暴れん坊のトルコリラがまたもや傍若無人ぶりを発揮

暴れん坊のトルコリラがまたもや傍若無人ぶりを発揮

暴れん坊のトルコリラがまたもや傍若無人ぶりを発揮

荒ぶるトルコリラ(TRY/JPY)…

トルコリラ円(TRY/JPY)が史上最安値更新後に急反発

ニュースにも取り上げられているのでご存知だと思いますが、トルコリラ通貨が久々に大暴れしています。

トルコリラ急落 ミセスワタナベの売り、逆張りとの攻防激化

2018/5/23 10:05日本経済新聞 電子版

 23日早朝の東京外国為替市場でトルコリラが対円で急落した。政治情勢が不安定ななかで中央銀行の独立性への懸念も強まっており、リラ売りが止まらない。今朝の急落は日本国内で外為証拠金(FX)取引を手掛ける個人投資家「ミセスワタナベ」のロスカット(損失覚悟)のリラ売りが膨らんだのがきっかけのようだ。安値はFX会社によって異なるが、1リラ=22円台半ば~23円台前半。いずれにしろ過去最安値の水準だ。

ミセスワタナベの取引は相場の流れにあえて逆らう「逆張り」の比率が高い。このためトルコの政治情勢の不透明感が強まっても、リラ買いは途切れない。足元でもリラ買いが消えたわけではなく、ある大手FX会社では9時時点で1リラ=23円台前半からリラ買い注文が一気に厚みを増している。とはいえ数週間前に比べると売りが目立つようになってきた。

引用:2018/5/23 10:05日本経済新聞 電子版

まずは昨日(2018年5月23日)早朝に発生したトルコリラ円(TRY/JPY)大暴落。

その翌日(2018年5月24日)、一気に元値まで急騰しました。TRY/JPYチャートでみるとこんな具合です。

トルコリラの急落を嫌ったトルコ中央銀行が緊急利上げを行った結果、市場が急激に反応。瞬時にして前日と同水準まで戻しました。

今回のトルコリラ大暴落で無慈悲に散った人々…

トルコリラ大暴落によって資産を吹き飛ばした人も多数いるようです。

トルコリラが過去最安値を更新した原因は”ミセスワタナベ”だ

そもそものトルコリラ急落原因は、ミセスワタナベ(別称:キモノ・トレーダー)の存在だとされています。

ミセスワタナベとは、日本の個人投資家のことを総称して海外(特に欧州)で侮蔑的な意味を込めて名付けられています。まあ、ジャパニーズ素人投資家=カモ、という軽蔑した隠語だったわけですが、それが今や「日本の個人投資家」という意味で広く使われるようになりました。

そんなミセスワタナベ(日本の個人投資家)がトルコリラを大好きな理由は、高金利通貨であるからです。

トルコリラの政策金利はここ数年7〜8%を推移しています。少しさかのぼれば2008年には15%という超高金利を実現していました。

当然、トルコリラを保有していればスワップポイントが得られます。トルコリラの政策金利が高いため、スワップポイントにレバレッジをかけることで、保有しているだけで高額のスワップ金利が手に入ったのです。

TRY/JPY(トルコリラ円)という「鬼門」を開けたFXプライム

2016年10月にFXプライムbyGMOがトルコリラ通貨の取扱を開始したときは、1万通貨あたり80円/日のスワップポイントが得られると謳っていました。

1日に80円(1万通貨)もらえるということは、100万通貨を保有すれば、毎日8000円が自動的に何もせずに手に入るということを意味します。

スワップ狙いが裏目に出た

多くの個人投資家が、トルコリラのスワップ金利狙いで、トルコリラを保有していました。ある程度為替変動があっても持ちこたえられるよう、証拠金やレバレッジを調整していたのでしょう。

とはいえ、トルコリラは他の高金利通貨と同様、為替変動率が極めて高い通貨です。思惑を超える変動が起きれば、ミセスワタナベのポジションは一気にロスカットされてしまいます。

今回のトルコリラ大暴落は、ミセスワタナベ(スワップ狙いの個人投資家)のリラ売りが原因とされています。

下落に耐えられなくなった個人投資家がリラ売に転じ、それが連鎖して下落に拍車がかかり、さらなるリラ売りやロスカットを引き起こしたのです。

その結果が、今回の大暴落です。

高金利通貨で”口座破綻”した私の知人

このブログで何度か取り上げていますが、私の知人はトルコリラと同様の高金利通貨である「南アフリカランド」の取引で口座破綻しました。

私の知人はこの方法で破綻した

2008年頃、私の知人が南アフリカランド円(ZARJPY)で、このトラリピ手法(厳密にはちょっと違いますが、考え方は同じです)を使ってトレードを行っていました。彼は、その当時、15~16円で推移していたランド円を、最悪12円まで持ちこたえられる計算で(かなりハイリスクですね)トレードを行っていました。

実際のところ、彼の手法は全戦全勝でした。一時的に含み損を抱えても、レートが戻してすべてプラス決済になりました。しかも当時のランド円は、スワップポイントも高く、キャピタルゲインとインカムゲインの両方で稼いでいました。

しかし、皆さんもご存じのとおり、その後のランド円の暴落が発生し、彼は市場から撤退せざるを得なくなりました。莫大な含み損に耐えられず、口座の資金を溶かしてしまったんですね。これが投資の怖さです。

引用:トラップリピートイフダンは本当に稼げるか?

暴れん坊の「トルコリラ」と付き合う場合は慎重に…

スワップ生活を夢見てトルコリラを買っていた投資家は、今回の大暴落で大打撃を受けたでしょうね。

さすがに22円まで持ちこたえられた人はいないでしょう。もしいたら、それは暴落を知らなかった人だけでしょう(なおかつレバ1倍の人だけ)。

大半の投資家は、さすがに22円台まで暴落するとは予想していなかったはずです。アナリストですら年初(2018年)の予想は26円前後です。

スワップ生活にも大きなリスクが存在していることを忘れずに…

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

USDJPY_EURUSD PRO 【検証とレビュー】
金融庁が悪質ブローカーを本気(マジ)で潰しにかかってきた件

最大1億円の過怠金を含むFX業者規制内容とは? 金融庁が、悪質FXブローカーの取り締まりに本気を出します。2013年5月31日(金)の日本経済新聞ニュースです。 FX取引、売買価格…

アルゴスクリプトラボ「TES」、HYIP詐欺の可能性を探る
破綻したアルゴス「TES」、HYIP詐欺の可能性を探る

アルゴス「TES」破綻の続報 仮想通貨アービトラージファンド「TES」が破綻し、運営母体であるアルゴスクリプトラボ(ARGUS CRYPTO Laboratory)が飛んでから約1…

玄人工房株式会社のEAは自動売買の聖杯なのか?
投資詐欺に遭わないためにあなたが見るべき動画

うまい話に乗るまえにこれらの動画を見るべき ここのところ、投資詐欺(疑惑)事件をいくつか取り上げました。 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経…

オリジナル特典(無料)のご紹介

当サイト限定のオリジナル特典(無料プレゼント) このサイトからFX情報商材をご購入いただいた方には、3つの特典を無料でご提供させて頂きます。 2013年に数名の実力トレーダーが集結…

優勝賞金1000万円!のFXトレーディングコンテスト(トレコン)が開催

優勝賞金1000万円のトレードコンテスト(トレコン)が開催される 優勝賞金1000万円のFXトレーディングコンテスト(トレコン)が日本で開催されます。主催は、フロフィットホールディ…

【川合美智子】4月後半から5月前半にかけての注目通貨ペアはズバリ「ユーロ/米ドル」

”ストラテジスト”を上手に活用していますか? FX情報商材の業界ではテクニカルトレーダーが幅を利かせていますね。MT4のインジケーターやプライスアクションなど、チャートのみでトレー…

【誤解】”ナンピン”は決して「禁じ手」ではない
”ナンピン”は決して「禁じ手」ではない

”ナンピン”は極めて難易度の高い戦略だ 先日の『ナンピンFX ドル円版』レビュー記事に反響がありました。 ナンピンFX ドル円版 販売元:合同会社あゆみインベストメント 発売日:2…

【速報】アルパリが破綻
【速報】アルパリが破綻

スイスフラン(CHF)ご乱心でアルパリが破綻した スイスの中央銀行である国立銀行が相場介入を廃止(対ユーロの上限を撤廃)する発表を受けて、為替相場が大荒れしました。スイスフラン日本…

GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました
俺の口座、凍結されたよ!

俺の口座、凍結されたよ! 今日は、口座凍結に関するウワサを検証したいと思います。 表題の「俺の口座、凍結されたよ!」というのは、私の知人が電話口で発した第一声です。 彼は、某ブロー…

【元国税庁が警鐘を鳴らす】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…
【元国税庁が警鐘】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…

仮想通貨は必ず衰退する!? 毎日のようにメディアを賑わす「仮想通貨」。 最近では、昨年「仮想通貨取引」で億万長者になった人が331人だったと国税庁が発表したばかりです。 2017年…

10万円を6億円にしたトレーダーGFF氏が金銭トラブル?
10万円を6億円にしたトレーダーGFF氏が金銭トラブル?

GFF氏を覚えていますか? GIFF氏(通称「グフフ」)を覚えていますか?以前、このブログでもご紹介しました。たった3ヶ月で、10万円を6億円にまで増やしたFXトレーダーです。 1…

会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件 また事件ですね。伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その…