『億千万バイナリー』と”ローソク足の波動論”【検証とレビュー】

『億千万バイナリー』月収973万円!スマホ片手に稼ぐ【検証とレビュー】

『億千万バイナリー』月収973万円!スマホ片手に稼ぐ【検証とレビュー】

『億千万バイナリー』検証とレビュー

有名YouTuber「ぷろたん」がバイナリーオプション動画で炎上した理由

チャンネル登録者108万人を有する著名YouTuber「ぷろたん」バイナリーオプション情報商材(?)の販売に加担した結果、動画が炎上するという結果を招きました。2017年4月の出来事です。

動画のタイトルは「月に500万稼いでる投資家の友達20代の稼ぎ方が凄すぎた…」

※現在、この動画はぷろたんによって削除済みですですが、他のアカウント者がアップロードしているミラー動画がありますので、貼っておきます。

月500万円をバイナリーオプションで稼ぐ友人(バイナリー熱血先生)宅を訪れて、ぷろたん自信がBOにチャレンジするという動画です。ハイローオーストラリアでいとも簡単に勝ったぷろたんは、友人にBOを教えて欲しいとお願いします。

その友人(バイナリー熱血先生)のブログがこちら(2018年11月17日で更新は停止)。

※バイナリー熱血先生も投資YouTuberでしたが、現在はすべての動画を削除済み。

しかしながら、その動画が結果的にBOの有料コンサルサービス「W3プロジェクト」の宣伝(リンクを張って誘導したこと)に繋がってしまい、動画は炎上…コメント欄は荒れに荒れました。直後、動画は削除。ぷろたんは改めて謝罪動画をアップすることを余儀なくされたのです。その動画がこちら。

上の動画には、実際に友人宅でぷろたんがBOに興じる場面も一部収められています(3分30秒〜5分22秒)。

「詐欺師の肩もってんのか、ふざけてんな!」

「BOすごーい!」で動画を終わらせておけば、ここまで炎上はしなかったでしょう。ぷろたんの誤算は、友人の有料BOコンサル(=情報商材)を意図せずして宣伝してしまったことにあります。結果的にぷろたんの動画には「詐欺師の肩もってんのかふざけてんな」「人を騙すなんて最低だな」「リスナーを詐欺まがいの勧誘に巻き込んだ」「悪びれずに視聴者騙すとか性根腐ってるな」「詐欺に加担してる自覚ないんか?」「詐欺師だったんですね!」等、辛辣なコメントで埋め尽くされてしまったのです。

ちなみに、バイナリー熱血先生の有料コンサルサービス「W3プロジェクト」の料金は次の通り。

  • 通常プラン:32,400円(税込)
  • サポートプラン:54,000円(税込)

情報商材なみの価格設定です。現在はすでに募集を終了しています。

チャンネル登録者100万人を超える著名YouTuberにしては、軽率な行為だったのかもしれませんね。それにしても、BO(情報商材)に対する世の中の厳しい視線をあらためて感じた一連の出来事です。

さて、気を取り直し、BO情報商材をレビューしていきます。今回は、あのクロスリテイリング社(一般社団法人日本投資家育成機構)が新たに投入する『億千万バイナリー』です。

億千万バイナリー
月収973万円!スマホ片手に稼ぐ『億千万バイナリー』
販売元:一般社団法人 日本投資家育成機構
発売日:2018年12月6日
メディア:動画・PDF・インジケーター
公式サイト:https://newtheory.s3.amazonaws.com/top/it_t_b.html

『億千万バイナリー』で学べること(できること)

”ローソク足波動論”ってなんだ???

開発者は橋本純樹氏。彼の独自理論”ローソク足波動論”をベースにしたBO商材が『億千万バイナリー』です。ところで”ローソク足波動論”とは何でしょうか?難しそうな理論に聞こえますが、実際は驚くほどシンプルです。

ローソク足の陽線と陰線の数は時間の経過とともに均衡する(同じ数になる)。つまり、陽線と陰線の割合が5:5になるように相場が形成される。

陰線が5本陽線が2本
⬇(時間の経過とともに…)
陰線が5本陽線が5本

上記が”ローソク足波動論”の全てです。

相場における陽線と陰線の数は時間と共に均一化し同数に近づく。仮に「陰線が5本、陽線が2本」だったとします。それが時間と共に「陰線が5本、陽線が5本」になるよう相場が変化する。この現象をロジック化したものが「ローソク足波動論」であり、この相場の性質(?)を利用してピンポイントで仕掛けるロジックをBOに取り入れた手法が『億千万バイナリー』です。

”ローソク足波動論”によって、次の足が陽線or陰線を形成するのか?を高確率で予測し、ハイローで仕掛ける…『億千万バイナリー』の全てといって良いでしょう。

”ローソク足波動論”に関して解説している動画はこちら。

”ローソク足波動論”の本質はチャートパターン分析だ

『億千万バイナリー』の根幹をなす”ローソク足波動論”ですが、はたして本当に優位性(エッジ)はあるのでしょうか?

陽線と陰線の数を数える…という斬新な点に惑わされてしまうと、ロジックの本質が見えなくなります。”ローソク足波動論”の本質は、トレンド転換後の逆足が高確率で出現するタイミングをチャートパターンによって推測するというものです。

『億千万バイナリー』では、まずエントリーに適した相場(波形=トレンド)を探すところからスタートします。次にトレンドラインを引き、仕掛けのチャンスを伺います。

トレンドラインを切ってローソク足(逆足)が形成されたタイミングで”相場の転換点”を捉えるのですが、ここですぐに逆方向へ仕掛けるわけではありません。

確実に逆足が出るタイミングを見極めるために、次足の形状を確認してフィルタリングをおこないます。このフィルタリングこそが精度を高めるための重要な要素になります。

ロジックの本質は”酒田五法”に極めて近い

お気づきの人も多いと思いますが、実は『億千万バイナリー』での仕掛けルールは、古くから存在する酒田五法に極めて近いものです。

複数の連続するローソク足で構成されるパターンによって相場の転換点を予測する、それが酒田五法の原理です。

酒田五法

出典:外為オンライン実践チャート術 酒田五法

酒田五法「包み線(抱き線)」

出典:外為オンライン実践チャート術 酒田五法「包み線(抱き線)」

酒田五法「三川宵の明星」「三川明けの明星」

出典:外為オンライン実践チャート術 酒田五法「三川宵の明星」「三川明けの明星」

酒田五法をベースにした優良商材『The Secret FX』に近いものを感じますね。

チャートパターンで次足の陽線・陰線を予測する。ある意味「王道」といえます。

億千万バイナリー
月収973万円!スマホ片手に稼ぐ『億千万バイナリー』
販売元:一般社団法人 日本投資家育成機構
発売日:2018年12月6日
メディア:動画・PDF・インジケーター
公式サイト:https://newtheory.s3.amazonaws.com/top/it_t_b.html

『億千万バイナリー』の欠点

まず『億千万バイナリー』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

商材の欠点

”ローソク足波動論”という奇抜なネーミングは”陳腐でくだらない”

消費者を惹き付けるためには斬新さが常に求められます。その結果”○○理論”、”○○ロジック”などと奇抜な理論が登場します。しかし何十年ものあいだ、投資に新しいロジックは登場していません。せいぜいコンピューターの進歩を享受した”超高速取引”程度です。これもロジックと言えるかどうかすら怪しいです。

もはや新しいロジックが投資の世界で新発見されるとは思えません。”ローソク足波動論”も、その本質はチャートパターン分析にすぎません。奇抜なフレーズに踊らされて無駄な商材を購入させられないように注意するべきです。

商材の欠点

短期足(5分足)におけるチャートパターン分析は優位性に課題がある

『億千万バイナリー』は、突き詰めれば酒田五法に代表されるチャートパターン分析(プライスアクション)の一種です。このパターン分析も残念ながら万能ではありません。あくまで相場の”傾向”を捉えただけで、その通りにレートが動かないことも少なくありません。

『億千万バイナリー』5分足が執行時間足となっています。チャートパターン分析(プライスアクション)は、長期足ほどその有効性が実証されています。つまり日足、週足などです。短期足(5分足、10分足など)における数本のローソク足が織りなすパターンはノイズとみなされ、チャートパターン分析の優位性が下がることが常識とされています。この点も憂慮するべきポイントといえます。

商材の欠点
  1. ”ローソク足波動論”という奇抜なネーミングは”陳腐でくだらない”
  2. 短期足(5分足)におけるチャートパターン分析は優位性に課題がある

『億千万バイナリー』の評価点

次に『億千万バイナリー』の評価できるポイントを解説します。

商材の良点

奇抜にみえて実は”王道ロジック”だ

一見奇抜に見える”ローソク足波動論”ですが、実は極めて王道なチャートパターン分析がベースになっています。

エントリーに適したトレンド相場にラインを描写し仕掛けのタイミングを待ちます。トレンドラインを逆抜け後、ローソク足形状(パターン)を確認して仕掛けをおこなうことで、逆足が高確率で出現するタイミングを捉えるわけです。

その本質は古くからある酒田五法に通ずるものがあります。まさに王道チャートパターン分析(プライスアクション)といえます。

商材の良点

BOならではのピンポイントを高確率で予測する手法は興味深い

『億千万バイナリー』の最大の特徴は、ピンポイントで1本のローソク足の陽線・陰線を高確度で予測する点にあります。

トレンドを予測するFXと異なり、たった1本の次足が陽線になるのか?それとも陰線になるのかを予測することに注力しています。まさにBO(ハイロー)に最適化された商材(ロジック)と言えます。

逆に言えば、『億千万バイナリー』をFXトレードに活用することは難しいということになります。BOユーザーでハイロー取引のストラテジーを探しているならば選択肢の一つとしてありかもしれません。

商材の良点
  1. 奇抜にみえて実は”王道ロジック”だ
  2. BOならではのピンポイントを高確率で予測する手法は興味深い
億千万バイナリー
月収973万円!スマホ片手に稼ぐ『億千万バイナリー』
販売元:一般社団法人 日本投資家育成機構
発売日:2018年12月6日
メディア:動画・PDF・インジケーター
公式サイト:https://newtheory.s3.amazonaws.com/top/it_t_b.html

『億千万バイナリー』総合評価

【結論】たった1本のローソク足(陽線か陰線か)を予測することだけに焦点を絞ったBO向けのストラテジーは興味深い
その本質はチャートパターン分析にありネーミングの奇抜さとは無縁だ
BO(ハイロー)商材としての”完成度は高い”といえる

元来、BO商材に関しては否定的なスタンスですが、『億千万バイナリー』のストラテジーには正直感心しました。”ローソク足波動論”という奇抜な見せ方には賛同しませんが、そこはマーケティングの一種なのでしょうね。外野がとやかく言うことではないのかもしれません。

『億千万バイナリー』は、ピンポイントでたった1本のローソク足の陽線・陰線を高確度で予測することに最大限のリソースを割いています。そこには緻密なロジックが隠されています。トレンド形成から転換、その後に出現する逆足をチャートパターンによって分析します。ロジックはフィルタリングも含めて非常によく練られていて完成度の高さを感じさせます。

とはいえ、ノイズに近い5分足(短期足)でどれほどその優位性が保たれるのか?BOですので50%を超える勝率が常に求められますが、はたして本ストラテジーがクリアできるかどうか、これは実際にトライしてみないとわかりません(=要検証)。

BO(ハイロー)ユーザーであれば、触手を伸ばしたくなる商材であることは間違いありません。

商材の良点
  1. 奇抜にみえて実は”王道ロジック”だ
  2. BOならではのピンポイントを高確率で予測する手法は興味深い
商材の欠点
  1. ”ローソク足波動論”という奇抜なネーミングは”陳腐でくだらない”
  2. 短期足(5分足)におけるチャートパターン分析は優位性に課題がある

『億千万バイナリー』を購入するべき人

  • BO(ハイロー)ユーザー
  • 自身で検証作業することを厭わない人

『億千万バイナリー』を購入してはいけない人

  • FXトレードに活用したいと考えている人
  • BOに嫌悪感を持っている人
億千万バイナリー
月収973万円!スマホ片手に稼ぐ『億千万バイナリー』
販売元:一般社団法人 日本投資家育成機構
発売日:2018年12月6日
メディア:動画・PDF・インジケーター
公式サイト:https://newtheory.s3.amazonaws.com/top/it_t_b.html

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?

12月26日気になる記事が掲載された 12月26日の日経新聞(日本経済新聞)夕刊に、バイナリーオプション自主規制の記事が掲載されていましたね。ざっと読んだところ、前回の発表(12月…

バイナリー大百科 【検証とレビュー】

バイナリー大百科は、裁量商材 バイナリー大百科は、バイナリーオプション商材にしては珍しい裁量系のマニュアルです。販売者であるニーノ氏は、ブログも運営されていますね。  バイナリーオ…

バイナリードミネーション 【検証とレビュー】

バイナリードミネーションは、クリック証券専用の自動売買ツール バイナリードミネーションは、GMOクリック証券に対応した自動売買システムです。 販売会社は、株式会社クラウンホールディ…

バイナリーオプションの自動売買ツール 【検証とレビュー】

GMOクリック証券対応のバイナリーオプション自動売買ツール 読者様からの情報です。GMOクリック証券対応のバイナリーオプション自動売買ツールです。商材名は不明です。 販売ページを見…

エルドラドBO 【検証とレビュー】

バイナリーオプションは金融庁公認ギャンブル エルドラドBOは、バイナリーオプションの自動売買ツールです。エルドラドBOの販売ページには、以下の様の記載されています。 あくまでもバイ…

ザ・イージー 【検証とレビュー】

海外ブローカーを使うバイナリーオプション商材 ザ・イージーは、マイクロジャパンのバイナリーオプション商材です。海外のブローカー「ChargeXP Investment Ltd.」を…

バイナリーオプションに対する注意書き ※タバコ風
【本気】欧州でバイナリーオプション(BO)全面撤廃へ!

欧州証券市場監督局(ESMA)がバイナリーオプションを完全に潰しにかかる ESMA(欧州証券市場監督局)がバイナリーオプションの禁止を決議したのは2018年3月28日。そして今月(…

【SCB】スピードキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】

バイナリーオプションのEA 【SCB】スピードキャッシュバイナリーは、バイナリーオプションのEA(自動売買)システムです。販売者は有限会社ジーグランド。有限会社ジーグランドは、これ…

バイナリーアイ 【検証とレビュー】

バイナリーオプション商材、バイナリーアイ バイナリーアイの販売ページですが気になる表現が多く、それでいて実態がつかみにくいという印象です。 馬鹿なのですか、あなた? あなたは&#8…

セレブリティライフ(Celebrity Life)【検証とレビュー】

”セレブリティライフ”は女性をターゲットにしたバイナリーオプションツール 読者様からの検証依頼です。商材名はセレブリティライフ(Celebrity Life)。 販売ページを見てみ…

タートル・トリック バイナリーオプション 【検証とレビュー】

タートル流バイナリーオプション? どこかで聞いたことのある商材名です。その名も… 伝説のトレーダー集団タートル流タートル・トリック バイナリーオプション 商材の中身は、スマートオプ…

GMOauto 【検証とレビュー】

GMOautoを使うとアカウント凍結のリスク GMOautoは、GMOクリック証券のバイナリーオプションに対応した自動売買ソフトです。MT4(Metatrader4)と連動して稼働…