GMOクリック証券がついに”世界一”

GMOクリック証券がついに”世界一”

GMOクリック証券がついに”世界一”

驚きのニュース

驚きのニュースがあります。GMOクリック証券が、2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングにおいて、世界一になったというニュースです。

リテールFX取引高とは、個人投資家を対象とした取引高のことです。

GMOクリック証券の個人投資家を対象とした取引高は、1兆9750億ドル(2012年上半期)です。1兆9750億ドルというとピンとこないかもしれませんが、日本円になおすと、158兆円(1ドル80円換算)です。

初の世界一だそうです。ちょっと驚きですね。

GMOクリック証券に口座を開設しているユーザーは、おそらく、というか間違いなく日本人投資家が中心のはずです。

つまり、日本人の投資家の取引が拡大している、もしくは他社からGMOクリック証券に流入(移行)している、ということを意味するのかもしれません(両方かも)。

世界ベスト5に日本の証券会社が3社もランクイン

さらに驚くべきは、世界ベスト5の中に、日本の証券会社が3社もランクインしていることです。

2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングは、以下の通りです。

2012年上半期取引高(単位:十億米ドル)

  • 1位 GMOクリック証券(日本)  1975
  • 2位 FXCM(アメリカ)      1854
  • 3位 SaxoBank(デンマーク)    1534
  • 4位 外為オンライン(日本)     1414
  • 5位 DMM.COM証券(日本)      1337

出典:フォレックス・マグネイト日本版

2位のFXCMと3位のSaxoBANKは、日本にも支社があります(FXCMジャパンと、サクソバンクFX証券)。実質、ランキング1位から5位の証券会社全てに、日本の個人投資家が口座を開いているということになります。

日本の個人投資家の資金量は、半端ないですね。

急成長する日本の証券会社

デフレによる日本企業の疲弊が連日ニュースになる中、日本のFX証券会社の急成長(急拡大)には、驚嘆します。

シャープを始め、パナソニックやソニーなど、日本のモノ作り(特に家電・エレクトロニクス)はほとんど死に体状態ですが、金融に関してはまだまだ”のりしろ”があるようですね。

今後、日本の証券会社が本格的に海外展開を進めれば、さらに取引高は拡大する可能性があります。実際に、今年(2012年)に入ってから、海外進出の動きはでてきているようです。

日本の金融サービスは、まだまだ潜在的なポテンシャルを秘めているような気がします。

GMOクリック証券躍進の理由とは?

GMOクリック証券がここまで急成長した理由ですが、まずは、徹底的なスプレッドサービスだと思われます。

スプレッド競争が激化する中、徹底してスプレッドの圧縮・固定化を進めたGMOクリック証券に、多くの個人投資家が移ったことが挙げられると思います。

さらに、バイナリーオプションにおいても、国内ではほぼ一人勝ち状態です。2011年3月からスタートした、外為オプション(GMOクリック証券のバイナリーオプションサービス)は、あっという間に多くのユーザーを獲得しました。

非常に使い勝手の良いツールを提供していることも、シェアを伸ばした理由の一つでしょう。

バイナリーオプションの自主規制による影響は?

年内(2012年)にも行われるとされている、バイナリーオプションの自主規制ですが、GMOクリック証券の取引高にも影響を与えるのは必至だと思われます。

バイナリーオプションの射倖性が削がれることで、ギャンブルとしての魅力が半減し、取引量が減少することが考えられます。ここは、正念場でしょうね。

競争が激しくなれば、今後ますます証券会社の吸収・合併が激化することになりそうです。体力のない証券会社は、つぶれるか吸収合併(M&A)される運命にあるでしょう。

GMOクリック証券が、バイナリーオプションの自主規制というハードルをクリアし、今後も独走を続けて世界一の座をキープし続けるのか、しばらく目が離せません。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FXヤバイいよ、うわああああああああああああ!!!!!

含み損▲650万円超からの復活劇 先日の記事で、Yahoo!ファイナンスの伝説男「hawaii023」を取り上げ、4000万円を超える含み損を抱えていることをお伝えしました。 ha…

3ヶ月で「億」到達!現役大学生が使ったマタフとは?

