モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )【検証とレビュー】

モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )【検証とレビュー】

モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )【検証とレビュー】

C評価商材

『モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )』検証とレビュー

『ドラゴンストラテジーFX』(ドラストFX)、『Black AIストラテジー FX』(ブラストFX)に続く、第三弾のFX商材がリリースされました。

『モンスター・トレンドゾーンFX』(モントレFX)です。

過去商材のレビュー記事はこちら

販売会社はグローバルロイズ社。FXツールの開発に定評のある会社です。

モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )
モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )
販売元:グローバル・ロイズ株式会社
発売日:2017/12/13
メディア:オリジナルインジケーター
公式サイト:http://mtzone-fx.com

”幼稚化”が加速するFXツール

FXツールの幼稚化が進行しています。

ひと目で相場の局面を判断できるように色分けしたり、丁寧に矢印マークを点灯させたり、ENTRYリスクの強弱を三段階で表示したり…トレーダーの手間を省かせる(考えなくて良いための)工夫がこれでもかというくらいに盛り込まれたFXツールが、増えつつあるように感じます。もはや小学生でもチャートのシグナルを見るだけでトレードできます。

こうしたツールを完全に否定するつもりはありません。しかし、この手のツールはトレーダーから「考えること」を奪っているという事実に気付いてほしいと思います。

お手軽ツールがあなたから「考えること」を奪っていく

相場と真摯に向き合うという行為は、面倒だし、とても苦しく辛い作業です。相場と向き合うという作業を厭わなかった人だけが、投資で成功をおさめているという事実を知っておくべきです。FXだけでなく株式など全ての投資において同じことが言えます。

楽をしようとすれば、手痛いしっぺ返しを喰らう、それが相場の現実です。残念なことに、楽をして投資で大金を手に入れたいと考える人は少なくありません。結果的に、面倒さや苦しさ・辛さを排除するための「お手軽ツール」が人気を博してしまうわけです。

あなたの使う「お手軽ツール」が、あなたから「考えること」を奪っていくのです。

このことは、日本人の投資リテラシーの未熟さと無関係ではないでしょう。もっと言えば、まさに日本人という国民性の「幼稚性」や「未熟さ」と大きく関係しているようにも感じます。

大衆から幼稚化ツールが求められ、それが売れるというFX業界に違和感を感じませんか?

人を盲目にさせるインジケーターの”落とし穴”とは?

ツールの最大の役割は、トレードのサポートです。売買判断を下す際の補助ツールにすぎません。ツールは、自分の投資ストラテジーを補完するためにこそ使うべきです。ツールに何から何まで頼ってしまい、考えることを放棄することは、極めて愚かな行為です。

考えてみればわかることですが、MetaTrader4で稼働するあらゆるツールのベースは、100%ローソク足です。

どんな優れたツールでも、見た目が美しく視覚的に分かりやすいツールでも、ベースはローソク足にすぎないのです。なぜなら、MT4で拾えるデータは、4本値だけだからです。MT4上で稼働するあらゆるツール(EA・インジケーター)は、4本値を複雑に計算したものに過ぎないのです。

FXの世界に飛び込んだユーザーにとって、初めて見るインジケーターは、それこそ聖杯のように見えるかもしれません。投資ゲームを攻略するためのマル秘アイテム(ツール)のように目に映ることでしょう。これこそが、インジケーターの落とし穴です。

インジケーターを知ると、インジケーターの虜(とりこ)になってしまうのです。次から次へと様々なインジケーターを試したくなります。昨今のカスタムインジケーターは、見た目にこだわり派手になってきています。見るからに勝てそうな聖杯に見えてしまうのです(そう見えるように売っている)。

しかし…どんなに勝てそうなインジケーターでも、ローソク足(4本値)をいじくり回して作り出しているに過ぎないのです。これが、唯一絶対の真実です。

このことに気付けば、あなたも、インジケーターの”落とし穴”から抜け出せます。

モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )
モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )
販売元:グローバル・ロイズ株式会社
発売日:2017/12/13
メディア:オリジナルインジケーター
公式サイト:http://mtzone-fx.com

『モンスター・トレンドゾーンFX』で何ができる?

レンジブレイクでトレンドを追撃する”順張りストラテジー”

ツールを全否定しているわけではなく、使い方次第だということをお伝えしたいのです。今回レビューする『モンスター・トレンドゾーンFX』も、使い方次第では有効なツールに成り得るということです。本ツールも、視覚的にトレードをサポートする機能が満載です。

下のチャートをご覧ください。

モンスター・トレンドゾーンFX チャート1

モンスター・トレンドゾーンFX チャート1

上昇トレンド時はチャート背景が「緑色」に、そして下降トレンド時は「赤色」に色分けされます。

モンスター・トレンドゾーンFX チャート2

モンスター・トレンドゾーンFX チャート2

モンスター・トレンドゾーンFX チャート3

モンスター・トレンドゾーンFX チャート3

トレンド発生とその方向性を、視覚的にわかりやすく表示しているチャートが特徴的です。

さらに、チャートの左側には、トレードをサポートするための様々なデータを表示させる「ゾーンメーター」が装備されています。

モンスター・トレンドゾーンFX ゾーンメーター

モンスター・トレンドゾーンFX ゾーンメーター

トレンド発生後の「押し目」「戻り」をピンポイントで狙い撃ち

チャートからもわかる通り、『モンスター・トレンドゾーンFX』はレンジブレイクでトレンドを追撃する順張りストラテジーです。

基本はレンジブレイクですが、抜けてすぐに仕掛けるわけではありません。レンジ状態を抜け確実にトレンドが発生したことを確認してから、その後の「押し目・戻り」をピンポイントで狙い撃ちして仕掛けるという堅実な手法です。

ゾーンを表示させることのメリット

『モンスター・トレンドゾーンFX』の販売ページにはゾーンという言葉が沢山出現します。ゾーンとは何でしょうか?本ツールでは「トレンドが発生〜トレンド終息」を一つのゾーンと表示しています。

モンスター・トレンドゾーンFX ゾーンとは?

モンスター・トレンドゾーンFX ゾーンとは?

『モンスター・トレンドゾーンFX』の仕掛けのルールは、次の3つ。

  • ゾーンが示す方向へのみ仕掛ける(緑ゾーン…買い、赤ゾーン…売り)
  • ゾーン突入後、最初の3つ目までの矢印シグナルで仕掛ける(4つ目以降はスルー)
  • ゾーン終了と同時に手仕舞い

ゾーンを表示させることで、仕掛けの方向性(売りか買いか)、そしてタイミング(ENTRY・EXIT)が明確になるというメリットがあります。

『モンスター・トレンドゾーンFX』の概要

5分足のトレンドフォローなのでチャート張り付きは必須

『モンスター・トレンドゾーンFX』の概要をおさらいしておきます。

  • 執行時間足:5分足専用
  • トレードチャンス:1通貨ペアで3〜4回(1日)
  • 推奨通貨ペア:USDJPY GBPUSD GBPJPY EURUSD EURJPY
  • ストップ:直近高値・安値±3pips
  • 仕掛け:レンジブレイクアウト(押し目・戻りで仕掛け)
  • 手仕舞い:ゾーン終了でEXIT

5分足でのトレンドフォロー手法なので、ある程度のチャート張り付きは求められます。トレンドがいつ発生するのかを予測することは困難です。トレンド発生後の押し目・戻りでENTRYするため、チャートの前で待機する必要がある手法と言えます。

モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )
モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )
販売元:グローバル・ロイズ株式会社
発売日:2017/12/13
メディア:オリジナルインジケーター
公式サイト:http://mtzone-fx.com

『モンスター・トレンドゾーンFX』(モントレFX )の欠点

まず『モンスター・トレンドゾーンFX』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

1.安心してトレードできるのは「ビッグトレンド」時のみ

トレンド発生を確認してから仕掛けるストラテジーであるため、それなりの利益は、ビッグトレンドでしか出せません。「頭としっぽはくれてやる」スタイルの手法であることを知っておく必要があります。中規模のトレンドでは、「頭としっぽ」を「くれてやる」と、ほとんど「身」が残らない…ということになりかねません。ましてや小規模トレンドでは、マイナスになるケースもあるでしょう。

2.トレンドの初速は捉えられない

レンジブレイクですぐに仕掛けるのではなく、トレンド発生をしっかりと確認した後に、押し目や戻りのタイミングで仕掛けていきます。トレンドの初速は見送ることになります。ビッグトレンドのケースでは問題ありませんが、小さなトレンドで終わってしまった場合、収支がトントンもしくはマイナスになってしまうケースが多発するでしょう。

3.レンジには弱い

順張りのトレンドフォローですので、レンジ相場のようなグダグダが続くと、損切りを連発することになります。これは仕方のないことです。損切りラインが直近高値・安値±3pipsと小さいため、損失も大きくはありませんが、ダマシが続けば損失は膨らみます。

4.別売りツールが必要(利益ライン自動生成ツール)

『モンスター・トレンドゾーンFX』には別売りで補助ツールが用意されています。本ツール購入時に、「こちらもどうですか?」とバックエンド商品として売り込まれます。それが「利益ライン自動生成ツール」。

「利益ライン自動生成ツール」を併用することで、含み益を減らしにくくなるというメリットが生まれます。

実は、販売ページに掲載されているトレード動画や画像には、この「利益ライン自動生成ツール」が表示されています。しかし、購入したツールには、「利益ライン自動生成ツール」が含まれていない…。うーん、ちょっと残念な販売手法ですね。

なぜ、別売りなのか?どうしてパッケージに最初から含めないのか?理解に苦しみます。「利益ライン自動生成ツール」といっても、単なるサポレジ表示インジケーターですので、無料のインジケーターを流用は可能です。

商材の欠点
  1. 安心してトレードできるのは「ビッグトレンド」時のみ
  2. トレンドの初速は捉えられない
  3. レンジには弱い
  4. 別売りツールが必要(利益ライン自動生成ツール)

『モンスター・トレンドゾーンFX』(モントレFX )の評価点

次に『モンスター・トレンドゾーンFX』の評価できるポイントを解説します。

1.トレンド中の押し目・戻りを狙う堅実なロジック

トレンド初速を狙うのではなく、発生後の押し目・戻しを狙うという点においては、堅実性を感じさせるストラテジーです。

2.初心者でも仕掛けの方向性やタイミングを捉えやすい

トレンドをゾーンとして表示させることで、仕掛けの方向性や、押し目戻りのタイミングを視覚的に捉えやすくなるというメリットがあり、初心者にとっては助かります。

商材の良点
  1. トレンド中の押し目・戻りを狙う堅実なロジック
  2. 初心者でも仕掛けの方向性やタイミングを捉えやすい

『モンスター・トレンドゾーンFX』(モントレFX )総合評価

C評価商材

【結論】初心者向け簡易ツールとしての完成度は決して悪くはないがいずれ飽きが来るのは”必至”
順張りトレードを補完するツールとしては拡張性のある『1秒スキャルFX』に軍配があがる

初心者向けのトレードサポートツールとしては、いたれりつくせりの機能が備わっていて、さすがグローバルロイズ社という感じがします。

初心者であれば、『モンスター・トレンドゾーンFX』に満足をするかもしれませんが、中級者以上になると物足りなさを感じざるを得ません。モントレFXのロジックは、完全公開されているわけではありませんので、ツールのアレンジも手法の応用も困難となります。

残念ながら、順張りトレードを補完するツールとしては『1秒スキャルFX』に軍配が上がります。

『1秒スキャルFX』は、通貨間の強弱を参考にしてトレードするべき通貨ペアを選択し、3つの基本インジケーターを組み合わせてトレンドを捉えます。各々のインジケーターが、互いに補完しあいストラテジーの精度を高める工夫がなされています。

一貫性がありロジックに破綻がありませんので、中級者以上ならば間違いなく『1秒スキャルFX』の方が満足度が高いでしょう。ロジックの拡張性という点においても、『1秒スキャルFX』が大きくリードしています。

『モンスター・トレンドゾーンFX』は、あくまでも初心者向けの補助ツールと考えるべきです。本格的にトレードに取り組めば、いずれこの手の簡易ツールを卒業したくなるでしょう。

商材の良点
  1. トレンド中の押し目・戻りを狙う堅実なロジック
  2. 初心者でも仕掛けの方向性やタイミングを捉えやすい
商材の欠点
  1. 安心してトレードできるのは「ビッグトレンド」時のみ
  2. トレンドの初速は捉えられない
  3. レンジには弱い
  4. 別売りツールが必要(利益ライン自動生成ツール)

『モンスター・トレンドゾーンFX』(モントレFX )を購入するべき人

  • 初心者で分かりやすいインジケーターを探している人
  • 順張りトレードに興味のある初心者
  • チャートにある程度貼り付ける初心者

『モンスター・トレンドゾーンFX』(モントレFX )を購入してはいけない人

  • 中級者以上のトレーダー
  • ロジックを学び、理解したい人
モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )
『モンスター・トレンドゾーンFX』(モントレFX )
販売元:グローバル・ロイズ株式会社
発売日:2017/12/13
メディア:オリジナルインジケーター
公式サイト:http://mtzone-fx.com

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FXハイブリッドが販売停止予定(12月15日)

12月15日(土)で販売停止 評価の高かったFXハイブリッドが、12月15日(土)で一旦販売停止になるそうです。 FXハイブリッド 【検証とレビュー】 爆発的な利益は見込めませんが…

全コピFXで強制ロスカットが続発・・・

全コピFXで強制ロスカットが続発 2012年8月鳴り物入りで登場した全コピFXですが、2013年1月現在破綻の危機に瀕しているようです。 全コピFXが満を持して登場したのは2012…

パトリオット 【検証とレビュー】

パトリオットは、ちょっと特殊なEA 今回ご紹介するパトリオットですが、このEAはちょっと変わっています。一言で言えばセミオーダーEAということになります。 設定項目が多くユーザーが…

PLATINUM TURBO FX 2
PLATINUM TURBO FX 2【検証とレビュー】

『PLATINUM TURBO FX 2』検証とレビュー 『PLATINUM TURBO FX 2』は、その名の通り2015年4月10日に発売されたPLATINUM TURBO F…

TradeMax Zillion 【検証とレビュー】

書籍も出されている柳原卓丸氏のEA TradeMax Zillionは、榊原卓丸氏による自動売買システム(EA)です。榊原卓丸氏といえば、以前に書籍を出版されていましたね。「ほった…

白船誕生FX 【検証とレビュー】

”白船誕生FX” と ”黒船再来FX” 今回は、読者様から提供して頂きました情報をもとに、FX商材を検証していきたいと思います。 その名も「白船誕生FX」です。・・・どこかで聞いた…

保護中: 特典ダウンロードページ

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

ポリバレントFX 【検証とレビュー】

ポリバレントFXはシグナル点灯ツール ポリバレントFXは、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツールですね。 ボリバレントではなく、ポリバレントです。ポリバレント(polyvalent…

SCORPION(スコーピオン) 【検証とレビュー】

EAビジネスについて このEAを販売している会社(トレーディングオフィス社)は、PEGASUS(ペガサス)、HAWK(ホーク)やFALCON(ファルコン)など、過去にもいくつかEA…

buddhatrend A-Spec 【検証とレビュー】

GMMAを使ったツール 検証依頼が急激に増えている商材をご紹介します。「buddhatrend A-Spec」というツールです。GMMAというインディケーターをベースにしている、シ…

パリス昼豚の5万円FX 【検証とレビュー】

FX投資の教科書です おちゃらけの販売ページに騙されてはいけません。非常に芯のある真っ当なFX教材です。商材というよりは「教材」と呼ぶにふさわしいと思います。トレーディング技術を磨…

ORION FX 【検証とレビュー】

ORION FX ひさびさのEAをご紹介します。ORION FXです。この販売業者さんですが、過去にも、オリオン座を構成する星の名にちなんだEAを販売されているようですね。 今回の…