2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

『みんなでFX -Rising Sun-』のチャートを無料インジケーターで再現してみたところ…完全一致だった件

「みんなでFX -Rising Sun-」のチャートを無料インジケーターで再現してみたところ…完全一致だった件

「みんなでFX -Rising Sun-」のチャートを無料インジケーターで再現してみたところ…完全一致だった件

C評価商材

「みんなでFX -Rising Sun-」が無料配布インジケーターと酷似していることについて

先日みんなでFXのレビュー記事をアップしましたが、そのなかで「2010年に無料配布されているカスタムインジケーター(FiboZone)と類似点が多い…」と解説しました。

2010年に無料配布されているカスタムインジケーター(PIVOT)と類似点が多い…

以下のサイトで配布されている無料インジケーター(2010年3月に配布)とも酷似してることからも、PIVOT(FiboZone)がベースになっていることは間違いないでしょう。

その後、読者の方から「酷似しているというか、全く同じではないか?」とのご指摘がありました。

そこで今回のレビューでは、どれほど酷似しているのか?に焦点を絞って解説します。

みんなでFX -Rising Sun- タイトル:みんなでFX -Rising Sun-
販売:株式会社Trader’sMarket
メディア:PDF・動画・インジケーター
発売日:2016年10月21日
トレイダーズ証券出身 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-【公式サイト】

まずは「みんなでFX -Rising Sun-」で提供されるインジケーターをチェックしてみましょう。以下のチャート画面はYouTube動画からの出典です。2016年10月29日17時27分前後のUSDJPY(ドル円)15分足です。

YouTube動画はこちら。

「みんなでFX -Rising Sun-」を購入したユーザーの検証動画です。動画をアップされている方のサイトはコチラです。

「みんなでFX -Rising Sun-」のオリジナルチャートはver.1~ver.4まで4種類が用意されていて、上記検証動画はその中のver.2となります。チャート上にPIVOTらしき複数の水平ラインと、青と赤に塗り分けられた背景が特徴的です。

ver.2チャートは、ver.1チャートに平均足のフィルタリングをおこない、シグナルを絞っています。つまり、背景の赤と青は平均足(おそらく上位時間のHeiken Ashi Smoothed)を採用していると推測されます。

「みんなでFX -Rising Sun-」で採用されているインジケーター(ロジック)は以下の2つであると考えられます。

  1. PIVOT(+フィボナッチ)
  2. 平均足(Heiken Ashi Smoothed)

無料で拾えるインジケーターで「みんなでFX -Rising Sun-」のチャートを再現する

FiboZoneを再現してみる

まずはとあるMetaTraderの備忘秘録「PivotとFiboZone」で無料配布されているインジケーターをチャートに設定してみます。

設定した無料インジケーターは以下の2つです。

  1. !3CA_FiboZone2.mq4
  2. !3CA_Pivot2.mq4
PivotとFiboZone

無料インジケーターPivotとFiboZone

いきなり「みんなでFX -Rising Sun-」ver.1と酷似したチャートが表れました。

ver.1チャートと見比べてみます。

「みんなでFX -Rising Sun-」のver.1チャート

「みんなでFX -Rising Sun-」のver.1チャート

2つのチャートを横に並べてみると…

チャート画面を比較

「みんなでFX」チャート画面を比較 その1

似ていますね。ちなみに今回使用した無料インジケーターは2010年3月に配布されていたものです。いまから7年以上前ですね。

「!3CA_FiboZone2.mq4」「!3CA_Pivot2.mq4」は、PIVOTをベースにしたFiboZoneインジケーターです。PIVOTの計算式は以下の通りです。

  • PIVOT=(前日の高値+安値+終値)÷3

そして、PIVOTをセンターラインとしてフィボナッチ数列(0.618、1.382)をもとに算出したR1〜2、S1〜2ラインを描写すれば、FiboZoneの完成です。計算式は極めてシンプルです。

  • R1…PIVOT+(高値ー安値)✕0.618
  • R2…PIVOT+(高値ー安値)✕1.382
  • S1…PIVOTー(高値ー安値)✕0.618
  • S2…PIVOTー(高値ー安値)✕1.382

海外フォーラムではFibo Trade Zoneなどと呼ばれていたりしますね。

各ゾーンでの反発を狙った逆張り、そしてゾーン抜けのブレイク(順張り)などでよく使われるテクニカルです。

平均足による背景塗り分けを無料インジケーターで再現してみる

では次にチャート背景の塗り分け(赤と青)を無料インジケーターで再現してみます。平均足ベースと思われますので、それらしきインジケーターを探してみましょう。ありました。Heikin BGです。

Heikin BG

Heikin BG

Heikin BGは平均足によってチャートの背景を塗り分けることのできる無料インジケーターです。DLmarketやfx-onから無料でダウンロードできます。

FiboZoneとHeikin BGを組み合わせると…

無料のFiboZoneHeikin BGを組み合わせてチャート表示させてみます。

無料インジケーターのみで「みんなでFX」を再現

無料インジケーターのみで「みんなでFX」を再現してみた

いかがでしょうか?かなり再現性が高いと思いませんか?並べて比較してみましょう。

「みんなでFX」のチャートと比較

「みんなでFX」チャート画面を比較 その2

無料インジケーターを2つ使っただけで「みんなでFX -Rising Sun-」のチャートをかなり再現できました。設定されているパラメーターは多少異なるかもしれませんが、ほぼ完全一致といって問題ないでしょう。

無料インジケーターで再現できるからといって「みんなでFX -Rising Sun-」の優位性を否定しているわけではない

無料インジケーターで再現できるから「みんなでFX -Rising Sun-」の優位性を否定しているわけではありません。

前回のレビューでも解説しましたが、ライン(ゾーン)トレードは全員が同じライン(ゾーン)を意識するからこそ、効果的に機能します。そこにライントレードの優位性が存在します。インジケーターで描写される複数の支持/抵抗ライン(ゾーン)はベーシックであることが求められるのです。逆に、自己流にカスタマイズしてしまえば、ライントレードの優位性を損なってしまうことになります。

だからこそ「みんなでFX -Rising Sun-」で描写されるゾーン(ライン)は、一般的なインジケーターで再現できるわけです。奇をてらわずベーシックであること、その点に「みんなでFX -Rising Sun-」の優位性が存在します。

ライン(ゾーン)を意識したカウンタートレードや、ブレイクアウトを学習するならば、ベーシックな「みんなでFX -Rising Sun-」を選択するのもありですね。

C評価商材
みんなでFX -Rising Sun- タイトル:みんなでFX -Rising Sun-
販売:株式会社Trader’sMarket
メディア:PDF・インジケーター
発売日:2016年10月21日
トレイダーズ証券出身 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-【公式サイト】
≫ オリジナル特典付きで購入する

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら