当ブログのオリジナル特典はこちら

2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

3本のRCIで”押し目や戻り”を拾うFX手法を解説するよ!

3本のRCIで”押し目や戻り”を拾うFX手法を解説するよ!
3本のRCIで”押し目や戻り”を拾うFX手法を解説するよ!
3本のRCIで”押し目や戻り”を拾うFX手法を解説するよ!
3本のRCIで”押し目や戻り”を拾うFX手法を解説するよ!

RCIを複数本重ねたFX手法を考察する

前回、RCIを3本重ねて表示させるテクニックを紹介しました。

短期・中期・長期RCI
短期・中期・長期RCI|USDJPY30分足

上のチャート図(USDJPY30分足)は、まさに3本のRCIを同時に重ねて表示させています。それぞれのパラメーター(期間)は以下の通り。

  • 短期RCI(期間9)
  • 中期RCI(期間26)
  • 長期RCI(期間52)

今回は、この複数本RCIによる具体的なトレード手法を解説していきます。

なお、RCIについての詳しい解説は以下の記事をお読みください。

3本のRCIの期間をそれぞれいくつに設定するか?

さて、RCIを3本表示させるわけですが、問題はそれぞれの期間をどのように設定するか?ですね。

ネットを探れば様々な組み合わせを見つけることができます。

  • 期間9
  • 期間26
  • 期間52

だったり、

  • 期間9
  • 期間35
  • 期間52

などもあります。中には4本のRCIを表示させている強者も存在します。

  • 期間9
  • 期間13
  • 期間18
  • 期間26

ここでは、最もよく見られる以下の組み合わせで検証していきます。

RCIの期間設定
  • 短期RCI(期間9)
  • 中期RCI(期間26)
  • 長期RCI(期間52)

期間(9、26、52)で設定したチャートが以下の図です。

期間(9、26、52)RCI
期間(9、26、52)RCI

通貨ペアはUSD/JPY(ドル円)の15分足です。

2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

3本のRCIで”押し目や戻り”を拾うFX手法を解説

では具体的な手法について解説します。

ロジックはシンプルです。短期RCI(期間9)、中期RCI(期間26)、長期RCI(期間52)の3本すべてが天井や底に張り付くまで、じっくりと待ちます。

買いパターン

  1. 短期・中期・長期RCIが天井へ張り付く
  2. 短期RCIのみが下落して谷を形成したタイミングで「買いENTRY」

実際のチャートで買いタイミングをチェックしてみましょう。

RCI買いENTRY|その1
RCI買いENTRY|その1

まず③本のRCIが天井付近に張り付いていますね(①)。そこから短期RCI(赤線)のみが大きく下落。短期RCIが再び上昇したタイミングで谷を形成し(②)、そこで買いENTRY(③)となります。

ポイントは、短期RCIが谷を形成後もまだ中期・長期RCIが天井付近にあることです。中期・長期RCIが天井から剥がれ落ちてきているようであればENTRYは見合わせます。

もう一つ、別の時間帯の買いパターンをチェックしてみましょう。

RCI買いENTRY|その2
RCI買いENTRY|その2

さきほどと同様、短期・中期・長期RCIが天井付近に張り付き、その後短期RCIのみ下落しています。短期RCIが再び上昇を初めたタイミングで買いENTRYします。そのときに、中期・長期RCIが天井付近をキープしていることを確認します(中期・長期RCIが下落を初めていた場合は、ENTRYを見合わせます)。

売りパターン

次に売りENTRYのケースです。

  1. 短期・中期・長期RCIが底へ張り付く
  2. 短期RCIのみが上昇して山を形成したタイミングで「売りENTRY」

買いパターンの逆ですね。チャートで確認しましょう。

RCI売りENTRY|その1
RCI売りENTRY|その1

3本のRCIが底に張り付きつつあります(①)。その後、短期RCIのみが上昇を始め、再び下落。ここで山を形成しました(②)。このタイミングで売りENTRYします(③)。

もちろん、中期・長期RCIが底付近をキープしていることが前提条件となります。

チャート観察が不可欠だ

3本のRCIの位置関係で押し目・戻りのポイントをあぶり出す手法は比較的有名ですので、知っている人も少なくないはず。

この手法の精度を高めるためには、とにかくチャート観察が不可欠です。

短期RCIは非常に敏感に動きますので、確実に山・谷を形成するまでは仕掛けるべきではありません。

また、中期・長期RCIの動きも重要です。天底から剥がれ落ちてきているときは注意が必要です。あきらかに急速に下落・上昇しているときはENTRYを回避してください。

3本のRCIの動きをじっくりと観察することで、どのタイミングで仕掛ければよいのかが、じわーっと見えてくるようになります。そうなればあなたは「RCIの使い手」としてステップアップできるはず。

広告(スポンサーリンク)
FX情報商材ランキング|2021年版

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら