【2022年9月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
岡安盛男のFX 極
4
FXismプロコントローラー改
5
1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

FX商材

1秒スキャルFX【検証とレビュー】

マックス岩本の1秒スキャルFX【検証とレビュー】

1秒スキャルFX|概要

「1秒の判断で年収5000万円を誰もが目指せる」というふれこみで、大々的に事前キャンペーンが展開された『マックス岩本の1秒スキャルFX』を検証レビューします。

1秒スキャルFX
商品名|1秒スキャルFX
販売元|クロスリテイリング株式会社
開発者|マックス岩本
公式サイト|https://max-trader.s3.amazonaws.com/top/it.html

先に結論から。付属の「通貨強弱判定ツール」が極めて有能なので、このツールを手にするだけでも購入の価値(お金を払う価値)が十分にあります。

構成・文/戸室達也

1秒スキャルFX|ユーザーレビュー

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

FX情報商材検証レビュー.com(辛口評価&暴露サイト)
Average rating:  
 20 reviews
 by Anonymous
今もインジ使ってる

平均足とボリバン好きなんで勝ってみたけど良かったよ

 by ジョンソン
これから

マーケティングと迷ってこちらにしてみました
これから設定して動かしてみます
またレビュー書き込みにきます
とりあえずまだ動かしてないので星3で

 by キング
まずまずかな。

最初はあれ?
と思う程勝てなかったが、
と言うより建値決済ばかりだったが、
ボリンジャーしっかり消えてから仕掛ける様に徹底したら勝てる様になった。
クロスの講師はゴミばかりだが、
岩本氏は好感持てる。
購入して数年経つが、
現在もズーム解説再開してくれたし、
売りっぱなしでない所は非常に良い。

 by ぼっちトレーダー
こちらにした

マーケティングFXと迷ったが、こちらにした

これからトレードしてみるのでまだレビューらしいことは書けないが、いろいろいじってる感じにおいては感触がいい

 by まさと
特典送ってください

1秒買いました、特典お願いします

Page 1 of 4:
«
 
 
1
2
3
4
 
»
 

1秒スキャルFX|検証とレビュー【本編】

販売はクロスリテイリング株式会社。開発者はマックス岩本氏です。クロスリテイリング講師陣の中でも随一のテクニカルアナリストとしてその名を知られた人物です。テクニカル分析を得意とし、日本テクニカルアナリスト協会認定の資格を持つほどです。

デイトレMAXや岩本式アダムTheoryマスタースクールの開発者としても知られています(※どちらも販売終了)。

ここがPOINT!

  1. マックス岩本氏は、クロスリテイリング講師陣の中でも随一のテクニカルアナリスト
  2. 日本テクニカルアナリスト協会認定有資格者でもある

初心者〜中級者向きの”順張り5分足スキャルピング”

『1秒スキャルFX』は初心者〜中級者向きでの5分足スキャルピングシステムです。トレンド転換を2つのカスタムインジケーター(平均足・ボリバン)でダブルチェックして5分足の順張りで仕掛けるスキャルです。

MetaTrader4専用の複数インジケーターを組み合わせた取引システムが採用されており、以下の3つのインジケーター(サインツール)で構成されています。

付属MT4サインツール

  1. マックス・アベレージキャンドル
  2. マックス・シングル・ボリンジャー
  3. マックス・ジャッジメント

たった3つ?というなかれ。必要にして十分な構成であり、各ツールはロジカルな戦略に基づいて慎重に選択されています。

ここがPOINT!

  1. 初心者〜中級者向きのFX情報商材
  2. 5分足を執行時間足とするスキャルピング(短期売買)手法
  3. トレンドフォロー(=順張り)
  4. 3種類のMT4オリジナルインジケーターが付属

”通貨の競争力”を適宜チェックして、最適な「通貨ペア」を選出してトレードをおこなう

『マックス岩本の1秒スキャルFX』のストラテジー概要は以下の通り。

ストラテジー概要

  1. 通貨間の強弱をチェック(ジャッジメント)
  2. 平均足Smoothedの色で仕掛け・手仕舞い(アベレージキャンドル)
  3. 短期足で仕掛けるスキャルピング
  4. ロジックはトレンドフォロー(順張り)

最大の特徴ともいえるのが、各通貨同士の強弱(=競争力)をタイムリーにチェックし、その瞬間に取引に最も適した「通貨ペア」を選出するという一連の手順(ストラテジー)にあります。

為替相場が変動するのは、各通貨の需給バランスが常に変動しているからですよね。つまり、ある通貨が別の通貨に対して強ければ(需要が高ければ)その通貨は上昇し、一方で相対する通貨は下落します。一例ですが、米ドルが強く日本円が弱ければ米ドルは上昇し、円は下落します。

通貨変動の仕組み

  • 強い通貨=買われる → 上昇
  • 弱い通貨=売られる → 下落

各通貨の強弱(最近のトレンド)がわかれば、どの通貨が上昇しやすくそして下落しやすいのか、容易に判断することが可能になります。なぜなら、強い通貨を買い、一方で弱い通貨を売ればよいのですから。

通貨間の強弱を事前にチェックした上で、最も利益を上げやすい(トレンドを読みやすい)通貨ペアを選出し、5分足の順張りスキャルピングで仕掛ける。それが『1秒スキャルFX』の最大のアドバンテージといえます。それを可能にするツール(マックス・ジャッジメント)については、後ほど詳しく解説します。

ここがPOINT!

  1. 強い通貨を買い、弱い通貨を売ることが取引戦略の基本
  2. 各通貨同士の強弱(=競争力)をリアルタイムでチェックし、最も利益を上げやすい(トレンドを読みやすい)通貨ペアを選出することで取引精度を高める

「マックス・アベレージキャンドル」で瞬時に局面を判断し、トレード可否をわずか”1秒”で見極める

『マックス岩本の1秒スキャルFX』はその名の通り、トレードの可否をわずか1秒で判断できる手法であることが最大の「ウリ」です。1秒で判断するためのアイデアが、インジケーターの「色」です。

「マックス・アベレージキャンドル」は、インジケーターの「色」を見て、瞬時に局面を判断しエントリー可否を断定できるツールです。色が変わればエントリー、また色が変われば決済するという、極めてシンプルなツールですね。

以下のチャートをご覧ください。ローソク足に追随するように”平均足”が表示されていますね。これが「マックスアベレージ・キャンドル」です。

『マックス岩本の1秒スキャルFX』アベレージキャンドル

『マックス岩本の1秒スキャルFX』アベレージキャンドル

「マックスアベレージキャンドル」は、”平均足Smoothed”をベースにしたインジケーターです。パラメーターはデフォルト値を少し変えてますね。平均足Smoothed(マックスアベレージキャンドル)の色の変化で、相場の局面を判断するというアイデアです。

短期足(5分足)を執行時間足とするため、ローソク足だけではどうしてもノイズを排除しきれません。「マックスアベレージキャンドル」は”平均足Smoothed”をベースにしているため、トレンド時の細かなノイズを排除してくれる効果が期待できます。

上のチャート図は非常にわかりやすいトレンドが発生しているので、「マックス・アベレージキャンドル」での判断も極めて容易です。レンジ相場ではたして有効に機能するのか?このあたりが気になるポイントです。

ここがPOINT!

  1. ローソク足色の変化で瞬時に局面を判断しトレード可否をわずか”1秒”で見極める
  2. トレンド判断をしやすく細かなノイズを排除してくれる
  3. アベレージキャンドルのベースは平均足Smoothedだ

「マックス・アベレージキャンドル」のベースとなる”平均足Smoothed”について

”平均足Smoothed”は、ローソク足の4本値(初値・終値・高値・安値)を複数回にわたって平均化したものです(平均足をさらに平均化)。平均化することによってローソク足の細かなノイズを排除し、大まかなトレンドを視覚的に捉えることを可能にします。

「マックスアベレージキャンドル」を見るとわかるように、ローソク足が多少上下しても(ノイズが発生しても)、「平均足Smoothed」はまったく反転していないとがわかりますね。

下図チャートはFOREXFACTORYで公開されている「Heiken Ashi Smoothed」です。

Heiken Ashi Smoothed

Heiken Ashi Smoothed

ごらんの通り、ローソク足のノイズを排除し、トレンドの方向性を一層明確に示していることがわかります。上昇トレンド・下降トレンドが「色」によってひと目で判別できますね。

Heiken Ashi Smoothed

  • …上昇トレンド
  • …下降トレンド

『1秒スキャルFX』のマックスアベレージキャンドル(平均足Smoothed)は、この「色」に着目し、初心者でも容易にトレンドの方向性がわかるように取り入れたわけです。

ここがPOINT!

  1. 平均足Smoothedは、ローソク足の4本値(初値・終値・高値・安値)を複数回にわたって平均化したもの
  2. ローソク足のノイズを排除し、トレンドの方向性を一層明確に示してくれる

「マックス・シングル・ボリンジャー」で仕掛け・手仕舞いをフィルタリングして、トレード精度を高める

「アベレージキャンドル」で仕掛けと手仕舞いのタイミングを図るのですが、さらに精度を高めるためにフィルタリングをおこないます。それが「マックス・シングル・ボリンジャー」です。

『マックス岩本の1秒スキャルFX』マックスシングルボリンジャー

『マックス岩本の1秒スキャルFX』マックスシングルボリンジャー

上昇トレンド発生時には−2σのみを表示、下降トレンド発生時には+2σのみを表示するようにカスタマイズしたボリンジャーバンドですね。「マックス・シングル・ボリンジャー」を重ねて表示させることで、相場の局面をより一層把握しやすいチャートに仕上がっています。

「マックス・シングル・ボリンジャー」の上抜け・下抜けで確実に”トレンド転換”を確認した上での仕掛け(ENTRY)をおこなうことで、「ダマシ」を回避します。

また、早期に低リスクで利益を確保したいならば、「アベレージキャンドル」の色変化で手仕舞い。一方、多少のリスクを取りつつ大きな利益を狙いたいならば「マックス・シングル・ボリンジャー」のトレンド転換まで待つなど、トレードのリスクを低減しつつ利益を着実に積み重ねていくことを可能にします。

ここがPOINT!

  1. 仕掛け・手仕舞いはボリンジャーバンドを使用(マックス・シングル・ボリンジャー)
  2. ボリバンの上抜け・下抜けタイミングが目安
  3. リスクに応じて2つのインジケーターを使い分ける

「マックス・シングル・ボリンジャー」のベースは「BBands Stops」

余談ですが、「マックス・シングル・ボリンジャー」のベースは、海外フォーラムで見かける「BBands Stops」と考えられます。下図のチャートが「BBands Stops」です。

「BBands Stops」は、ローソク足が+2σを超えると反対側(下側)に−2σラインを表示し、ローソク足が−2σを超えると反対側(上側)+2σラインを表示させるテクニカルツールです。つまり、

BBands Stops

  • 上昇トレンド発生時…−2σラインのみを表示
  • 下降トレンド発生時…+2σラインのみを表示

主にトレンドフォロー(順張り)のストップ(損切り)目安に利用されることが多い傾向にあります。トレンド発生で仕掛けたら、損切りポイントを「BBands Stops」の位置に設定、トレンドが続けば「BBands Stops」も切り上がる(切り下がる)ので、損切りポイントも同じように移動させます。いわばトレーリングストップの目安のようなものですね。またトレンド転換をダメ押しで教えてくれるのも「BBands Stops」の利点です。

ここがPOINT!

  1. 「マックス・シングル・ボリンジャー」のベースは「BBands Stops」だ

「マックス・ジャッジメント」で通貨の強弱を見極め、大きなトレンドを期待できる”通貨ペア”を選定する

「マックス・ジャッジメント」は、トレンドが一方向に現れやすい通貨ペアを選定するためのオリジナルインジケーターです。具体的には、各通貨の強弱(相関関係)を一覧にしてチャート上に表示させて、取引するべき通貨ペアを瞬時に見極めるためのツールです。

何度も述べますが、このツールを手にするだけでも本商材購入の価値(お金を払う価値)が十分にあります。

通貨の強弱を重視する取引戦略は、最近では同じクロス社がリリースしたダイヤモンド・トレンドFXや当サイトで高評価のマーケティングFXにも採用されているほどで、ちょっとしたブームを見せていますね。

「マックス・ジャッジメント」は、チャートの右上に代表的な通貨の強弱をまとめてチェックできるように、表形式で掲載してあります。

『マックス岩本の1秒スキャルFX』マックス・ジャッジメント

『マックス岩本の1秒スキャルFX』マックス・ジャッジメント

『マックス岩本の1秒スキャルFX』マックス・ジャッジメント

『マックス岩本の1秒スキャルFX』マックス・ジャッジメント

ここがPOINT!

  1. 通貨の強弱を見極め、大きなトレンドを期待できる”通貨ペア”を選定することで精度を高める
  2. 取引するべき通貨ペアを瞬時に見極めることが可能
  3. このツールを手にするだけでも本商材購入の価値(お金を払う価値)が十分にある!

”強い通貨を買い、弱い通貨を売る”

「マックス・ジャッジメント」に似たツールとしては、有限会社クラフトユタカが販売する「環境認識ブルーBOX」に付属する「通貨強弱判定ツール」があります。販売ページから、ちょっと画像を拝借します。

ブルーBOXの「通貨強弱判定ツール」は、強い通貨と弱い通貨の組み合わせを一覧表で判別できるツールです。判別法は次のとおり。

通貨強弱判定ツールの判定法

  • 黄緑色で表示された通貨…強い(買われている通貨)
  • 赤色で表示された通貨…弱い(売られている通貨)

前日のボラティリティから当日の買い圧力、売り圧力を判定して表示しています。並べてみると、「通貨強弱判定ツール」は「マックス・ジャッジメント」と似ていますが、ベースロジックは異なります。

マックス・ジャッジメントと通貨強弱判定ツールを比較

マックス・ジャッジメントと通貨強弱判定ツールを比較

「通貨強弱判定ツール」は「マックス・ジャッジメント」の違い

  • 「マックス・ジャッジメント」…時間足毎に強い通貨順に並べて表示
  • 「通貨強弱判定ツール」…特定通貨が他の通貨に対して強いか弱いかを表示

ロジックのベースはそれぞれ異なりますが、「強い通貨」と「弱い通貨」を判定するという意味において本質は同じです。

ここがPOINT!

  1. ”強い通貨を買い、弱い通貨を売る”これが1秒スキャルFXの基本戦略だ

”通貨の強弱”をいかにして判断するか?

通貨の強弱を見極める方法はこのブログでも何度か紹介してきました。

関連記事

一般的に、通貨の強弱を判断するには「マタフ」「Currency Strength Chart」などのツールが活用されることが多いです。メジャーなものはやはりマタフ(https://www.mataf.net/)のカレンシーインデックス(Currency index)です。直近のCurrency index(1時間足)をご覧ください。

Currency index

Currency index(2018/01/28)

Currency index(2018/01/28)

現時点では「EUR」「GBP」が強く(プラス圏にある=買われている)、「USD」が弱い(マイナス圏にある=売られている)ことがわかりますね。マタフを見れば、通貨の強弱やボラティリティがひと目でわかります。これらのデータを活用することで、現時点で「最も強い通貨を買い、最も弱い通貨を売る」という戦略をとることが可能になります。

『1秒スキャルFX』の「マックス・ジャッジメント」は、マタフのようなグラフではなく「文字情報」としてチャート右上に”通貨の強弱”を表示しています。

マックス・ジャッジメント

マックス・ジャッジメント

マックス・ジャッジメント

4段階に分かれているのは、時間足毎の強弱を表示しているからです。上の「マックス・ジャッジメント」においては、GBPが最も強い通貨であり、JPYが弱い通貨であると判断できますね。

たんなる文字情報よりも、マタフに代表されるカレンシーインデックス(Currency index)の方が、よりビジュアル的に通貨間の強弱を時系列で判定できます。また、ボラリティの推移も容易にわかります。とはいえ、初心者がカレンシーインデックス(Currency index)を活用してトレードすることは少しハードルが高いかもしれません。

『マックス岩本の1秒スキャルFX』の「マックス・ジャッジメント」は、初心者が瞬時に「トレードすべき通貨ペア」を選択するためツールです。必要最小限のツールとして、十分な機能を備えていると考えられます。

ここがPOINT!

  1. ”通貨の強弱”指標のベースになっているのはカレンシーインデックス(Currency index)
  2. カレンシーインデックスをFX初心者向けにカスタマイズしたものがマックス・ジャッジメントだ
1秒スキャルFX
商品名|1秒スキャルFX
販売元|クロスリテイリング株式会社
開発者|マックス岩本
公式サイト|https://max-trader.s3.amazonaws.com/top/it.html

1秒スキャルFX|欠点

まず『1秒スキャルFX』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

FX商材の欠点(デメリット)

レンジ相場での”ダマシ”は回避できない=必要経費と割り切れるか?

『1秒スキャルFX』のストラテジーはトレンドフォロー(=順張り)です。ボラティリティの大きな通貨=強い通貨を選択し、トレンドの転換を狙って順張りで仕掛けるロジックです。誰が見てもわかるようなトレンドが発生したときは、容易に勝てることは誰しも想像に難くないでしょう。明確なトレンド発生時は、トレンド転換ポイントもわかりやすいものです。

一方、レンジ相場やグダグダの相場では、どうしても”ダマシ”が多発します。レンジでの”ダマシ”を100%回避する手立てはありません。マニュアル内では、レンジ相場でのダマシ回避対策がサラッと解説されていますが、有効な手立てとは言えません。ダマシはトレンドフォローの必要経費であると、割り切る姿勢が必要です。

FX商材の欠点(デメリット)

スキャルならではの”ストレス”は、ある

5分足スキャルピングですので、それなりに”せわしないトレード”になることは否定できません。瞬間的に訪れるチャンスを逃さず仕掛けたいならば、PCの前で集中して待機することが求められます。

とはいえ、トレンドフォロー(順張り)なので、逆張りスキャルと比べればストレスは軽度です。事前にボラティリティの高い通貨ペアを選定し、トレンド転換を確認後に入るため、慣れればトレードチャンスの到来をある程度予測することができるようになります。一般的なスキャルと比べて心の準備はしやすいでしょう。

ここが残念

  1. レンジ相場での”ダマシ”は回避できない=必要経費と割り切れるか?
  2. スキャルならではの”ストレス”は、ある

1秒スキャルFX|評価点

次に『1秒スキャルFX』の評価できるポイントを解説します。

FX商材の良点(メリット)

通貨強弱判定ツール『マックス・ジャッジメント』が手に入るだけでも、本商材を購入する価値が十分にある

本商材に付属する通貨強弱判定ツール『マックス・ジャッジメント』。このツールを手に入れるだけでも購入する価値が十分にあります。リアルタイムで「最も強い通貨を買い、最も弱い通貨を売る」という戦略をとることで、トレードの精度を一気に高めることを可能にします。

瞬時に「トレードすべき通貨ペア」を選択するためには通貨強弱判定ツール『マックス・ジャッジメント』は欠かせません。一度使えば、もはや手放せなくなること間違いありません。

FX商材の良点(メリット)

テクニカル好きにはたまらない理路整然としたストラテジー

マックス岩本氏のアイデアが詰め込まれたテクニカルストラテジーは、好きな人にはたまらないでしょう。通貨の強弱を見極めたうえでトレンド転換を確認し、仕掛けと手仕舞いを行う。一連の流れを全てオリジナルインジケーターに落とし込んだテクニカルツールの集合体、それが『マックス岩本の1秒スキャルFX』といえます。テクニカルアナリストであるマックス岩本氏の真骨頂ともいえるFX商材です。

FX商材の良点(メリット)

ストラテジー(手法)は一貫性がありロジックに破綻がない

通貨間の強弱を確認してトレンド転換で順張り方向に仕掛けていくスタイルは、極めてロジカルで一貫性があり、優位性を有します。シンプルな手法ですが、だからこそ普遍性があり、通貨ペアを選びません。これから動きそうな通貨ペアを予測し、明確な相場転換を待ち、動いた方向に素直に仕掛けます。奇をてらうロジックではなく、シンプルかつ整合性があります。

FX商材の良点(メリット)

慎重に選択された3つのテクニカル(サインツール)は必要にして十分だ

『1秒スキャルFX』のチャートは、一見シンプルで物足りなさを感じるほどです。主要インジケーター(サインツール)はわずか3つだけ。

付属MT4サインツール

  1. マックス・ジャッジメント(通貨強弱判定ツール)
  2. マックス・アベレージキャンドル(平均足Smoothed)
  3. マックス・シングル・ボリンジャー(BBands Stops)

しかし、これらのインジケーターは『1秒スキャルFX』のロジックを補完するためにに、慎重に選ばれたものばかりです。「マックス・ジャッジメント」で強い通貨と弱い通貨を見極め同時にボラティリティを把握、「平均足Smoothed」と「マックス・シングル・ボリンジャー」で明確なトレンド転換をダブルチェックしつつボラティリティサイズを再確認。3つのインジケーターが互いに補完し合うことで、ストラテジーの精度を高めることに成功しているといえます。

ここが評価できる

  1. 通貨強弱判定ツール『マックス・ジャッジメント』が手に入るだけでも、本商材を購入する価値が十分にある
  2. テクニカル好きにはたまらない理路整然としたストラテジー
  3. ストラテジー(手法)は一貫性がありロジックに破綻がない
  4. 慎重に選択された3つのテクニカルは必要にして十分だ

1秒スキャルFX|総合評価

マックス岩本の1秒スキャルFXの総合評価は以下の通り。

1秒スキャルFX
商品名|1秒スキャルFX
販売元|クロスリテイリング株式会社
開発者|マックス岩本
公式サイト|https://max-trader.s3.amazonaws.com/top/it.html

a評価

「1秒スキャル」のタイトルにある通り、瞬時に(数秒で)局面を判断するための工夫が随所になされ、ロジックも一貫していて破綻がない点は高く評価できる

トレンド転換を2つのカスタムインジケーター(平均足・ボリバン)でダブルチェックして順張りで仕掛ける手法は難易度も低く、初心者から中級者までオールラウドに使いこなすことが可能です。瞬間的に局面を捉えるために「色」を活用するなど、易しさを追求しつつスキャルの精度を高める工夫が随所になされています。

中でも”通貨間の強弱”をチャート内に常時表示させる「マックス・ジャッジメント」は秀逸
「マックス・ジャッジメント」を手に入れるだけでも購入する価値のある商材だ

とりわけ通貨間の強弱やボラティリティを視覚的に把握できる「マックス・ジャッジメント」は、全トレーダーが今すぐMetaTrader4に導入するべき”秀逸ツール”です。

マックス・ジャッジメント

マックス・ジャッジメント

『マックス岩本の1秒スキャルFX』マックス・ジャッジメント

リアルタイムで”強い通貨”と”弱い通貨”を認識し、トレンドが発生しやすい通貨ペアを瞬時に把握できます。まさに「便利すぎて、死ぬまで手放せない」ほどのツール。

通貨間の強弱やボラティリティを視覚的に把握するためのデータは、これまで「マタフ」に代表されるカレンシーインデックス(Currency index)くらいしか存在しませんでした。そんな中、通貨間の強弱一覧をチャート内に常時表示させるこを可能にした「マックス・ジャッジメント」は画期的といえます。

「マックス・ジャッジメント」を既存のFX商材や各人の手法と組み合わせることでトレード精度を高めてくれる可能性を秘めている

「マックス・ジャッジメント」を手に入れるだけでも、『1秒スキャルFX』を購入する価値が十分にあります。間違いなくあなたのトレードレベルを一段上げてくれるツールとなります。

FX商材の良点(メリット)

  1. 通貨強弱判定ツール『マックス・ジャッジメント』が手に入るだけでも、本商材を購入する価値が十分にある
  2. テクニカル好きにはたまらない理路整然としたストラテジー
  3. ストラテジー(手法)は一貫性がありロジックに破綻がない
  4. 慎重に選択された3つのテクニカルツールは必要にして十分だ

FX商材の欠点(デメリット)

  1. レンジ相場での”ダマシ”は回避できない=必要経費と割り切れるか?
  2. スキャルならではの”ストレス”は、ある

オリジナル特典|有料級ツールを22個まとめて無料プレゼント|日本語マニュアル付

当サイト「購入リンク」からFX商材をご購入いただいた方全員に、以下のオリジナル特典をすべて無料でご提供させて頂きます。管理人制作のオリジナルインジケーターに加え、海外のメジャー(かつ人気のある)ツールの中から、優位性の高が高く利便性を備えたインジケーターを慎重に厳選しました。

すべてのツールに、オリジナル日本語翻訳マニュアルをご用意しました。

1.環境認識 &シグナルツール(9個)

管理人制作のオリジナルツールに加え、海外でメジャー(かつ人気のある)ツールの中から優位性の高いインジケーターを慎重に厳選しました。有料で提供されてもおかしくないほどの優位性・利便性を備えたツールばかりです。
Shin Bollinger Bands
Shin Bollinger Bands(旧 SQI)
新着! 2021年5月12日
以前配布していた特典の中で最も人気の高かった「SQI」をヴァージョンアップ。「Shin Bollinger Bands」は、ボリンジャーバンドのエクスパンション(バンドウォーク)を視覚的に捉えるためのツールです。トレンド発生の目安となるバンドウォーク発生を、ヒストグラムで知らせてくれます。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin TQ Chart
Shin TQ Chart
新着! 2021年4月25日
The Secre(投資家集団)からの提供ツールです。トレンドをどこまでも追いかけて利益にする順張り系シグナルツール。性能の素晴らしさについては、ぜひ動画をご覧ください。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin High Low Break
Shin High Low Break
トレンド中の押し目や戻りをピンポイントで狙ってシグナル(矢印)を点灯させます。複数のMAによるパーフェクトオーダーでトレンドを確認し、連続する3つのローソク足がMAまで戻された状態を押し目・戻りと判断。最後のローソク足の高値・安値ブレイクでシグナルを出します。シグナル精度は動画でご確認ください。
≫ 特典の詳細はこちら
shin-top% Indicator
Top % Indicator 3
非常にユニークなツール。レートが動きそうな方向を%(パーセント)で表示してくれるインジケーターです。エントリータイミングでシグナル(矢印)も表示してくれます。FXだけでなくバイナリーオプションにも活用できます。精度の高さは言うまでもありません。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin BOX Chart
Shin Box Chart(旧 SQBOX)
当サイトで以前配布していたSQBOXのヴァージョンアップ版です。BOX(箱)によってレンジを判断し、BOXをブレイクしたところでENTRY。環境認識ツールとしても取引ツールとしても使える優れものです。
≫ 特典の詳細はこちら
shin forex meter
Shin Forex Meter(通貨強弱)
数ある通貨強弱ツールの中から、最も使いやすいものをセレクトしました。通貨ペア毎のトレンド状態と、通貨同士の強弱をグラフで表示してくれるツールです。強い通貨を買い、弱い通貨を売る、これが売買の基本です。意識するだけで勝率がグンと上がります。
≫ 特典の詳細はこちら
shin-stochastic MTF
Shin Stochastic MTF
2本のストキャスティクスのクロスでシグナル(矢印)を表示してくれるツール。ストキャスはMTF(マルチタイムフレーム)対応しており、任意の時間足のストキャスを設定可能。驚くほど天底を捉えるシグナル精度に、驚かされます。
≫ 特典の詳細はこちら
BO-Simulator
Shin BO Simulator
バイナリーオプション専用のシミュレーターです。チャート上に表示させ、UP・Downボタンをクリックすることで、仮想取引ができます。チャート上にもENTRYマークが表示されます。指定時間で勝敗判定が自動的に行われ、取引結果も表示されます。シミュレーターとしては非常に細かな設定が可能であり、BO練習には欠かせないツールです。
≫ 特典の詳細はこちら
Infoboard
Shin Info Board
相場状況を、信号機のような色で教えてくれる便利ツールです。1分足から日足までのトレンドの方向がひと目で判断できます。その他にも様々な相場情報(ATR値や値幅、スプレッドetc.)を一覧で表示してくれる利便性の高いボードです。
≫ 特典の詳細はこちら

2.実用・便利ツール(7個)

MT4に常時設置しておきたい便利なツールを集めました。似たようなツールはたくさんありますが、その中でも使い勝手の良さや正確性などから7つのツールを厳選しました。
Pair Buttons
Shin Pair Buttons
一度使ったらもう手放せない!それほど便利なツールがこれ。通貨ペアや時間足をワンクリックで切り替えることができるボタンです。動作も軽いので常時チャート上に表示させておきたいツールです。とにかく使ってみて!
≫ 特典の詳細はこちら
Shin Rounder
Shin Rounder
キリ番(00や000)にラインを自動的に引いてくれる便利ツール。同様のツールの中でも、このツールが最も使いです。シンプルで軽く、ほかのラインと区別しやすいデザインのため、管理人も愛用しています。常に表示させておきたいツールの一つです。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin WT Lines
Shin WT Lines
トレンドラインやサポート・レジスタンスラインを引くためのボタンです。チャートの右下にある「TSR」ボタンをクリックするだけで簡単にラインが表示されます。MT4チャートのツールバーをクリックするよりも断然ラクに引けます。重宝します。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin SyncCursor
Shin Sync Cursor
チャート上に、常時、十字カーソルを表示させるインジケーターです。通常はクリックしてしまうとチャート上の十字カーソルは消えてしまいます。このツールを導入すると、クリックしても十字カーソルは消えません。ずっと表示したまま使えます。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin Trend Line
Shin Trend Line
トレンドライン(斜めのライン)を自動的に描写してくれるツールです。この手のツールは数多く出回っていますが、本ツールが最もおすすめです。シンプルさと精度の高さでは随一です。ラインを多用するトレーダーならば持っていて損はありません。
≫ 特典の詳細はこちら
Shin Horizon
Shin Horizon
直近の高値・安値を起点に、水平ラインを自動描写してくれるツールです。サポレジラインとしてだけでなく、TPやSLの目安としても活用できるラインです。自分で引くラインに自信のない人は、まずはこれを使ってみることをおすすめします。
≫ 特典の詳細はこちら
Market Clock
Shin Market Clock
東京市場、ロンドン市場、NY市場の時間を同時に表示してくれるツールです。海外トレーダーのYou Tube動画などで、よく見かけるツールの一つですね。シンプルですが、あると何気に便利です。
≫ 特典の詳細はこちら

3.有料級|海外のメジャー取引システム(6個)

国内ではほとんど知られていない、優位性の極めて高いFXトレーディングシステムを厳選して紹介します。どれも有料で販売されてもおかしくないほどの完成度・優位性の高さです。
THV System
THV V4 Trading System(日本語マニュアル付)
新着! 2021年7月8日
世界で最も有名なトレーディングシステムといえばこれ、「THV」ですね。海外FXフォーラム『ForexFactory』から誕生したTHVは、またたくまに大人気となりました。その理由は当然ながら優位性の高さです。年々進化を重ね、現在はV4となりました。とにかく一度は試して欲しい取引システムです。オリジナル日本語マニュアルもご用意しました。
≫ 特典の詳細はこちら
XARDFX System
XARDFX Trading System(日本語マニュアル付)
新着! 2021年3月8日
ここ数年、THVと双璧をなすほどの人気の高まりをみせているのが「XARDFX Trading System」。派手なチャート画面に目を奪われますが、人気の秘密は環境認識のしやすさ、そしてトレードのしやすさにあります。トレンドを視覚的に捉えやすいチャート画面は秀逸です。オリジナル日本語マニュアル付きです。
≫ 特典の詳細はこちら
Forex Levelator System
Levelator Trading System(日本語マニュアル付)
非常に興味深い取引システムです。期間100の中の高値安値をベースにグラデーションのゾーンを表示させ、そのゾーンと移動平均線を使ってトレードするシステムです。見た目と違ってロジックは極めてシンプルかつ王道。これが無料!オリジナル日本語解説付きでご提供します。
≫ 特典の詳細はこちら
Congestion Breakout System
Congestion Breakout System(日本語マニュアル付)
FX商材「トワイライトゾーン」によく似た取引システムです。2本のラインをブレイクした方向に仕掛ける順張り手法です。シンプルながら精度の高さは折り紙付き。まずは使ってみてください。日本語解説マニュアル付き。
≫ 特典の詳細はこちら
Alfa Super Trend System
Alfa Super Trend System(日本語マニュアル付)
トレンド発生中の押し目や戻りを確実に捉えてシグナル(矢印)を点灯させます。わりと日本人好みのツールですね。シグナルの取捨選択は表示させているスーパートレンドインジケーターを使います。日本語解説マニュアル付きでご提供します。
≫ 特典の詳細はこちら
arrozaq scalping system
Arrozaq Scaiping System(日本語マニュアル付)
シグナル点灯系の取引システムです。サブウィンドウのヒストグラム等でシグナル(矢印)をフィルタリングしてトレードを行います。日本のFX商材に似たツールですが、精度は高いです。シグナル好きの日本人にマッチするツールですね。日本語解説マニュアル付きでご提供します。
≫ 特典の詳細はこちら

【2022年9月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
岡安盛男のFX 極
4
FXismプロコントローラー改
5
1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

2022年 最新FX情報商材評価

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
…非常に高く評価する
…高く評価する
…評価する
…平均的
…低品質・粗悪

全FX商材評価一覧はこちら

FX情報商材検証レビュー.com(辛口評価&暴露サイト)

【2022年9月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
岡安盛男のFX 極
4
FXismプロコントローラー改
5
1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました