ボビー・オロゴンのFXトレーダーとしての実力は?

ボビー・オロゴンのFXトレーダーとしての実力は?

ボビー・オロゴンのFXトレーダーとしての実力は?

聡明なボビー・オロゴン

タレントのボビー・オロゴンさんが、トレーダー(投資家)というもう一つの顔を持っていることを知っている人は多いと思います。彼のテレビでのオトボケキャラに騙されてはいけません。彼はエリートであり、非常に頭の良いビジネスマンです。

ボビー・オロゴンの経歴

  • 1973年4月8日生まれ
  • ナイジェリア連邦共和国出身
  • ナイジェリアの国立大学経済学部卒業
  • 父親は貿易会社社長
  • 英語、フランス語、日本語、ナイジェリア語(ヨルバ語)の4か国語を話す
  • 日本に来日後、タレント活動の傍ら、株やFXなどの投資を趣味としておこなう

彼の投資歴は8年以上もあり、アベノミクスの上昇相場では、日経平均先物で儲けたお金で別荘を買ったことでマスコミにも取り上げられています。

彼のトレードを軽く取材したテレビ番組(有吉ゼミ)がこちらです。

FXトレードバトルに参戦しているボビー・オロゴン

そんな彼が、ザイFXが主催するトレードバトルに参戦しています。その名も「FX毎日バトル」です。

FX毎日バトル

期間は2014年11月1日から2015年5月31日までの半年間です。参加者はボビー・オロゴンさんの他に、

  • ひろぴーさん
  • 福田萌さん
  • 田畑昇人さん
  • こうちゃんママ★さん

田畑昇人さんといえば、最近『東大院生が考えたスマートフォンFX』という書籍を出版しています。

東大院生が考えたスマートフォンFX

東大院生が考えたスマートフォンFX 定価:1,512円

5人中3人が元本割れ…

合計5人でのバトルとなっています。直近の成績グラフはこちらです。

ご覧のとおり、3ヶ月半経過して元金の30万円を上回っている参加者は5人中たった2人という、惨憺たる結果です。たしかに相場としては難しい状況が続いていますので、なかなか大変な時期でのトレードレースだと思います。

ボビー・オロゴンさんの成績を見ると、1月中旬まで右肩下がりで資金を失っていますが、このところ少しだけ持ち直しているようです。

見た目と裏腹の、”堅実で手堅いトレード”

FXトレードバトルでは今ひとつなボビー・オロゴンさんですが、これはこのレースのルール縛りがあるからだと思います。このFX毎日バトルでは、資金の追加が認められていません。つまりスタート時の30万円を使うことしかできないのです。

しかしボビー・オロゴンさんのこれまでの投資スタイルを調べると、かなり大胆なトレードをおこなっています。勝負に出るタイミングがあれば、思い切って勝負するタイプですね。

また、彼のトレードスタイルはテクニカル一辺倒ではなく、ファンダメンタルズを重要視するスタイルであり、その点においては堅実性を兼ね備えています。日本経済新聞WEB刊に、彼のインタビュー記事が掲載されています。

投資をやるなら世界を見ないとダメです。
日本の人口は1億2000万人だけど、世界は70億人。日本の大企業は、日本で収まろうとしなかったから大企業になったんです。
日本から見る日本と、海外から見る日本は違います。
世界経済をひとつの家族だとすると、「お父さん」はどこだと思います? ダウ(米国)だろ? 「お母さん」は? そう、日経平均株価だ。
お父さんのことを分かっていれば、お母さんのことももっと分かりやすくなる。じゃあお兄さんは? 弟は?
世界のつながりに詳しくなってくるとお母さんの動きが見えるよね。そのときが勝負だ。

引用:日本経済新聞WEB刊

情報はスマートフォン(スマホ)やタブレットで常にチェックしています。
ブルームバーグや日経の電子版も見ますね。世界は24時間動いていますから。
夜中に世界の動きをのぞき見すれば朝の日経平均の動きはだいたい見えます。
予想を外したことはないです。下がると思ったら売っておけばいくら下がっても大丈夫。紙の新聞も一通り目を通します。
日経は難しいってよく言われる? みんな考えすぎです。僕なんか日本語が読めなかったころも日経だけは読めてたよ(笑)。

引用:日本経済新聞WEB刊

投資で大事なのは勝負する時機を見極めることです。
今はみんなバブリーだけど、僕はみんなが盛り上がってるときには様子を見ていたいタイプ。

引用:日本経済新聞WEB刊

いかがですか?テレビでみる”おとぼけキャラ”からは想像できないほどの、投資家としての顔をのぞかせています。日経新聞の取材記事なので日経の太鼓持ちみたいな記事になっていますが、それでもなかなか言っていることは”まとも”です。

もちろんファンダメンタルズだけを見ていてもダメで、結局勝負するタイミングで勝負できるかどうか?という度胸も必要です。

日本経済新聞WEB刊の《私の投資論》というコーナーは、様々なジャンルで活躍している人がインタビューを受けていて、読んでいてとても興味深いです。不定期ですがチェックしてみてください。

※無料登録しないと閲覧できません。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

MetaTrader(メタトレーダー)はもっと評価されるべき

MetaTrader、使ってますか? 言わずと知れたMetaTrader(メタトレーダー)。FXシステムトレードには欠かせないと言っても過言ではないほど、充実したプラットホームです…

トラップリピートイフダンは本当に稼げるか?

チリ積もFXは”トラップリピートイフダン” チリ積もFXのという商材についてのお問い合わせを多数頂いています。販売ページをみただけで、勘の良い人はすぐにわかります。 販売ページを見…

あの「note」でいよいよ投資系情報商材が販売され始めた…
あの「note」でいよいよ投資系情報商材が販売され始めた…

実はnoteでの”情報商材販売”はOKだって知ってた? noteといえば、テキストや画像などを手軽に投稿できるプラットフォームとして2014年にリリースされたサービスです。誰もが自…

【SCB】スピードキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】
殺人通貨「ポンド」の被害者の一人”堺商人”は1800万円を失う

1日で1800万円を飛ばした「堺商人」 ポンドの瞬間暴落(Flash crash) に関しては連日お伝えしていますが、新たな被害者がネットで話題になっています。 殺人通貨「英ポンド…

もはや「FX失敗芸人」と化したサムさん
”FXロスカットユーチューバー”と化したサムさんに未来はあるか?

「FX強制退場ユーチューバー」として高ぶるサムさん 先日紹介したサムさん。彼は1月3日のフラッシュクラッシュによって全財産の750万円を瞬時に失い(強制ロスカット)、その上200万…

画像盗用・ねつ造問題について
画像盗用・ねつ造問題について

画像無断使用・ねつ造問題にようやくインフォトップが重い腰を上げた 先日(7月17日)、業界最大手のインフォトップからメールが届きました。内容を一部抜粋して掲載します。 ━━━━━━…

『金と銀プロジェクト』田中保彦氏を褒めそやす18名の業界関係者も”同じ穴のムジナ”だ

詐欺事件の可能性が日に日に高まる『金と銀プロジェクト』 消費者庁が異例の注意喚起をおこなった『金と銀プロジェクト』。 ジパングに対する注意喚起(消費者庁) 4000人もの消費者から…

インヴァスト証券24グランプリが5月1日開催

インヴァスト証券の24グランプリが復活 インヴァスト証券の第3回「リアルトレード!24グランプリ」が、いよいよ2013年5月1日より開催されます。今回は第3回(2013年5月1日~…

イケダハヤト氏、仮想通貨アフィリエイト98%減
イケダハヤト氏、仮想通貨アフィリエイト98%減

仮想通貨アフィリ報酬「98%減」の衝撃 2017年から2018年にかけて様々な話題を振りまき、一時期はFXをも凌ぐ盛り上がりをみせた仮想通貨。そして、いち早く仮想通貨アフィリエイト…

ストップ狩りとは?
ストップ狩りとは?

ストップ狩りの真実 先日の記事(FX第4アービトラージシステム 【検証とレビュー】)でストップ狩りについて触れたところ、ストップ狩りとは何か?ストップ狩りは実在するのか?という問い…

4億7000万円稼いだカリスマ主婦「池辺雪子」さんがFXで荒稼ぎした手法と、その時の相場背景について
4億7000万円稼いだカリスマ主婦「池辺雪子」さんがFXで荒稼ぎした手法と、その時の相場背景について

池辺雪子の1億円投資家倶楽部【検証とレビュー】 4億7000万円稼いだカリスマ主婦「池辺雪子」さんがFXで荒稼ぎした手法と、その時の相場背景について カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加…

【断末魔】HitBTCから姿を消し去ったwithcoin(withコイン)
クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件の続報

ファンド勧誘者とGACKT(43)との間柄 クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件の続報です。 【113億円】クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件【芸能人…