為替鬼クラブ【検証とレビュー】

為替鬼クラブ【検証とレビュー】

為替鬼クラブ【検証とレビュー】

C評価商材

『為替鬼クラブ』検証とレビュー

数々の噂を持つ「為替鬼」氏によるFXトレード交流塾

『為替鬼クラブ』は、あの”為替鬼”氏が主催するFXトレード交流塾です。

為替鬼クラブ
為替鬼クラブ
販売元:株式会社SEOオンライン
発売日:2017/09/11
メディア:動画・PDF
公式サイト:http://fxstart.biz/club/

為替鬼氏にまつわる数々の噂…

為替鬼氏の噂については過去の記事でもご紹介しました。そこから引用します。

為替鬼氏の経歴(うわさ)については、以下の記事で詳しく書きました。

ざっくりまとめると…

  • トレーダーズマーケット(シグナル配信サービス)を成績不振で脱退
  • ブログ掲載の実績がデモトレードではと不審を持たれブログを閉鎖
  • 為替鬼ファンドを開始するが3週間で30~40%の損失

これらは2011年〜2012年ごろにかけてのウワサであり、当時は2ちゃんねるを始めとして様々なメディアで為替鬼氏の話題が取り上げられていました。あくまでウワサにすぎないので、どこまでが本当なのか、その真偽を確かめることは今になっては困難です。

当時、為替鬼氏に関するウワサを扱った雑誌のキャプチャ画像を貼っておきますので、気になる方は読んでみてご自身で確かめてみてください。

2ちゃんねる記事(まとめ)はこちら。

憶測や単なる誹謗中傷含など、あることないこと書かれています。玉石混交のから本当に正しい情報だけを抜き出すことは難しいですね。私たちのネットリテラシーが試されます。

引用:億超えスキャルピング【検証とレビュー】

さらには…

成績不振で脱退した二人

お二人とも鳴り物入りでの参加でしたが、結局大きな負けを喫してしてしまい、成績不振を理由に短期間で脱退となりました。トレードの内容ですが、EURO MACHINE(FX孔明)は、約2ヶ月間でのトレード結果が▲4813pipsです。

為替鬼氏は、5日間のトレード結果が▲1637pipsです。以下の表は、為替鬼氏のトレード実績です。

為替鬼の売買実績(トレーダーズマーケットより)
エントリー日 通貨ペア 収益pips 取引の状態
5月22日 GBP/JPY -202.6 終了
5月22日 GBP/JPY 47.2 終了
5月21日 GBP/USD -200.0 終了
5月21日 GBP/JPY -200.0 終了
5月20日 GBP/JPY 8.2 終了
5月20日 GBP/USD -200.8 終了
5月18日 GBP/JPY -200.7 終了
5月18日 GBP/JPY 38.3 終了
5月12日 USD/JPY -160.6 終了
5月12日 USD/JPY -177.6 終了
5月12日 USD/JPY -186.4 終了
5月12日 USD/JPY -202.6 終了
トータル収益
マイナス 1637.6 pips

為替鬼氏の成績は、実質5日間で、3勝9敗(トレード別)▲1637.6Pipsです。1日平均で300Pips以上の負けです。

当時(2009年5月頃)は、トレーダーズマーケットに専属のトレーダーが8名在籍していました。そしてこのうち成績不振により、2名が脱退しています。その2名が為替鬼とFX孔明(EURO MACHINE)です。

以下の文章は、トレーダーズマーケット主催の株式会社 NEXT ONEから各ユーザーに送信されたメールの抜粋です。2009年6月です。

 

======================

この度、6月1日付で、Traders Market トレーダー為替鬼氏に「トレーダー」から一時脱退していただくことが決まりました。

ユーザーの皆様には、ご連絡が遅れてしまったことをお詫び申し上げます。

脱退の理由につきましては、ただ単に成績が悪いと言う理由だけではなく(海外のプロトレーダーでも一年のうちに2,3か月はマイナスの月は出します。また、不調トレーダーの反対売買ができるリバース機能なども追加する予定です。単月の成績のみでは判断いたしません。)

為替鬼氏はTraders Market ユーザー様に対し誤解を招くようなブログを掲載していたことなども理由の一つになっております。

(中略)

為替鬼氏は、実際の運用成績と連載ブログの内容において、お客様やユーザー様に誤解される内容を連載されておりました。その点におきましては、弊社NEXTONEの監督責任を感じております。

改めてお詫び申し上げます。

株式会社 NEXT ONE 代表取締役 塙 亮太

引用:「トレーダーズマーケット」お知らせメール

======================

引用:為替鬼コピートレード「鬼式」 【検証とレビュー】

為替鬼氏に対するこれらの噂(うわさ)を、単なる誹謗中傷と捉えるか、それとも真実が含まれるのか?その判断は読者におまかせします。

為替鬼クラブ
為替鬼クラブ
販売元:株式会社SEOオンライン
発売日:2017/09/11
メディア:動画・PDF
公式サイト:http://fxstart.biz/club/

『為替鬼クラブ』で学べること

6つのコンテンツを提供する会員制サービス

『為替鬼クラブ』は会員制のFXトレード交流塾です。提供されるコンテンツは以下の6つ。

  1. LINE@での情報配信(毎日配信)
  2. トレード履歴画像公開(毎日更新)
  3. エントリー・決済ポイントのチャート画像公開
  4. トレード動画公開(週2回)
  5. トレードコラム(週2回)
  6. 質疑応答(週1回)

上記の基本コンテンツに加え…

  • 月1回のトレード勉強会開催

などが提供されます。

初月(4週間)は5,400円、継続するなら毎月5400円が必要

『為替鬼クラブ』は月額課金制のサービスですが、初月(4週間=28日間)は5,400円と低価格です。自動継続課金はありませんので、継続希望する場合は新たに申し込む必要があります。継続価格は次の通り。

  • 1ヶ月…5,400円
  • 3ヶ月…12,600円

会員限定サイトで様々なバックエンド商材を提供する仕組み

『為替鬼クラブ』に入会すると、会員コンテンツ以外に様々な商材をセールスされる仕組みです。以下の画像は「為替鬼クラブ 会員限定サイト」からの出典です。

為替鬼クラブのバックエンド商材一覧

為替鬼クラブのバックエンド商材一覧

  1. スキャルピング手法セミナー動画…21,600円
  2. 試し玉スキャルピング…5,400円
  3. 検証を極めてスキャルピングに活かす…5,400円
  4. ベッティングテクニック…5,400円
  5. 順張りスキャルピング…5,400円
  6. 8pipsスキャルピング…5,400円
  7. ハイレバスキャルピング…5,400円
  8. ヘッジ外しテクニック…5,400円
  9. うねり取りテクニック…5,400円
  10. 為替鬼流チャート(一発設定ソフト)…32,400円
  11. 鬼シグナル表示ソフト…10,800円
  12. エンベロープアラート…10,800円
  13. ボラメーター…10,800円
  14. トレードポイント損益表示ソフト…10,800円
  15. 絶好のトレードチャンス表示ソフト…10,800円
  16. 決済ポイント取引時間表示ソフト…10,800円
  17. 売買ロジック検証用ソフト…10,800円

これらを全て購入すると172,000円になります。さらにはコーチングという10万円を超える高額商材も提供していますね。

  • スキャル・コーチング…108,000円

全て合計すると、280,800円になります。

為替鬼氏のスキャルピングとは?

『為替鬼クラブ』は為替鬼氏が編み出したスキャルピング手法を学ぶ塾です。為替鬼氏のスキャルピング手法についても以前の検証記事で解説していますので、引用します。

数秒〜数分で決済してわずかな利ざやを抜く”超速スキャル”

為替鬼氏のトレードを一言で表すならば「超速スキャル」ですね。まさに商材名と同じです。数秒から数分程度で、わずかな利ざやを抜いていくスキャルピングです。逆張りで仕掛け、利益がわずかでも乗った瞬間に手仕舞いをします。レートが逆方向に動いたときは、即ナンピンを仕掛けます。なかなかのリスクテイカーですね。

2本のラインチャートの乖離(さや発生)タイミングで仕掛ける

為替鬼氏のスキャルロジックを一つ紹介します。EURJPY(ユーロ円)とEURUSD(ユーロドル)を1つの画面にラインチャートとして重ねて表示させます。この2本のラインが20pips以上開いたら仕掛けるするというものです。

  • EURJPYが上・EURUSDが下の場合は「Sell」
  • EURJPYが下・EURUSDが上の場合は「Buy」

いわゆる「さや取り」とか「ペアトレード」と呼ばれる手法の1つです。為替鬼氏の手法は、「正」の相関関係の高い通貨ペアの値動きを利用し、一時的な乖離(さや)発生からの収束の動きを狙い撃ちするといものです。EURJPYとEURUSDの組み合わせ以外にも、AUDJPY(オーストラリア円)とNZDJPY(ニュージーランド円)などもよく使われますね。

サヤ取りのロジックの元にある考えは、開いた”さや”は、必ず閉じる(収束方向へ向かう)というものです。この考えのもと、収束方向へ仕掛けるわけです。しかし”さや”は必ずしも閉じるとは限りません。また、いつ閉じるのかも不明です。ここが「さや取り」の難しい点です。そこでナンピンの登場です。レートが逆方向に動けば即ナンピンをおこない、戻りを待ちます。

数pipsというわずかな利ざやをかすめ取るため、損切り幅は深くならざるを得ません。損大利小です。集中力を切らせば、損失は一気に膨らみ、薄利で積み上げた利益を瞬殺します。手に汗握るトレードですね。トレード毎に命を削ってしまいそうです。逆張りスキャル+ナンピン…まさにハイリスクトレードといえます。凡人の私には真似ができません。

引用:億超えスキャルピング【検証とレビュー】

瞬時に利ざやを刈り取る超スキャルピングが特徴です。

為替鬼クラブ勉強会の様子がYouTubeにあったので貼っておきます。

8pipsメーター(インジケーター)についての解説動画ですね。

為替鬼クラブ
為替鬼クラブ
販売元:株式会社SEOオンライン
発売日:2017/09/11
メディア:動画・PDF
公式サイト:http://fxstart.biz/club/

『為替鬼クラブ』の欠点

まず『為替鬼クラブ』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

商材の欠点

スキャルピングの再現性は極めて低いことを知っておくべき

スキャルピングは簡単そうに見えて、実は極めて高度なテクニックと相場観が求められる手法です。相場のノイズから瞬時に利ざやを刈り取り続けるには超人的な技術が必要です。さらには非常に高いストレスにさらされ続けるため、タフな精神も不可欠です。初心者であればあるほどスキャルピングに挑戦したがります。一見簡単そうに見えるからでしょうね。しかしやってみればわかりますが、スキャルピングで長期的に利益を残せる人は10人に1人も存在しないでしょう。

商材の欠点

為替鬼氏の経歴を自分なりに調べるべき

為替鬼氏には過去の様々な噂(うわさ)があります。検索すれば今でも多くの噂がヒットします。とはいえそれらが全て真実かどうかはわかりません。真実もあれば、単なる誹謗中傷や憶測なども大いに含まれます。『為替鬼クラブ』を検討するならば、最低限それらの噂(うわさ)をしっかりと自分で調べ、納得した上で入会するべきでしょう。あなた自身の投資リテラシーが大いに試されます。

商材の欠点

入会すれば様々な追加商材をセールスされる恐れがある

価格の安さに釣られて入会すると、「○○をマスターするためには□□□の購入をオススメします…」などと様々な追加商材を売り込まれる可能性があることを知っておくべきでしょう。いわゆるバックエンド商材と呼ばれるものです。そのラインナップは以下の通り。

  1. スキャルピング手法セミナー動画…21,600円
  2. 試し玉スキャルピング…5,400円
  3. 検証を極めてスキャルピングに活かす…5,400円
  4. ベッティングテクニック…5,400円
  5. 順張りスキャルピング…5,400円
  6. 8pipsスキャルピング…5,400円
  7. ハイレバスキャルピング…5,400円
  8. ヘッジ外しテクニック…5,400円
  9. うねり取りテクニック…5,400円
  10. 為替鬼流チャート(一発設定ソフト)…32,400円
  11. 鬼シグナル表示ソフト…10,800円
  12. エンベロープアラート…10,800円
  13. ボラメーター…10,800円
  14. トレードポイント損益表示ソフト…10,800円
  15. 絶好のトレードチャンス表示ソフト…10,800円
  16. 決済ポイント取引時間表示ソフト…10,800円
  17. 売買ロジック検証用ソフト…10,800円
  18. スキャル・コーチング…108,000円

バックエンド商材の総額280,800円にのぼります。

商材の欠点
  1. スキャルピングの再現性は極めて低いことを知っておくべき
  2. 為替鬼氏の経歴を自分なりに調べるべき
  3. 入会すれば様々な追加商材をセールスされる恐れがある

『為替鬼クラブ』総合評価

C評価商材

【結論】いつまでも過去の”噂”が亡霊のようにつきまとう「為替鬼」氏
もはや呪縛ともいえる噂を断ち切ることは困難かも…

過去の噂(うわさ)がどこまでも亡霊のようにつきまとう為替鬼氏です。これらの噂を断ち切ることは非常に困難でしょうね。「為替鬼」で検索すれば多くの情報がヒットし、それらを消し去ることはできません。過去のミスがいつまでも追いかけてきます。ネットの怖さを感じます。

彼の手法である裁量超速スキャルピングについては、もはや言うことはありません。再現性の担保はないことを認識しておくべきです。誰もが為替鬼氏同様にスキャルピングで利益を出せるわけではないということを知っておいて損はないでしょう。

言いすぎかもしれませんが、スキャルピングは神の領域の手法です。規則のないノイズ(小さな波)から針のような優位性を見出し瞬時に薄い利ざやを刈り取るテクニックは、もはや超人技です。あなたは超人ですか?

商材の欠点
  1. スキャルピングの再現性は極めて低いことを知っておくべき
  2. 為替鬼氏の経歴を自分なりに調べるべき
  3. 入会すれば様々な追加商材をセールスされる恐れがある

『為替鬼クラブ』を購入するべき人

  • 超人であると自負している人

『為替鬼クラブ』を購入してはいけない人

  • 私同様に凡人の人
  • スキャルピングが苦手な人
為替鬼クラブ
為替鬼クラブ
販売元:株式会社SEOオンライン
発売日:2017/09/11
メディア:動画・PDF
公式サイト:http://fxstart.biz/club/

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

AmbushFX 検証とレビュー

AmbushFXが売れていますね… 多くの検証依頼を頂いているAmbushFXですが、ランキングでもダントツ1位ですね(2014年1月29日現在)。価格は19,800円です。 私も…

レパトリEAが販売終了

レパトリEAが販売を終了 先日、レパトリEAの検証記事をアップしたところ、読者様から非常に大きな反響を頂きました。 レパトリEA 【検証とレビュー】 しかし、その2日後の5月18日…

TFAI インパルス 【検証とレビュー】

TFAI インパルスはコピートレード TFAIインパルスは、コピートレードシステムです。TFAIアジア統括プロデューサーは、池田秀樹氏という人物です。池田秀樹氏の会社、NetWay…

ボリ平式ドラゴンとスーパーボリンジャーはどちらが優れているか?

”ボリ平式ドラゴン”と”スーパーボリンジャー” 先日の記事で、ボリ平式ドラゴンの詳細について記載しました。 ボリ平式バイナリーオプション講座 【検証と評価】 このボリ平式ドラゴンで…

ポイントFXシグナルシリーズが販売を中止

金融庁の指摘により販売を中止 これまでに多くのシグナル配信系商材を販売してきた株式会社ギガリンクですが、金融庁から有料課金サービスに対する指摘があったとのことです。 先日、金融庁よ…

Gorgeous FX System(ゴージャスFXシステム) 【検証とレビュー】

Gorgeous FX Systemのフォワード成績を見てみたい Gorgeous FX System(ゴージャスFXシステム)をご紹介します。比較的古いEAですが、なぜか複数の読…

ダブルブレイクマネージャー【検証とレビュー】

『ダブルブレイクマネージャー』検証とレビュー 熊本地震(死者247人)に便乗した商法とも取られかねないマーケティング手法は賛否両論… 震災により甚大な被害にあった熊本の農村部に莫大…

ジーニアス・ブレインFX
ジーニアス・ブレインFX【検証とレビュー】

関連:One Tap Trade FX【検証とレビュー】 「ジーニアス・ブレインFX」はストラテジー選択型(ポートフォリオ型)半裁量トレードだ クロスリテイリング社の大型商材「ジー…

FX第4アービトラージシステム 【検証とレビュー】

※販売会社であるグローバルビジョンは後に金融庁により「無登録で金融商品取引業を行っている者に対する警告」を受けています。 http://kantou.mof.go.jp/conte…

恋スキャFXビクトリーDX完全版
恋スキャFXビクトリーDX完全版【検証とレビュー】

「恋スキャFXビクトリーDX完全版」とはどんなFX商材か? 恋スキャFXビクトリーDX完全版は、業界の大御所「FX-Jin氏」(クロスリテイリング社)大躍進のキッカケを作った初期の…

FXスキャル・パーフェクトシグナルが、世界的なドル売り市場でトレンドを捉え”圧勝”

世界的なドル売りでUSDJPYが続落中 先先週後半(8月21日)からドルが続落しています。世界的なドル売り優勢は今週に入っても終わりそうにありません。主な原因は世界同時株安ですね。…

スキャルピングFXプロ 【検証とレビュー】

半裁量・半システムの”王道スキャル” スキャルピングFXプロの販売開始時期は2007年ですね。今でも売れ続けているので、相当なロングランヒットです。スキャルピングFXプロ開発者の青…