2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

トワイライトゾーンFXの奥村尚氏が寄稿した『ダイヤモンド・オンライン』の記事がアクセスランキング第2位の快挙!

トワイライトゾーンFXの奥村尚氏『ダイヤモンド・オンライン』へ寄稿

トワイライトゾーンFXの奥村尚氏『ダイヤモンド・オンライン』へ寄稿

トワイライトゾーンFXの奥村尚氏の”出自”の確かさを裏付ける事実を紹介

当サイトで高評価の『マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”』。その開発者である奥村尚(おくむらひさし)氏の出自の確かさについてはマーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”【購入レビュー】でも述べました。

開発者の奥村尚(おくむらひさし)氏の経歴を確認すると、日興証券出身の起業家とありますね。奥村尚(おくむらひさし)氏が代表を務める「トリオアセットマネジメント株式会社」は金融商品取引業者(関東財務局長(金商)第2829号)です。どこかのぽっと出の商材屋とは一線を画します。

奥村尚(おくむらひさし)氏本人の信頼性の高さを裏付ける事実を紹介します。

株式会社ダイヤモンド社が運営する『ダイヤモンド・オンライン(DOL)』にて、奥村尚(おくむらひさし)氏による寄稿文が掲載されています。

全部で4本の寄稿です。内容は株式投資関連のものが中心です。

最新の『定年後の年金生活準備「2000万円不足世帯」は毎月いくら積み立てるべきか』は、昨日(2020年6月24日)のアクセスランキングで第2位

”1億総老後崩壊”の時代〜日本の高齢者の9割が下流化する!

【格差社会】すべての中流家庭が100%『貧困化』するこれだけの理由

85歳から死ぬまでは、日本人のほぼ全員が「生活保護」…という恐ろしい社会が目の前に迫っている

年金は「長生きするリスク」に対してかける保険である|竹中平蔵

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

最初はタイアップ広告かな?と思いましたが、どうもそうではなさそうです。『ダイヤモンド・オンライン』は書籍の宣伝(タイアップ広告)などでよく使われることが多いのですが、奥村尚(おくむらひさし)氏の記事は『ダイヤモンド・オンライン(DOL)』のタイアップ広告の表示形態と異なります。いわゆる寄稿ですね。正式にはDOL特別レポートという形での寄稿です。DOL特別レポートについては以下のように定義されています。

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

識者・専門家による寄稿とありますね。奥村尚(おくむらひさし)氏を投資分野の専門家として認めた上での記事掲載ということでしょう。記事の内容についての判断は、読んだ人におまかせします。

ちなみに『ダイヤモンド・オンライン』タイアップ広告記事とは以下のようなものです。

対談形式やインタビュー形式で構成された記事が多く、文中・文末で広告リンクを掲載するフォーマットが多いですね。

開発者の専門性の高さとFX商材の信頼度が正比例するとは限らないが…

ただ、開発者の専門性の高さとFX商材の信頼度が正比例するとは限りません。

とはいえ、少なくとも開発者である奥村尚(おくむらひさし)氏の信頼性の高さはそれなりに担保されていますので、他のFX商材と違って安心感はありますよね。

マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”
マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”
商品名:マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”
販売元:トリオアセットマネジメント株式会社
開発者:奥村尚(おくむらひさし)
発売日:2020/5/22
https://okumura-fx.com/公式サイト
S評価

極めて”斬新かつ独創的なロジック”をベースにした驚くべきインジケーター
ノイズの”異常値”を瞬時に刈り取ることに特化し、それをわずか2本のラインに落とし込む開発者のセンスに感服する
シンプル&明快な”ちょい勝ちお手軽ツール”という印象だ
ダマシは避けられないため勝率は60〜70%程度だが、ストップは浅いので負けてもダメージは少ない
シンプルツールは汎用性が高く、アレンジ次第ではもっと利幅を伸ばせる可能性を秘めている

見た目からは想像できないが、中身(ロジック)は非常に斬新で論理的なツールだ。

複雑で高度なロジックを、たった2本の線(赤色と青色の並行線)で表現するところに開発者:奥村尚(おくむらひさし)氏のセンスを感じさせるFX商材。

相場のノイズにおける異常値(上昇圧や下落圧)を瞬時に察知して、サクッと刈り取ることを目的としたロジック。空き時間にさっとチャート画面を開いて、ブレイクしたらすぐにENTRY。サクッと勝ち逃げできるようなお手軽ツール…という印象だ。チャート画面は究極的にシンプル、ルールも明快で取引に迷うことはない。

順張りブレイクアウト手法だが、大きな利幅を狙うためのロジックではない。あくまでもサクッと小さな利幅を抜き取るためのツール。ダマシを100%避けることは不可能なので勝率は60%、よくて70%程度だろう。ダマシは必要経費と考える心の余裕は必要。

シンプルであるがゆえツールの汎用性はかなり高い。本ツールのみでも優位性の高いトレードは可能だが、トワイライトゾーンインジケーターを環境認識ツールの一つとして使うのもアリ。チャートに常時表示させておきたいツールだ。

BO(バイナリーオプション)に威力を発揮する

相場ノイズの”異常値”を瞬時に刈り取ることを目的としたツールであるため、BO(バイナリーオプション)にも十分に使ええる。BOユーザーにも超絶オススメできるFX商材だ。

買って損はない。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら