【仮想通貨】ようやく国内で動き出したICO規制

【仮想通貨】ようやく国内で動き出したICO規制

【仮想通貨】ようやく国内で動き出したICO規制

ICOを利用した資金到達を制限する方向で調整

金融庁が、仮想通貨を介して出資金を募ることを規制対象にすると発表しました。

この背景にはもちろん、SENER(セナー)事件の影響があることは間違いありません。SENER(セナー)事件については、過去の記事で取り上げています。

この事件では、仮想通貨による出資という名目で70億円以上を集めていました。当時の法律では仮想通貨による出資は違法ではなく、制限もありませんでした。SENERの主犯はそこを突いたわけです。

その反省もあって、仮想通貨での出資も金融商品取引法(金商法)の規制対象になることが今後の法改正時に盛り込まれることになりました。

仮想通貨での出資も規制 金融庁が法令改正へ

金融庁は、金融商品を手掛ける事業者が、現金ではなく仮想通貨で出資を募った場合も、金融商品取引法(金商法)の規制対象とする方針を固めた。金商法は無登録業者が「金銭」による出資を募ることを禁じているが、仮想通貨に関する記述はなく、法整備の遅れが課題となっていた。昨年には法の“穴”を狙い、約80億円相当の仮想通貨を無許可で集めていた問題も発覚しており、同種事案の再発防止を急ぐ。

引用:THE SANKEI NEWS 2019年1月8日

詐欺の温床であるICO(Initial Coin Offering=新規仮想通貨公開)を監視下におくことで、投資家を保護する狙いです。

今後、SENER(セナー)事件で行われたような仮想通貨での出資スキームは規制対象となり、国から事業者としての登録が義務付けられることになります。登録業者は金融庁の監視下に置かれ、様々な義務(責務)が課せられます。万が一法に抵触すれば厳しい罰則が待っています。

とりあえずは、ようやく金融庁が重い腰を上げたといえるでしょう。

世界各国でのICO規制をみてみると…

日本でようやくICO規制が動き出しましたが、世界各国ではすでに様々な動きがあります。

まずはICOを全面的に禁止している国があります。

  • 中国(100%禁止)
  • 韓国(100%禁止)

ICOを制限付きで許可している国がこちら。

  • アメリカ(証券取引法による規制)
  • イギリス(目論見書開示制度による規制)
  • オーストラリア(ガイドラインによる規制)
  • ドイツ(ガイドラインによる規制)
  • スイス(ガイドラインによる規制)
  • ロシア(ライセンス制)

ICO規制をこれからスタートさせる国がこちら。

  • 日本(議論中→金商法による規制の可能性高まる)
  • フランス(議論中)

新たな資金調達の手段として注目度の高いICOですが、まだまだ課題は多そうですね。日本もようやくICO規制に本腰を入れることになりそうです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー
損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた!

損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた… 損切りせずに資産7300万円超の資産を築いていたIcchan3氏ですが、正念場に立たされています。 損切りせずに資産7…

【詐欺】「仮想通貨のマイニング(採掘)で毎月30万円稼げる」はウソだった!【株式会社リードによる虚偽】
資本家に搾取される無知の民衆

バイナリーオプションのお祭りもそろそろ終わり? GMOクリック証券のバイナリーオプションが登場してから、1年が経過しました。(2011年3月22日スタート) ようやく、バイナリーオ…

+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】
投資助言代理業者との紛争(トラブル)

国民生活センターとADR制度 国民生活センターには、多くのトラブル相談が寄せられています。FXに関する相談も増えているようです。 国民生活センター 当サイトでも過去に国民生活センタ…

【SCB】スピードキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】
殺人通貨「ポンド」の被害者の一人”堺商人”は1800万円を失う

1日で1800万円を飛ばした「堺商人」 ポンドの瞬間暴落(Flash crash) に関しては連日お伝えしていますが、新たな被害者がネットで話題になっています。 殺人通貨「英ポンド…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”
与沢翼さんの会社が税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ

与沢翼さんの会社”フリーエージェントスタイル”が資金ショートに陥る もうみなさんご存知だと思いますが、情報商材界の超大物与沢翼さんの会社フリーエージェントスタイルが資金ショートを起…

60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件
60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件

60万円の自動売買システムが問題だった 気になる記事を見つけたので、ちょっとご紹介します。 個人投資家が60万円という高額なFX自動売買ツール(コピートレードツール)を購入したので…

94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻
殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash)

2019年正月早々のフラッシュクラッシュ(瞬間暴落)で焼き尽くされ阿鼻叫喚と化したFX相場 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) 2016年10月7日早…

【川合美智子】4月後半から5月前半にかけての注目通貨ペアはズバリ「ユーロ/米ドル」

”ストラテジスト”を上手に活用していますか? FX情報商材の業界ではテクニカルトレーダーが幅を利かせていますね。MT4のインジケーターやプライスアクションなど、チャートのみでトレー…

【新発売】30万円近い”FX専用パソコン”は本当に必要か?

外貨投資専用PC「外為パソコン」発売 株式会社ユニットコムがIntel第7世代プロセッサーモデルのFX専用PC「外為パソコン」を発表しました。 すでに受注生産販売をおこなっています…

PAMM(パム)って何だ?

あなたはPAMM(パム)を知っていますか? PAMM(通称パム)という言葉を聞いたことはありますでしょうか?PAMM(Percent Allocation Management M…

日本人が「パチンコ屋を潰せ!」と大規模デモを起こすべき2つの理由
日本人が「パチンコ屋を潰せ!」と大規模デモを起こすべき2つの理由

日本人が「パチンコ屋を潰せ!」と大規模デモを起こすべき2つの理由 経済大国”日本”のもう一つの顔…「ギャンブル依存症世界一」 日本は言わずとしれたギャンブル大国です。エビデンス(裏…

”キプロスで預金封鎖” の余波
両建てを駆使する66歳のFXトレーダーが5000万円を利確

FXに再チャレンジした66歳が5000万円もの利益を手にするまで All Aboutに掲載されていたFXトレーダーのインタビュー記事が面白いので紹介します。 FXで5000万円を利…