秒速スキャルFX【検証とレビュー】

秒速スキャルFX【検証とレビュー】

秒速スキャルFX【検証とレビュー】

A評価商材

秒速スキャルFXを販売する「日本投資家育成機構」

今回は、秒速スキャルFXについて検証レビューしていきます。

秒速スキャルFXを販売しているのは「日本投資家育成機構」という一般社団法人です。代表はクロスリティリング社のFX-JIN氏です。

一般社団法人は営利を目的としない「非営利法人」です。「非営利」だからといってボランティアのような無償活動をしなければいけないわけではありません。普通の株式会社などと同様、収益事業を行って利益を上げ、役員や従業員への給料支払いを行うことことが可能です。もちろん税金も払います。「営利を目的としない」ということは、「利益の分配をしない」という意味にすぎません。

クロスリテイリング株式会社が秒速スキャルFXの実質的な販売元と考えても、概ねその認識は間違ってはいません。

秒速スキャルFXは1分足スキャルピング

秒速スキャルFXロジックの考案・開発者はFX-Katsu(鈴木克佳)氏。クロスリティリング社の社員兼FXトレーダーです。

商材名にある通り1分足を使用したスキャルピングロジックとなります。ローソク足が加速するタイミングを捉え、瞬時に利益を確定していくスタイルです。

私自身は、スイングトレーダー(中長期トレード)ですので、スキャルピングは得意ではありません。むしろ苦手としている手法です。過去に何度もトライしたのですが、最後まで納得のいく利益を出すことはできませんでした。

秒速スキャルFX
秒速スキャルFX
販売:一般社団法人日本投資家育成機構
発売日:2016/07/28
メディア:動画・PDF
公式サイト:http://byousca-fx.s3.amazonaws.com/topa/index.html

驚異的な”瞬発力と反応速度”こそがスキャルピングに求められるスキルだ

スキャルピングの難しさは、相場(レート)のノイズに瞬時に反応する瞬発力であると私は常々考えています。ゲームなどで必要とされる反応速度・瞬発力こそが、スキャルピングの成否を握るのではないかと思います。

ノイズ(小さな波)の中のイレギュラーな波を捉えてエントリーし、波形が消える前に手仕舞いするという、まさにチャートの中でおこなうシューティングゲームの世界です。一度のトレードで獲得できる利益は極めて小さいため、短時間に数多くの仕掛けをおこなって利益を積み重ねていく。その一方で、少しでもタイミングを逃せば利益が減るどころか、一瞬でマイナスです。一度のミスでコツコツ積み上げてきた利益を吹き飛ばすことさえあるのがスキャルピングです。

高い集中力を求められるトレードスタイルを苦痛と思わない人にこそ、スキャルピングは適していと言えます。

秒速スキャルFXのロジックは極めてシンプル

トレンド形成中の押し目・戻りを狙い撃ちする

秒速スキャルFXのロジックは非常にシンプルです。いわゆる「押し目・戻り」を狙う順張りロジックです。順張りですのでMTF(マルチタイムフレーム)分析により4時間足でトレンドの有無を判断した上で、執行時間足(1分足)で仕掛けます。

大きな足(4時間足)と同調する方向に、執行時間足(1分足)で仕掛けることが基本です。極めて王道的といえます。

RSI・MACDで仕掛けのタイミングを図る

RSI・MACDを使用して仕掛けのポイントを探ります。MACD・RSIという2つの王道オシレーター系を組み合わせる点も、非常にオーソドックスです。斬新さはとくにありません。

仕掛けのタイミングは「押し目」&「戻り」です。つまりトレンド方向にレートが動く「初速」を捉えるわけですね。

秒速スキャルFX購入者専用サイト

秒速スキャルFX購入者専用サイト

裁量を取り入れることで勝率を上げる工夫

秒速スキャルFXは、仕掛けのタイミングにおいて裁量判断を加えます。具体的にはダウ理論やダイバージェンス、さらにラインも活用します。つまり「仕掛けタイミング」の取捨選択を行なうわけです。賑やかな販売ページとは裏腹に、マニュアルからは真面目な印象を受けます。

裁量を加えることで勝率は7割近くまで上げることが可能となっています。

秒速スキャルFX購入者専用サイト

秒速スキャルFX購入者専用サイト

推奨通貨ペアは7つ

秒速スキャルFXで推奨されている通貨ペアは以下の7つ。

  • USDJPY
  • EURJPY
  • EURUSD
  • GBPJPY
  • GBPUSD
  • AUDJPY
  • AUDUSD

ご覧の通り、クロス円とドルストレートが中心です。

ENTRYチャンスは、1日に70回

秒速スキャルFXのエントリータイミングは、7通貨ペアで合計70回前後と非常に多いです。ただ7通貨ペア同時監視というのは専業トレーダーでも難しいものです。ましてや会社員など日中PCに貼り付けない人にとっては不可能といってもよいでしょう。

秒速スキャルFXのマニュアルでは、スマホでシグナルを確認してから仕掛けると解説されているのですが、その流れでは瞬間的な利益を狙うことは極めて難しいと感じます。やはりスキャルピングはPC張り付きが基本でしょう。

秒速スキャルFX
秒速スキャルFX
販売:一般社団法人日本投資家育成機構
発売日:2016/07/28
メディア:動画・PDF
公式サイト:http://byousca-fx.s3.amazonaws.com/topa/index.html

【総評】ロジックに斬新さはなく極めて王道的スキャル

A評価商材

トレンド方向に押し目・戻りで仕掛けるベーシックなスキャルピング

秒速スキャルFXに目新しさはなく、オーソドックスさを感じます。ロジックはテクニカルを使用して仕掛けのタイミングを図りますが、裁量も大いに入ります。半テクニカル半裁量という印象です。

ポジション保有期間は短く、損切りラインも小さいため、サクッと勝ち逃げしたいトレーダーには向いている手法と言えます。勝率は高くなりますが利幅は小さいので、タイミングを逃さず常に仕掛け続けることが求められます。

スキャルピング特有のストレスをものともしない方にとっては、非常に有益な商材です。

スキャルに苦手意識を持っている人は買わない方が良いが…

一方で、スキャルピングに苦手意識を持っている人は、秒速スキャルFXを購入しても、(私と同様に)克服できないでしょう。体験してみればわかりますがスキャルは人を選びます。

  • PCに張り付きが可能な人
  • 瞬発力・反応速度が高い人
  • 小さな利益を積み重ねることが可能な人
  • 逆行したら瞬時に損切りできる人

これらをストレスなくこなすことができるならば、秒速スキャルFXは、大きな恩恵をもたらしてくれるかもしれません。

動画総収録時間:11時間27分12秒 PDFテキスト245ページ

秒速スキャルFX購入者専用サイトでは、多数の動画とPDFテキストが用意されており、ロジックを理解しやすい工夫がなされています。実践的な動画も多数用意されており、ロジック習得をサポートしています。

  • 全20本のリアルトレード動画
  • 全21本のトレードモデルケース

これまで多くのFX商材を販売してきたクロスリティリング社のノウハウが活かされているという印象です。初心者でも迷うことなく体系的にロジックを学ぶことができるでしょう。

秒速スキャルFX
秒速スキャルFX
販売:一般社団法人日本投資家育成機構
発売日:2016/07/28
メディア:動画・PDF
公式サイト:http://byousca-fx.s3.amazonaws.com/topa/index.html

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FXハイブリッドが販売停止予定(12月15日)

12月15日(土)で販売停止 評価の高かったFXハイブリッドが、12月15日(土)で一旦販売停止になるそうです。 FXハイブリッド 【検証とレビュー】 爆発的な利益は見込めませんが…

3R-リアルFX
3R-リアルFX【検証とレビュー】

「3R-リアルFX」とはどんなFX商材か? 3R-リアルFXはボリンジャーバンド主役の半裁量半システム手法 トレード歴15年の「ヒサヨシ」氏によるFX情報商材をピックアップします。…

FX INNOVATION CLUBと”ウォルフ波動”

日本にも「ウォルフ波動」トレーダーがいた! 先日とりあげたFX INNOVATION CLUBですが、この商材で学べる手法は、ウォルフ波動にダイバージェンスを組み合わせたロジックで…

ドラゴンストラテジーFX
ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】

ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順 ドラゴン・ストラテジーFXの優位性を高める工夫 プロフ…

Dealing FX 【検証とレビュー】

Dealing FXは現代版「酒田五法」か Dealing FXは、裁量系の商材です。プライスアクショントレードマニュアルとあるように、レート(値)のアクション(動き)やチャートパ…

THE・SPIDER 【検証とレビュー】

高額コピートレード「THE・SPIDER」 超高額のコピートレードが登場しました。EA@プログラマー金次郎氏が開発したとされるTHE・SPIDERです。販売元は株式会社TCHです。…

AmbushFXを購入するべきかどうか?

AmbushFXを購入しても良い人 連日、AmbushFXに対するお問い合わせを頂いております。 AmbushFX 検証とレビュー AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウト…

トレンド・ディスカバリーFX
『トレンド・ディスカバリーFX』が重要視する”通貨の競争力”とは?

トレンド・ディスカバリーFXが重要視する相場環境認識=通貨の競争力 先日「トレンド・ディスカバリーFX」をレビューしました。 トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】 トレン…

セルジオトレーダー 【検証とレビュー】

セルジオトレーダーはコピートレードシステム 読者様から依頼のあった商材を取り上げてみたいと思います。今回は、セルジオトレーダーです。 MT4(Metatrader4)を使用したコピ…

『グランドセオリーFX』は中級以上の裁量トレーダー向け商材だ

グランドセオリーFX【CBMロジック】についての”おさらい” 前回に引き続きらいく氏のグランドセオリーFXのレビューです。今回のレビューでは具体的なロジックの中身に踏み込んで解説し…

SCORPION(スコーピオン) 【検証とレビュー】

EAビジネスについて このEAを販売している会社(トレーディングオフィス社)は、PEGASUS(ペガサス)、HAWK(ホーク)やFALCON(ファルコン)など、過去にもいくつかEA…

あゆみ式 A Teachert FX Academy
あゆみ式 A Teachert FX Academyを購入した【検証とレビュー】その1

東京理科大(理工学部)卒のエリート女史がFXで5000万円 販売と同時に一気に上位にランクインした「あゆみ式 A Teachert FX Academy」を購入しました。購入すると…