プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)【検証とレビュー】

プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)【検証とレビュー】

プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)【検証とレビュー】

A評価商材

『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』検証とレビュー

クロス社と双璧をなす「グローバルロイズ社」の新商材

FX情報商材業界の勢力図をみると、おなじみの「クロスリテイリング社」が頭一つ飛び抜けています。一方、クロス社といい勝負をしているのが「グローバルロイズ社」です。グローバルロイズ社がこれまでに販売した商材は以下の通り。

  1. ドラゴンストラテジーFX
  2. ブラックAIストラテジーFX
  3. モンスター・トレンドゾーンFX

リリースした商材数はクロス社にくらべて圧倒的に少ないのですが、どれもがロングセラーとなっており常にランキング上位を占めています。当サイトで一押しのドラゴンストラテジーFXは、このブログからだけでも1200本以上購入されています。

ドラゴンストラテジーFX売上本数

ドラゴンストラテジーFX売上本数

今回レビューするのは、グローバルロイズ社の新商材『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』です。

プロフェッショナル・トリガーFX
プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)
販売元:グローバル・ロイズ株式会社
発売日:2018/06/14
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://protri-fx.com/

『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』の中身を解説

ロビンスカップ第3位という実力は本物か?

『プロトリFX』開発者は”コウスケ”氏。元ミュージシャンという異色の肩書きを持ちます。とはいえその実力は折り紙付き。リアルマネーでトレードを競う「ロビンスカップ」において第3位という実績を持ちます。ロビンスカップ(正式名称:World Cup Trading Championships)は世界30カ国からトレーダーが参加するリアルマネートレードコンテストです。30年を超える歴史を持つ由緒ある大会です。

とはいえ、今回のロビンスカップ第3位という実績は、あくまで日本国内のみで行われたトレードコンテストにおける成績です。世界大会ではありません。正式な大会名は「ロビンス・ワールド・トレーディング・チャンピオンシップ(WTC)2017」です。2017年10月2日〜2018年2月28日の5ヶ月間の成績を競い合う国内大会です。

開発者は”元ミュージシャン”という異色の肩書き

開発者「コウスケ」氏のブログはこちら。

以前は「Oval Prime K.T」として活動していたようですね。さらにその前は「Moran」というビジュアル系バンドでギタリストとして活躍していました(「Moran」は惜しくも2015年9月に解散しています)。

プロトリFX開発者「コウスケ」氏のバンド時代のビジュアル

プロトリFX開発者「コウスケ」氏のバンド時代のビジュアル

バンド活動のかたわら投資活動も続けていたので、投資歴は短くはありません。なかなか異色の経歴を持つ「コウスケ」氏ですが、彼が開発した『プロトリFX』をさっそく紐解いていきます。

ロイズ社ならではの派手なチャート画面

まずは『プロトリFX』のチャート画面を御覧ください。

プロフェッショナル・トリガーFXのチャート画面

プロフェッショナル・トリガーFXのチャート画面

上図チャートはEURJPYの5分足です。ロイズ社特有の派手なチャート画面です。メインウィンドウには矢印シグナルの他に複数のボリンジャーバンドが重ねて表示してあります。同一テクニカルをパラメーターを変えて複数本同時表示させるテクニックは海外などでよく見られます。FX商材としては天底チャートMT4(ストキャスを重ねて表示)などにも取り入れられています。

サブウィンドウにはヒストグラム(棒状のテクニカル=トレンドバー)とカスタムRCI(Pro_tri_RCI)が表示されています。ヒストグラムは相場の方向性や強さを表していますね。

ベースロジックはトレンドフォロー(デイトレ)

『プロフェッショナル・トリガーFX』のベースロジックはトレンドフォローです。執行時間足は5分足を使用するのでデイトレですね。

カスタムボリバン・トレンドバー(ヒストグラム)・RCIなどで環境認識(フィルタリング)をおこないつつ、チャート上のサイン(矢印など)で仕掛けや手仕舞いをおこなうというスタイルです。同時に補助ツール(カスタムボリバン・ヒストグラム・RCI)によって裁量を加えて利幅を伸ばすロジックも加味されています。簡単に概要をまとめておきます。

  • 推奨通貨ペア:USDJPY、EURJPY、GDPJPY
  • 執行時間足:5分足
  • 基本ロジック:トレンドフォロー(押し目買い・戻り売り)

押し目買い・戻り売りに最適化されたストラテジー

基本は順張り(トレンドフォロー)です。仕掛けのタイミングは確度の高い「押し目買い・戻り売り」に加え、やや逆張り的なタイミングで仕掛けることでトレンドの”初動”を狙います。

実際には、トレンドの方向性を示す矢印(マーク)と同じ方向の矢印出現でEntryします。利食いタイミングもチャート上にシグナルが表示されます。ルールに従って利食いタイミングを更に伸ばし、トレンドをギリギリまで追随する工夫がなされています。

バンドウォークの”初動”をすばやく察知

感心するのはトレンドの初動にすばやく飛び乗るエントリー精度の高さです。複数時間足のボリバンのバンドウォークを瞬時に察知し、シグナルを表示させているように見えます。バンドウォークは当ブログの特典であるSQIロジックにも取り入れています。

スキル毎に3つモードが選択可能

『プロフェッショナル・トリガーFX』は、各人の投資スキルに応じて3つのモード(インターフェース)が用意されています。

  1. ビギナーモード(初心者向けシグナルのみ)
  2. 追撃ブーストモード(ピラミッディング用シグナルをプラス)
  3. エキスパートモード(上級者向け裁量ロジックをプラス)

各モードに応じて、チャート上に表示させるインジケーターも変わります(MT4テンプレート設定で容易に変更可能)。

トレンドに追随し利益を極限まで拡大する

『プロフェッショナル・トリガーFX』の最大の特徴は、トレンド追随にあります。ビッグトレンドの初動に乗り、トレンドが継続する限りギリギリまで利益を伸ばしていく工夫が随所に組み込まれています。

その一つが2番めのモードでもある「追撃ブースト機能」です。最初の仕掛け(Entry)後に、適切なタイミング(押し目・戻り)で新たなポジションを建てていきます。

プロフェッショナル・トリガーFX(追撃ブースト機能)

プロフェッショナル・トリガーFX(追撃ブースト機能)

いわゆるピラミッディングですね。その後、決済シグナルが表示され2つのポジションを手仕舞いします。Exitタイミングはボリバンの上抜けです。

プロフェッショナル・トリガーFX(追撃ブースト機能)

プロフェッショナル・トリガーFX(追撃ブースト機能)

今回のトレードは理想的な形で終了しましたが、裁量を加えるエキスパートモードでは、ここで決済しないケースもあります。サブウィンドウに表示されたカスタムRCIを目視で判断してポジションを持ち続け、さらに大きな利益を狙います(=エキスパートモード)。

プロフェッショナル・トリガーFX
プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)
販売元:グローバル・ロイズ株式会社
発売日:2018/06/14
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://protri-fx.com/

『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』の欠点

まず『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

商材の欠点

ロジックは非公開であるためロジックの本質は学べない

『プロトリFX』はロジック非公開型のツールです。ロジックの背景は理解できても、本質は学ぶことができません。ツールを使いながらストラテジーの得意な相場と不得手な相場を見極めて行く必要があります。ロジックを一から学びたい人には不満の残る商材です。

商材の欠点

ツールを盲信できなければ継続使用は難しい

ロジック非公開のツールであるため、継続使用するためにはツールのシグナルを信じる(盲信する)しかありません。ツールのシグナルに従って勝てているときは問題ありませんが、負けが続いたときにツールを信じて使い続けられるかどうか?あなた自身が試されることになります。

商材の欠点

レンジ相場での負けパターンは未公開

トレンドフォローロジックですので、トレンド発生では容易に利益を増やすことが可能です。課題はやはりレンジ相場での損切りでしょう。相場の8割はレンジ相場です。この8割の時間帯でいかに損失を小さくしておくか、トレンドフォローロジックの最大の課題といえます。残念ながら『プロトリFX』の販売ページではレンジ相場での負けパターンは紹介されていませんが、ストップはかなり深めなので損切りに合うとそれなりに利益を削り取られます。

  1. ロジックは非公開であるためロジックの本質は学べない
  2. ツールを盲信できなければ継続使用は難しい
  3. レンジ相場での負けパターンは未公開

『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』の評価点

次に『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』の評価できるポイントを解説します。

商材の良点

ロイズ社ならではの”完成度の高さ”を感じさせる

グローバルロイズ社の商材はどれもツールとしての完成度が高いといえます。初心者向けのツールが多いのですが、痒いところに手が届くような機能が満載でです。順張りツールとしての使い勝手が非常に良く考えられています。損切り幅や最適なロット数などもチャート上に表示する機能があり、常に相場に合わせたトレードが可能です。

商材の良点

スキルに応じた3つの”モード切り替え”が可能

『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』には、各人の投資スキルに応じて3つのモード(インターフェース)が用意されています。

  1. ビギナーモード(初心者向けシグナルのみ)
  2. 追撃ブーストモード(ピラミッディング用シグナルをプラス)
  3. エキスパートモード(上級者向け裁量ロジックをプラス)

自分の投資スキルにマッチしたモードを選択し、その後は段階的にモードを切り替えていくことが可能です。

商材の良点

ビッグトレンドを”しゃぶり尽くす”ための機能が充実

『プロトリFX』は、ビッグトレンドの頭から尻尾までを徹底的に刈り取るための機能が満載です。トレンドの初動を逆張り的に仕掛け、その後はピラミッディングで押し目・戻りでポジションを追加していく(追撃ブーストモード)。最後は裁量を加え(エキスパートモード)、トレンドの終焉まで追いかける。なかなかのハイエナぶりですね。

商材の良点
  1. ロイズ社ならではの”完成度の高さ”を感じさせる
  2. スキルに応じた3つの”モード切り替え”が可能
  3. ビッグトレンドを”しゃぶり尽くす”ための機能が充実
プロフェッショナル・トリガーFX
プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)
販売元:グローバル・ロイズ株式会社
発売日:2018/06/14
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://protri-fx.com/

『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』総合評価

A評価商材

【結論】ビッグトレンドに追随し利益を極限まで刈り取る順張りツールとしての完成度は高い
バンドウォークの初動をすばやく察知しいち早くトレンドに乗るEntryタイミングの精度の高さに感心する
ストップ(損切り)幅は深いため一度損切りにあうとダメージは大きいがビッグトレンドをきれいに刈り取ることが可能なので結果的には”損小利大”が実現できる

グローバルロイズ社ならではのスキのない順張りツールという印象です。トレンド初動を捉えトレンド終焉まで追随して利益を最大化するストラテジーは、初心者から中級者まで満足できるはず。

特にトレンド初動を捉える精度の高さは、感心するほどです。もちろん「損切り」もあります。損切り幅は深いため、一度の損切りでのダメージは小さくありません。とはいえ、トレンドを頭から尻尾までしゃぶり尽くすストラテジーによって、勝率は低くとも損小利大を可能にしています。

この手の商材(ツール)は食わず嫌いで避ける人も少なくありませんが、あなたが順張りトレーダーならばツールから様々な発想・ヒントを得られるはず。

商材の良点
  1. ロイズ社ならではの”完成度の高さ”を感じさせる
  2. スキルに応じた3つの”モード切り替え”が可能
  3. ビッグトレンドを”しゃぶり尽くす”ための機能が充実
商材の欠点
  1. ロジックは非公開であるためロジックの本質は学べない
  2. ツールを盲信できなければ継続使用は難しい
  3. レンジ相場での負けパターンは未公開

『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』を購入するべき人

  • 派手なチャートが好きな人
  • 順張りトレーダーの人
  • 高い勝率を求めていない人

『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』を購入してはいけない人

  • シンプルなチャート画面で取引したい人
  • ロジックを100%理解したい人
  • 高い勝率を求めている人
プロフェッショナル・トリガーFX
プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)
販売元:グローバル・ロイズ株式会社
発売日:2018/06/14
メディア:インジケーター・動画・PDF
公式サイト:http://protri-fx.com/

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

【全世界で第1位】ストラテジーの最高峰「MultiAgent」のシグナル配信がスタート
【全世界で第1位】ストラテジーの最高峰「MultiAgent」のシグナル配信がスタート

年間収益率439.96%と驚異的な成績を誇る「MultiAgent」 昨年(2016年)、世界でもっともストラテジー数を揃えたとされるインヴァスト証券の「シストレ24」にて、年間ア…

FXスキャル・タートルEA・アカデミア
FXスキャル・タートルEA・アカデミア【検証とレビュー】

関連:One Tap Trade FX【検証とレビュー】 「FXスキャル・タートルEA・アカデミア」検証とレビュー 遅まきながら、クロスリテイリング社による大型FX商材をレビューし…

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝
ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝 【検証とレビュー】

ぷーさん式トレンドフォロー手法マニュアル輝を買う前に読んでほしい ぷーさん式トレンドフォロー手法マニュアル輝を見終わった 優位性を目でハッキリと見えるようになるためのトレード講座 …

FXplus3 Pistachio(ピスタチオ) 【検証とレビュー】

前作のFXplus2 Essentialについて FXplus3 Pistachio(ピスタチオ)が気になる方が多いみたいです。この販売者は、以前、FXplus2 Essentia…

The Secret FX
The Secret FX(ザ・シークレットFX)に代表されるプライスアクショントレードは海外ではどのように認識されているか?

The Secret FX(ザ・シークレットFX)と海外FXフォーラム The Secret FX(ザ・シークレットFX)はプライスアクショントレードです。遅効性のあるテクニカル指…

新時代のFX手法「C理論」【検証とレビュー】
新時代のFX手法「C理論」【検証とレビュー】

「新時代のFX手法 C理論」は単なるコピートレードだ ”カルロス上杉”改め、”CARLOS”… CARLOS(カルロス)なる謎の人物によるFX商材のオファーが届きました。「新時代の…

みんなでFX -Rising Sun-
「みんなでFX -Rising Sun-」のチャートを無料インジケーターで再現してみたところ…完全一致だった件

「みんなでFX -Rising Sun-」が無料配布インジケーターと酷似していることについて 先日みんなでFXのレビュー記事をアップしましたが、そのなかで「2010年に無料配布され…

Victory FX 【検証とレビュー】

ナンピン・マーチンゲール系のEA Victory FXですが、販売開始が2010年5月ですから、これも長期にわたって販売されています。販売スタートしてから数ヶ月で消えていくEAが多…

あゆみ式 A Teachert FX Academyを購入した【検証とレビュー】その1

東京理科大(理工学部)卒のエリート女史がFXで5000万円 販売と同時に一気に上位にランクインした「あゆみ式 A Teachert FX Academy」を購入しました。購入すると…

勝ち組FX道場の必勝テキスト 【検証とレビュー】

「勝ち組FX道場」はFXの基礎学習マニュアル(PDF+動画)だ 勝ち組FX道場は、オーソドックスな裁量手法をDVD(動画)とテキストにまとめたFX商材です。 タイトル:テキスト全セ…

BlackAIStrategyFX
Black AIストラテジー FX(ブラストFX)【検証とレビュー】

関連:モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )【検証とレビュー】 「Black AIストラテジーFX」とはどんなFX商材か? 「未来の相場を自動学習」させ「的確に読み解く」…

TAMURA式1分足トレード法と乖離トレード

ジーニアス・ブレインFX【検証とレビュー】 TAMURA式1分足トレード法と乖離トレード 先日、TAMURA式1分足トレード法のレビュー記事をアップしました。 One Minute…