スパモニFX -Super Morning FX-【検証とレビュー】

スパモニFX - Super Morning FX -【検証とレビュー】

スパモニFX – Super Morning FX -【検証とレビュー】

D評価商材

『スパモニFX -Super Morning FX-』検証とレビュー

”朝トレード”に特化したFX商材

早朝6時から朝8時までの2時間のみトレードするFX商材、それが『スパモニFX -Super Morning FX-』です。

スパモニFX
スパモニFX -Super Morning FX-
販売元:那住 善治郎
発売日:2017/12/03
メディア:PDFテキスト
公式サイト:https://supermorningfx.com/salespage/

相場は自分の都合で動いてくれない

ボラティリティの小さな市場で勝負することの難しさ

日中や夜間にトレード時間を確保できないユーザーにとっては、早朝の空き時間に取引できることは大きなメリットです。

しかし、相場はあなたの都合に合わせてくれることはありません。投資の大原則として、「勝てるときに勝負する」というのがあります。言い換えれば「優位性のある時間帯(タイミング)を狙う」ということです。早朝しか時間が取れないからといって、その時間に相場が都合よく動いてくれるとは限りません。

特に日本時間の早朝は、1日を通して最もボラティリティが少ないとされる時間帯です。開いている市場はウェリントン(ニュージーランド)、シドニー(オーストラリア)くらいです。いわゆるオセアニア市場と呼ばれるマーケットですね。ボラティリティが小さな市場では、そもそも参加者が少ないため、トレンドを形成しづらく細かなノイズで推移することが多いです。大きな動きがなく、レートの方向性を見極めづらい市場であるため、利ざやを抜きにくいとされています。

オセアニア市場の特徴

早朝時間(オセアニア時間)は全くトレードに適していないのか?オセアニア市場は、NY市場のクローズと重なるようにオープンするため、NY市場の動きに同調する方向に動きやすいとされています(※月曜日以外)。ですので基本的には、NY市場で形成されたトレンドと同方向へエントリーすることがセオリーとされています。とはいえ、大きなボラは見込めないため、抜ける利幅も限定的です。

月曜日の”窓開け”に注意

オセアニア時間でのトレードで最も注意が必要なのは、月曜日の早朝トレードです。為替市場は土日は完全にクローズです。月曜日の早朝であるオセアニア時間は、週末のクローズ後に最も早く開く市場です(厳密には中東のバーレン市場が週末に開いています)。

土日に大きなニュース(経済・政治)があれば、その影響はまっさきに週明けのオセアニア時間に出ます。週末のニュースを受けて為替が動くと睨んだ多くの機関投資家やトレーダーのお金が、この小さなオセアニア市場に一気に流れ込むわけです。その結果、起こるのが「窓開け」(=ギャップ)と呼ばれる”レートの極端な飛び”です。

「窓開け」後は、開いたレートを埋めるような動きをすることが知られています。この動きを狙ったトレードが「窓埋めトレード」です。過去記事でもなんどか取り上げました。

窓埋めで7月だけで219万円の利益確定した現役大学院生が先日の大暴落で破綻した!?

『スパモニFX -Super Morning FX-』の特徴

早朝トレードで月利平均10%〜

スパモニFXは、早朝のみのトレードで月利平均10%以上を目指すストラテジーです。朝だけで月利10%を狙うというのは、非常に大胆ですね。ボラの少ない市場で10%を超える月利が可能であれば、多くの早朝トレーダーにとって可能性が開けます。

取引通貨ペアはドル円(USD/JPY)のみ

取引通貨ペアはドル円(USD/JPY)のみです。ボラティリティの少ない時間帯で、なおかつボラティリティの少ない通貨ペアを選択しています。

6時30分〜8時にEntry、その後はOCO(指値・逆指値)

エントリーの時間帯はルールで細かく定められています(6時30分〜8時)。エントリー後はOCO注文にて利食いラインと損切りラインを事前に設定しておきます。基本的には放置ですが、必要に応じて裁量判断にて手仕舞いを行うというスタイルです。

損小利大のトレンドフォロー

ロジックの基本はトレンドフォローであり、前日(直近)のNY相場の動きに同調する方向で仕掛けるという王道手法といえます。NY時間に明確なトレンドが形成されていれば、そのトレンドに同調する方向でEntryすることになります。逆にNY時間がレンジ(ヨコヨコ)状態であれば、朝の取引は見送るなど、ロジックは明快です。

スパモニFXのEntry例

スパモニFXのEntry例

損切りラインは極めて小さく、一方利食いラインはトレンド時の大きな利益を狙っていくため、「損小利大」です。リスクリワードは1:5、つまり損切りが10pipsならば利幅はその5倍、50pipsということです。勝率は30%前後ですので、”小さく負けて大きく取る”を地で行くスタイルですね。

使用するテクニカルは移動平均線のみ

トレンドフォローがベースですが、使用するテクニカルは移動平均線のみという、なかなか大胆な手法です。

スパモニFX
スパモニFX -Super Morning FX-
販売元:那住 善治郎
発売日:2017/12/03
メディア:PDFテキスト
公式サイト:https://supermorningfx.com/salespage/

『スパモニFX -Super Morning FX-』の欠点

まず『スパモニFX -Super Morning FX-』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

1.決して勝率は高くない

勝率は30%前後と、決して高くはありません。勝てる日は月に3日から4日程度です。残りの12〜15日は引き分けもしくは負けトレードとなります。この勝率の低さでも十分に利益を残せるのは、リスクリワードバランスが1対5であるからです。小さな損切りを繰り返し、数少ない大きなトレンドで収支をプラスにするわけです。

2.ダイナミックなトレードはできない

早朝に仕掛け、その後はOCO注文でほったらかしです。お昼や夕方にチャートを見て、状況に応じて裁量決済を行います。淡々とトレードをおこなうので、ビッグトレンドには乗りづらいですね。

商材の欠点

  1. 決して勝率は高くない
  2. ダイナミックなトレードはできない

『スパモニFX -Super Morning FX-』の評価点

次に『スパモニFX -Super Morning FX-』の評価できるポイントを解説します。

1.無駄なトレードが減る

スパモニFXは、早朝(6時30分〜8時)のみに仕掛けるというシンプルなトレードが特徴的です。その後はOCO注文で基本的には放置です。1日に1回のトレード、しかも直近の相場環境によっては「見送り」=ノートレードもありえます。無駄なトレードが減り、ポジポジ病を克服することができるようになります。

2.早朝の相場の動きに慣れる

毎回同じ時間帯に相場をチェックし、相場環境を見極めます。繰り返すことで早朝の相場の動きに対して「相場観」が身につくようになります。「相場観」はトレーダーにとって大きな武器となります。

3.ストレスが少ない

限定された時間帯に決まったルールでトレードを繰り返します。長時間のチャート監視に比べると、非常にストレスの少ないトレードが可能です。

商材の良点
  1. 無駄なトレードが減る
  2. 早朝の相場の動きに慣れる
  3. ストレスが少ない

『スパモニFX -Super Morning FX-』総合評価

D評価商材

【結論】NY時間のトレンドに便乗し損小利大を目指すトレンドフォローは、早朝トレードとしては王道手法だ
勝率は高くはないが、リスクリワードバランスで損小利大が可能
日中や夜間にチャート張り付きが困難な人にとっては選択肢の一つだ

スパモニFXは、シンプルな早朝トレード商材です。直近のNY時間の相場に同調する方向で仕掛け、損小利大を可能にする手法は、初心者でも取り組みやすいといえます。

スパモニFXと同じような「早朝トレードFX商材」に、岡安盛男のFX 極(モリオのFX)があります。

岡安盛男のFX 極(モリオのFX)【検証とレビュー】

岡安盛男のFX 極(モリオのFX)は、「早朝IFDOCO型トレード」です。つまり、

  1. 朝一でチャートを確認し逆指値注文を入れておく=IFD注文
  2. 同時にOCO注文で利確と損切りを設定してそのまま放置

NY市場でのトレンドが大引けによって「調整」に入り、その後の明け(東京市場)でトレンドが再開するという市場の性質(傾向)を利用したトレードです。基本的には、スパモニFXと同じロジックを採用しています。

早朝トレードならば、岡安盛男のFX 極(モリオのFX)をお薦めする

早朝トレード手法を探しているならば、よりロジカルな手法である岡安盛男のFX 極(モリオのFX)をおすすめします。朝一番で注文作業を完了すれば、あとは完全に放置です。谷底での逆指値注文ですので、トレンドの初速を狙うことが可能になります。スパモニFXに比べるとよりダイナミックなトレードが可能になります。

スパモニFXを検討するならば、まずは岡安盛男のFX 極(モリオのFX)の検証レビュー記事を読んでからでも遅くはありません。

商材の良点
  1. 無駄なトレードが減る
  2. 早朝の相場の動きに慣れる
  3. ストレスが少ない
商材の欠点
  1. 決して勝率は高くない
  2. ダイナミックなトレードはできない

『スパモニFX -Super Morning FX-』を購入するべき人

  • 早朝(6時30分〜8時)にチャートをチェックできる人
  • 早朝トレードに興味のある人
  • ポジポジ病を克服したい人
  • 日中や夜間にチャートに貼り付けない人

『スパモニFX -Super Morning FX-』を購入してはいけない人

  • ボラティリティを狙ったダイナミックなトレードが好きな人
  • 高い勝率を目指したい人
  • スキャルピング商材を探している人
スパモニFX
スパモニFX -Super Morning FX-
販売元:那住 善治郎
発売日:2017/12/03
メディア:PDFテキスト
公式サイト:https://supermorningfx.com/salespage/

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

トレンド・ディスカバリーFX
トレンド・ディスカバリーFXが重要視する”通貨の競争力”とは?

トレンド・ディスカバリーFXが重要視する相場環境認識=通貨の競争力 先日「トレンド・ディスカバリーFX」をレビューしました。 トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】 トレン…

フリスタFX(フリースタイルFX)【検証とレビュー】

フリースタイルFX(フリスタFX)を販売する(株)チャートマスターの気になる”素行” フリスタFXという商材について問い合わせを頂きました。こちらがフリスタFXの公式サイトです。 …

FXエントリー&FXアカデミー 【検証とレビュー】

非常に真面目で好感を持てる商材 FXエントリー&FXアカデミーは、かなり以前から販売されている商材ですね。中身は、メタトレーダー用のインディケーター(複数)とマニュアルです。 そし…

全力FX大学 【検証とレビュー】

全力FX大学は月額課金のFXオンラインスクール 全力FX大学は、月額課金制のFXオンラインスクールです。 講師はFX全力男さんです。FX全力男さんは、過去に全スキャFXや全スタFX…

FXシステム堅【KEN】 【検証とレビュー】

月利3%というリターンについて考察してみる システム堅はナンピン・マーチンゲール型のEAです。状況に応じて両建ても行います。 マイクロロット(0.01)スタートで月利3%を狙うとい…

トリニティスキャルパーFX 【検証とレビュー】

Mr.Brain氏のトリニティスキャルパー 注目のEAが登場しました。トリニティスキャルパーFXです。開発者はMr.Brain氏ですね。これまでも数々のEAを制作・販売してきた実績…

デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証する

デブトレFXを購入しました ”デブトレFX”はシンプルだが決して侮れない デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証 最近、デブトレFXに関して問合せが増えて…

あゆみ式 A Teachert FX Academyを稼働させてみる【検証とレビュー】その2

あゆみ式 A Teachert FX Academyの心臓部「ATeachert」 ATeachertをMetaTrader4に設定してみた 今回の検証記事では、あゆみ式 A Te…

AMMA
選択型自動売買システムAMMA(セレクション365)【検証とレビュー】

『選択型自動売買システムAMMA(セレクション365)』検証とレビュー 選択型自動売買システムはコピートレードの一種 株式会社トリロジー(Trilogy Inc.)によるサービスを…

シンプルフォースFX 【検証とレビュー】

シンプルフォースFXはシグナル点灯ツール 読者様からの検証依頼がありましたので、取り上げてみます。 シンプルフォースFXは、MT4専用の矢印点灯ツールです。ご覧の通り、チャート上に…

スマート・リターンFX
『スマート・リターンFX』に代表される”乖離トレード”を過去のFX商材からピックアップしてみた

レンジ相場における「乖離からの収束」という性質を利用したストラテジーは数多く存在する 先日レビューした『スマート・リターンFX』ですが、基本ロジックは乖離トレードと呼ばれるものです…

SIGNARIDE FX
SIGNARIDE FX【検証とレビュー】

『SIGNARIDE FX』検証とレビュー 『SIGNARIDE FX』はシンプルな矢印のみのインジケーター シンプルな矢印シグナルインジケーター『SIGNARIDE FX』をレビ…