EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社とは?

EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社とは?

C評価商材

EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社

株式会社トリロジーがEAの無料プレゼントキャンペーンを実施しています。トリロジー社はれっきとした投資助言代理業社です。

  • 近畿財務局長(金商)第372号

今回の企画は「FXトレードフィナンシャル ✕ 新規口座開設タイアップキャンペーン」と称して、口座開設を条件にオリジナルEAをプレゼントするというものです。

ナンピン・マーチンゲール型のW2C-Clipper(クリッパー)が過去に破綻

株式会社トリロジーといえば、過去にW2C-Clipper(クリッパー)というEAを販売していますね。

W2C-Clipperはナンピン・マーチンゲール型のロジックを採用し、高度なリスクコントロールを有した、極めて堅実なEAという印象がありました。

ところがそんな堅実なロジックを持つW2C-Clipperですら、急激な円安に耐えきれず口座破綻しました。

当時のUSDJPYチャートを見ると完全な上昇トレンドが発生していることが見て取れます。

出典:ヤフーファイナンス USDJPYチャート(日足)

この圧倒的な上昇相場に、ナンピン・マーチンゲール型のW2C-Clipper(クリッパー)は、為す術もありませんでした。

※その後バージョンアップされたW2C-Clipper(クリッパー)が再販されています。

無料提供されるW2C-Dickie(デッキー)とは?

FXトレードフィナンシャル口座開設を条件に無料提供されるW2C-Dickie(デッキー)とは、どのようなEAなのでしょうか?トリロジー社の説明を引用します。

本自動売買ソフト(W2C-Dickie:ディッキー)のセールスポイント

  • 低スプレッド(=低コスト)のドル円単一通貨ペアを用いているので、フェアな取引が期待できるとともに、取引と資金の管理が容易である
  • エントリー/イグジットが一対の売買ロジックで、トレード回数は月40回前後を誇り、成績の安定化を図っている
  • 狭いレンジ相場が苦手で、逆に大相場を得意とする
  • 勝率は45%前後だが、損切りを早く、利食いを大きく狙うロジックを採用している
  • 2005年〜2015年(11年間)のバックテスト結果はこちら ⇒ http://goo.gl/zfZj4o
  • 10,000ドルの口座に対して、レバレッジ0.1倍の 1,000ドル稼働で、約2,400ドルの利益を積み上げる
    これは、単利で年平均2.2%となる
  • 同期間の最大ドローダウンは、約400ドル(3.2%)と極めて小さい
  • これら成績は、例えば、レバレッジ1倍で稼働させるた場合、純益、最大ドローダウンともに 10倍 となる計算である
  • バックテストとフォワード成績に大きな差が出ないよう設計している(⇒ リアル運用のための最も重要な性能)
  • 前記と同様に、コントロールポイント(http://goo.gl/e4QQ8Z)と、全ティック(http://goo.gl/T68p48)の、テスト方法による結果の差もほとんど見られない(⇒ 2016年度の成績は横ばい)

引用:FXトレードフィナンシャル ✕ 新規口座開設タイアップキャンペーン(W2C-Dickieプレゼント)

W2C-Dickieバックテストのデータはこちらです。

W2C-Dickie Strategy Tester Report

バックテストとはいえ、 2005年1月3日〜2016年9月9日までの比較的長期間での検証が行われています。

  • 通貨ペア・・・ドル円(USDJPY)
  • トレード回数・・・5564回(月平均40回前後)
  • 勝率・・・43.04%
  • PF(プロフィットファクター)・・・1.20

バックテストデータを見る限りにおいては堅実なEAですね。とはいえ、2016年は伸び悩みも見られます。

口座開設が条件とはいえ、投資助言代理業者のEAが無料で入手できる機会は多くはありません。気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

キャンペーンへの応募はこちらからです。

当然ですが、このEAはFXトレードフィナンシャルのMT4新規口座でしか稼働しませんので注意が必要です。

C評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

Dealing FX 【検証とレビュー】

Dealing FXは現代版「酒田五法」か Dealing FXは、裁量系の商材です。プライスアクショントレードマニュアルとあるように、レート(値)のアクション(動き)やチャートパ…

【全世界で第1位】ストラテジーの最高峰「MultiAgent」のシグナル配信がスタート
【全世界で第1位】ストラテジーの最高峰「MultiAgent」のシグナル配信がスタート

年間収益率439.96%と驚異的な成績を誇る「MultiAgent」 昨年(2016年)、世界でもっともストラテジー数を揃えたとされるインヴァスト証券の「シストレ24」にて、年間ア…

FXスキャル・パーフェクトシグナルが、世界的なドル売り市場でトレンドを捉え”圧勝”

世界的なドル売りでUSDJPYが続落中 先先週後半(8月21日)からドルが続落しています。世界的なドル売り優勢は今週に入っても終わりそうにありません。主な原因は世界同時株安ですね。…

トレンドハックFX
トレンドハックFX【検証とレビュー】

「トレンドハックFX」はMTFによる環境認識を重要視した裁量トレード手法だ 環境認識を重要視した裁量トレード手法をレビューします。トレンドハックFXです。 タイトル:トレンドハック…

SCALPANIC-FX 【検証とレビュー】

スキャル”ピング”ではなく、スキャル”パニック” 検証依頼を頂いていた商材をご紹介します。SCALPANIC-FXという商材です。SCALPANIC-FXの綴りは「スキャルピング-…

「トレードと凡事のお話」とビクトリーメソッドアドバンス

「トレードと凡事のお話」を読んでいないなんて、もったいない! 本日は「トレードと凡事のお話」をご紹介します。 「トレードと凡事のお話」とは佐野裕氏のメルマガコンテンツとして提供され…

あゆみ式 A Teachert FX AcademyにSQIを重ねてみた【検証とレビュー】その3

あゆみ式 A Teachert FX Academyの「ATeachert」 「ATeachert」は、トレンドフォローを捉えるためのインディケーターとして提供されています。 あゆ…

Bear Time FX
Bear Time FX【検証とレビュー】

Bear Time FXはどんな商材か? 「Bear Time FX」は日本企業の実需による”ドル円の売買”’を利用して安定的に稼ぐEAだ 今回レビューする「Bear Time F…

90日間1000万円プログラム 【検証とレビュー】

元リーマンブラザーズ社員が商材販売 元リーマンブラザーズ社員が、日本で情報商材販売をしています。ご存じの通りリーマンブラザーズは、2008年9月に倒産して、世界的金融危機(リーマン…

大市民流FX資産構築メソッド
大市民流FX資産構築メソッドが価格改定

大市民流FX資産構築メソッドが値下げ 先日レビューした大市民流FX資産構築メソッドの販売価格が改訂され、かなりお求めやすい値段となっています。 販売当初:64,800円 現在の価格…

buddhatrend A-Spec 【検証とレビュー】

GMMAを使ったツール 検証依頼が急激に増えている商材をご紹介します。「buddhatrend A-Spec」というツールです。GMMAというインディケーターをベースにしている、シ…

ドルスキャワールドFX
ドルスキャワールドFX【検証とレビュー】

ドルスキャワールドFXオート【検証とレビュー】 「ドルスキャワールドFX」とはどんなFX商材か? 「ドルスキャワールドFX」はUSD/JPY1分足スキャルのサインツール商材だ ドル…