SCORPION(スコーピオン) 【検証とレビュー】

SCORPION(スコーピオン) 【検証とレビュー】

SCORPION(スコーピオン) 【検証とレビュー】

D評価商材

EAビジネスについて

このEAを販売している会社(トレーディングオフィス社)は、PEGASUS(ペガサス)、HAWK(ホーク)やFALCON(ファルコン)など、過去にもいくつかEAを出してますね。いわゆるEAを専門的に販売する会社です。

EA販売会社が作るEAには、2種類あると言われています。1つは、IB(Introducing Broker)狙いの超低価格EA。もう1つは、EA本体での売上を狙う、1件2~3万円のEA。※Introducing Brokerについては、以下の記事で詳しく説明しています。

今回の SCORPIONですが、EA本体での売上を狙っているEAですね。(追記:IB縛りのSCORPIONも販売されているようです。価格は1万円安いです。)

まだ販売して間もない(2011年12月13日)ので、フォワード成績のデータがほとんどありません。

実績のないEAを販売することについて

SCORPION(スコーピオン)のフォワードデータは、現時点でほとんど存在しません。何故、実績の少ないEAを売るのか?ユーザーのことを考えれば、最低でも半年、できれば1年のフォワード実績を出してから販売をスタートして欲しいというのが本音です。

もしフォワードテスト(誰もが公正に確認できる意味でのフォワード実績です)を公開し続け、1年間素晴らしい成績を出していれば、たとえ非売品であっても、「売って欲しい!」「販売して欲しい!」という声が自然と挙がってきます。当然高価格で販売ができます。それこそ5万円でも10万円でも、売れるのではないでしょうか?

仮に1年間の公開実績(フォワード)で素晴らしい成績を残すことができれば、少なくとも1年間の相場の変動に耐えうるEAであることが実証されたことになります。このEAに5万円を投資しても、その何十倍ものリターンが見込めるなら、買わない理由はないですよね。

ユーザーのことを第一に考えるのであれば、しっかりと半年~1年かけてフォワードデータ(実績)を積み上げてから、販売するべきだと思います。

SCORPIONは、スキャルピングEA

このSCORPION(スコーピオン)の内容について見ていきましょう。通貨ペアはEURUSD(ユーロドル)専用となっています。時間足は5分足を使用します。

EAの基本戦略はトレンドフォローですが、利幅は大きくありません。ポジション取りを見ていると、スキャルピングですね。リミットとストップ幅は相場に応じて、自動で変動します。

SCORPION(スコーピオン) のナンピン機能

そしてこのEAがアピールしている点は、「追撃ポジション」と「リカバリーポジション」と呼ばれる機能です。いわゆる「ナンピン」機能のようですね。追撃ポジションとは、含み益があるときに、継続的にトレンドが発生している場合に、追加でポジションを取っていく機能(つまりナンピン)です。

一方リカバリーポジションは、含み損が発生しているときに、トレンドの継続を確認した上で、その含み損を解消すべく、戦略的にポジションを取っていく機能(これもナンピン)です。

共にデフォルト(初期設定)では最大3ポジションまで建てていくようですが、この部分は設定で変更可能です。

EAは、1年後に価値がわかるもの

どんなEAでもそうですが、過去成績なんていくらでも優秀な数字を出すことができます。大事なのは公(おおやけ)の実績データです。つまりフォワード成績です。

公の場で実績を重ねて行くには時間がかかります。少なくとも半年、できれば1年の実績が欲しいです。しっかりとした実績を積み上げた上で、一般販売をスタートして欲しいですね。

ロジック非公開EAでは、柔軟な運用が難しい

それと、何度も言ってますが、他人が作ったEAを買っても、使い続けることは非常に困難です。ロジックがブラックボックスのEAは、ドローダウンが発生したときに、信用して使い続けることが難しくなります。大きな含み損や実損を出したときに、恐らくほとんどの人(99%位)が、恐怖を感じて、あるいは不信感を抱いて、そのEAの稼働を止めるでしょう。

それでも使い続ける人がいたら、よっぽど肝が据わっているか、投資に最初から向いていない人です。実際のところ、1年以上稼働させ続けていてなおかつ利益を残せているEAが、いったいどれくらいあるのでしょうか

相場は常に変化します。固定的なロジックを採用しているEAは、相場の変化についていくことができません。相場の変化に合わせて、パラメータを変えたり、EAそのものを別のEAと入れ替えるなど、柔軟な運用が必須です。

しかしロジックが公開されていなければ、それすら難しくなります。SCORPION(スコーピオン)も、ロジックを公開していただければ、より柔軟な運用ができると思うのですが、ちょっと残念です。

D評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

TREND RIDE SCALPING NEO 【検証とレビュー】

TREND RIDE SCALPING NEOは意外と真面目な商材 ド派手な販売ページとは裏腹に、商材そのものは真面目です。 TREND RIDE SCALPING NEOは、メタ…

FXハイブリッド 【検証とレビュー】

FXハイブリッドは”コピートレード(EA)” 実績のあるコピートレードをご紹介します。株レモン投資顧問が販売するFXハイブリッドです。 EURUSD専用のEA(コピートレード)です…

億超えスキャルピング【検証とレビュー】
【注意】BOBOXでトラブル続出

BOBOXをプッシュする記事に注意 最近よく見かけませんか?BOBOXの記事。その大半が、BOBOXをお薦めする記事ばかりです。中には「BOBOXの必勝法を教えます」と宣伝して、口…

岡安盛男のFX 極
陽線と陰線の出現率が長期的には均衡するならばやはり相場はランダムウォークなのか?

陽線と陰線の出現率が長期的には均衡する? 先日レビューした『億千万バイナリー』ですが、その中で開発者橋本純樹氏による独自理論”ローソク足波動論”をざっくりと解説しました。 ”ローソ…

SimpleRepeat 【検証とレビュー】

トラップリピートイフダンEA SimpleRepeatというEAをご紹介します。fx-on.comで販売されているEAです。 SimpleRepeatの詳細はコチラ このEAですが…

FXスキャレーダー
FXスキャレーダー【検証とレビュー】

「FXスキャレーダー」を販売するアイプロダクション(渡秀明氏)とは? 販売会社のアイプロダクションはADR(紛争解決委員会)案件の過去を持つ 販売会社のアイプロダクション(=株式会…

24FX
24FX【検証とレビュー】

「24FX」はナンピン・マーチンゲール型のスキャルロジック 24FXの販売ページはとても良くできています。実践者の声だけでなく、リアルな実績も数多く掲載されています。初心者でも勝て…

ProEX
ProEX(プロエグジット)【検証とレビュー】その2

ProEX(プロエグジット)【検証とレビュー】その1 『ProEX(プロエグジット)』の機能を動画で紹介 先日レビューした『ProEX(プロエグジット)』ですが、今回は動画を中心に…

FX-navi 【検証とレビュー】

FX-naviはトレンドフォロー系裁量ロジック FX-naviの販売ページですが、一般的なことがさらっと書いてあるだけで、具体的な手法についての説明は全くありません。購入検討者はど…

上杉式 30days Training Programも海外無登録ブローカーを推奨

上杉式 30days Training Programが推奨するブローカー 上杉式 30days Training Programという商材についてのお問い合わせを頂きました。 販…

USDJPY_EURUSD PRO 【検証とレビュー】

HUAU氏のEAの中でも、抜群の安定感 このEAの作者はHUAUという方で、相当な数のEAを販売されています。プロフィールには、 4年半の間、EAの開発だけに時間を費やし、1000…

FX第4アービトラージシステム 【検証とレビュー】

※販売会社であるグローバルビジョンは後に金融庁により「無登録で金融商品取引業を行っている者に対する警告」を受けています。 http://kantou.mof.go.jp/conte…