+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】

+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】

+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】

C評価商材

+15pipsスキャルFXは、シンプルなシグナルツール

+15pipsスキャルFXは、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツールです。自動売買(EA)ではなく、チャート上にシグナルが表示されるソフトです。

15pipsFX

15pipsFX

ユーザーは、そのシグナルに従ってENTRY・EXITを行います。ストップ(損切り)のラインも自動的に表示されます。ストップラインは、直近高値や安値を目安にしているようですね。

ロジックは、順張りです。トレンドの初動を捉えたり、押し目(戻り)を拾ったりするロジックです。リミットのロジックは、15pips固定リミット以外にも複数用意されており、アレンジも可能です。

+15pipsスキャルFXの”EA”が欲しい

+15pipsスキャルFXは、エントリーポイントもリミットもストップも明確です。ということは・・・自動化(EA化)できますね。この手のツールは、できればEAも同時に提供していただきたいですね。EAがあれば、+15pipsスキャルFXの優位性も確認できますし、何よりも手法の強みと弱みがわかります。バックテストによって、手法の得意な場面と苦手な場面を把握することができるので、よりロジックを活かしやすくなります。

これほどのインディケーター(+15pipsスキャルFX)が作製できるのであれば、同じロジックを採用したEAは、もっと簡単に作ることができます。+15pipsスキャルFXが優れたツールであるならば、是非ともEA化して欲しいところです。+15pipsスキャルFXのEAを作り、ヒストリカルデータでバックテストをすれば、ロジックの優位性は、数分で判明します。

ただ、バックテストで勝てるからといって、フォワード(実践)でも結果を残せるかどうかはわかりませんが・・・

ある程度プログラミングができるユーザーであれば、+15pipsスキャルFXのEA化(自動売買ツール化)は難しくないと思います。過去にも、EA化が可能なインディケーター商材がありましたね。

+15pipsスキャルFXの過去成績を見たい

残念なことに、+15pipsスキャルFXの販売ページには、過去成績(数ヶ月にわたる実績)が掲載されていません。掲載されているのは、特定の場面を切り取った動画のみです。

単純に、勝てている(勝率の高い)期間で、MT4のストラテジーテスターを走らせているように思えます。2013年3月8日0時〜同日23時59分(=つまり1日)の成績です。

ストラテジーテスター

ストラテジーテスター

1日(24時間)の成績を見せられただけでは、ツール本来の優位性を確認することは困難です。たまたま+15pipsスキャルFXのロジックが機能した場面(日)だけを取り出して、成績掲載していると思われても仕方がありません。

MT4のストラテジーテスターを使うのであれば、しっかりと長期の期間(最低でも3ヶ月程度)でテストして欲しいところです。その結果が本当に右肩上がりになっているのか?是非、見てみたいですね。

15pips取りたいならロンドンコーリング手法

15pipsで思い出しましたが(余談ですが)、ロンドンコーリング手法というロジックをご存じでしょうか?いわゆるボックスブレイクアウトと呼ばれる手法です。よくある手法の一つですが、女性トレーダーのボリ平さんが有名ですね。ロジックはいたってシンプルです。

  1. ロンドン時間(15~20時)の高値・安値にラインを引く ※冬時間は~21時
  2. その高値と安値ブレイクでエントリーできるように指値注文を入れておく(どちらかに刺さったら、一方のOCOはキャンセルする)
  3. リミットは+15pips
  4. ストップはー15pips
  5. 全てIF-OCO(イフダンOCO)注文を入れておく

たったこれだけです。トレードは1日1回のみ(重要指標発表時はトレードをしない)。IF-OCOを設定してエントリーが刺されば、あとは完全ほったらかしです。分かりやすい解説画像が、ZAIにあったので拝借します。

ロンドンコーリング手法
出典:http://zai.diamond.jp/articles/-/137495

ご覧の通りシンプルですね。ボリ平氏のロンドンコーリング手法は多くの検証者がいますので、気になる方は調べてみると面白いと思います。

ボックスブレイクアウト手法は、シンプルですがなかなか奥が深いです。海外フォーラムでも、様々なボックスブレイクアウト手法が議論されています。

+15pipsスキャルFXに代表されるブレイクアウト手法が気になる方は、ネットで拾える様々なブレイクアウト手法をじっくりと研究されてみてはいかがでしょうか?非常に奥が深く、研究対象としては面白いと思います。

C評価商材
販売ページを見てみる

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

SCALPANIC-FX 【検証とレビュー】

スキャル”ピング”ではなく、スキャル”パニック” 検証依頼を頂いていた商材をご紹介します。SCALPANIC-FXという商材です。SCALPANIC-FXの綴りは「スキャルピング-…

PSPBANK【検証とレビュー】

法律と消費者を軽視しているPSPBANK PSPBANKという正体不明の情報商材に関する問い合わせをいただきました。 PSPBANK 販売ページを見る限り、断定的判断の提供のオンパ…

Go!Go!!スキャルFX
Go!Go!!スキャルFX【検証とレビュー】

『Go!Go!!スキャルFX』に代表される”時間決済”の優位性について考察してみる 『Go!Go!!スキャルFX(ゴースキャFX)』検証とレビュー FX商材の量産体制に入ったクロス…

AmbushFXを購入するべきかどうか?

AmbushFXを購入しても良い人 連日、AmbushFXに対するお問い合わせを頂いております。 AmbushFX 検証とレビュー AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウト…

GMOクリック証券と自動売買ツールの今後
山本有花 FXトレーディングサロン【検証とレビュー】

FXで勝率100%=損切りしない手法という「オチ」 山本有花さんといえば過去にステイブルバイナリーを始めとした様々なFX(BO)商材をリリースしてきた女性トレーダーですね。 今回は…

USDJPY_EURUSD PRO 【検証とレビュー】

HUAU氏のEAの中でも、抜群の安定感 このEAの作者はHUAUという方で、相当な数のEAを販売されています。プロフィールには、 4年半の間、EAの開発だけに時間を費やし、1000…

秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」が届きました

たった2日で秋田式のDVDが届いた 2月5日(水)に秋田式トレーダー育成プログラムを購入したのですが、その2日後の2月7日(金)にDVDが届きました。 思った以上に早いですね。ちな…

池辺雪子の1億円投資家倶楽部【検証とレビュー】

池辺雪子のFX塾の入会費は200万円!? あの池辺雪子さんが高額FXスクールを始めました。「池辺雪子の1億円投資家倶楽部」という名称です。コースは2つ。 通常コース(6ヶ月)288…

プライス乖離FX
乖離率を使ったトレード手法

乖離率トレードにチャレンジしてみるなら… 先日、FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんのプライス乖離FXをご紹介しました。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 乖…

FXハイブリッド 【検証とレビュー】

FXハイブリッドは”コピートレード(EA)” 実績のあるコピートレードをご紹介します。株レモン投資顧問が販売するFXハイブリッドです。 EURUSD専用のEA(コピートレード)です…

3R-リアルFX
3R-リアルFX【検証とレビュー】

「3R-リアルFX」とはどんなFX商材か? 3R-リアルFXはボリンジャーバンド主役の半裁量半システム手法 トレード歴15年の「ヒサヨシ」氏によるFX情報商材をピックアップします。…

TradeMax Zillion 【検証とレビュー】

書籍も出されている柳原卓丸氏のEA TradeMax Zillionは、榊原卓丸氏による自動売買システム(EA)です。榊原卓丸氏といえば、以前に書籍を出版されていましたね。「ほった…