FX Realize【検証とレビュー】

FX Realize【検証とレビュー】

FX Realize【検証とレビュー】

S評価

『FX Realize』検証とレビュー

本日は、BELLSTONE株式会社が販売するFX情報商材『FX Realize』を検証レビューします。

FX Realize
FX Realize
販売元:BELLSTONE株式会社
開発者:石塚勝博
発売日:2018/10/15
公式サイト:http://rlz.bellstone.co.jp/t/

『FX Realize』は、シグナルツール開発を得意とする「石塚勝博」氏の最新FX商材です。石塚勝博氏がこれまでに開発・リリースしてきた商材は次の通り。

MT4専用の順張りシグナルツールを正常進化させてきました。Platinum Kubera FXから2年、あらたな進化版である『FX Realize』がリリースされたわけです。

『FX Realize』はどのようなFX商材か?

MetaTrader4専用のサイン点灯型ツール

『FX Realize』はMetaTrader4専用のサイン点灯型ツールです。

まずは、MetaTrader4に組み込んだチャート画面をご覧ください(チャート図は視認性を高くするためボリバン・移動平均線・ジグザグを非表示にしています)。

FX Realizeチャートその1

FX Realizeチャートその1

FX Realizeチャートその2

FX Realizeチャートその2

FX Realizeチャートその3

FX Realizeチャートその3

チャートを一覧しただけでは、、トレンド形成時の”押し目や戻り”のタイミング(矢印点灯)で仕掛ける順張りロジックのように見えますが、実はもっと繊細です。

押し目・戻りの「反発の深さ」に合わせ反転する期待値の高いポイントを見極め、3段階で分割ENTRYするという極めて高度なストラテジー

一般的な”押し目・戻し”狙いの手法では、確定足をまってから(トレンド方向への明確な反転を確認してから)ENTRYする手法が一般的ですね。

一方、『FX Realize』では、より早くENTRYシグナルを出します。トレンド方向への反転・確定足を待たずに、期待値が高いと判断したポイントで段階的に仕掛けていくという高度な技を使います。

例えば「買いENTRY」であれば…

FX Realizeの分割ENTRY

FX Realizeの分割ENTRY

ご覧の通り3つのポイントで「買いENTRY」をおこなっていることがわかります。

ただし、それぞれのENTRYは”番号順”に点灯するわけではありません。各ENTRYシグナルは「戻りの深さ+条件」の違いに応じて、個別に点灯します。

  • 買いENTRY①…浅い戻しで点灯
  • 買いENTRY②…中程度の戻しで点灯
  • 買いENTRY③…深い戻しで点灯

押しや戻しの深さによっては①しか点灯しないケースもあるし、②と③のみ点灯、という場合もあります。

上のチャート図では、最初の戻しで「買いENTRY②」を点灯させていますね。その後、さらに深く戻されたところで「買いENTRY③」が点灯。その後、レートがトレンド方向に進み、少し戻したところで「買いENTRY①」が点灯しています。

当然、ポジションも3分割し、「3分の1」ずつをそれぞれのENTRYで建てることになります。

「売り」ENTRYも見てみましょう。

FX Realizeの分割ENTRYその2

FX Realizeの分割ENTRYその2

最初に点灯したのは「売りENTRY②」です。次により大きな戻しで「売りENTRY③」が点灯。そして浅めの戻しで「売りENTRY①」が点灯しています。

その後、大きくダウントレンドが発生し、全てのENTRYで利益を確保できていることがわかります。

『FX Realize』の凄さは、押し目・戻りの「反発の深さ」に合わせ反転する期待値の高いポイントを見極め、3段階で分割ENTRYするという極めて高度なストラテジーにあります。

段階的に「分割ENTRY」することで、より深いポイントから仕掛けることができ、トレンドが発生した際に大きな利益を狙える利点があります。

TP(利益確定)はボリンジャーバンドへのタッチ

『FX Realize』のTP(利益確定ポイント)は、ボリバン±2σ(シグマ)へのタッチが基本です。グンッとレートが伸びた際に、ボリバン±2σ(シグマ)へレートがタッチしたタイミングで手仕舞いをします。

その後、トレンドが継続中で押し目や戻しを形成すれば、再びシグナルを点灯させます。

SL(損切り)もボリバンが基準

SL(ストップロス)もボリンジャーバンドをベースにシグナルを発動します。こちらは±3σ(シグマ)タッチです。

浅めの「ENTRY①」から、SLの位置は遠いように感じますが、仮にトレンドが終焉するケースではボリバンも収束するため、SLポイントも近づき、結果的に浅めの損切りとなります。

一方、深めの「ENTRY③」からSLの位置はもともと近いため、万が一レートが反発しなくても、浅めの損切りとなり、リスクは限定されます。

FX RealizeのTPとSL

FX RealizeのTPとSL

非常に良く考えられたストラテジーであり、その複雑ななストラテジーを「シンプルなサインツール」に落とし込むことに100%成功しています。

気持ちいいくらいに「押し目」「戻し」を捉えて利益にしてくれる

実際のトレード画像(USD/JPY 1時間足)をご覧ください。まずは上昇トレンドでの「押し目買い」です。ほんとうに、気持ちの良いくらいにしっかりと「押し目」を形成したポイントで仕掛け(ENTRY)がおこなわれていることがわかるはず。EXITも、確実にプラスになったところで堅実に利確しています。

FX Realizeのトレード画像その1

FX Realizeのトレード画像その1

FX Realizeのトレード画像その2

FX Realizeのトレード画像その2

3回連続して利益確定後、4回目は損切りとなりました。とはいえ、見ての通り損切りの幅は浅いことがわかりますね。

FX Realizeのトレード画像その3

FX Realizeのトレード画像その3

上のチャート図はEUR/JPY1時間足です。2回めと4回目の「戻し」では、段階的ENTRYシグナル「売りENTRY①」と「売りENTRY②」が発動ているのがわかります(もう少し「戻し」が深ければ、「売りENTRY③」が発動するはずです)。ご覧の通り、全てのENTRYにて利益が出ています。

非常に精度の高いシグナルであることが理解できるはず。

『FX Realize』の詳細ロジックは会員サイト内で「完全公開」されている!

シグナルツールでは、ロジックは非公開であることが一般的です。シグナルの点灯タイミングなどは、意図的に隠されているわけです(=ブラックボックス状態)。

ところが『FX Realize』は違います。すべてのロジックを包み隠さず会員サイト内で解説しています。3つのENTRYシグナルが、どのタイミングで、どんな理由で点灯するのか?全て詳しく記載があります。

各インジケーターのパラメーター設定についても、どうしてこの数値なのか、変更するとシグナルがどのように変わるのか、など事細かに説明されているのです。

つまり、解説マニュアルを読むだけで、『FX Realize』のシグナルツールがなくても同様の手法を100%再現することができるということを意味します。

『FX Realize』が単なるサインツールとは一線を画す点はここにあります。ロジックが100%公開されているため、中・上級者であれば、『FX Realize』のストラテジーをベースにして様々なアレンジや応用が可能になります。「無裁量で稼ぎながら学ぶ」に嘘はありません。

仮想通貨FX(BTC/USD、BTC/JPY)にも対応した万能シグナルツール

推奨通貨ペア(FX)は、USD/JPY、GBP/JPY、GBP/USD、EUR/JPY、EUR/USDの5つ。さらに仮想通貨FXにも対応しており、BTC/USD、BTC/JPYでのトレードが可能です。推奨時間は、5分足、15分足、1時間足の3つ。

FX Realize
FX Realize
販売元:BELLSTONE株式会社
開発者:石塚勝博
発売日:2018/10/15
公式サイト:http://rlz.bellstone.co.jp/t/

『FX Realize』の欠点

まず『FX Realize』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

FX商材の欠点(デメリット)

デメリットを探すのが難しい…が、あえて挙げれば「連敗」もあるという点

正直言って『FX Realize』のデメリットを探すことは難しいです。シグナル精度の高さ、再現性、マニュアルの充実度、どれを取ってもFX商材として高い完成度を誇ります。

あらを探すとすれば、順張りロジックであるため無裁量でトレードする場合方向性の定まらない相場では「連敗」をすることくらいでしょうか。

とはいえ、そのあたりの対策も抜かりがなく、裁量手法を加えることで『FX Realize』が苦手とする相場を避け、優位性の発揮できるシグナルのみを抽出する方法がマニュアル内で詳しく解説されています。

ここが残念…
  1. 方向性の定まらない相場では「連敗」もある

『FX Realize』の評価点

次に『FX Realize』の評価できるポイントを解説します。

FX商材の良点(メリット)

「稼ぎながら学ぶ」に嘘はない…トレードロジックは会員サイト内で完全(100%)公開

『FX Realize』のトレードロジックは、会員専用サイトにて完全公開されています。非常に詳しく解説されているので、FXを始めたばかりの人でもシグナルの根拠を理解することができます。会員専用サイトではロジック解説にかなりの紙面を割いていて、そのボリュームは他の裁量トレードマニュアルと遜色ありません。

『FX Realize』は単なるサインツールではなく、優位性の高いロジックを論理的に学び習得することをコンセプトに掲げた骨太の”FX教材”という面が強い商材です。

石塚勝博氏が掲げる「稼ぎながら学ぶ」コンセプトに嘘はありません。

FX商材の良点(メリット)

石塚勝博氏の頭脳(ストラテジー)の正常進化版を享受できる

+15pipsスキャルFX からスタートし、TURBO FX 、そしてPLATINUM TURBO FX、さらにはPLATINUM TURBO FX 2Platinum Kubera FXへと進化してきた石塚勝博氏のストラテジーですが、遂に『FX Realize』としていよいよ完成形に近づいた感があります。まさに職人です。色々なロジックに手を出しては矢継ぎ早に商材をリリースする某会社の方向性とは大きく異なります。

FX商材の良点(メリット)

”検証用EA”も無料でパッケージするという太っ腹

『FX Realize』には以下のツールが最初からパッケージされています。

  • MetaTrader4専用オリジナルサインツール
  • EA(自動売買ツール、バックテスト用ツール)
  • 特典インジケーターその1(マルチタイムフレーム一目均衡表)
  • 特典インジケーターその1(PIVOTポイント)

驚くべきは、サインツールを自動売買化したEAが同包されている点です。EAを使って自動売買をしても良いし、EAでバックテストをおこなってシグナル精度を検証することも可能なのです。「サインツールならばEA化すれば?」という意地悪なユーザーにぐうの音も言わせません。

FX商材の良点(メリット)

仮想通貨FXにも対応したサインツール

『FX Realize』は以下の2つの仮想通貨FXにも対応したサインツールです。

  1. BTC/USD
  2. BTC/JPY

成長を続ける仮想通貨FXに取り組みたい人にも嬉しい機能ですね。

ここがオススメ!
  1. 「稼ぎながら学ぶ」に嘘はない…トレードロジックは会員サイト内で完全(100%)公開
  2. 石塚勝博氏の頭脳(ストラテジー)の正常進化版を享受できる
  3. ”検証用EA”も無料でパッケージするという太っ腹
  4. 仮想通貨FXにも対応したサインツール

『FX Realize』総合評価

S評価

【結論】トレンド方向への反転・確定足を待たずに押し目・戻りの”反発の深さ”に合わせ3段階で「分割ENTRY」し確実な利確を狙う”技ありシグナルツール”
期待値の高いポイントを捉えるシグナル精度は極めて高くトレンド時は面白いように勝てる
方向性のない相場は苦手だが、裁量を加えることで”ダマシ回避”もある程度可能だ
ブレることなく正常進化を続けるストラテジーやロジックを包み隠さず公開する心意気さらにはEAを無料で提供するという揺るぎない自信…もはや匠(たくみ)の域に達しつつある石橋氏の最新サインツールは買って損はない

『FX Realize』は、トレンド時の押し目・戻りの”深さ”に合わせ、3段階で「分割ENTRY」し、確実な「利確」を狙う”技ありシグナルツール”です。

トレンド相場では面白いようにポンポンと利確してくれます。一方、方向性のないレンジ相場では連敗することもありますが、マニュアル内で解説されている裁量判断を加えることで、確度の高いシグナルを抽出可能です。

石塚勝博氏の1年半ぶりの新作『FX Realize』は、やはりというか予想通りというべきか、期待を大きく上回る完成度です。シグナルの精度はリリースを重ねるごとに高まっている感があります。また、検証用EAの無料提供やロジック詳細解説など、石塚氏ならではのサービス精神も健在です。

『FX Realize』を単なるサインツールとして使うだけでは、あまりにももったいないです。会員サイトで提供されるマニュアルは、ロジックを深く学ぶための教材としても十分に活用できるレベルです。まさに「稼ぎながら学ぶ」というコンセプトに嘘はありません。

FX初心者でも安心して取り組める教材に仕上がっています。無裁量サインツールとしての活用はもちろんのこと、マニュアル内で解説されている裁量判断を加えることでシグナルの精度をさらに高める工夫もなされています。

思考停止トレードを忌み嫌う石橋氏が提供する『FX Realize』は、研究熱心で意欲的なトレーダーにこそ手にして欲しいFX商材です。

FX商材の良点(メリット)
  1. 「稼ぎながら学ぶ」に嘘はない…トレードロジックは会員サイト内で完全(100%)公開
  2. 石塚勝博氏の頭脳(ストラテジー)の正常進化版を享受できる
  3. ”検証用EA”も無料でパッケージするという太っ腹
  4. 仮想通貨FXにも対応したサインツール
FX商材の欠点(デメリット)
  1. 方向性の定まらない相場では「連敗」もある

『FX Realize』を購入するべき人

  • 精度の高いサインツールを探している人
  • ロジック完全公開のサインツールが欲しい人
  • 順張りを好むトレーダー

『FX Realize』を購入してはいけない人

  • 逆張りトレーダー
  • ロジックを学ぶ意欲のない人
FX Realize
FX Realize
販売元:BELLSTONE株式会社
開発者:石塚勝博
発売日:2018/10/15
公式サイト:http://rlz.bellstone.co.jp/t/

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら