CEC(イキガミFX)【検証とレビュー】

CEC(イキガミFX)【検証とレビュー】

CEC(イキガミFX)【検証とレビュー】

D評価商材

『CEC(イキガミFX)』検証とレビュー

Cash Exchange Club=CEC

読者様からのリクエストで、『CEC』をレビューします。もともとは『イキガミFX』という名称で販売される予定だったものを、諸般の事情により「CEC」としてリリースされたようです。

「CE」Cは、Cash Exchange Clubの略です。

CEC(イキガミFX)
CEC(イキガミFX)
販売元:株式会社バンザイ
発売日:2018年9月4日
メディア:PDF
公式サイト:http://2525252525.com/cec/

『CEC(イキガミFX)』は空虚感しか感じない

空虚感漂う販売ページ

販売ページをご覧いただければわかりますが、FX商材の中身について何も語っていません。FX手法であることはわかりますが、具体的にどのようなトレード手法であるのか?まったくわかりません。情報量としてはゼロです。

優位性も全くの不明です。

これでは、何を判断材料にして購入検討すればよいのか、わかりません。

開発者「Y」氏は妻の体調不良により、その弟子「村井章」氏を代打に立てる

もともと『CEC(イキガミFX)』は「Y」氏によるトレードロジックとのこと。しかしながら奥様の体調不良によりノウハウ公開ができなくなったそうで、急遽Y氏の弟子である「村井章」氏が登場。

結局Y氏の「イキガミFX」ではなく、村井氏の手法を「CFC」にしてリリースするという、グズグズの流れです。

村井章氏のブログはこちら。

大した記事はありません。とりあえずブログ作った…という感じですね。

そもそも「イキガミ」は漫画からのパクリ

そもそも最初の商材タイトルである「イキガミFX」は、有名漫画「イキガミ」(小学館 週刊ヤングサンデー)からのパクリです。

一般的に、漫画などのタイトルは創作的な表現でない限り、著作物ではないという見解が主流です。しかし「イキガミ」は創作的な表現と言えるのではないでしょうか。つまり「イキガミFX」は著作権に抵触する恐れが十分にあると言えます。

漫画「イキガミ」の作者が、「イキガミFX」の存在を知ったら、どう感じるでしょうか?良い印象はないはずです。

そんなこともあって、「イキガミFX」という商材名を急遽取りやめ、CECに変更したのでは?と詮索されても仕方がないでしょうね。

CECのロジックは4つ…

CECのロジックとしては4つあるようです。

  1. スリーサーベルロジック
  2. ドラゴンロジック
  3. スネークロジック
  4. スクラムロジック

基本的にはMA(移動平均線)をベースとしたロジックのようですね。

『CEC(イキガミFX)』の欠点

まず『CEC(イキガミFX)』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

商材の欠点

ロジックに一ミリも触れない販売ページはユーザーをバカにしている

販売ページにはロジック解説が全く行われていません。これでは、どのような手法を学ぶことができるのか、購入前にまったくわからない状態です。ちょっと酷いですね。

商材の欠点

優位性はゼロ、トレーダーであるかどうかすら疑問

優位性についてもなんの解説もなされていません。そもそも「Y」氏もその弟子である「村井章」氏も本当のトレーダーなのか?それすらも不明です。

  1. ロジックに一ミリも触れない販売ページはユーザーをバカにしている
  2. 優位性はゼロ、トレーダーであるかどうかすら疑問

『CEC(イキガミFX)』総合評価

D評価商材

【結論】最初から検討する必要のないFX商材だ
この手の情報は目に入らないように遮断すべき

もはや検討する必要すらありません。手法も不明、優位性も不明、トレーダーであるかどうかも不明…商材として最低限のレベルにも達していません。

この手のゴミ情報が目に入ることが問題です。ゴミ情報が気になるのであれば、最初から目に入らないように遮断するべきです。

不要なメルマガは配信解除したり、ブロックするなどして、情報を厳選することです。

商材の欠点
  1. ロジックに一ミリも触れない販売ページはユーザーをバカにしている
  2. 優位性はゼロ、トレーダーであるかどうかすら疑問
CEC(イキガミFX)
CEC(イキガミFX)
販売元:株式会社バンザイ
発売日:2018年9月4日
メディア:PDF
公式サイト:http://2525252525.com/cec/
≫ 特典付きで購入する

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールを購入したので中身を詳しく紹介します

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールを購入 岩本式FXアダムセオリーマスタースクールを購入しました。前回のレビュー記事と合わせてご覧ください。 岩本式・FXアダムセオリー・…

クロスファイアFX 【検証とレビュー】

ロングラン販売中のクロスファイアFX このEAですが、2010年の3月から販売開始して、未だに売れ続けていますね。販売当初は49800円でしたが、今は10000円で販売されています…

デブトレFX
デブトレFX【検証とレビュー】その2

デブトレFXを購入しました ”デブトレFX”はシンプルだが決して侮れない 前回の記事では、デブトレFXのアウトラインをご紹介しました。ロジックそのものはシンプルであり、表示させるイ…

FXハイブリッド 【検証とレビュー】

FXハイブリッドは”コピートレード(EA)” 実績のあるコピートレードをご紹介します。株レモン投資顧問が販売するFXハイブリッドです。 EURUSD専用のEA(コピートレード)です…

スターハンターFX
スターハンターFX的なシステムを(無料で)作ってみた

お遊びでスターハンターFX的なチャートを作ってみた 先日レビューしたスターハンターFXが売れてますね。 スターハンターFX販売ページ 今日はちょっとお遊びで、無料インディケーターを…

+15pipsスキャルFX
+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】

+15pipsスキャルFXは、シンプルなシグナルツール +15pipsスキャルFXは、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツールです。自動売買(EA)ではなく、チャート上にシグナルが表…

PLATINUM TURBO FX
PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)【検証とレビュー】

「PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)」検証レビュー Platinum Kubera FX(プラチナクベラFX)につながる商材 PLATINUM TURBO F…

steady-FX(ステディーFX)
steady-FX(ステディーFX)【検証とレビュー】

「steady-FX(ステディーFX)」のレビュー Strategy Testerのデータもフォワードデータも開示なし・・・ 「steady-FX(ステディーFX)」の販売ページに…

スキャルピングFXプロ 【検証とレビュー】

半裁量・半システムの”王道スキャル” スキャルピングFXプロの販売開始時期は2007年ですね。今でも売れ続けているので、相当なロングランヒットです。スキャルピングFXプロ開発者の青…

あゆみ式 A Teachert FX Academy
あゆみ式 A Teachert FX Academyを稼働させてみる【検証とレビュー】その2

あゆみ式 A Teachert FX Academyの心臓部「ATeachert」 ATeachertをMetaTrader4に設定してみた 今回の検証記事では、あゆみ式 A Te…

HighLowSniper 【検証とレビュー】

2択型バイナリーオプションで勝ち続けることは夢のまた夢 HighLowSniperは、その名の通り、High&Lowに特化したツールですね。3分後の結果を当てる2択型バイナリーオプ…

トリニティスキャルパーFX
トリニティスキャルパーFXが鳴かず飛ばず

久々のナイアガラ(暴落)を見た 先日(2月26日)のドル円・ユーロ円のナイアガラ(暴落)は乗り切れましたか?暴落前に危険な臭いはしていましたね。最近発売されたEAは、今回のドル円・…