2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

『ネオ・ジーニアスFX』の優位性について保留としておく理由を述べる

ネオ・ジーニアスFX【検証とレビュー】

ネオ・ジーニアスFX【検証とレビュー】

『ネオ・ジーニアスFX』検証とレビュー

本日は、クロスリテイリング株式会社が販売するFX情報商材『ネオ・ジーニアスFX』を検証レビューします。

ネオ・ジーニアスFX
ネオ・ジーニアスFX
販売元:クロスリテイリング株式会社
開発者:末永幸樹
発売日:2019年9月27日
公式サイト:https://hrmc-fx.s3.amazonaws.com/top/pre_201909.html

『ネオ・ジーニアスFX』はどのようなFX商材か?

複数本のラインを引き、波形から相場の転換ポイントを探り”逆張り”で仕掛ける手法

『ネオ・ジーニアスFX』は、相場が転換するポイントを複数本のライン描写によって導き出す手法です。

独自のロジックにより、ローソク足が描き出す波形の中から「三角形」を抽出し、相場の転換点(下落・上昇に変わるポイント)を探し出すというもの。

三角形を見つけることができれば未来(転換点)を予測できる?

チャートに出現する「三角形」を見つけ出すことができれば、その先の未来(つまり相場の転換点)を高確度で予測できると語る『ネオ・ジーニアスFX』。

「三角形」から転換点を導き出すといえば、すぐに思い出されるのは「ハーモニックパターン」「エリオット波動」そして「下降フラッグ」「上昇フラッグ」です。

ハーモニックパターンとは?

ハーモニックパターンとは、以下のようなチャートパターンです。

Butterfly-Pattern

Butterfly-Pattern

Bat-Pattern

Bat-Pattern

Gartley

Gartley

Three-Drive-Pattern

Three-Drive-Pattern

ABCD-Pattern

ABCD-Pattern

※画像はすべてhttps://tradingfibonacci.com/index.php/fibonacci-pattern/harmonic-tradingからの出典です。

ご覧の通り、チャートパターン(波形)にフィボナッチを組み合わせて転換ポイントを推測するテクニカルです。

下降フラッグ・上昇フラッグとは?

一方、フラッグ(上昇&下降)とは以下のようなパターンです。

ネオ・ジーニアスFXのロジックはフラッグに近い

ネオ・ジーニアスFXのロジックは上昇&下降フラッグに近いか?

高値と安値を交互につけながら一定幅(チャネルライン内)を推移し、その後のブレイクで仕掛けるというよくあるパターンの一つです。

ハーモニックでもフラッグでもない…独自ロジックを開発か?

なんとなくハーモニックパターンを予測していた人も少なくなかったようです。しかしながら、あとで解説しますが過去チャートを検証してみても、ハーモニックパターンや下降フラッグが当てはまりません。

このあたりは、ロジック非公開であるため、ちょっと謎です。開発者である末永幸樹氏独自のロジックが組み込まれているのでしょう。

どちらにしても、特定のチャートパターン(波形)に特化したプライスアクショントレードといえます。チャートパターン(波形)を複数のラインによってあぶり出し、仕掛けと手仕舞いのポイントを探るシンプルなロジックと推測されます。

転換ポイントからのカウンターを狙うので、当然「逆張りトレード」となります。

三角形を見つけるためのオリジナル・インジケーターが付属

この三角形を容易に見つけるためのツールが複数のラインです。ラインを自動で描写してくれるインジケーター(Futureライン自動生成ツール)も商材に付属しています。

ネオ・ジーニアスFXの自動描写ラインツール|Futureライン自動生成ツール

ネオ・ジーニアスFXの自動描写ラインツール|Futureライン自動生成ツール

”日足”ベースのスイングトレード

基本的には日足中心で長期的なトレードをおこないます。大きな時間足でトレードをおこなうスイングトレードですね。

当然、トレードチャンスは多くありません。チャートを視認するのは1日に1回程度でOKとのこと。サラリーマンなど、忙しい人に向いた手法ともいえますね。

もっとトレードチャンスが欲しいというユーザー向けに、マニュアルでは1時間足や4時間足を活用したデイトレード的な手法も合わせて紹介されています。

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

実際のチャート画面で検証してみたら…もやもやが止まらない

EUR/CAD(ユーロカナダドル)|ネオ・ジーニアスFX

実際に『ネオ・ジーニアスFX』が利益を出したとされるチャートで検証してみましょう。まずは販売ページに掲載されているEUR/CAD(ユーロカナダドル)です。

ネオ・ジーニアスFX|EUR/CAD

ネオ・ジーニアスFX|EUR/CAD

なんと一撃で587pipsも取っています。さて、チャートは「日足」です。実際のEUR/CAD日足チャートと比較してみましょう。

EUR/CADの日足チャート

EUR/CADの日足チャート

販売ページ上のチャートで「秘密」とされている部分がこちら。

ネオ・ジーニアスFX|販売ページで隠されている場所

ネオ・ジーニアスFX|販売ページで隠されている場所

ここを隠しているくらいだから、この部分のチャートの動きに秘密がありそうですね。

うーん…わかりません。下降フラッグを形成しているようにも見えません。直近のラインが機能しているとも思えません。

EUR/CADの日足チャート|ハーモニックパターン?

EUR/CADの日足チャート|ハーモニックパターン?

むりやりハーモニックパターンをはめ込みましたが、ちょっと無理があります。

上値抵抗に負けて下落…というありがちパターン(その1)

そんな細かな分析よりも、今回の下落はもっとシンプルに説明できます。以下のチャートを御覧ください。

EUR/CADの日足チャート|上値チャレンジ失敗で下落

EUR/CADの日足チャート|上値チャレンジ失敗で下落

前回の最高値(1.558前後、2018年6月22〜26日)を抜けようとしてチャレンジしたわけです。しかし上値抵抗が強く、抗えきれずに下落…というよくあるパターンです。

長期目線で上値抵抗ラインを意識していれば、初心者レベルでも容易に推測できたポイントとも言えそうです。

もう一つ見てみましょう。

EUR/GBP(ユーロポンド)|ネオ・ジーニアスFX

ネオ・ジーニアスFX|EUR/GBP

ネオ・ジーニアスFX|EUR/GBP

こちらも一撃で267万円(371pips抜き!)の利益です。EUR/GBP(ユーロポンド)の日足チャートです。

EUR/GBPの日足チャート

EUR/GBPの日足チャート

販売ページで隠されている箇所はこちら。

ネオ・ジーニアスFX|販売ページで隠されている場所

ネオ・ジーニアスFX|販売ページで隠されている場所

さて、隠されている部分を検証してみましょう。

EUR/GBPの日足チャート

EUR/GBPの日足チャート

うーん、どうなんでしょうね、下降フラッグなのかどうかよくわかりません。

EUR/GBPの日足チャート

EUR/GBPの日足チャート

無理やりハーモニックパターンに当てはめてみましたが、セオリー通りではありません。

上値抵抗に負けて下落…というありがちパターン(その2)

実は、こちらの下落も過去のチャートを見れば、たった1本のラインで容易に予測できています。

EUR/GBPの日足の下落は容易に予測できた

EUR/GBPの日足の下落は容易に予測できた

2018年8月28日につけた最高値(0.9098)の更新(上抜け)を2回チャレンジしていますね。

1回目は、2018年12月10日。失敗

2回目は、2019年1月3日。失敗。(このとき最大規模のフラッシュ・クラッシュが起きたのは記憶に新しいですね)

上値更新を2回チャレンジして、2回失敗したわけです。それだけ上値抵抗が強かったのですね。

上抜けするには力不足だったということですから、弱気に転じて売り優勢になるのは容易に予測できます。わざわざ、直近のチャートを観察するまでもないかな…という印象です。

長期的にチャートを眺めていれば、上値抵抗線が見えていたはずです。

EUR/JPY(ユーロ円)|ネオ・ジーニアスFX

3つ目の検証はEUR/JPY(ユーロ円)の日足です。こちらも販売ページに大々的に掲載されています。

ネオ・ジーニアスFX|EUR/JPY

ネオ・ジーニアスFX|EUR/JPY

2018年9月25日以降の下落を捉えたトレードです。

マル秘とされている箇所を見てみましょう。こちらです。

ネオ・ジーニアスFX|販売ページで隠されている場所

ネオ・ジーニアスFX|販売ページで隠されている場所

こちらは、ハーモニックパターン(Butterfly-Pattern)が辛うじて合致しているようにみえます。

Butterfly-Pattern

Butterfly-Pattern

ただ、これも後付的な解釈と言われれば、そうも見えてしまうチャートです。

上値抵抗に負けて下落…というありがちパターン(その3)

そしてこの下落も『ネオ・ジーニアスFX』を使わずに、容易に予測できたパターンなのです。以下のチャートをご覧ください。

EUR/JPYの日足の下落も容易に予測できた

EUR/JPYの日足の下落も容易に予測できた

2018年4月24日につけた最高値(133.480)を、5ヶ月ぶり(2018年9月25日)に更新しようとしています。ところが、上値抵抗が非常に強く抜けきれなかったわけです。

日足で直近の最高値から1本のラインを事前に引いておけば、2018年9月25日〜の動きは、注目の的です。なぜなら5ヶ月ぶりに133.480を更新するかどうか?というビッグイベントだからです。

しかし、抜けきれなかった…その反動で下落…という「ありがち」なパターンです。

わざわざ面倒なテクニカル分析をするまでもない典型的な下落パターンなのです。

『ネオ・ジーニアスFX』を使わずとも下落を高確度で予測できていたトレードばかり…

こうして検証してみると、どのチャートパターンも大局的に見れば『ネオ・ジーニアスFX』を使わずとも下落を高確度で予測できていたトレードだったといえます。

そもそも日足チャートでトレードするわけですから、強い上値抵抗線は誰もが意識するラインです。そのラインを抜けきれなければ下落に転じることは容易に予測できます。

「だって僕には相場の未来が分かるから」と言われても、なんとなくもやもやします。

ネオ・ジーニアスFX
ネオ・ジーニアスFX
販売元:クロスリテイリング株式会社
開発者:末永幸樹
発売日:2019年9月27日
公式サイト:https://hrmc-fx.s3.amazonaws.com/top/pre_201909.html

『ネオ・ジーニアスFX』総合評価

【結論】複数本のラインによって導き出される「波形(パターン)」から相場の転換ポイントを探り”逆張り”で仕掛ける手法
しかし実績(3例)を検証した限りにおいてはわざわざ『ネオ・ジーニアスFX』をつかうまでもないようなシンプルかつ”容易”なトレードばかりだった
上値抵抗ラインが強く抜けきれずに下落…という典型的なパターンばかりで「僕には相場の未来が分かる」といわれても少し説得力に欠けるのでは?
はたして本当に『ネオ・ジーニアスFX』に優位性があるのか現時点では”未知数”だ

『ネオ・ジーニアスFX』は、複数本のラインによって導き出される「波形(パターン)」から相場の転換ポイントを探り”逆張り”で仕掛ける手法です。

しかし、過去チャートを3つ取り上げて仔細に検証しましたが、残念ながら『ネオ・ジーニアスFX』の優位性が発揮されたといはいえない結果です。なぜなら3つとも『ネオ・ジーニアスFX』を使うまでもないような、誰でも簡単に勝てる相場環境ばかりだったからです。

単純に長期視点での上値抵抗線(ライン)を意識しておくだけで下落が容易に予測できた相場環境である一方で、直近のローソク足20〜40本で構成されるチャートパターンに規則性があるようには思えませんでした。

…どうなのでしょうね。

価格は高くないので、気になる人は購入してみても良いかもしれませんが、いまのところ優位性については未知数です。

ネオ・ジーニアスFX
ネオ・ジーニアスFX
販売元:クロスリテイリング株式会社
開発者:末永幸樹
発売日:2019年9月27日
公式サイト:https://hrmc-fx.s3.amazonaws.com/top/pre_201909.html

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら