トリニティスキャルパーFXが鳴かず飛ばず

トリニティスキャルパーFXが鳴かず飛ばず

トリニティスキャルパーFXが鳴かず飛ばず

D評価商材

久々のナイアガラ(暴落)を見た

先日(2月26日)のドル円・ユーロ円のナイアガラ(暴落)は乗り切れましたか?暴落前に危険な臭いはしていましたね。最近発売されたEAは、今回のドル円・ユーロ円の暴落を乗り切れたのでしょうか?

問い合わせの多いトリニティスキャルパーFXはどうだったのでしょうか?

トリニティスキャルパーFXは鳴かず飛ばず

鳴り物入りで登場したトリニティスキャルパーFXですが、その後ぱっとしないですね。

トリニティスキャルパーFX成績
出典:http://www.myfxbook.com/members/FTLabo/trinity-scalper-fx/478125

フォワード実績ですが、3ヶ月弱経過してマイナスとなっています。

トリニティスキャルパーFXドローダウン

トリニティスキャルパーFXドローダウン

ご覧の通り、2月25日以降のドローダウンがその原因です。とはいっても、せいぜい6%程度です。ただ、3ヶ月程度経過したわりには、ちょっとパッとしないですね。もちろんEAはもっと長い目で見る必要がありますが、このあと盛り返すかどうかは、まったくの不明です。誰にも判りません。

私はトリニティスキャルパーには期待をしていますので、もう少し頑張って欲しいところです。

EAは、短期間のフォワードで評価すべきではないと思っています。たまたまロジックと相場が合わないだけなのかもしれません。トリニティスキャルパーに関しては、今後も長期的な視点で成績を追っていきたいと考えています。

EAを使い続けるには、別の忍耐が必要

投資全般に言えることですが、忍耐(というか自分を律し、制御すること)が大切です。しかし、EAを使うことにはもう一つ別の忍耐が必要とされます。何があっても、そのEAを信じ使い続けるという忍耐です。ユーザーにとって、EAの中身がブラックボックスである限り、そのEAが持つポテンシャル(潜在能力)が判りません。一時的なドローダウンに陥っても、それが一時的なものなのか、それとも致命的なものなのか?まったく判りません。

結局のところ、使い続けた結果によって、そのEAの善し悪しが判明するのです。使い続けた結果、そのEAが利益をもたらせば、その時の相場にマッチしていたということです。逆に使い続けた結果、マイナスもしくはトントンの結果であれば、そのEAは相場にマッチしていなかった、ということが判ります。

EAの善し悪しを判断するのは歴史です。幕を閉じない限り、EAの成果を誰も判断できないわけですね。

結局、相場に合っているか合っていないか

同一EAの成績を比較

同一EAの成績を比較

上の2つのEA収益グラフをご覧下さい。左側のEAは、右肩上がりです。一方、右側のEAはトントンです。ほぼ同じ期間(約1年ちょっと)を比較しています。

右側のEAは使いたいと思いますね。約1年ちょっとで、200%近くもの収益を上げています。しかし左側のEAは使いたくないですね。このグラフですが、おわかりの通り、どちらも同じEAです。クロスファイアFXのmyfxbook(収益グラフ)から画像を引用しました。

ご覧のように、EAが相場にマッチしていれば収益は右肩上がりに増え、マッチしていなければトントンもしくはマイナス、となるわけです。

トリニティスキャルパーFXを評価できるのは数年後・・・

トリニティスキャルパーFXも、フォワード(実績検証)がスタートしたばかりです。現段階で、このEAの善し悪しを断定することは難しいでしょう。1年2年3年と継続運用しない限り、誰も判断できません。このまま鳴かず飛ばずか? それとも盛り返して収益を上げるか?つまり、これは「賭け」に近いということです。他人のEA(ブラックボックス)で運用し、成功するかどうかを「賭け」ているわけです。

賭けに乗るための要素としては、販売者(開発者)のこれまでの実績であったり信頼性などでしょう。これがなければ、なかなか賭けに乗ることは難しいです。

抜け出せない”EA無限ループ”

他人の賭けに乗りたくないのであれば、ロジックが明確なEAを使うか、自分で制作したEAを使うべきでしょう。そうすれば、EAのリスク許容度が理解できるし、どんな相場に強くどんな相場に弱いか?明確にわかるからです。

相場が変われば、EAの運用を止めるなどの判断が可能です(難しい判断ですが・・・)。他人(販売会社)のEAを使い続ける限り、以下の無限ループに陥ることになります。

EA無限ループ

EA無限ループ

EAによっては、を飛び越す場合もあります。こんな無限ループに陥らないように注意して下さい。

D評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

エスカレーターFX 【検証とレビュー】

エスカレーターFXはSQ-BOXと酷似? 読者様より検証依頼のあった商材です。エスカレーターFXというMT4専用のインディケーターです。 読エスカレーターFXは、(当サイト特典の)…

爆裂プロフィットファクターFX 【検証とレビュー】

爆裂プロフィットファクターFXの実績は不明 読者様からの検証依頼がありました。爆裂プロフィットファクターFXです。EA(自動売買ツール)ですが、残念ながら実績が不明です。EAはフォ…

ボリバンブレイクアウトツール【SQI】のロジックを詳しく解説します

SQIというMT4専用インディケータ 先日、ボリンジャーバンドブレイクアウトの優位性について考察してみました。 ボリンジャーバンドブレイクアウトの優位性について考えてみる FXスキ…

含み損をかかえた「全コピFX」が募集を再開?

全コピFXのその後 前回の記事で全コピFXが壊滅的な状態になっていることをお伝えしました。 全コピFXで強制ロスカットが続発 全コピFXの主力トレーダーである全力男氏が莫大な含み損…

The Secret FX
The Secret FX(ザ・シークレットFX)サインツールをおすすめしない理由

ザ・シークレットFX(The Secret FX)に付属するインディケータははたして使えるものなのか? ザ・シークレットFX(The Secret FX)のサインツール The S…

井手式7daysFX 【検証とレビュー】その4

井手式7daysFXの特典動画をご紹介 本日は井手式7daysFX販売者様より、特典動画をご提供いただきましたので、ご紹介したいと思います。 井手式7daysFX 【検証とレビュー…

ダブルスチール投資
カワセ係長の『ダブルスチール投資法』FXで強制的に+30pips獲得し続ける方法【検証とレビュー】

”そんなにFX勝てるなら自動売買化しろよバカ”←これ 過激な発言で煽る”カワセ係長”こと長谷川氏 「そんなにFX勝てるなら、自動売買化しろよバカ」と過激な発言で業界関係者をコケにす…

FXB-Manual 【検証とレビュー】

ラインブレイクを極めた販売者 久々にまともな商材に出会いました。FXB-Manualです。 商材の内容ですが、ラインブレイク手法を解説した裁量マニュアルです。PDF(61ページ)と…

FX裏技攻略塾TPSの「裏技」を勝手に推測してみる

勝率理論値100%とされるFX裏技攻略塾TPSの手法を勝手に推測してみた 強烈なインパクトを放つFX裏技攻略塾TPSですが、その手法は謎に包まれています。 FX裏技攻略塾TPS第3…

FXトレンドグライダー【検証とレビュー】

インディケータ系のFX商材が再びブームの兆しを見せている 最近、MetaTrader4専用のFX情報商材が、再びブームの兆しを見せています。FXスキャル・パーフェクトシグナル、ニュ…

FX革命 金脈GPS 【検証とレビュー】

FX革命_金脈GPSは裁量マニュアル 検証依頼のあった商材をご紹介します。筒井ヒロキ氏のFX革命_金脈GPSです。FX革命_金脈GPSの中身ですが、裁量マニュアルのようですね。販売…

スイングマスターFX 【検証とレビュー】

スイングマスターFXの実績 スイングマスターFXは、読者様より検証依頼を頂いた商材です。 残念ながらスイングマスターFXの販売ページには、東正太郎氏の実績を裏付ける証拠は掲載されて…