常にシンプルなTrading Made Simpleですが、ダマシを極力少なくするためにもより大きな時間足でのトレンドの方向を確認した方が良いです。例えば1時間足でトレードするのであれば、4時間足のトレンドの方向を、平均足の色やMA(移動平均)の傾きなどでチェックをします。

そして、4時間足のトレンドと同調する方向にのみ1時間足でエントリーを行うようにすれば、より確度が高くなるはず。

海外トレーダーに高く評価される「TDI」

Trading Made Simpleで採用されているTDI(Traders Dynamic Index)というインディケーターですが、私は6〜7年位前にハマったことがあります。日本では馴染みの薄いインディケーターですが、海外ではTDIだけでトレードしている方も多く、人気の高いインディケーターの1つです。

実際のTDI(Traders Dynamic Index)はもう少し複雑です。以下のチャートをご覧下さい。

TDI

TDI

サブウィンドウに表示されているインディケーターが、実際のTDIの姿です。今回ご紹介したTrading Made Simpleでは、TDIインディケーターの一部(緑と赤のラインのみ)を表示していたわけです。実際のTDIには、赤と緑ラインに加え、ボリンジャーバンドのようなもの(青ライン)も表示されています。

TDIを1日中眺めていると、とても面白いです。FOREXFACTORYには、TDIをメインにした様々なトレードアイデアがたくさん投稿されています。気になる方は、試しにご自分のチャートに設定してみてはいかがでしょうか?何かアイデアがひらめくかもしれませんよ。

TDI(Traders Dynamic Index)は、ネットで検索すれば、無料でダウンロードできます。

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら