ポリバレントFX 【検証とレビュー】

ポリバレントFX 【検証とレビュー】

ポリバレントFX 【検証とレビュー】

D評価商材

ポリバレントFXはシグナル点灯ツール

ポリバレントFXは、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツールですね。

ボリバレントではなく、ポリバレントです。ポリバレント(polyvalent)の和訳は、”万能の”という形容詞ですね。

チャート上に「買い」と「売り」のシグナルが自動点灯します。

ポリバレントfxチャート

ポリバレントfxチャート

さらにサブウィンドウにフィルター用のヒストグラム(バー)が表示されます。

ポリバレントfxフィルター

ポリバレントfxフィルター

チャート上のシグナルを、トレンド判定フィルターで振るいにかけて、トレードを行うツールですね。エグジットシグナルは単体では点灯しませんので、基本は、逆方向のシグナル点灯で手仕舞いします。

トレンド判定フィルターが「売買両方可」の場合、保有中の買いポジションは次の売りシグナル点灯でクローズし、同時に売りポジションを建てる、ということになります(つまりドテン売買)。

ポリバレントFXの ”EA” が欲しい

ポリバレントFXは原則的にシグナル通りに売買するだけです。

例外としてトレンドに逆行する場合のみエントリーを見送りますが、
その基準も明確で、すぐに判断できます。

ご覧の通り、売買ルールは極めてシンプル・明快です。裁量の入る余地はありません。であれば、EA(自動売買)化できますね。

この程度のロジックであれば、EAによって優位性を判断できます。少なくとも過去5年間程度(リーマンショック以降)のバックテストにおいて、資産推移曲線が右肩上がりになっていればポリバレントFXの優位性は実証できるはずです。

もちろん現在の相場に合わせるのであれば、過去半年程度のバックテストでも良いと思います。その方がカーブフィッティングにならないのでフォワードで勝ちやすい可能性もあります。

これほど明確なロジックを採用しいるわけですからEA化して販売して欲しいですね。

ポリバレントFXの実績は…?

FX商材において最も重要なのはロジックの優位性です。そして優位性は、実績で証明するべきです。ポリバレントFX販売ページには、その実績が掲載されていません。これではツールの優位性を判断することが困難です。

掲載されているのは、特定の場面を切り取った複数のチャート図のみです。しかも時間帯が省かれてキャプチャされているので、いつの時間帯のチャートか不明です。

これほどシグナルルールが明瞭であれば、最低限、過去数ヶ月程度の目視検証の結果だけでも掲載してほしいです。4月~6月末程度(過去3ヶ月間)の目視検証は、それほど大変ではないはずです。

もっと簡単な検証は、EAを作ることです。EAを作ってバックテストをすれば、ほんの数分でポリバレントFXの優位性は判明します。

特定の相場を切り取ったチャート図

販売ページには、いくつかチャート図が掲載されています。しかしながら、ぶつ切りで時間帯すら不明です。判明しているのは、通貨ペアと時間足のみです。

これでは「都合の良い場面だけを抜き出した」と思われても仕方がありませんね。

そもそも、どうしてチャート下部に表示されているはずのタイムライン(日時)を、省いて掲載しているのでしょうか?いつのチャート図か判断できません。

しかも負けているシーンは、ほとんどありません。マイナストレードは、たったの1度だけ。あとは全て勝ちトレードです。

ポリバレントFXは、どんな場面で負けるのか?これでは全くわかりませんね。ツールのデメリット(弱点)も、しっかりと説明するべきではないででしょうか。

ポリバレントFXの活躍シーンだけが切り取られて掲載されていて、非常に残念です。重要な事は、そのツールの得意な相場だけでなく、不得意な相場(負ける相場)を知ることだと思います。この2つがわからなければ、ツールを有効活用することは難しくなります。

ポリバレントFXの不得手な相場がしっかりと分析できていることを、マニュアルに期待しましょう。

シグナルはいつ点灯するのか?

掲載されているポリバレントFXのチャート図を見ると、若干シグナル点灯タイミングが不明です。始値で点灯するのか? それとも終値で点灯するのか?もしくは、ローソク足の途中でも点灯するのか?これは実際に購入してみないとわかりません。

チャート図を見ると、ローソク足の最安値・最高値の箇所に、シグナルが表示されています。

  • 買いシグナルは、ローソク足の最安値にシグナルが表示
  • 売りシグナルは、ローソク足の最高値にシグナルが表示
ポリバレントfxチャート

ポリバレントfxチャート

ローソク足が完成した時点で、シグナルが点灯するのでしょうか?もしくは、ローソク足がスタートした時点で、点灯するのでしょうか?それとも、ローソク足の途中?

リペイントはない、と記載がありますが、肝心のシグナル点灯タイミングが不明です。結局、肝心の点は、ポリバレントFXを購入しないと判明しません。実際に稼働させている動画を掲載して欲しいところですね。

実績を確認してからでも遅くない

ポリバレントFXの販売ページを見る限り、このツールの優位性は不明です。もちろん、相場状況によっては利益も出る場面があるでしょう。

ただ、長期的に勝ち続けられるかどうかは、実際に使ってみないと判りません。

ポリバレントFXは、実績不明のツールですので、少なくとも数ヶ月くらい経過してから、使用者の評価を確認した上で、購入を検討しても遅くはないと思います。

D評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

爆裂プロフィットファクターFX 【検証とレビュー】

爆裂プロフィットファクターFXの実績は不明 読者様からの検証依頼がありました。爆裂プロフィットファクターFXです。EA(自動売買ツール)ですが、残念ながら実績が不明です。EAはフォ…

Dealing FX 【検証とレビュー】

Dealing FXは現代版「酒田五法」か Dealing FXは、裁量系の商材です。プライスアクショントレードマニュアルとあるように、レート(値)のアクション(動き)やチャートパ…

HighLowSniper 【検証とレビュー】

2択型バイナリーオプションで勝ち続けることは夢のまた夢 HighLowSniperは、その名の通り、High&Lowに特化したツールですね。3分後の結果を当てる2択型バイナリーオプ…

サクセスリピートFX【検証とレビュー】
矢田丈の奇跡のFX【検証とレビュー】

「矢田丈の奇跡のFX」とはどんなFX商材か? セミナー誘導後に高額バックエンド商材を販売する手法 「矢田丈の奇跡のFX」という名の無料オファーが迷惑メールフォルダに届きました。勝率…

モンスター・トレンドゾーンFX
モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )【検証とレビュー】

『モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )』検証とレビュー 『ドラゴンストラテジーFX』(ドラストFX)、『Black AIストラテジー FX』(ブラストFX)に続く、第三…

W2C-Clipper クリッパー 【検証とレビュー】

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に 94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻 W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開 EA販売に投資助言代理の届…

FX THE-RULE-Pro 【検証とレビュー】

玄人好みの裁量系商材 なかなか玄人好みの商材です。FX THE-RULE-Proは、裁量系のトレーディングマニュアルですね。マニュアルは3部作になっており、全部で115ページありま…

Secretポジション
Secretポジション【検証とレビュー】

「Secretポジション」はLINE@によるシグナル配信サービスだ 投資助言・代理登録業者「株式会社トリロジー」による新しいシグナル配信サービスをレビューします。 タイトル:Sec…

+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】

+15pipsスキャルFXは、シンプルなシグナルツール +15pipsスキャルFXは、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツールです。自動売買(EA)ではなく、チャート上にシグナルが表…

ジーニアス・ブレインFX
ジーニアス・ブレインFX【検証とレビュー】

関連:One Tap Trade FX【検証とレビュー】 「ジーニアス・ブレインFX」はストラテジー選択型(ポートフォリオ型)半裁量トレードだ クロスリテイリング社の大型商材「ジー…

インスタントFXシステム 【検証とレビュー】

インスタントFXシステムは高値安値ブレイクアウト法 少し古い商材(2008年12月登録)ですが、なぜか問い合わせが多いので取り上げてみます。 正式名称は、毎朝たった5分でOK!!超…

為替鬼コピートレード「鬼式」 【検証とレビュー】

為替鬼コピートレード「鬼式」の募集期間 為替鬼コピートレード「鬼式」の募集が再開されるようですね。募集期間は、6月19日までの3週間のみです。募集終了まで、段階的に値段を上げていく…