FXスキャル・パーフェクトシグナルが、世界的なドル売り市場でトレンドを捉え”圧勝”

FXスキャル・パーフェクトシグナルが、世界的なドル売り市場でトレンドを捉え”圧勝”

FXスキャル・パーフェクトシグナルが、世界的なドル売り市場でトレンドを捉え”圧勝”

B評価商材

世界的なドル売りでUSDJPYが続落中

先先週後半(8月21日)からドルが続落しています。世界的なドル売り優勢は今週に入っても終わりそうにありません。主な原因は世界同時株安ですね。ニューヨークダウも続落中です。

週よりFXスキャル・パーフェクトシグナルの検証をUSDJPY(ドル円)にておこなっていますが、ドル円はとうとう121円台にまで下落しました。FXスキャル・パーフェクトシグナルでの1時間足チャートを御覧ください。

USDJPY1時間足

非常に強いダウントレンドが形成されているのがわかります。

FXスキャル・パーフェクトシグナルはUSDJPYで”圧勝”

この状況下では、トレンドフォローロジックは最強となります。FXスキャル・パーフェクトシグナルに限らず、あらゆるトレンドフォロー系ツールが圧勝しています。1時間足では売りシグナル(オレンジの下向き矢印)しか表示されていませんので、当然5分足ではすべて「売り」で仕掛けることになります。

それでは8月19日(水)以降のダウントレンドにおける5分足シグナル(USDJPY)をすべて拾ってみましょう。

■1回目のトレード

USDJPY5m01

エントリー後、戻し圧力で損切りとなります。直近高値を切り下げていたため、大きなヤケドにならずに済みました。

■2回めのトレード

USDJPY5m02

エントリー後に、一気にレートが下落しました。その後持ち合いに移行し、直近高値を上回ったところで手仕舞いとなります。※エントリー前の「売り」シグナルは、フィルタリングにより回避されています。

■3回めのトレード

USDJPY5m03

エントリー後にレンジ相場に移行、あえなく手仕舞いとなります。

■4回目のトレード

USDJPY5m04

エントリー後にボリバン3シグマタッチで手仕舞いです。ボリバンタッチを見送ったとしても、その後大きく戻される展開だったため、このタイミングがベストでした。

■5回目のトレード

USDJPY5m05

エントリー後に、小さな戻しを繰り返しながらも続落しました。下値が堅くなったところで直近高値を抜け、手仕舞いです。

■6回目のトレード

USDJPY5m06

エントリー後レートが一気に下落しました。典型的なボリバンのエクスパンションです。その後下値を支えられレンジに移行しました。そのタイミングで直近上値を抜けてEXITしています。

■7回目のトレード

USDJPY5m07

エントリー後に、ゆるやかなエクスパンションを経て、レートが戻されました。

6勝1敗は”当然の結果”

下落トレンドが発生して計7回のトレードチャンスが発生しました。

ご覧のとおり、6勝1負でした。

−4pips
+24pips
+5pips
+9pips
+42pips
+38pips
+20pips
________
+134pips

非常に大きなダウントレンドが発生していたため、順張りロジック系では勝って当然と言えます。本当は、負けトレードを詳しく検証したいのですが、なかなかそのチャンスに恵まれません。このダウントレンドが終息するまでは、様子見ですね。

ゆるやかなブレイクを捉えるツールという印象

前回の記事でも触れましたが、5分足におけるENTRYシグナルのタイミングが絶妙です。シグナル点灯のローソク足が、大きく伸びていないところに注目してほしいです。一般的なブレイクアウトであれば、レートがグンッと伸びたところでシグナルが点灯するケースが多いです。

一方、FXスキャル・パーフェクトシグナルのエントリーシグナルは、ゆるやかなブレイクを捉え点灯させています。突発的なブレイクではなく、静かなブレイクを捉えているため、初心者でも落ち着いてエントリーができるというメリットがあります。

また、このツールの勝ち方を見ると、細かく手仕舞いをしている印象です。やはりスキャルピング的なスタイルですね。今回は、ダウ理論をベースにした直近高値・安値タッチによる手仕舞いが効果的に機能しました。

期待できるが、負けトレードも見てみたい

これまでのところ、FXスキャル・パーフェクトシグナルは、堅調なトレードを実現しています。勝ちトレードにおけるこのツールの特性は見えてきました。

  • ボラティリティブレイクを初期段階で捉える
  • ダウ理論と標準偏差をベースにした手堅い手仕舞い

一方で負けトレードが少ないため(大きな下落トレンド中であるため)、レンジ相場における負けトレード(つまり、ダマシ発生)を検証しきれていません。

負けトレードの検証こそ、重要です。どのような相場でダマシを発生しやすいのか、またダマシによる損失を最小限にとどめるロジックはあるのか?など、負けトレードを詳しく検証することでこのツールの精度を高めることができるようになります。

次回は、レンジ相場における負けトレードを中心に検証していきたいと考えています。

B評価商材

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FX THE-RULE-Pro 【検証とレビュー】

玄人好みの裁量系商材 なかなか玄人好みの商材です。FX THE-RULE-Proは、裁量系のトレーディングマニュアルですね。マニュアルは3部作になっており、全部で115ページありま…

+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】

+15pipsスキャルFXは、シンプルなシグナルツール +15pipsスキャルFXは、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツールです。自動売買(EA)ではなく、チャート上にシグナルが表…

「トレードと凡事のお話」とビクトリーメソッドアドバンス

「トレードと凡事のお話」を読んでいないなんて、もったいない! 本日は「トレードと凡事のお話」をご紹介します。 「トレードと凡事のお話」とは佐野裕氏のメルマガコンテンツとして提供され…

One Tap Trade FX
One Tap Trade FX【検証とレビュー】

『One Tap Trade FX(1タップトレードFX)』検証とレビュー ”1日1回1タップを繰り返すだけで10万円が1億円、2億円、3億円に!”←鵜呑みにしないように… FX情…

池辺雪子の1億円投資家倶楽部【検証とレビュー】

池辺雪子のFX塾の入会費は200万円!? あの池辺雪子さんが高額FXスクールを始めました。「池辺雪子の1億円投資家倶楽部」という名称です。コースは2つ。 通常コース(6ヶ月)288…

ボリンジャーバンドブレイクアウトの優位性と「FXスキャルパーフェクトシグナル」

FXスキャル・パーフェクトシグナルと”ボリバンブレイクアウト” 最近検証しているFXスキャル・パーフェクトシグナルですが、ロジックのベースはボリンジャーバンドブレイクアウトです。ボ…

AmbushFXを購入するべきかどうか?

AmbushFXを購入しても良い人 連日、AmbushFXに対するお問い合わせを頂いております。 AmbushFX 検証とレビュー AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウト…

FX-navi 【検証とレビュー】

FX-naviはトレンドフォロー系裁量ロジック FX-naviの販売ページですが、一般的なことがさらっと書いてあるだけで、具体的な手法についての説明は全くありません。購入検討者はど…

トレンドラインpro 【検証とレビュー】

トレンドラインproはラインを自動描写するインディケータ トレンドラインproという商材をご紹介します。MetaTraderで動作するライン自動描写ツール(インディケータ)です。実…

FX−STS 【検証とレビュー】

FX-STSは月額39,800円のコピートレード FX-STSは、コピートレードです。当たり前ですが、コピートレードもシグナル配信も結果が全てです。 残念ながらFX-STSは、現時…

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝
ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝を買う前に読んでほしい

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝の中身 先日、ざっくりとご紹介した「ぷーさん式トレンドフォロー手法」ですが、今回は商材の中身を具体的にレビューしていきます。 ぷー…

ドラゴンストラテジーFX
ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順

ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる ドラゴン・ストラテジーFXの優位性を高める工夫 ドラゴンストラテジーF…