スポンサーリンク

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4 トワイライトゾーンFX
5 岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

FX手法

【超おすすめ】通貨強弱ツール、これめっちゃ使いやすいよ!

【超おすすめ】通貨強弱ツール、これめっちゃ使いやすいよ!

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4
トワイライトゾーンFX
5
岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

スポンサーリンク

通貨強弱メーター入門にはOANDA(オアンダ)がベターだけど…

通貨強弱メーターを初めて使うならば、OAND(オアンダ)がおすすめであることは以前伝えました。WEB版の中では最も信頼性が高く使い勝手が良いです。

関連記事

OANDAと同じアルゴリズムで算出している通貨強弱メーターがこちら。https://currency-strength.com/が提供するツールです。

前日の通貨強弱グラフをOANDAと比べると、ほぼ同じであることがわかります。

通貨強弱チャートの比較

通貨強弱チャートの比較

どちらでも使いやすい方を選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク

中級者以上におすすめの通貨強弱チャートを紹介するよ!

もう少し慣れてくると、より高度な通貨強弱メーターが欲しくなりますよね。

海外サイトですが、おすすめがあります。BabyPips.comが提供する通貨強弱メーター(WEB版)です。

主要8通貨の強度を棒グラフ・折れ線グラフ・マトリックスなど様々な視点からビジュアル化したWEBサービスです。

Currency Strength Chart

まずは、通常の通貨強弱チャート。

通貨強弱チャート

通貨強弱チャート

一定期間における各主要通貨の相対的な強さを、折れ線グラフで表現し比較できるツールです。

Currency Strength Meter

次に通貨強弱メーター。

通貨強弱メーター

通貨強弱メーター

当日の各々の主要通貨(8通貨)の強さ・弱さを棒グラフで表現したツールです。CHFやEURが強く、JPYやNZDが弱いことがひと目でわかります。

Trend Strength Matrix

主要8通貨のトレンドの強度をマトリックス(行列)表現したツールがこちら。

トレンド強度マトリックス

トレンド強度マトリックス

4分割された表のどこに位置するかで、通貨のトレンド強弱及び方向性を判別することができます。

  1. 右上…強い上昇トレンド(JPY)
  2. 左下…強い下落トレンド(GDP)
  3. 右下…弱い上昇トレンド(NZD)
  4. 左上…弱い下落トレンド

と判断できるわけですね。

このツールは、2つの移動平均線の組み合わせによって、トレンドの方向・強さを判定しています。移動平均線の設定はデフォルトで以下の通り。

  1. 5SMA(期間5の単純移動平均線)
  2. 20SMA(期間20の単純移動平均線)

これらの移動平均線はWEB上で変更可能です。

トレンド強度マトリックスの設定変更

トレンド強度マトリックスの設定変更

期間5、10、20、50、100、200のSMA(単純移動平均線)とEMA(指数平滑移動平均)の中から自在に組み合わせができます。

Trend Momentum

最後は、主要8通貨のトレンドの勢い(Trend Momentum)を0から100の間にプロットしたツールです。

Trend Momentum

Trend Momentum

トレンドの勢いとは、レートが現在の方向に動き続ける可能性を示唆しています。

左端が0で、右端が100です。センターラインの50を超えると買い圧力(≒上昇トレンド)が高まり、50未満の場合は売り圧力(≒下落トレンド)が強まると考えます。

スポンサーリンク

一つのWEBサイトで様々なデータを確認できるBabyPips.comはおすすめ

ご覧の通り、たった一つのWEBサイトで様々な視点から通貨の強弱を精査できます。

使いこなせれば非常に便利なWEBサービスなので、おすすめですよ!

関連記事

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4
トワイライトゾーンFX
5
岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました