トレンドスター(TrendStar)【検証とレビュー】

トレンドスター(TrendStar)【検証とレビュー】

トレンドスター(TrendStar)【検証とレビュー】

C評価

『トレンドスター(TrendStar)』検証とレビュー

本日は、杉田順一氏が販売するFX情報商材『トレンドスター(TrendStar)』を検証レビューします。

トレンドスター(TrendStar)
トレンドスター(通貨の相関性の確率は100%です。)
販売元:杉田順一
開発者:杉田順一
発売日:2019/04/24
公式サイト:http://planetin.sakura.ne.jp/trendstar/infotop/

販売者(開発者)の杉田順一氏ですが、これまでに数多くのFX&BO商材をリリースしてきました。過去にリリースした商材を並べるとざっと19個もあります(※インフォトップで販売中のもの)。

FX・バイナリーピンク・GMOクリック証券対応
FX&BO『ドット・ウィン』3セット
『次でしょ』バイナリーオプション
『MONスター』FX&バイナリーオプション
JUN★BARY「順張り」
『パンフル』 FX&バイナリー
『MONスター2』FX&バイナリーオプション
『ペリカン24シグナル』FX&バイナリー兼用シグナルチャート
バーサス★パイロット
『カンガルー』FX&バイナリーオプション
EU離脱で稼ぐ『E-OUT』FX&バイナリーオプション
『コアラ』オーストラリア
『 シンクロ 』 稼ぎながらスキルアップ
消えない 『シグナル・ゾーン』
ベリーデグ(Very&Deg)BO&FX
イージ・アングル(EasyAngle)BO&FX
ザ・リアル(theREAL)BO&FX
Fuji3(富士山)BO&FX
トレンドスター(通貨の相関性の確率は100%です。)←いまここ

ご自身の経験に裏付けされた手法を具現化したというよりは、アイデア重視で凝ったインジケーターを作り込んだという印象が強いFX商材ばかりです。

どの商材を見ても、杉田順一氏のトレーダーとしての実力を感じないのはなぜでしょう。きっと杉田順一氏はシステムを作ることが好きなのでしょうね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

『トレンドスター(TrendStar)』はどのようなFX商材か?

インジケーターによってトレンドを視覚的に把握するためのツール

『トレンドスター(TrendStar)』は、オリジナルインジケーターによってトレンドをビジュアル的に把握することを狙ったツールです。

まずは『トレンドスター(TrendStar)』のチャートをご覧ください。

トレンドスター(TrendStar)のチャート画像その1

トレンドスター(TrendStar)のチャート画像その1

トレンドスター(TrendStar)のチャート画像その2

トレンドスター(TrendStar)のチャート画像その2

トレンドスター(TrendStar)のチャート画像その3

トレンドスター(TrendStar)のチャート画像その3

正の相関性(順相関)を持つ通貨ペア同士の同調でトレンドを確認

『トレンドスター(TrendStar)』は、通貨間の『相関性』をロジックのベースにしています。正の相関性(順相関)を持つ複数の通貨ペア同調すれば、強いトレンドが発生したと捉えることが狙いです。

ところで、通貨ペア間の相関性(相関係数)とはなにでしょうか?

『相関係数』は、通貨間の相関関係の強弱を確認するために使う指標の一つです。通常は−1から+1の間の数値によって強弱を表示します。

  • 相関係数がプラス…順相関(2つの変数が同方向へ動く)
  • 相関係数がマイナス…逆相関(2つの変数が逆方向へ動く)

『トレンドスター(TrendStar)』は順相関を利用したロジックがメインです。つまり相関関係の強い(相関係数が1に近い)通貨ペア(ライン)をチャート上に重ねて表示し、動きを監視してトレンドを認識するというもの。

トレンドスター(TrendStar)のチャート画像その1

トレンドスター(TrendStar)のチャート画像その1

上の図(チャート)では、AUD/JPY(豪ドル円)のチャートにAUD/USD(豪ドル米ドル)、そしてUSD/JPY(ドル円)のラインチャートを重ねて表示してあります。

各ライン(レートの動き)が重なって同調したタイミングを、ビッグトレンドと認識するというアイデアです。

トレンドスター(TrendStar)
トレンドスター(通貨の相関性の確率は100%です。)
販売元:杉田順一
開発者:杉田順一
発売日:2019/04/24
公式サイト:http://planetin.sakura.ne.jp/trendstar/infotop/

各通貨ペアの相関データは、各証券会社が提供

ところで、実際の通貨ペアの相関性はどこで確認できるのでしょうか?実は、FX証券会社のサイトにいけば、たいてい掲載されています。たとえば以下の表はFXTFのものです。

FXTF‐Symbol Soukan

FXTF‐Symbol Soukan

そして下の画像は松井証券のWEBサイトで閲覧できる『通貨ペア別 相関係数(過去200営業日)』です。

上の『通貨ペア別 相関係数(過去200営業日)』を見ると、USD/JPY(ドル円)と相関性の高い通貨ペアは、

  1. AUDJPY(豪ドル円)…0.87
  2. CAD/JPY(カナダドル円)…0.86
  3. EUR/JPY(ユーロ円)…0.84

であることがわかりますね。値が1に近いほど相関性が高いとされています。

試しにUSD/JPY(ドル円)とAUDJPY(豪ドル円)とのチャートを重ね合わせてみると…

ご覧の通り、レートの動きが概ね合致していることがわかりますね。これが順相関(正の相関性)です。

他にもこんなツールもあります。

OANDAが提供するサービスです。上の表はUSD/JPY(ドル円)に対してどの通貨ペアが相関性が高いかを、時間足ごとに示しています。赤丸が大きく濃いほど相関性が高い(順相関)ことを示しています。

Mataf.net(マタフ)も相関性を確認できるページを公開しています。こちらです。

どちらも無料で使えるので、お好きな方をどうぞ。

相関性は絶対ではない

とはいえ、相関性が万能かといえばそうでもありません。

為替相場は様々な要因によって変動します。その国の地政学的リスクをもろに受けるのが為替相場です。当然ですが、相関性もリアルタイムで変化します。

その点を頭においた上で、参考程度に見るのが賢い使い方でしょうね。

トレンドスター(TrendStar)
トレンドスター(通貨の相関性の確率は100%です。)
販売元:杉田順一
開発者:杉田順一
発売日:2019/04/24
公式サイト:http://planetin.sakura.ne.jp/trendstar/infotop/

『トレンドスター(TrendStar)』の欠点

まず『トレンドスター(TrendStar)』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

FX商材の欠点(デメリット)

トレンドをあとから認識するだけならば、こんなツールは不要

そもそもトレンドを後から確認するだけならば、こんなツールは不要です。シンプルに移動平均線だけでOKです。

移動平均線を複数本表示させてパーフェクトオーダー(複数のMAが順番に並ぶ現象)でトレンドを認識したほうがよっぽどシンプルで、かつ明確なトレンドを確認できます。

パーフェクトオーダー

パーフェクトオーダー

上のチャートはUSD/CAD(米ドルカナダドル)の15分足チャートに、25日、75日、200日の3本の移動平均線を表示させたものです。上昇トレンドであれば、3本の移動平均線が短期(20日)→中期(75日)→長期(200日)と並ぶことをパーフェクトオーダーと呼びます。このときに強いトレンドが発生していると(あとから)認識できます。

トレンドは、発生の瞬間はだれにも予測できません。あとから見れば誰でも「あ、このときは上昇トレンドだったんだ・・・」と認識できます。

トレンドフォローにおいて最も重要なのは仕掛けのタイミングです。『トレンドスター(TrendStar)』では、そこが全く不明瞭です。トレンド発生そのものをどう認識するのか?どうやってダマシを回避するのか?このあたりの情報(ロジック)が欠落しています。結局、裁量判断が大いに入るのでしょう。だったら移動平均線で十分です。

仮に、相関性が強い(順相関の)通貨ペアを同時監視したところで、結局トレンド発生のタイミングもほぼ同じであるため、意味がありません。たとえば日足のAUD/JPY(豪ドル円)が上昇トレンドになれば、AUD/USD(豪ドル米ドル)も上昇するし、USD/JPY(ドル円)も上昇傾向を迎えます。

で? だから、何なのでしょう?

ENTRYシグナルもEXITシグナルも出ないのだから、つまり裁量トレードということでしょう。トレンド発生を目視で確認して後乗りし仕掛けるわけです。その後も裁量判断でトレンド終焉を確認し手仕舞いする…であれば移動平均線で十分では?

ここが残念…
  1. トレンドを捉えるだけならばこんなツールは不要

『トレンドスター(TrendStar)』総合評価

C評価

【結論】順相関を持つ通貨ペアを重ねて表示させるインジケーターだが残念ながら優位性・必要性を感じない
まだ通貨間の強弱をチェックするほうがロジカルだ
『トレンドスター』はアイデア倒れのインジケーターという印象を拭えない

『トレンドスター(TrendStar)』は順相関を持つ通貨ペアを重ねて表示させて環境認識し、トレンドを捉えるというアイデアのインジケーターです。とはいえ、その論理性というか優位性をまったく感じることができません。

それならば、通貨間の強弱をチェックして、強い通貨と弱い通貨を選択してトレードするほうが、ずっと優位性を感じますね。たとえば、マックス岩本の1秒スキャルFXFXブルーBOXで提供されている通貨強弱判定ツール』などがそうです。現時点で強弱が明確な通貨ペアを選択して仕掛けたほうが、よっぽどロジカルであり優位性が高いはず。

たしかに『トレンドスター(TrendStar)』のチャートを見れば、トレンドを捉えているように見えますが、それは「後づけ」にすぎません。トレンドが発生したから、結果的に美しいチャートを描いているのです。

トレンドスター(TrendStar)のチャート画像その1

トレンドスター(TrendStar)のチャート画像その1

強いトレンドを(あとから)確認するだけならば、MA(移動平均線)を複数本表示してパーフェクトオーダーしている箇所を見るほうが、シンプルにトレンドを確認できます。

パーフェクトオーダー

パーフェクトオーダー

トレンドフォローロジックならば、仕掛けと手仕舞いこそが重要です。いかにダマシを回避し、ビッグトレンドを捉え、十分な利幅を確保して手仕舞いできるか?そのあたりのロジックが欠落しているように感じますね。

残念ながら『トレンドスター(TrendStar)』はアイデア倒れという印象を拭えないFX商材です。

トレンドスター(TrendStar)
トレンドスター(通貨の相関性の確率は100%です。)
販売元:杉田順一
開発者:杉田順一
発売日:2019/04/24
公式サイト:http://planetin.sakura.ne.jp/trendstar/infotop/

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら