パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

C評価商材

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン”

パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。

パラダイム・トレーダーFXチャート02

チャート(MetaTrader)に表示される赤いラインと青いラインを抜けるタイミングで仕掛けます。ところでこのラインですが、どういった根拠で表示されているのでしょうか?会員サイトでは以下のように解説されており、それほど詳しくは説明されていません。

このラインは朝6時から7時のあいだにラインの場所が決まります。およそ24時間はその位置から移動しません…

青のラインより上で値動きしている場合は上昇トレンドが起きるとき、または起きているときとなります。

反対に赤いラインより下で値動きをしている場合は下降トレンドが起きるとき、または起きているときとなります

また、赤と青のラインの間で動いているときは、さほど流れがでていないレンジ状態といえます。間にいるときはまだトレンドの方向性が決まっていませんので、ウロウロするときが多くあります。

引用:パラダイム・トレーダーFX会員サイトより

この赤ラインと青ラインはかなり重要なテクニカルと位置づけられているように感じます。この2本のラインで相場の状態を把握し、エントリーのタイミングを取ります。まさにパラダイム・トレーダーFXの心臓部とも言えるかもしれません。

この2本のツールを表示させるロジックは、明らかにされていません。会員サイトのFAQにおいても以下のような記述があります。

Q.赤青ラインはどのように計算し表示されていますか?

A.大変申し訳ございませんが、インジケーター、ロジックに関する計算方法などは非公開とさせて頂いております。
長年研究し、開発したものですので、ご理解頂けます様お願いいたします。

パラダイム・トレーダーFXを長期的に使っていくならば、ロジック(計算式)は公開していただきたいのですが、残念ながら「非公開」です。

過去(特定の時間帯)の高値安値を取得し当日のレンジ圏として2本のラインで表示させている?

そこで、私なりにこのインディケータを分析し、似たような表示をさせるものがないか探してみました。

ロジックとしては、おそらく過去(特定の時間帯)の高値安値を取得して、それを当日のレンジ圏として2本のラインで表示させているのではないかと推測しています。厳密に精査すれば、より詳細なロジックは判明すると思いますが、とりあえずざっくりと推測してみました。

過去に様々なインディケータを見てきた私としては、類似するインディケータにいくつか心当たりがありました。

その一つが、HedgeTest.mq4です。(もっと違う名称だったと思うのですが、探してみたところこれしか見つかりませんでした…)

HedgeTest.mq4そのものは、前日終値を基準にそこから上下へ一定の幅(オフセット)をもたせてラインで表示させるツールですが、そのパラメータを少しいじってMT4に表示させてみます。

hedgetest

チャートはUSD/JPYの5分足です。ラインの色は適当に変更してみました。

次にパラダイム・トレーダーFXを同じチャートに表示させてみます。

パラダイム・トレーダーFXのチャート

ちょっと似ていますね。それではHedgeTest.mq4を重ねて表示させてみます。

1hedgetest

いかがでしょうか?ほとんど重なっているといっても良いかもしれません。左側がズレていますが、これは週をまたいだ時に過去のレート取得計算が少しずれたためだと考えられます。

EUR/JPYの5分足でも重ねたチャートを見てましょう。こちらです。

パラダイム・トレーダーFXのEURJPY

ほぼ重なっていますね。左側のズレはUSD/JPYと同じです。

HedgeTest.mq4のロジックとパラトレFXの赤青ラインのロジックは全く異なる可能性もありますが、インディケータを同時に表示させた限りにおいては、同じようなラインを描いていることがわかります。なかなか興味深いです。

HedgeTest.mq4の詳細なロジックは伏せておきます。ロジックを解説するとそのままパラダイム・トレーダーFXのインディケータのネタバレになってしまうおそれがあるからです。(HedgeTest.mq4のパラメータをどのように変更したか、それも伏せておきます)

使用したインディケータはHedgeTest.mq4です。ネットで検索すれば無料でダウンロードできます。気になる人は、HedgeTest.mq4を検索してみてください。

こうしてパラダイム・トレーダーFXを分析してみると、ロジックそのものは非公開ですが、手法は極めて王道的であることを感じますね。

C評価商材

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FXスキャル・パーフェクトシグナルをMetaTrader4に設定してみた

FXスキャル・パーフェクトシグナルをMetaTrader4に設定 前回の記事に引き続き、FXスキャル・パーフェクトシグナルのレビューとなります。今回は、FXスキャル・パーフェクトシ…

デイトレンドFX 【検証とレビュー】

ルールが明確な裁量系デイトレ商材 デイトレンドFXは、2008年8月から販売されていて未だに地味に売れている商材です。チャート上に複数のテクニカル指標を表示させ、厳密なルールに従っ…

trendhunterFX
トレンドハンターFX(トレハンFX)【検証とレビュー】

「トレンドハンターFX」は日足・4時間足での2本の移動平均線を使った押し目・戻し狙いのトレンドフォロー手法だ クロスリテイリング社のロングセラーFX商材 クロスリテイリングの商材「…

為替鬼コピートレード「鬼式」 【検証とレビュー】

為替鬼コピートレード「鬼式」の募集期間 為替鬼コピートレード「鬼式」の募集が再開されるようですね。募集期間は、6月19日までの3週間のみです。募集終了まで、段階的に値段を上げていく…

FXシステム堅【KEN】 【検証とレビュー】

月利3%というリターンについて考察してみる システム堅はナンピン・マーチンゲール型のEAです。状況に応じて両建ても行います。 マイクロロット(0.01)スタートで月利3%を狙うとい…

FXスキャル・パーフェクトシグナル第2回オンラインセミナーを視聴した

FXスキャル・パーフェクトシグナルの第2回オンラインセミナーが開催された 2017年4月6日(木)にFXスキャル・パーフェクトシグナル購入者限定のオンラインセミナー(第2回…

ジーニアス・ブレインFX
ジーニアス・ブレインFX【検証とレビュー】

関連:One Tap Trade FX【検証とレビュー】 「ジーニアス・ブレインFX」はストラテジー選択型(ポートフォリオ型)半裁量トレードだ クロスリテイリング社の大型商材「ジー…

THE・SPIDER 【検証とレビュー】

高額コピートレード「THE・SPIDER」 超高額のコピートレードが登場しました。EA@プログラマー金次郎氏が開発したとされるTHE・SPIDERです。販売元は株式会社TCHです。…

ドラゴンストラテジーFX
ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順

ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる ドラゴン・ストラテジーFXの優位性を高める工夫 ドラゴンストラテジーF…

スターハンターFX的なシステムを(無料で)作ってみた

お遊びでスターハンターFX的なチャートを作ってみた 先日レビューしたスターハンターFXが売れてますね。 スターハンターFX販売ページ 今日はちょっとお遊びで、無料インディケーターを…

FXハイブリッドが販売停止予定(12月15日)

12月15日(土)で販売停止 評価の高かったFXハイブリッドが、12月15日(土)で一旦販売停止になるそうです。 FXハイブリッド 【検証とレビュー】 爆発的な利益は見込めませんが…

FXスキャルマスター 【検証とレビュー】

王道ロジックを採用した順張りスキャル 2009年の10月から販売されていて、今でも売れ続けているヒット商材です。オリジナルインディケータとPDFマニュアル(全113ページ)で構成さ…