マイルストーンFX 【検証とレビュー】

マイルストーンFX 【検証とレビュー】

マイルストーンFX 【検証とレビュー】

D評価商材

派手さのないマイルストーンFX

マイルストーンFXですが、販売ページを読むと、なかなか理想論的な話が続きます。過去の運用成績に派手さはなく、むしろ堅実なトレードというイメージを持ちます。マイナス月もあるので成績はデコボコしていますが、もともとナンピンマーチンゲールタイプではないので、出入りの激しい成績になってしまうんですね。

一般的なナンピンマーチンEAは、簡単に右肩上がりのキレイな運用曲線を描くことが可能ですが、非常にハイリスクなEAでもあります。ナンピンマーチンを採用せずに、成績を残せるということは、ロジックが優秀であることの裏付けでしょう。(過去データを見る限り、です。)

2つの通貨ペアでヘッジをするEA

マイルストーンFXのロジックを詳しく見てみましょう。

対象通貨ペアは、GBPUSD(ポンドドル)EURUSD(ユーロドル)の2通貨ペアです。この2種類の通貨ペアを1つのEAで運用(別々のロジックを採用)し、互いの通貨ペアでヘッジをしていくというEAですね。どちらか一方の通貨ペアが損失を出した場合は、もう一方の通貨ペアが利益を出して、損失を軽減・相殺することで、安定運用を狙います(あくまで理想です)。

ナンピンではないですが、同時に多くのポジションを取っていくタイプのEAですので、常に含み損を抱える傾向にあります。利益の乗ったポジションから順次決済をしていきます。

複数ポジションを取るため、損切り幅は比較的広めに取ってあるのですが、これが諸刃の剣なんですね。思惑に反してレートが戻らなかった場合、損切り幅が深いので、大きなマイナスを計上してしまいます。フォワードの結果をみていてもその傾向が顕著ですね。

フォワード成績の結果

2012年1月18日から販売されていますが、2011年10月12日からのフォワード成績が、こちらで公開されています。

まとめると、

2011年10月 +774.4pips
2011年11月 +740.4pips
2011年12月 +67.8pips
2012年 1月 ー1004.7pips(販売スタート)
2012年 2月 -263.8pips

残念ながら、出だしてコケてますね。まだ2ヶ月ですからこれだけでEAのポテンシャルを判断することはできません。少なくとも半年、できれば1年くらいの運用実績を見てみたいです。販売者さんが長期にわたって実績を積み上げていき、成績を公開し、EAの信頼を勝ち取るしかありません。今後に期待したいですね。

それからマイルストーンFXには口座縛りがありますので注意が必要です。

EAは自分で作ってこそ、その真価を発揮するもの

ここ数年のEAブームで、自動売買もようやく市民権を得てきた感がありますが、そのおかげで弊害もでてきてますね。悪質EA販売者の氾濫、間違った投資知識、EA依存などなど。過渡期において、ある程度は仕方のないことかもしれません。いずれ落ち着くでしょう。一時期金融庁がEA販売の規制に乗り出すような噂もありましたが、最近は聞かなくなりました。

このサイトでも何度も言っていますが、EAは自分で作ってこそ、価値があると思います。他人の作ったEAをいくら使っても、あまりメリットはありません。資金はなくなるし、投資スキルの向上も望めません。

投資はもっと堅実に行うべきです。

マイルストーンFXも、結局は他人が作ったEAです。ロジックが非公開である限り、ドローダウン後も継続して使い続けられるかどうか、疑問です。ロジックが公開されていれば、相場変動に合わせて柔軟な運用ができるはずです。

たとえドローダウンしても、ロジックがわかっていれば、その理由が明確になるからです。つまりそのEAの苦手な相場だということが、理解できるわけですね。そうすれば、そのEAが得意とする相場でのみEAを稼働させることができるし、パラメーターの調整で、今の相場に合わせて稼働させることも可能になります。是非、ロジックを公開して欲しいですね。

長期運用に耐えうるEAが欲しい

おそらく、ロジックを公開すると他人に真似されるとか、売れなくなる、ということを販売者は恐れているのかもしれませんが、そんなことはないと思いますよ。ロジックがしっかり解説されたEAであれば、私は必ずニーズがあると思います。そして、優位性のあるロジックを採用しているEAであれば、成績も期待できるし、なにしろ柔軟な運用が可能になります。そうすれば、長期的に成績を出せる可能性も高まります。(長期運用に耐えうるEAです)

ロジック公開EAが販売されるようになることを、今後期待したいところです。

EA販売者に踊らされないために・・・

ところで、まともなEAって本当に少ないですね。私もEAをスクラップ&ビルドしていた時期がありましたが、もし本当に使えるEAを作ったら絶対に販売なんてしません。それが普通だと思いませんか?

考えてみて下さい。FXはゼロサムゲームです。ゼロサムゲームとは、マーケット参加者の利益と損失の総和が常にゼロになるゲームのことです。自分が勝つということは、誰かが負けてるわけです。誰もがそんな厳しいゲームに参加している中で、もし仮に、優位性のあるEAを開発できたら、絶対に独占するべきです。それが最も合理的な経済行動です。

しかしながら、EA販売者にはそのような考えは微塵もありません。最初から販売することを前提にEAを開発しているからです。だから、ゴミのようなEAが増えるんですね。どうしたら売れるか?どうすればEA販売で儲けられるか?こんなことばかり考えてます。

優位性の確保されたEAをしっかりと見極める目を持ちたいですね。

D評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

ドラゴンストラテジーFX
ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順

ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる ドラゴン・ストラテジーFXの優位性を高める工夫 ドラゴンストラテジーF…

ナインエーエム 【検証とレビュー】

ナインエーエムFXはシグナル配信サービス 前回に続いて、またまたシグナル配信サービスをご紹介します。こちらも、ポイントシグナルFX同様、株式会社ギガリンクの商品です。投資助言代理業…

池辺雪子の倍加テクを別の角度から解説

倍加テク=レンジブレイク 先日、カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テクをご紹介したところ、思わぬ反響を頂きました。その多くは、レンジブレイク手法が一般的ならばそれを教えて欲しい、という…

trendhunterFX
トレンドハンターFX(トレハンFX)【検証とレビュー】

「トレンドハンターFX」は日足・4時間足での2本の移動平均線を使った押し目・戻し狙いのトレンドフォロー手法だ クロスリテイリング社のロングセラーFX商材 クロスリテイリングの商材「…

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開
FX博士式マスタープログラム【検証とレビュー】

【FX博士】って・・・ FX商材業界がまた過熱しています。良くない方向に。 もうなんでもありですね。とうとう「FX博士」の登場です。FX博士式マスタープログラムを開発したとされる茶…

ビクトリーメソッドアドバンスの佐野さんについて

別格FXトレーダー「佐野裕」 当サイトで非常に高く評価しているビクトリーメソッドアドバンスの作者「佐野裕さん」について、最近の情報をお伝えいたします。 ビクトリーメソッドアドバンス…

flashzonefx
Flash Zone FXの販売終了まであと12時間

Flash Zone FX【検証とレビュー】 Flash Zone FXを買ったので具体的な手法を解説する Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと Flas…

FX【変態】セミナー【検証とレビュー】

BBFカウンタートレードの応用手法を動画で説明したもの この商材は、もともと別で販売されていた「BBFカウンタートレード」という商材の応用手法を動画で説明したものです。BBFカウン…

為替鬼コピートレード「鬼式」 【検証とレビュー】

為替鬼コピートレード「鬼式」の募集期間 為替鬼コピートレード「鬼式」の募集が再開されるようですね。募集期間は、6月19日までの3週間のみです。募集終了まで、段階的に値段を上げていく…

FXplus3 Pistachio(ピスタチオ) 【検証とレビュー】

前作のFXplus2 Essentialについて FXplus3 Pistachio(ピスタチオ)が気になる方が多いみたいです。この販売者は、以前、FXplus2 Essentia…

W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

ヴァージョンアップして販売再開 過去記事でも何度か取り上げたW2C-Clipper(クリッパー)ですが、ヴァージョンアップして販売を再開したようです。 W2C-Clipper(ve…

Smart Professional FX
Smart Professional FX (スマプロFX)【検証とレビュー】

Smart Professional FX (スマプロFX)の手法を細かく分析してみた 「Smart Professional FX (スマプロFX)」とはどんなFX商材か? 機関…