2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

2019年正月早々のフラッシュクラッシュ(瞬間暴落)で焼き尽くされ阿鼻叫喚地獄と化したFX相場

2019年新春早々のフラッシュクラッシュ(瞬間暴落)で焼き尽くされた人々

2019年正月早々のフラッシュクラッシュ(瞬間暴落)で焼き尽くされ阿鼻叫喚と化したFX相場

薄商いの1月3日早朝に発生した”Flash crash(フラッシュクラッシュ)”

2019年明けてまもない相場でフラッシュクラッシュ(瞬間暴落)が発生しました。

Flash crash(フラッシュクラッシュ)とは瞬間的な暴落のことを指します。このブログでも過去にポンドのFlash crash(フラッシュクラッシュ)=瞬間暴落のことを取り上げたことがあります。

今回はUSDJPY(ドル円)、クロス円のFlash crash(フラッシュクラッシュ)です。それは1月3日早朝に前触れもなく発生しました。そのときのチャートがこちら。

USDJPYでフラッシュクラッシュ発生の瞬間

USDJPYでFlash crash(フラッシュクラッシュ)発生の瞬間…2018年1月3日

ドル円・クロス円でこれほどのFlash crash(フラッシュクラッシュ)が発生することは極めて稀です。しかも早朝です。

もともとボラティリティの小さなUSDJPYで、なおかつ早朝の時間帯でこれほどの大暴落が発生したわけです。もはや誰も逃れることはできません。

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

焼き殺された人々…

ドル円をロング(買い)保有していた投資家は、阿鼻叫喚の大パニックです。

▲2450万円の損失を出した「プルート@FXドル円米株ズボラ投資家」さん

彼はもともと恐ろしいほどの資金力をベースに圧倒的に稼いでいる個人投資家です。2018年は8500万円を投資で稼ぎ出しています。彼にとっても1月3日の大暴落は大きな痛手となっています。

▲6000万円の損失を被った「オレ的ゲーム速報JIN」さん

オレ的ゲーム速報というまとめサイト管理人であるJINさんも被害者の一人です。彼はFXと株合わせて6000万円の損失です。

FXだけで2200万円の損失です。

▲850万円の強制ロスカットを食らった「はやとらっきー」さん

▲897万円(豪ドル)強制ロスカットの「ねく」さん

▲562万円を強制ロスカットされた「よっちゃんの部屋」さん

▲1100万円の損失&追証発生に追われたスノーキー(小手川征也)さん

スノーキーこと小手川征也さんも巨額損失(▲1100万円)を出しています。

ドル円・クロス円でのトラリピを実践していた投資家は、今回のFlash crash(フラッシュクラッシュ)で強制ロスカットや追証に追い込まれている人が少なくないはず。

その他、数百万円単位で損失を食らった人多数…

上に挙げた人々以外にも莫大な損失を出した人は無数に存在するでしょう。まさに寝耳に水、泡を食うとはこのことです。

正月早々の薄商いの時期に狙いすましたような大暴落です。Flash crash(フラッシュクラッシュ)の原因はいろいろと囁かれていますが、いまさら原因を分析しても失ったお金は戻ってきません。

「フラッシュクラッシュ」がGoogleのトレンド入りを果たす

今回のフラッシュクラッシュですが、Googleでも検索トレンド入りをしています。

Google Trends(フラッシュクラッシュ)

Google Trends(フラッシュクラッシュ)

年明けにGoogleで「フラッシュクラッシュ」がかなり検索されたことを示すグラフです。

わずか3分で数百万円〜数千万円を失うということの”怖さ”

Flash crash(フラッシュクラッシュ)の恐ろしさは、わずか数分のあいだに数百万円〜数千万円を瞬時に失ってしまうことにあります。

Flash crash(フラッシュクラッシュ)の発生は誰にも予測できません。そして一旦発生すれば、もはや誰にも止めることができないのです。指をくわえてことの成り行きを見守るしかありません。

ロスカットされないだけの潤沢な資金が口座に入っていれば、ギリギリセーフでしょう。その後の戻しでなんとか持ちこたえられます。

とはいえ、今回のように瞬間的に3円(ドル円)の下落が発生すれば、大半の人は逃げられません。強制ロスカットで口座がすっからかんになってしまいます。

証拠金維持率の高さが求められるトラリピ

また、最近流行りのトラリピ(トラップリピートイフダン)をドル円で行っている人も多いと思いますが、証拠金維持率が低くければ今回のFlash crash(フラッシュクラッシュ)で損害を食らっているはず。

最低でも1000%以上の維持率は確保しないと、これほどの暴落には耐えられないでしょう。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら