【悲報】仮想通貨の「逆神」、気がつけば借金150万円

【悲報】仮想通貨の「逆神」、気がつけば借金150万円

【悲報】仮想通貨の「逆神」、気がつけば借金150万円

仮想通貨トレーダー、気がつけば借金150万円

仮想通貨トレーダーの間から「逆神(ぎゃくしん)」と呼ばれていた人物。それが「ぽんぽんさん @PON_PON_SAN」です。

「逆神(ぎゃくしん)」とは、予測がことごとく外れる人のことをさすネットスラングです。つまり彼が相場を予測すれば大半が外れ、むしろ彼と逆の予測をしたほうが当たるのでは?と皮肉を込めてつけられた呼び名です。

@PON_PON_SAN仮想通貨取引の「逆神」と不名誉な称号をつけられた一人です。そんな@PON_PON_SANがなんとPRESIDENT Onlineに取り上げられました。

仮想通貨トレーダー、気がつけば借金地獄

手元に残っているのは3万円だけ

「もう本当にカネがない。仮想通貨引退を毎日考えています」

ため息交じりにそう語るのは、IT関連企業に勤める田中涼(仮名)さんだ。プレジデント誌2018年5月14日号でもコラム「保有高1億円の乱高下! 仮想通貨で泣いた人、笑った人」に大損した仮想通貨保持者として登場してもらった。その後、どうしているのか。

(中略)

気づけば、田中さんが投資のために消費者金融で借りた合計額は150万円にまで膨らんでいた。

(中略)

「増資分の金はFXであっという間に消えました。手元に残っているのは3万円。計167万円の損失です」

引用:PRESIDENT Online

仮想通貨にのめり込んだ@PON_PON_SANは、消費者金融から150万円もの借金をしてトレードをおこなっていたとのこと。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

借金150万円が3万円に

借金の大半をビットコインにつぎ込んだ@PON_PON_SAN。あとは誰もが知るビットコイン大暴落です。結果的に彼の所持金は3万円にまで減ってしまいました。

合計167万円の損失(借金)です。現在はその借金を毎月返済する日々とのこと。

「仮想通貨を一言で表すなら、幻想です…でも借金は現実でした」byぽんぽんさん

沈静化した仮想通貨ブームの裏には、ぽんぽんさん (@PON_PON_SAN)のような大損したトレーダーが掃いて捨てるほど存在します。彼らは仮想通貨狂想曲に踊らされた哀れなピエロなのでしょうか。

ぽんぽんさん (@PON_PON_SAN)の残した言葉が重く響きます。

「仮想通貨を一言で表すなら、幻想です…でも借金は現実でした」

もはや自らを「逆神」と卑下するぽんぽんさん (@PON_PON_SAN)ですが、彼の底抜けの明るさが唯一の救いです。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら