バイネ申が口座凍結覚悟でバイナリーオプション商材を販売

バイネ申が口座凍結覚悟でバイナリーオプション商材を販売

バイネ申が口座凍結覚悟でバイナリーオプション商材を販売

4000円を86営業日で4000万円にしたバイネ申がバイナリーオプション商材を販売

バイネ申さんをご存知ですか?トレードアイランドでは、超のつく有名人ですね。

彼がバイナリーオプションに本格的に取り組んだのは2012年6月22日。その86営業日後に勝ち越し金額を4000万円にまで膨らませました。バイネ申さんの投資遍歴を見てみましょう。

  • 2012年1月バイナリーオプションスタート
  • その後半年で250万円のマイナス
  • 2012年6月22日、4,000円で再スタート
  • 同日、180,000円
  • 3営業日後、500,000円
  • 2012年7月6日、 4,800,000円
  • 2012年8月、月間10,512,383円のプラス
  • 2012年9月、月間12,056,541円のプラス
  • 2012年10月、月間15,018,810円のプラス
  • 86営業日後に40,000,000円まで拡大

わずか4ヶ月で10000倍です。その後株に投資。2013年1月には4000万円勝ち越し、トータル8000万円に到達しています。

そんな超凄腕のバイネ申さんが満を持して出した商材がこちら。

  • 4000円を4000万円にしたバイネ申のバイナリーオプション集大成

価格は19,800円。

インフォトップやインフォカートでの販売ではなく独自販売のようですね。先着100名で申込者には8月1日以降に商材を発送してくれるようです。

4000円を4000万円にしたバイネ申のバイナリーオプション集大成(バイネ申)の中身は?

バイネ申さんが販売する商材の中身ですが、60分のDVD映像とアブサン(彼の師匠?)の幻の手法を解説したPDFで構成されています。

バイネ申さんは、ニコニコ生放送もやっていたため、多くの視聴者から手法に関する問い合わせがあったようですね。

  • ロバイネ申さんのアメブロ

実際に勝っているトレーダーの手法に興味が湧くのは当然です。

バイネ申さんの手法ですが、基本的には手動売買です。トレード回数の多さから自動売買ではないかとウワサされていましたが、手動売買だったとは…

バイネ申さんは、朝の8時から翌朝の4時まで20時間もチャートに張り付いています。(睡眠時間は4時間、それ以外はトレーディング!)

そして、トレード対象は、当然GMOクリック証券のバイナリーオプションです。いくつかの鉄板パターンとティックチャートの見方などを動画で解説しています。

バイネ申が最近勝てていないというウワサ

以前からバイネ申さんの手法に興味があった方にとっては、のどから手が出るほど欲しい商材でしょうね。ただ気になる点もあります。まず、ここ最近、バイネ申さんの調子が良くないということです。

バイネ申のトレアイ成績

たしかに、2012年の8月〜10月は神がかった勝ち方をしていたバイネ申さんですが、2013年以降は、株を始めたこともあってか、BOを含めた成績は芳しくありません。※2013年1月の大勝は、株式です。

特にここ3ヶ月(5月、6月、7月)は負け越しています。さらにバイナリーオプションのルール改変も着々と進んでいる時期での販売です。

バイネ申の手法の再現性という課題

それからもう一つのポイントは再現性の問題です。バイネ申さんは朝8時から翌朝4時まで約20時間もの間チャートに張り付いてトレードを行なっていたようです。

つまり、1日に恐ろしいほどの数のトレードを行なっているということです。調子の良かった2012年7月〜10月の外為OPトレード回数をご覧ください。

  • 2012年 7月 3625回
  • 2012年 8月 4986回
  • 2012年 9月 4994回
  • 2012年 10月 6005回

仮にひと月20営業日とすれば、1日に180回〜300回程度エントリーを行なっていることになります。このトレード回数は、バイナリーオプションにとって非常に重要な要素です。トレード回数が増えれば増えるほど、勝ち越すための”必要な勝率”は低くなるからです。

ちょっと簡単な例を挙げてみましょう。1日に10回勝ち越したいと考えます。トレード回数が50回の人であれば、必要は勝率は60%ですね。

  • 勝ち30回
  • 負け20回
  • 勝ち越し10回

一方で、1日に100回トレードできる人の必要勝率は55%となります。

  • 勝ち55回
  • 負け45回
  • 勝ち越し10回

さらに、バイネ申さんのように1日に300回トレード出来る人の必要勝率は51.6%まで下がります。

  • 勝ち155回
  • 負け145回
  • 勝ち越し10回

つまり、トレード回数が多いほど勝ち越しに必要な勝率は低くなるということです。もしかしたら、バイネ申さんの勝率はそれほど高くない(51〜53%程度)のかもしれません。単純にトレード回数を増やすことで、勝ち越し”回数”を稼いでいる、という可能性もあります。

いかがでしょうか?あなたは、1日20時間もトレードできますか?バイネ申さんの睡眠時間はたった4時間ですよ。少なくとも、1日に300〜600回のトレードがあなたに可能でしょうか?

バイネ申さんの手法が気になりますね

実は、私はバイネ申さんの手法が気になっています。もしかしたら買うかもしれません。バイナリーオプションを今更やろうという考えではありません。ただ単に、FXで活かせるのではないか?と思うからです。

バイネ申さんが一時的にでも、50%を超える勝率を維持していたということは、純粋にエントリータイミングの精度が高かった、ということだと私は考えています。

エグジットのタイミングは決まっている(10分後)わけですから、エントリータイミングこそ全てです。つまり、バイナリーオプションにおいては、エントリータイミングの精度(確度)が非常に重要であるわけです。

FXの場合は、仮にエントリータイミングを失敗したとしても、エグジットで挽回できるケースが多々あります。ただそれでも、確度の高いエントリーができれば優位性を確保出来ます。

バイネ申さんのエントリー精度が本物であれば、FXのエントリー精度を高めるヒントになるのではないか?と考えています。あくまで私の推測に過ぎませんが…

買うかもしれませんし、買わないかもしれません。気が向いたら買ってみます。買ったらもちろん再レビューをする予定です。

販売ページをみてみる

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

バイナリー専用シグナル配信システム-Everything-【検証とレビュー】

60セカンズ・ペイアウト率70%ブローカー対応の商材 バイナリー専用シグナル配信システム「Everything」は、海外ブローカーに特化した商材です。60セカンズ(60秒後のレート…

勝率80%について考察してみる【アルケミーシステム】

二択ゲームにおいて勝率80%は可能なのか? ハイローバイナリーのシステムを提供するアルケミーシステムですが、その勝率は平均80%であるそうです。 宣伝サイトでは80%勝率というフレ…

バイナリーオプション自主規制案でGMOクリック証券が涙目な件
金融庁がバイナリーオプション規制を強行!

金融庁によるBO規制が正式発表された 衝撃的な記事です。2013年4月21日付けのウォールストリートジャーナル(WEB版)の記事です。 金融庁は19日、外国為替相場の騰落を二者択一…

凄技・バイナリー│1日で資産10倍!凄技!バイナリー
凄技!バイナリー【検証とレビュー】

『凄技!バイナリー』検証とレビュー クロスリテイリング社がバイナリーオプション商材をリリース FX商材の大御所である「クロスリテイリング社」がバイナリーオプション商材をリリースしま…

GMOauto 【検証とレビュー】

GMOautoを使うとアカウント凍結のリスク GMOautoは、GMOクリック証券のバイナリーオプションに対応した自動売買ソフトです。MT4(Metatrader4)と連動して稼働…

ナイトオブバイナリー 【検証とレビュー】

販売中の自社商材を「クソ」呼ばわりする会社… ナイトオブバイナリーの販売会社は、マイクロジャパン株式会社です。 マイクロジャパン株式会社は、バイナリーオプション ザ・シークレットと…

オートオーダー販売予定から一転、無料ダウンロードへ・・・

”販売予定” から一転、”無料配布” へ 先日、このブログでご紹介したオートオーダーですが、どうやら無料で配布することが決定したようです。 オートオーダー検証とレビュー(2013年…

アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

 アルケミーシステムはAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」だった 先日ご紹介したアルケミーシステムですが、やはりバイナリーオプション…

バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ)
バイナリーオプションの本質はたんなる博打(バクチ)

バイナリオプションは博打(バクチ)と同じ 最近、バイナリオプションの情報商材が増えてきてます。バイナリオプションは、証券会社が個人投資家からお金を合法的に巻き上げるために作った金融…

レボリューションバイナリー 【検証とレビュー】

一般公募したロジックで商材を作成 FX商材とは本来、確率的に優位性のある手法を使って実績を継続的に出しているトレーダーが、その手法を再現性のある形で提供することに価値があると考えて…

BINARY Capture 14’ 【検証とレビュー】

海外バイナリーオプション業者を使うBO商材 日本国内のバイナリーオプション規制がスタートしてからというもの、バイナリーオプション商材も息を潜めている印象です。特に、GMOクリック証…

クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更
クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更

レンジ外総取りの”撤廃”とペイアウト率の変更 ご存じの通り本日(2013年4月22日)よりGMOクリック証券のバイナリーオプションルールが変更されました。ルール変更は2点です。 レ…