逆転FX Trend Getter 【検証とレビュー】

逆転FX Trend Getter 【検証とレビュー】

逆転FX Trend Getter 【検証とレビュー】

D評価商材

逆転FX Trend GetterはPips Getterの兄弟分

今回は、逆転FX Trend Getterを取り上げてみたいと思います。以前、 逆転FX「Pips Getter」というFX商材がありましたが、同じ販売業者(株式会社Uシステム 内田浩一氏)の商材ですね。

前作の逆転FX「Pips Getter」は、EAでロジックを構築してシグナルツール化したもので、チャート上に矢印の売買シグナルを点灯させるタイプでしたね。

pipsgetterチャート画面

pipsgetterチャート画面

スキャル系のツールですので、利幅も小さく、シグナルが大量に点灯するツールでした。勝てるときもあれば、負けるときもある、というよく見かけるタイプの矢印ツールです。

このサイトで検証はしていませんが、現在も販売中です。

トレンドフォロー系の逆転FX Trend Getter

今回の逆転FX Trend Getterは、うって変わってトレンドフォロータイプのシグナル点灯ツールです。

TrendGetterチャート画面

Trend Getterチャート画面

シグナルの頻度も少なく、レンジは損切りで凌ぎつつ、ビッグトレンドを捕まえにいくタイプですね。必然的に損小利大となりますので、勝率は非常に低くなります。

検証用EAを作ってからインディケーター化するという流れは評価できる

今回の逆転FX Trend Getterも、EA(自動売買システム)でロジックを精査したうえで、インディケーター化するという制作過程を踏んでいます。

ベースとなるロジックをEAで検証するという考えは、私も賛成できます。ロジックが明快で裁量の余地が入らない手法であれば、EA化することは簡単です。ロジックの優位性を確認するためにも、EAでバックテストをすることは、当然やるべきであると考えます。

EAの検証期間が短すぎることについて

Trend Getterの販売ページにも、検証用EAのデータが複数掲載されています。これらのバックテストデータ期間は、非常に短い(1〜6ヶ月程度)です。もちろんバックテストデータ期間は長いに越したことはないのですが、私は短くても問題ないと考えています。

むしろ、最近の相場に合わせたロジックという点においては、非常に意味があると考えます。

逆に長期のバックテスト期間で優秀な成績を出そうとすれば、どうしてもカーブフィッティングの罠に陥ってしまいます。過去データでは成績が優秀なのに、フォワードではボロボロ、という悲惨な結果になりかねません。

そういった意味では、直近の相場に合わせたロジックを採用するという点において、販売者の考えには賛同できます。

ただ、その場合、相場の変化に応じてロジック(パラメータなど)を変更できる、ということが重要になります。逆転FX Trend Getterのサポート次第というところですね。

できればロジックそのものを公開していただけると、ありがたいですね。

逆転FX Trend Getterのサンプル動画

Trend Getterの販売ページには動画も掲載されています。

今年(2012年)2月15日~28日の間の、EURJPY(ユーロ円)のビッグトレンド発生時のチャートを使用しています。

以下のチャートをご覧の通り、非常に大きな上昇トレンドが発生しています。わずか2週間の間に800pips超のビッグトレンドです。

ユーロ円のチャート

ユーロ円のチャート

ビッグトレンドが発生してた時期ですので、当然、Trend Getterのような、トレンドフォロー系のシグナルツールを使えば勝てます。勝てて当然です。この期間だけを切り出せばまさに大勝ちです。勝って当然の相場を動画で見せられてもまったく説得力ありません。

むしろ、レンジ相場でTrend Getterがどれほどの損切りを連発するのか?そのあたりの動画を見せて欲しいですね。

D評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

白船誕生FX 【検証とレビュー】

”白船誕生FX” と ”黒船再来FX” 今回は、読者様から提供して頂きました情報をもとに、FX商材を検証していきたいと思います。 その名も「白船誕生FX」です。・・・どこかで聞いた…

One Tap Trade FX
One Tap Trade FX【検証とレビュー】

『One Tap Trade FX(1タップトレードFX)』検証とレビュー ”1日1回1タップを繰り返すだけで10万円が1億円、2億円、3億円に!”←鵜呑みにしないように… FX情…

侍マトリックスのエクイティカーブ(資産増減曲線)から何がわかるか?

侍マトリックスの資産増減曲線について考えてみる 侍マトリックスの検証の続きです。前回の記事はこちら。 侍マトリックス(EA)のロジックについて考えてみる 前回の記事において、侍マト…

FX INNOVATION CLUBと”ウォルフ波動”

日本にも「ウォルフ波動」トレーダーがいた! 先日とりあげたFX INNOVATION CLUBですが、この商材で学べる手法は、ウォルフ波動にダイバージェンスを組み合わせたロジックで…

ポイントFXシグナルシリーズが販売を中止

金融庁の指摘により販売を中止 これまでに多くのシグナル配信系商材を販売してきた株式会社ギガリンクですが、金融庁から有料課金サービスに対する指摘があったとのことです。 先日、金融庁よ…

トレンドラインpro 【検証とレビュー】

トレンドラインproはラインを自動描写するインディケータ トレンドラインproという商材をご紹介します。MetaTraderで動作するライン自動描写ツール(インディケータ)です。実…

クイックFX 【検証とレビュー】 

ブローカー各社のレートをリアルタイム表示 本日は、ちょっと面白いツールをご紹介します。 クイックFXです。クイックFXは、国内の主要証券会社のレートを一つの画面で同時表示できるツー…

W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

ヴァージョンアップして販売再開 過去記事でも何度か取り上げたW2C-Clipper(クリッパー)ですが、ヴァージョンアップして販売を再開したようです。 W2C-Clipper(ve…

FXバックドラフトPRO 【検証とレビュー】

FXバックドラフトの動画に、まどわされないように このFXバックドラフトPROですが、非常に売れているみたいですね。販売ページの動画を始めて見た方は、きっと驚くと思います。ピンポイ…

+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】

+15pipsスキャルFXは、シンプルなシグナルツール +15pipsスキャルFXは、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツールです。自動売買(EA)ではなく、チャート上にシグナルが表…

Bear Time FX
Bear Time FX【検証とレビュー】

Bear Time FXはどんな商材か? 「Bear Time FX」は日本企業の実需による”ドル円の売買”’を利用して安定的に稼ぐEAだ 今回レビューする「Bear Time F…

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝
ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝を見終わった

ようやく「輝」本編を見終わった 前回の記事に引き続き、今回も「ぷーさん式トレンドフォロー手法」のレビューです。 ぷーさん式手法トレードマニュアル輝(全体編) ぷーさん式手法トレード…