トレテンワールドFX【検証とレビュー】

トレテンワールドFX【検証とレビュー】

トレテンワールドFX【検証とレビュー】

C評価商材

『トレテンワールドFX』検証とレビュー

トレンド転換を捉えるインジケーター『トレテンワールドFX』

『トレテンワールドFX』は、トレンド発生中に出現する大陰線大陽線を捉え、シグナルを点灯させるインジケーターです。

トレテンワールド
【時給64,167円の衝撃】トレテンワールドFX
販売元:株式会社金馬新聞
発売日:2017/11/09
メディア:インジケーター
公式サイト:http://toreten-tp.main.jp/

販売者は『東京オンリーFX』や『ドルスキャワールドFX』でおなじみの株式会社金馬新聞です。

トレンド転換の兆しとなる大陰線・大陽線

大陰線・大陽線とは?

そもそも大陰線・大陽線とは何でしょうか?

ローソク足は実体部分とヒゲによって構成されています。そして実体部分が極めて長いローソク足のことを大陰線・大陽線と呼びます。

大陰線と大陽線

大陰線と大陽線

上図Chartには、ヒゲがほとんどなく実体部分が極めて長いローソク足が3本(陽線1本、陰線2本)出現しています。これらが大陽線・大陰線です。

「底値圏の大陽線買い、高値圏の大陰線売り」

これらの大陰線・大陽線ですが、古くから伝わる相場格言にたびたび登場します。

「底値圏の大陽線買い、高値圏の大陰線売り」

大陽線後の下げは買い、大陰線後の戻りは売り」

大陰線や大陽線の出現は常に相場転換の合図として、多くの投資家から重宝されてきたわけです。

『トレテンワールドFX』の中味を解説

1時間足でOCO注文

『トレテンワールドFX』は、上昇トレンド発生中に出現する大陰線や、下降トレンド発生中に出現する大陽線をシグナルで知らせ、トレンド転換を狙い撃ちするストラテジーです。

使用する足は1時間足。15~20時(東京終了〜ロンドン開始)、そして0時~2時(ロンドン終了)をトレード推奨時間帯としています。

推奨通貨ペアは以下の3つ。

  1. USDJPY
  2. EURJPY
  3. EURUSD

利益確定&損切りをエントリーと同時に注文(OCO注文)をするため、仕掛け後はチャートへの張り付きは不要です。

リミット・ストップラインも自動的にチャート上に描写してくれます。エントリーのベースになったローソク足の実体の長さと同じ幅で利確幅・ストップ幅を決めています。

つまり、リスクリワードは1:1ということになります。

『トレテンワールドFX』を実際に稼働させている動画

『トレテンワールドFX』を実際に稼働させている動画がこちら。

まずは「売り」エントリーです(0分50秒〜)。

見事に利確(+18.5pips)しています。

次に「買い」エントリーのパターン(下の動画 1分30秒〜)を御覧ください。最初のエントリーは利確(+17.1pips)、次は損切り(▲13.2pips)しています。更にエントリーし利確(+17.4pips)しています。

”買われすぎ・売られすぎ”からの「反転(逆張り)」を狙う

『トレテンワールドFX』は、単純に「大陰線」「大陽線」のみを捉えてシグナルを出しているわけではありません。

「買われすぎ」「売られすぎ」を数値化して捉えるオシレーター系テクニカルを併用して、シグナルをフィルタリングしています。

  • 第1段階…トレンド中の買われすぎ・売られすぎを数値化することでトレンド転換を予測
  • 第2段階…買われすぎ・売られすぎ後に出現する明確なトレンド転換ポイント(大陰線・大陽線)で仕掛ける(つまり逆張り)

上記のように2段階で仕掛けのタイミングを捉えているわけです。

トレンド中の逆張りを仕掛けるために、2つのオリジナルインジケーターが提供されます。

  • Trender3…大きな矢印(トレンド方向性を示す)
  • Big Cndle Stick…小さな矢印(エントリーシグナル)

大きな矢印によってトレンドの方向性を示し、その方向と同調する転換ポイントで小さな矢印(シグナル)を点灯させてエントリーを行います。

EA(自動売買システム)が付属

『トレテンワールドFX』は、インジケーター型のシグナルツールですが、同ロジックを自動売買化したEAも無料提供されます。

EAのバックテストは販売ページ内で公表されており、右肩上がりの成績を残していることがわかります。

トレテンワールドFX EAバックテスト結果(USDJPY)

トレテンワールドFX EAバックテスト結果(USDJPY)

トレテンワールドFX EAバックテスト結果(EURUSD)

トレテンワールドFX EAバックテスト結果(EURUSD)

トレテンワールドFX EAバックテスト結果(EURJPY)

トレテンワールドFX EAバックテスト結果(EURJPY)

トレテンワールドFX EAバックテスト結果(3通貨合算)

トレテンワールドFX EAバックテスト結果(3通貨合算)

とはいえ、これらはあくまでバックテスト結果にすぎませんので、今後も同様の成績が保証されるわけではありません。あくまでも参考データとして捉えるべきです。

トレテンワールド
【時給64,167円の衝撃】トレテンワールドFX
販売元:株式会社金馬新聞
発売日:2017/11/09
メディア:インジケーター
公式サイト:http://toreten-tp.main.jp/

『トレテンワールドFX』の欠点

まず『トレテンワールドFX』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

1.リスクリワードが「1:1」なので勝率50%超が不可欠

『トレテンワールドFX』の最大の特徴ともいえる点が、1:1のリスクリワードです。

利幅・ストップ幅を、シグナルの基になったローソク足実体の長さ(幅)と同一にするというルールがあるため、リスクリワードは1:1となります。1:1のリスクリワードであれば、勝率は50%を超えなければトータルでマイナスになってしまいます。

無裁量の逆張りロジックであるため、利幅を大きく取ることに躊躇がみられますね。これはちょっともったいないです。

できれば、ここに裁量を加えて、利幅を伸ばす工夫をしたいところです。逆張りとはいえ、相場が大きく転換する可能性を秘めたポイントも多々あります。逆張りで大きなトレンドに乗ることができたのに、小さな利幅で利確するのは戦略的にもマイナスです。

高い勝率が望めない以上、利益が伸びたらストップを段階的に切り上げていき大きな利幅を狙うべきです。

2.1時間足ベースなのでエントリーチャンスは多くない

執行時間足は1時間足です。1時間毎にシグナルの有無を確認し、シグナル点灯で仕掛けを行います。

トレード推奨時間も1日(24時間)の中で、限定されています。

  • 15時〜20時
  • 0時〜2時

上記時間内でトレンド転換が発生しなければ、シグナルは出ません。ビッグトレンドが発生すれば、エントリーチャンスは皆無となります。

1回もトレードできないという日も十分にあり得ます。

3.”逆張り”なので強いトレンド相場では勝てない(そもそもシグナルが出ない)

『トレテンワールドFX』の逆張りロジックは2段階です。

  • 第1段階…トレンド中の買われすぎ・売られすぎを数値化することでトレンド転換を予測
  • 第2段階…買われすぎ・売られすぎ後に出現する明確なトレンド転換ポイント(大陰線・大陽線)で仕掛ける(つまり逆張り)

『トレテンワールドFX』のロジックが有効に作用するには、買われすぎ・売られすぎによってトレンド転換が起こることが大前提となっていることがわかります。

しかしながら、極めて強いトレンド(ビッグトレンド)が発生すると、買われすぎ・売られすぎ指標(RSIなど)は、天井圏に張り付いて推移します。つまり転換しないということ。その局面で大陰線や大陽線が出現しても単なる押し目・戻りを付けたにすぎず、仕掛けても負けてしまいます。

トレンド転換が起こり得る場面でなければ、『トレテンワールドFX』の逆張りロジックは優位性を発揮することができません。

このあたりが、”トレンド中の逆張り”の難しさですね。

商材の欠点
  1. リスクリワードが「1:1」なので勝率50%超が不可欠
  2. 1時間足ベースなのでエントリーチャンスは多くない
  3. ”逆張り”なので強いトレンド相場では勝てない(そもそもシグナルが出ない)

『トレテンワールドFX』の評価点

次に『トレテンワールドFX』の評価できるポイントを解説します。

1.トレンド転換を捉えやすい”1時間足”を採用

『トレテンワールドFX』は、1時間足のトレンド転換にのみ特化した手法です。

この手のFX商材においては、5分足、15分足や30分足など短い時間足でのトレンド転換を狙うスキャル系のものが多いですが、『トレテンワールドFX』はあえて1時間足という比較的長い足に特化しています。

トレンド転換につながる兆候(サイン)は、小さな時間足よりも大きな時間足のほうが確度が高いとされています。小さな時間足では、ノイズであることが多くダマシにつながりやすいからです。

また、1時間足を採用することで、トレードにゆとりが生まれ、「待つ」ことが可能になります。

2.ほぼ無裁量(高い再現性)

『トレテンワールドFX』は、チャート上のシグナルに従って仕掛け・手仕舞いをおこなうだけです。ENTRYタイミングや利確ポイント・ストップポイントも明確であり、ほとんど裁量が必要とされません(※)。その点において、非常に高い再現性を有しています。

※利幅&ストップ幅が5pipsに満たない場合はサインを見送るという追加ルール(裁量)があります。

チャートもシンプルで、スッキリしています。

3.トレード時間を厳選することで優位性を高める工夫

『トレテンワールドFX』の弱点であるレンジ相場を避けるために、あえてトレード時間を厳選しています。

  • 15時〜20時
  • 0時〜2時

つまり、東京時間終了〜ロンドン時間、さらにロンドン時間終了という局面を狙うわけです。この時間以外でのトレードは非推奨とされています。

ストラテジーの優位性を最大限発揮するためにトレード時間を厳選することは、極めてロジカルな考え方です。

4.付属のEAでバックテストが可能

EAが無料で付属しているため、購入者であれば誰でもバックテストが可能です。バックテストによってシグナル出現のタイミングや優位性を購入者自身で確認できます。

あえてEAを無料提供するという販売者の勇断を高く評価します。ロジックに自信があることの裏返しなのでしょうね。

商材の良点
  1. トレンド転換を捉えやすい”1時間足”を採用
  2. ほぼ無裁量(高い再現性)
  3. トレード時間を厳選することで優位性を高める工夫
  4. 付属のEAでバックテストが可能

『トレテンワールドFX』総合評価

C評価商材

【結論】1時間足でのコツコツ型トレードは地味だが「再現性」が高い
無裁量を謳うストラテジーにあえて「裁量」を加えることで、利幅を伸ばし損小利大にしていくことも可能
スキャルなどの慌ただしいトレードが苦手な人にこそ、手にとって欲しい商材だ

トレンド中の「逆張り」を狙う手法ですので、高い勝率は望めません。良くても60%くらいでしょう。基本的には「逆張り」なので、ビッグトレンド発生時は、ほとんどシグナルが出ません。

またリスクリワードが1:1ですので、コツコツ型の手法(損小利小)となります。

とはいえ、1時間足を使ったゆったりとしたトレードはストレスも少なく、OCO注文によってチャート張り付きなどの手間が大きく省かれるというメリットがあります。

シンプルなロジックは再現性が極めて高く、初心者でも迷うことなくトレードが可能です。

ロジックは完全に公開されているため、アレンジや応用の可能性も広がります。基本的には無裁量ですが、利幅を伸ばせるときは積極的に伸ばしていくなど、各個人の裁量を加えることで損小利大を追求でき、ロジックの良さを引き出すことができそうです。

サインツールというよりは、トレード補助ツールとして使うことが期待できるインジケーターですね。スキャルピングに代表される慌ただしくストレスの高いトレードに疲れ切った人にこそ、オススメできるFX商材です。

商材の良点
  1. トレンド転換を捉えやすい”1時間足”を採用
  2. ほぼ無裁量(高い再現性)
  3. トレード時間を厳選することで優位性を高める工夫
  4. 付属のEAでバックテストが可能
商材の欠点
  1. リスクリワードが「1:1」なので勝率50%超が不可欠
  2. 1時間足ベースなのでエントリーチャンスは多くない
  3. ”逆張り”なので強いトレンド相場では勝てない(そもそもシグナルが出ない)

『トレテンワールドFX』を購入するべき人

  • ゆったりとしたトレードを好む人
  • シンプルなロジックが好きな人
  • チャート張り付きができない人
  • ストレスの少ない手法を探している人

『トレテンワールドFX』を購入してはいけない人

  • スキャルピング商材を探している人
  • ポジポジ病の人
  • 高い勝率を求める人
トレテンワールド
【時給64,167円の衝撃】トレテンワールドFX
販売元:株式会社金馬新聞
発売日:2017/11/09
メディア:インジケーター
公式サイト:http://toreten-tp.main.jp/

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

ニュートンFX【検証とレビュー】

ニュートンFXのロジックを解説します ニュートンFXがインディケータロジックを公開 ニュートンFXを購入した 気になるFX商材があったので購入してみました。ニュートンFXです。この…

秒速スキャルFX
秒速スキャルFX【検証とレビュー】

秒速スキャルFXを販売する「日本投資家育成機構」 今回は、秒速スキャルFXについて検証レビューしていきます。 秒速スキャルFXを販売しているのは「日本投資家育成機構」という一般社団…

岩本式・アダムセオリーマスタースクール
岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが追加枠を用意しての限定募集・・・

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが追加枠を用意しての限定募集(先行販売枠) 岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールがわずか2時間で150名の定員に達して募集締切を…

IQ190 超速スキャルFX
IQ190 超速スキャルFX【検証とレビュー】

「IQ190 超速スキャルFX」とはどんなFX商材か? 「IQ190 超速スキャルFX」はスキャルピングとブレイクアウトを巧みに融合させたロジックだ 作者の梶真英氏はIQ190の頭…

W2C-Clipper クリッパー 【検証とレビュー】

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に 94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻 W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開 EA販売に投資助言代理の届…

Go!Go!!スキャルFX
Go!Go!!スキャルFX【検証とレビュー】

『Go!Go!!スキャルFX』に代表される”時間決済”の優位性について考察してみる 『Go!Go!!スキャルFX(ゴースキャFX)』検証とレビュー FX商材の量産体制に入ったクロス…

パトリオット 【検証とレビュー】

パトリオットは、ちょっと特殊なEA 今回ご紹介するパトリオットですが、このEAはちょっと変わっています。一言で言えばセミオーダーEAということになります。 設定項目が多くユーザーが…

FXシグナル配信 黒山 【検証とレビュー】

FXシグナル配信”黒山”は投資助言代理業社のサービス FXシグナル配信「黒山」は、投資助言代理業の登録をしている株式会社エスフィールドのFXシグナル配信サービスです。ちなみに「黒山…

スイングマスターFX 【検証とレビュー】

スイングマスターFXの実績 スイングマスターFXは、読者様より検証依頼を頂いた商材です。 残念ながらスイングマスターFXの販売ページには、東正太郎氏の実績を裏付ける証拠は掲載されて…

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHVを自分で設定してみよう

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHV system 先日ご紹介したマナブ式FX完全マスタープログラムが売れてますね。 マナブ式FX完全マスタープログラム【検証とレビュー】 マ…

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 …

FX裏技攻略塾TPS第3期の販売価格は驚きの49万8000円〜

超高額になったTPS第3期 先日、FX商材「FX裏技攻略塾TPS第3期」のオプトイン広告をご紹介しましたが、その販売価格が判明しました。 銀行振込  49万8000円 カード決済 …