当ブログのオリジナル特典はこちら

2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

【FX初心者対象】オシレーターおすすめはどれ?【その1】

【FX初心者対象】オシレーターおすすめはどれ?【その1】
【FX初心者対象】オシレーターおすすめはどれ?【その1】
【FX初心者対象】オシレーターおすすめはどれ?【その1】
【FX初心者対象】オシレーターおすすめはどれ?【その1】

【FX初心者対象】オシレーターおすすめはどれ?【その1】

オシレーター系テクニカル指標には、様々な種類があります。メジャーなものだけでも次の通り。

  1. ADX
  2. ATR
  3. CCI
  4. MACD
  5. RSI
  6. RCI
  7. ストキャスティクス

FX初心者にとっては、どれを使えばよいのか迷いますよね。まずは、先に上げた7つのオシレーターの中から選択することをおすすめします。

さて、FX初心者を対象にどのオシレーターを使えば幸せになれるのか?について2回に分けて解説していきます。

第一弾の今回は、以下の3つのオシレーター解説です。

  1. ADX
  2. ATR
  3. CCI

それぞれのオシレーターの特徴や利点などを要約して説明します。

2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

1.ADX

ADXとは
ADXとは

ADXは、Average Directional Movement IndeXの略です。直訳すると平均方向移動指数”です。ADXば、相場の勢い(=モメンタム)を把握するためのテクニカル指標です。現在のトレンドが強いのか、それとも弱いのか?を観測するための指標として使われることの多いインジケーターです。

3本の線が表示されていますが、実線がADXです。ADX単体(実線)では上昇・下降という方向性は一切示さないのですが、同時に表示される点線(赤点線・緑点線)によって上昇・下落を判断します。

  • ADX=トレンドの勢い・強さを示す
  • ±DI=それぞれの位置関係でトレンドの方向性を示す

【FX手法】ADX手法でバカ勝ちするための正しい設定と使い方を学ぶ

2.ATR

ATR(Average True Range)
ATR(Average True Range)

ATRはAverage True Rangeの略です。直訳すると”真の値幅の平均”という意味になります。ATRは、価格変動は時間と共に大きくなっているのか?それとも小さくなっているのか?そしてその変動幅はどれくらいなのか?などを視覚的に把握するためのインジケーターです。

価格変動(ボラティリティ)の度合いを確認したり、損切り幅や利確幅の目安として活用するなど、様々な使い方が可能な万能選手です。

3.CCI

CCIをMetaTrader4に表示させるとこんな感じ
CCIをMetaTrader4に表示させるとこんな感じ

CCIは、Commodity Channel Indexの略です。直訳すると商品チャネル指数”という意味になります。CCIは、ざっくり説明すると移動平均線からどれくらいレートが乖離しているかをビジュアル化したテクニカル指標であり、相場の周期(上下動のリズム)を数値化して売られすぎや買われすぎという過熱感を読み取るために活用されます。

どちらかといえば、日本よりも海外のFXトレーダー間で人気のあるオシレーター…という印象ですね。

使い方は様々なで、1本表示だけでなく、2本表示させてその位置関係で仕掛けや手仕舞いのタイミングをとるなど、アレンジ手法が多く存在します。

次回は、残りの4つのオシレーター系テクニカル指標を解説していきますね。

  1. MACD
  2. RSI
  3. RCI
  4. ストキャスティクス

【FX初心者対象】オシレーターおすすめはどれ?【その2】

広告(スポンサーリンク)
FX情報商材ランキング|2021年版

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら