『ゾーンスキャルFX』の本質は順張りライントレードにすぎないが10万円を超える価格に見合う優位性は不明【検証とレビュー】

『ゾーンスキャルFX』の本質は順張りライントレードにすぎないが10万円を超える価格に見合う優位性は不明

『ゾーンスキャルFX』の本質は順張りライントレードにすぎないが10万円を超える価格に見合う優位性は不明

C評価商材

『ゾーンスキャルFX』検証とレビュー

低価格路線に歯止めをかけるか?10万円オーバーのFX情報商材の登場

なかなか強気な価格設定です。なんと10万円オーバー(税込)のFX情報商材が登場しました。クロスリテイリング社の『ゾーンスキャルFX』です。

ゾーンスキャルFX
ゾーンスキャルFX
販売元:一般社団法人 日本投資家育成機構
発売日:2018/06/28
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://zonescal-fx.s3.amazonaws.com/top/it_pre01.html

ここ数年はFX情報商材の低価格路線(2万円〜3万円)が定着化してきたように感じていたのですが、『ゾーンスキャルFX』はそれを打ち破るような高額商材です。

  • 税抜価格…99,800円
  • 税込価格…107,784円(10万円オーバー!)

単なるオリジナルインジケーター(&ロジック)に対して10万円(税込)という高額設定は、はたしてユーザーに受け入れられるのか?クロス社にとっても大きな”賭け”なのかもしれませんね。

開発者は『秒速スキャルFX』でお馴染みのFX-Katsu(鈴木克佳)氏。スキャルピングロジックを得意とするトレーダーです。

『ゾーンスキャルFX』の中身をチェック

ゾーンという概念で環境認識を行う順張りライントレード

複数の水平線で構成されるゾーンという領域を使って、仕掛けや手仕舞いを行うストラテジーです。有り体に言えばライントレードの一種ですね。

ゾーンスキャルFXの”ゾーン”とは?

ゾーンスキャルFXの”ゾーン”とは?

このゾーンを捉えるためのオリジナル・インジケーターも用意されています。

主要ロジックは「押し目・戻り」と「ラインブレイクアウト」

ゾーン(領域)をインジケーターでビジュアル化してその中で仕掛けますが、仕掛けのロジックは2つ。

  1. ゾーンロジック(押し目買い・戻り売り)
  2. ブレイクアウトロジック(ラインブレイク)

ゾーンロジックはゾーンの中で順張り方向に押し目買いや戻り売りを仕掛ける手法です。

ゾーンスキャルFX「押し目買い&戻り売り」

ゾーンスキャルFX「押し目買い&戻り売り」

一方、ゾーンブレイクアウトは、ゾーン(ライン)を上抜け・下抜けで順張り方向に仕掛ける手法です。

ゾーンスキャルFX「ブレイクアウト」

ゾーンスキャルFX「ブレイクアウト」

どちらも順張りですね。これらの手法を補完するためのオリジナル・インジケーター(MT4専用)も付属しています。

応用編としての「両建て」「ナンピン」

押し目・戻りとブレイクアウトが『ゾーンスキャルFX』のメインロジックですが、応用編として両建てロジックやナンピンなども解説されています。これらの応用ロジックを取り入れることで仕掛けの機会は大幅に増えます。

『ゾーンスキャルFX』の欠点

まず『ゾーンスキャルFX』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

商材の欠点

”ゾーン”という概念は斬新さを感じさせるがその本質はライントレードと同じだ

直近高値同士or直近安値同士から複数のライン(水平線)を引くことで”ゾーン”という領域を出現させて環境認識に活用する…一見斬新に見えますが、その本質は直近高値や直近安値を活用する一般的なライントレードとそれほど大差はありません。

相場における”環境認識”とは、いかに”群衆心理”を正しく読み取るか?にかかっていると言っても過言ではありません。マーケットに参加する群衆の心理がチャートに反映されるからこそダウ理論やラインが有効に作用するわけですね。群集心理を正しく理解するには、群衆と同じようにチャートを眺めることが求められます。ならばラインをこねくり回して独自の環境認識を行うよりも、大衆と同じラインをシンプルに引くほうが優位性は高いといえるのではないでしょうか。

商材の欠点

10万円超という価格設定に商材内容は見合っているか?判断が難しい

ここ数年、FX情報商材の低価格路線(2万円〜3万円)が定着化してきたように感じていたのですが、『ゾーンスキャルFX』はそれを打ち破るような高額商材です。税抜価格で99,800円、税込み価格では107,784円となり10万円をオーバーします。単なるFX商材に対して10万円(税込)という高価格は、本当に中身とバランスが取れているのか?なかなか難しい判断です。クロスリテイリングというブランドだからこそ可能な価格設定とはいえ、(高額商材に期待値を高められた)購入者がどのように判断するのか気になります。

  1. ”ゾーン”という概念は斬新さを感じさせるがその本質はライントレードと同じだ
  2. 10万円超という価格設定に商材内容は見合っているか?判断が難しい

『ゾーンスキャルFX』の評価点

次に『ゾーンスキャルFX』の評価できるポイントを解説します。

商材の良点

環境認識を重視したロジックは評価できる

最近のFX商材の傾向として、環境認識を重視するロジックが増えてきているように感じます。特にクロスリテイリング社の商材はその傾向が顕著です。ダイヤモンドトレンドFXOne Tap Trade FXマックス岩本の1秒スキャルFXなどがそうですね。今回の『ゾーンスキャルFX』もゾーンという概念で環境認識を行うストラテジーです。ゾーンやラインを使った環境認識は、マーケットに参加する大衆の心理を正確に読み取ることが目的です。『ゾーンスキャルFX』は今更ながらその重要性を再認識させてくれる商材といえます。

商材の良点

常に新しいロジックを生み出すクロス社のたゆまぬ企業努力に頭が下がる

ベースは順張りライントレードですが、ユーザーに飽きられないよう斬新さを加えて新しいFX商材を送り出す。その熱心さや貪欲さに本当に頭がさがります。FXのテクニカル系ロジックなど、すでに出尽くした感がありますが、それでは新商材は売れません。ベースとなる既存ロジックに様々な要素を加味して新商材を生み出す。まさに企業努力ですね。

  1. 環境認識を重視したロジックは評価できる
  2. 常に新しいロジックを生み出すクロス社の貪欲さ(企業努力)に頭が下がる
ゾーンスキャルFX
ゾーンスキャルFX
販売元:一般社団法人 日本投資家育成機構
発売日:2018/06/28
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://zonescal-fx.s3.amazonaws.com/top/it_pre01.html

『ゾーンスキャルFX』総合評価

C評価商材

環境認識に2本のラインで構成された”ゾーン”を活用するがその本質はシンプルな”順張りライントレード”であり斬新さは感じない
身も蓋もない話だがトレンド相場ならば誰でも利益を出せる
近年の低価格路線を打ち破る”10万円超”という価格設定がユーザーに受け入れられるか?評価は分かれそう…

『ゾーンスキャルFX』メインロジックのベースはシンプルな順張りライントレードです。

最大の特徴は環境認識に「ゾーン」という概念を取り入れている点です。上昇トレンドならば、直近高値と更にその前の高値から2本のラインを引き、そのラインで囲まれた領域を「ゾーン」と呼んでいます(下降トレンドならば直近安値とその前の安値から2本のラインを引きます)。

この「ゾーン」の中で順張り(押し目買い・戻り売り)で仕掛けるのが「ゾーンロジック」。そしてゾーンを順張りブレイクで仕掛けるのが「ブレイクアウトロジック」です。そして各ロジックを補完するための3つのサインツール(インジケーター)付属しています。

「ゾーン」と呼ばれる領域に一見斬新さを感じさせますが、その本質は単なる順張りのライントレードにすぎません。トレンドが発生すれば、ゾーンを使わずともシンプルな「ダウ理論」を活用するだけで簡単に勝てます。