現役大学生がFXで「億」稼ぐ! 現役大学生でFXトレーダーの「タカシ」氏が、ハーバードビジネスオンラインで特集されていました。タイトルは、「ポンド売りでバカ勝ち!」とある大学生が億…

経済的成功は一つじゃない
経済的成功は一つじゃない

興味深いグラフをご紹介します。 昨日、ネットで拾った画像です。日本と海外の主要5資産の推移グラフですね。1969年から2011年までの43年間の推移グラフです。日本の株式(紫色グラ…

10万円を6億円にしたトレーダーGFF氏が金銭トラブル?
10万円を6億円にしたトレーダーGFF氏が金銭トラブル?

GFF氏を覚えていますか? GIFF氏(通称「グフフ」)を覚えていますか?以前、このブログでもご紹介しました。たった3ヶ月で、10万円を6億円にまで増やしたFXトレーダーです。 1…

THE HANABI PROJECT(花火プロジェクト)【検証とレビュー】
【逮捕】江角マキコを心酔させたクエストキャピタルマネージメント詐欺事件首謀者

クエストキャピタルマネージメント詐欺事件首謀者と江角マキコがズブズブの不倫関係に? 2016年秋にメディアを賑わしたクエストキャピタルマネージメント詐欺事件が新たな展開を見せていま…

暴れん坊将軍「トルコリラ」がまたもご乱心で”殺戮ショー”を繰り広げる…
暴れん坊将軍「トルコリラ」がまたもご乱心で”殺戮ショー”を繰り広げる…

悪童「トルコリラ」が再び大暴れして死亡者続出… 目を疑うような急落ぶりを見せたトルコリラ。2018年8月10日(金曜日)お昼に始まったトルコリラの下落は、その後一気に大暴落へと向か…

FX情報商材業者やアフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!?
FX情報商材業者やアフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!?

関東財務局が海外ブローカーに対する注意喚起をおこなっています 2014年6月19日に、関東財務局がWEB上で、「海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください!」という注意…

【注意喚起】仮想通貨ICOの8割が詐欺…もはや犯罪の温床だ
投資グループ「SENER」の幹部8人を逮捕へ、仮想通貨詐欺で

10億円を集めた投資集団「SENER」の幹部8人を逮捕へ 巨大仮想通貨詐欺事件です。以前から胡散臭いと噂のあった「SENER」の幹部8名が逮捕されることになりました。容疑は金融商品…

【SCB】スピードキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】
殺人通貨「ポンド」の被害者の一人”堺商人”は1800万円を失う

1日で1800万円を飛ばした「堺商人」 ポンドの瞬間暴落(Flash crash) に関しては連日お伝えしていますが、新たな被害者がネットで話題になっています。 殺人通貨「英ポンド…

今年もやってきた!『リアルトレード頂上決戦グランプリ』

賞金総額1000万円を奪い取れ インヴァスト証券が主催する『リアルトレード頂上決戦グランプリ』の季節がやってきました。 今年も開催されます。リアルトレードグランプリの概要は以下の通…

【詐欺】金銀投資商材で”虚偽広告”のジパング、9億円の荒稼ぎ【金と銀プロジェクト】
【詐欺】金銀投資商材で”虚偽広告”のジパング、9億円を荒稼ぎ【金と銀プロジェクト】

情報商材業者「ジパング」による詐欺事件勃発か? 4000人から9億円も集めたが、ジパングの宣伝文句は全て「虚偽」だった 投資系情報商材業者「ジパング」の金銀運用商材『金と銀プロジェ…

【ドローダウン】マイルストーンFXのその後が目も当てられない
儲かってるのに出金できない!? 海外FX取引をめぐるトラブル

海外ブローカーが出金させてくれない(泣) 先日の記事に引き続き、海外ブローカーでのトラブルをご紹介します。まずは、国民生活センターの記事をご覧ください。 儲かってるのに出金できない…