EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社とは?

EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社とは?

C評価商材

EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社

株式会社トリロジーがEAの無料プレゼントキャンペーンを実施しています。トリロジー社はれっきとした投資助言代理業社です。

  • 近畿財務局長(金商)第372号

今回の企画は「FXトレードフィナンシャル ✕ 新規口座開設タイアップキャンペーン」と称して、口座開設を条件にオリジナルEAをプレゼントするというものです。

ナンピン・マーチンゲール型のW2C-Clipper(クリッパー)が過去に破綻

株式会社トリロジーといえば、過去にW2C-Clipper(クリッパー)というEAを販売していますね。

W2C-Clipperはナンピン・マーチンゲール型のロジックを採用し、高度なリスクコントロールを有した、極めて堅実なEAという印象がありました。

ところがそんな堅実なロジックを持つW2C-Clipperですら、急激な円安に耐えきれず口座破綻しました。

当時のUSDJPYチャートを見ると完全な上昇トレンドが発生していることが見て取れます。

出典:ヤフーファイナンス USDJPYチャート(日足)

この圧倒的な上昇相場に、ナンピン・マーチンゲール型のW2C-Clipper(クリッパー)は、為す術もありませんでした。

※その後バージョンアップされたW2C-Clipper(クリッパー)が再販されています。

無料提供されるW2C-Dickie(デッキー)とは?

FXトレードフィナンシャル口座開設を条件に無料提供されるW2C-Dickie(デッキー)とは、どのようなEAなのでしょうか?トリロジー社の説明を引用します。

本自動売買ソフト(W2C-Dickie:ディッキー)のセールスポイント

  • 低スプレッド(=低コスト)のドル円単一通貨ペアを用いているので、フェアな取引が期待できるとともに、取引と資金の管理が容易である
  • エントリー/イグジットが一対の売買ロジックで、トレード回数は月40回前後を誇り、成績の安定化を図っている
  • 狭いレンジ相場が苦手で、逆に大相場を得意とする
  • 勝率は45%前後だが、損切りを早く、利食いを大きく狙うロジックを採用している
  • 2005年〜2015年(11年間)のバックテスト結果はこちら ⇒ http://goo.gl/zfZj4o
  • 10,000ドルの口座に対して、レバレッジ0.1倍の 1,000ドル稼働で、約2,400ドルの利益を積み上げる
    これは、単利で年平均2.2%となる
  • 同期間の最大ドローダウンは、約400ドル(3.2%)と極めて小さい
  • これら成績は、例えば、レバレッジ1倍で稼働させるた場合、純益、最大ドローダウンともに 10倍 となる計算である
  • バックテストとフォワード成績に大きな差が出ないよう設計している(⇒ リアル運用のための最も重要な性能)
  • 前記と同様に、コントロールポイント(http://goo.gl/e4QQ8Z)と、全ティック(http://goo.gl/T68p48)の、テスト方法による結果の差もほとんど見られない(⇒ 2016年度の成績は横ばい)

引用:FXトレードフィナンシャル ✕ 新規口座開設タイアップキャンペーン(W2C-Dickieプレゼント)

W2C-Dickieバックテストのデータはこちらです。

W2C-Dickie Strategy Tester Report

バックテストとはいえ、 2005年1月3日〜2016年9月9日までの比較的長期間での検証が行われています。

  • 通貨ペア・・・ドル円(USDJPY)
  • トレード回数・・・5564回(月平均40回前後)
  • 勝率・・・43.04%
  • PF(プロフィットファクター)・・・1.20

バックテストデータを見る限りにおいては堅実なEAですね。とはいえ、2016年は伸び悩みも見られます。

口座開設が条件とはいえ、投資助言代理業者のEAが無料で入手できる機会は多くはありません。気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

キャンペーンへの応募はこちらからです。

当然ですが、このEAはFXトレードフィナンシャルのMT4新規口座でしか稼働しませんので注意が必要です。

C評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

ヴァージョンアップして販売再開 過去記事でも何度か取り上げたW2C-Clipper(クリッパー)ですが、ヴァージョンアップして販売を再開したようです。 W2C-Clipper(ve…

Smart Professional FX
Smart Professional FX (スマプロFX)の手法を細かく分析してみた

Smart Professional FX (スマプロFX)【検証とレビュー】 Smart Professional FX (スマプロFX)の手法を細かく分析してみた 先日レビュー…

エスカレーターFX 【検証とレビュー】

エスカレーターFXはSQ-BOXと酷似? 読者様より検証依頼のあった商材です。エスカレーターFXというMT4専用のインディケーターです。 読エスカレーターFXは、(当サイト特典の)…

スマート・リターンFX
スマート・リターンFX【検証とレビュー】

関連:『スマート・リターンFX』に代表される”乖離トレード”を過去のFX商材からピックアップしてみた 関連:Go!Go!!スキャルFX【検証とレビュー】 『スマート・リターンFX』…

steady-FX
steady-FX(ステディーFX)【検証とレビュー】

「steady-FX(ステディーFX)」のレビュー Strategy Testerのデータもフォワードデータも開示なし・・・ 「steady-FX(ステディーFX)」の販売ページに…

井手式7daysFXが評価されるべき3つの理由

井手式7daysFXが明日値上げすることは非常に残念・・・ 井手式7daysFXが、明日(18日火曜日)23時に値上げするそうです。現在の価格は29,800円ですが、値上げ幅は不明…

ダブルブレイクマネージャー【検証とレビュー】

『ダブルブレイクマネージャー』検証とレビュー 熊本地震(死者247人)に便乗した商法とも取られかねないマーケティング手法は賛否両論… 震災により甚大な被害にあった熊本の農村部に莫大…

LogicalFX
Logical FX【検証とレビュー】

「Logical FX」は”水平線”のみでトレードする裁量手法だ シンプルトレードへの回帰が起こっている? サブタイトルに「水平線のみで波の止まりを的確に予測する・・・」とあるよう…

Go!Go!!スキャルFX
Go!Go!!スキャルFX【検証とレビュー】

『Go!Go!!スキャルFX』に代表される”時間決済”の優位性について考察してみる 『Go!Go!!スキャルFX(ゴースキャFX)』検証とレビュー FX商材の量産体制に入ったクロス…

全スタFX 【検証とレビュー】

全スタFXは、カウンタートレード 全スタFXはのシグナル点灯ツールです。逆張りと紹介しているアフィリエイターが多いですが、逆張りではありません。カウンタートレードです。ロジックとし…

高額商材「SJCシストレ実践CLUB」のその後

SJCシストレ実践CLUBを購入した方からの情報 今年(2012年)の6月にご紹介したSJCシストレ実践CLUBですが、購入者から貴重な情報を頂きました。 SJCシストレ実践CLU…

あゆみ式 A Teachert FX Academyを稼働させてみる【検証とレビュー】その2

あゆみ式 A Teachert FX Academyの心臓部「ATeachert」 ATeachertをMetaTrader4に設定してみた 今回の検証記事では、あゆみ式 A Te…