10万円という価格設定に見合う優位性がはたして存在するのか?判断は難しいところですね。残念ながらロジックの優位性を裏付けるフォワード実績は非公開です。

商材の良点
  1. 環境認識を重視したロジックは評価できる
  2. 常に新しいロジックを生み出すクロス社の貪欲さ(企業努力)に頭が下がる
商材の欠点
  1. ”ゾーン”という概念は斬新さを感じさせるがその本質はライントレードと同じだ
  2. 10万円超という価格設定に商材内容は見合っているか?判断が難しい

『ゾーンスキャルFX』を購入するべき人

  • 順張りライントレードに興味がある人
  • FX商材に10万円を躊躇なく払える人

『ゾーンスキャルFX』を購入してはいけない人

  • 10万円という価格に過剰な期待を抱く人
  • 斬新なロジックを求めている人
ゾーンスキャルFX
ゾーンスキャルFX
販売元:一般社団法人 日本投資家育成機構
発売日:2018/06/28
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://zonescal-fx.s3.amazonaws.com/top/it_pre01.html

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

PSPBANK【検証とレビュー】

法律と消費者を軽視しているPSPBANK PSPBANKという正体不明の情報商材に関する問い合わせをいただきました。 PSPBANK 販売ページを見る限り、断定的判断の提供のオンパ…

レパトリEAが販売終了

レパトリEAが販売を終了 先日、レパトリEAの検証記事をアップしたところ、読者様から非常に大きな反響を頂きました。 レパトリEA 【検証とレビュー】 しかし、その2日後の5月18日…

3次元FX【検証とレビュー】

関連:Vガンマトレード塾【検証とレビュー】 3次元FXは”日経225先物”と”ドル円”の相関関係を利用したトレード手法 3次元FXという商材について問い合わせをいただいています。手…

井手式7daysFX 【検証とレビュー】その4

井手式7daysFXの特典動画をご紹介 本日は井手式7daysFX販売者様より、特典動画をご提供いただきましたので、ご紹介したいと思います。 井手式7daysFX 【検証とレビュー…

SnakeFX 【検証とレビュー】

SnakeFXの実績は今のところ不明 SnakeFXは6月19日に登録されたEA(自動売買)システムです。EURUSD専用のEAですね。マーケットオープンとクローズ時間をターゲット…

HUAU×IS. jr PRO2 5PAIR 【検証とレビュー】

初心者には不向きのマニアックなEA HUAUさんのEA(自動売買)です。HUAUさんは、これまでにも数多くのEAを作成されていますね。このサイトでも紹介済みのUSDJPY_EURU…

FXコア 【検証とレビュー】

FXコアの成績について 問い合わせの多い商材です。FXコアは口座縛りのあるEA(自動売買システム)ですね。多くのユーザーの方から「FXコアを使って、今のところ勝っていますがどうでし…

パラダイム・トレーダーFX【検証とレビュー】その2

パラダイム・トレーダーFXを購入しました パラダイム・トレーダーFXを購入しました。開発者のイサム氏はゴールデンスパイダーFXやゴールデンスパイダー1分バイナリーオプションでもお馴…

FXスキャレーダー
FXスキャレーダー【検証とレビュー】

「FXスキャレーダー」を販売するアイプロダクション(渡秀明氏)とは? 販売会社のアイプロダクションはADR(紛争解決委員会)案件の過去を持つ 販売会社のアイプロダクション(=株式会…

W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

ヴァージョンアップして販売再開 過去記事でも何度か取り上げたW2C-Clipper(クリッパー)ですが、ヴァージョンアップして販売を再開したようです。 W2C-Clipper(ve…

岩本式・アダムセオリーマスタースクール
【即完】岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールの募集が2時間で終了

マックス岩本の1秒スキャルFX【検証とレビュー】 岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが募集開始2時間で150名の枠が埋まり完売… なんと、岩本式・FXアダムセオリー・マス…

マイルストーンFX 【検証とレビュー】

派手さのないマイルストーンFX マイルストーンFXですが、販売ページを読むと、なかなか理想論的な話が続きます。過去の運用成績に派手さはなく、むしろ堅実なトレードというイメージを持ち…