パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

C評価商材

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン”

パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。

パラダイム・トレーダーFXチャート02

チャート(MetaTrader)に表示される赤いラインと青いラインを抜けるタイミングで仕掛けます。ところでこのラインですが、どういった根拠で表示されているのでしょうか?会員サイトでは以下のように解説されており、それほど詳しくは説明されていません。

このラインは朝6時から7時のあいだにラインの場所が決まります。およそ24時間はその位置から移動しません…

青のラインより上で値動きしている場合は上昇トレンドが起きるとき、または起きているときとなります。

反対に赤いラインより下で値動きをしている場合は下降トレンドが起きるとき、または起きているときとなります

また、赤と青のラインの間で動いているときは、さほど流れがでていないレンジ状態といえます。間にいるときはまだトレンドの方向性が決まっていませんので、ウロウロするときが多くあります。

引用:パラダイム・トレーダーFX会員サイトより

この赤ラインと青ラインはかなり重要なテクニカルと位置づけられているように感じます。この2本のラインで相場の状態を把握し、エントリーのタイミングを取ります。まさにパラダイム・トレーダーFXの心臓部とも言えるかもしれません。

この2本のツールを表示させるロジックは、明らかにされていません。会員サイトのFAQにおいても以下のような記述があります。

Q.赤青ラインはどのように計算し表示されていますか?

A.大変申し訳ございませんが、インジケーター、ロジックに関する計算方法などは非公開とさせて頂いております。
長年研究し、開発したものですので、ご理解頂けます様お願いいたします。

パラダイム・トレーダーFXを長期的に使っていくならば、ロジック(計算式)は公開していただきたいのですが、残念ながら「非公開」です。

過去(特定の時間帯)の高値安値を取得し当日のレンジ圏として2本のラインで表示させている?

そこで、私なりにこのインディケータを分析し、似たような表示をさせるものがないか探してみました。

ロジックとしては、おそらく過去(特定の時間帯)の高値安値を取得して、それを当日のレンジ圏として2本のラインで表示させているのではないかと推測しています。厳密に精査すれば、より詳細なロジックは判明すると思いますが、とりあえずざっくりと推測してみました。

過去に様々なインディケータを見てきた私としては、類似するインディケータにいくつか心当たりがありました。

その一つが、HedgeTest.mq4です。(もっと違う名称だったと思うのですが、探してみたところこれしか見つかりませんでした…)

HedgeTest.mq4そのものは、前日終値を基準にそこから上下へ一定の幅(オフセット)をもたせてラインで表示させるツールですが、そのパラメータを少しいじってMT4に表示させてみます。

hedgetest

チャートはUSD/JPYの5分足です。ラインの色は適当に変更してみました。

次にパラダイム・トレーダーFXを同じチャートに表示させてみます。

パラダイム・トレーダーFXのチャート

ちょっと似ていますね。それではHedgeTest.mq4を重ねて表示させてみます。

1hedgetest

いかがでしょうか?ほとんど重なっているといっても良いかもしれません。左側がズレていますが、これは週をまたいだ時に過去のレート取得計算が少しずれたためだと考えられます。

EUR/JPYの5分足でも重ねたチャートを見てましょう。こちらです。

パラダイム・トレーダーFXのEURJPY

ほぼ重なっていますね。左側のズレはUSD/JPYと同じです。

HedgeTest.mq4のロジックとパラトレFXの赤青ラインのロジックは全く異なる可能性もありますが、インディケータを同時に表示させた限りにおいては、同じようなラインを描いていることがわかります。なかなか興味深いです。

HedgeTest.mq4の詳細なロジックは伏せておきます。ロジックを解説するとそのままパラダイム・トレーダーFXのインディケータのネタバレになってしまうおそれがあるからです。(HedgeTest.mq4のパラメータをどのように変更したか、それも伏せておきます)

使用したインディケータはHedgeTest.mq4です。ネットで検索すれば無料でダウンロードできます。気になる人は、HedgeTest.mq4を検索してみてください。

こうしてパラダイム・トレーダーFXを分析してみると、ロジックそのものは非公開ですが、手法は極めて王道的であることを感じますね。

C評価商材

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

上海ゴッド 【検証とレビュー】

大富豪ファンドチームがロジックを公開 上海ゴッドは、小笠原良行さんのFX商材です。 小笠原良行率いる6人の上海の大富豪ファンドチームがこれまで決して公開する事のなかったFXスーパー…

パラダイム・トレーダーFX【検証とレビュー】その1

FXだけで7年連続”年収1億円”の収入を得ている”イサム”氏が開発したパラダイム・トレーダーFX 以前ゴールデンスパイダーFXを開発・リリースし大ヒットさせたイサム氏が、新しいFX…

Market Hunt System(MHS) 【検証とレビュー】

公(おおやけ)のフォワード成績以外、必要ない ロジック非公開のFX商材販売ページにおいては、様々な言葉を使ってツールの優位性が解説されています。そもそも、ロジックが非公開のシグナル…

セルジオトレーダー 【検証とレビュー】

セルジオトレーダーはコピートレードシステム 読者様から依頼のあった商材を取り上げてみたいと思います。今回は、セルジオトレーダーです。 MT4(Metatrader4)を使用したコピ…

他力本願FX
他力本願FX【検証とレビュー】

「他力本願FX」は既存の「ZuluTrade」を使ったコピートレードにすぎない 「他力本願FX」という名のFX商材が販売されています。 他力本願FX 販売元:情報問屋 高橋一二三 …

東進トレーディングゼミナール
東進トレーディングゼミナール(トレゼミ)【検証とレビュー】

『東進トレーディングゼミナール(トレゼミ)』検証とレビュー FXと仮想通貨トレードを学べるスクール 一般的なFXスクールとは少し趣を変えた興味深いサービスが始まりました。『東進トレ…

Daemon Spear
Daemon Spear ver3【検証とレビュー】

「Daemon Spear」は20秒足を使ったバイナリーオプションツールだ 完全無裁量を謳う「悪魔のツール」と名付けられたDaemon Spear(デーモンスピア)をレビューします…

trendhunterFX
トレンドハンターFX(トレハンFX)【検証とレビュー】

「トレンドハンターFX」は日足・4時間足での2本の移動平均線を使った押し目・戻し狙いのトレンドフォロー手法だ クロスリテイリング社のロングセラーFX商材 クロスリテイリングの商材「…

FX風林火山 【検証とレビュー】

分速FXの小出万吉さんが総監修したFX商材 とても気になる内容のFX商材です。販売ページの中に以下の一文があります。 今回、正式にその全貌をマニュアル化するにあたり、私のFXの師匠…

FX-Sync Trade System(FX-STS) 【検証とレビュー】

”元ファンドマネージャー”の運用実績 販売ページから漂ってくる自信と裏腹に、運用実績は残念な結果となっています。FX-STSの運用実績は以下のサイトから見ることができます。 htt…

AmbushFX 検証とレビュー

AmbushFXが売れていますね… 多くの検証依頼を頂いているAmbushFXですが、ランキングでもダントツ1位ですね(2014年1月29日現在)。価格は19,800円です。 私も…

Victory FX 【検証とレビュー】

ナンピン・マーチンゲール系のEA Victory FXですが、販売開始が2010年5月ですから、これも長期にわたって販売されています。販売スタートしてから数ヶ月で消えていくEAが多…