スポンサーリンク

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4 トワイライトゾーンFX
5 岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

FX手法

iPhoneで使える通貨強弱アプリ『Easy Currency Strength』を紹介するよ!

iPhoneで使える通貨強弱アプリを紹介するよ!

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4
トワイライトゾーンFX
5
岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

スポンサーリンク

iPhoneで使える通貨強弱アプリ『Easy Currency Strength』を紹介するよ!

「iPhoneで使える通貨強弱アプリ、ありませんか?」とのお問い合わせをいただきました。

通貨強弱ツールの多くは、WEBサービスだったりMT4専用インジケーターとして提供されます。

一方、スマホ(iPhoneやAndroid)のアプリとして提供されている通貨強弱ツールはそれほど多くありません。中でもiPhoneのアプリは登録審査も厳しいため、Androidスマホに比べて圧倒的に数が少ないです。

通貨強弱アプリの最高峰は『通貨強弱チャート by Fxlabo』だ!異論は認めない
iPhoneで使える通貨強弱アプリの最高峰を決めようぜ!iPhoneで使える通貨強弱アプリのベストはどれか?管理人の独断と偏見で決めちゃいます。現時点で日本語に対応している(日本人による開...

今回は、iPhoneで使える通貨強弱アプリの中でシンプルなものを一つ紹介します。Easy Currency Strengthです。残念ながら日本語には未対応です。

iPhoneとiPad、両方で使えます。App Storeから画像を拝借します。

Easy Currency Strengthの解説画像1

Easy Currency Strengthの解説画像1

Easy Currency Strengthの解説画像2

Easy Currency Strengthの解説画像2

Easy Currency Strengthは、主要8通貨の相対的な強さを測定し、時間足ごとの通貨強弱をランキング表示してくれます。

Easy Currency Strengthの解説画像3

Easy Currency Strengthの解説画像3

時間足毎の通貨強弱をグラフ化したものがこちら。

Easy Currency Strengthの解説画像4

Easy Currency Strengthの解説画像4

上の画像は、週足における主要8通貨の強弱グラフです。USD(米ドル)が最も弱く、CHF(スイスフラン)が最も強い通貨であると読み取れます。

スポンサーリンク

無料使用の場合は広告が表示されてしまう

ここで残念なお知らせです。

無課金で使うと画面は以下のようにランキングが隠されてしまっています。

Easy Currency Strengthの解説画像5

Easy Currency Strengthの解説画像5

棒グラフは表示されますが、表示される前に5秒程度の広告が勝手に挿入され、まあまあのストレスがあります。

すべての機能をストレスなく使うためには課金が必要なのですね。現時点(2021年11月12日)での費用は以下の通り。

  • 月額$ 2.99USD (340円)
  • 年額$ 29.99 USD (3,400円)※1ドル=114円換算

課金するなら非常に便利なアプリですが、無課金で使う場合はややストレスが溜まるEasy Currency Strength

結局、WEB版をスマホのブラウザで閲覧するのが賢いのかもしれませんね。

日本語版のおすすめ通貨強弱アプリは別記事にて紹介しています。

通貨強弱アプリの最高峰は『通貨強弱チャート by Fxlabo』だ!異論は認めない
iPhoneで使える通貨強弱アプリの最高峰を決めようぜ!iPhoneで使える通貨強弱アプリのベストはどれか?管理人の独断と偏見で決めちゃいます。現時点で日本語に対応している(日本人による開...

関連記事

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4
トワイライトゾーンFX
5
岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました