ORION FX 【検証とレビュー】

ORION FX 【検証とレビュー】

ORION FX 【検証とレビュー】

D評価商材

ORION FX

ひさびさのEAをご紹介します。ORION FXです。この販売業者さんですが、過去にも、オリオン座を構成する星の名にちなんだEAを販売されているようですね。

今回のEAもリゲル(Rigel)、アルニラム(Alnilam)と、オリオン座に関連する星の名称が付けられています。2つのEA(自動売買ツール)を合わせて、39,800円(専用口座であれば29,800円)という価格設定です。

【StrategyTesterReport】は掲載なし

残念ながら、販売ページにはバックテスト時の資産推移グラフ(?)しか掲載されていません。EAのバックテストを掲載するのであれば、少なくともStrategyTesterReport(ストラテジーテスターレポート)を掲載すべきです。

バックテスト期間、PF、最大ドローダウン、平均利益や平均損失など、EAのポテンシャルを知るための重要な要素が不明のままです。EA販売者として、ストラテジーテスターレポートを掲載しないというのは、どうかと思います。何を持ってしてEAの優位性を語るのでしょうか?

ORION FXを真剣に検討したいユーザーのためにも、是非、StrategyTesterReport(ストラテジーテスターレポート)を掲載することを検討していただきたいですね。

フォワードテストもない

それから、これも当たり前の話なのですが、販売するEAのフォワードテストをするべきです。少なくとも半年以上。

誰もが確認できる公正な状態でのフォワードテストです。たとえば、myfxbookなどですね。

Myfxbook

Myfxbook

ちなみに、上図のMayfxbookは、クロスファイアFXのものです。2013年11月でストップしていますが、しっかりとフォワード成績を公開しているという点では、評価できます。

ORION FXも、myfxbookでフォワード成績を公開してはどうなのでしょうか?今からでも遅くはないと思います。購入検討者の不安を少しでも取り除くための最低限の努力をしてほしいです。

フォレックスクラウンのコンテストで8位入賞…

ORION FXの2つのEAのうち、リゲル(Rigel)が、フォレックスクラウンのコンテストで8位に入賞しています。開催期間は2013年9月30日~12月20日の約3ヶ月です。

このコンテストですが、コンテスト名称に「スプ0(ゼロ)」とあるように、スプレッドがゼロのコンテストです。しかも、ヴァーチャル(仮想通貨でのコンテスト)です。つまり、お遊びのようなものです。

スプレッドがないという特別な環境であれば、スキャルEAは最強でしょうね。スプレッドゼロの特別な状況でのヴァーチャルコンテストで、8位に入賞することが、凄いのでしょうか?そんなお遊びコンテストで8位に入賞したことをプッシュされても、なんだかなーという感じです。

国内外のファンドが信頼する自動売買システム?

ORION FXの販売ページには国内外ファンドが信頼する自動売買システム…という記載があります。

オリオンFXは、多くの自動売買システム(EA)を開発し、
個人投資家の皆様は然ることながら、国内外のファンドでもご利用いただいております。

この国内外のファンドって何でしょうか?購入検討者としては知りたいですね。

余談ですが、金融商品取引法では、ファンドの設立や運用そしてファンドの勧誘を行う者に対して、原則として登録を義務付けています。少なくとも日本国内では、登録をせずに(50人を超える)一般投資家に対してファンドへの出資を勧誘する行為は、法律に抵触する可能性があります。

スプレッド0のバーチャルコンテスト8位入賞よりも、ORION FXを利用したファンド名やファンドの成績を公開したほうがよっぽど信頼性があると思うのは、私だけでしょうか?

ORIONFXの優位性を証明するデータ(myfxbookなど)があれば、もう少し評価できる可能性があるのですが、残念です。

D評価商材
販売ページを見てみる

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

優位性を目でハッキリと見えるようになるためのトレード講座 光~ひかり~
優位性を目でハッキリと見えるようになるためのトレード講座 光~ひかり~【検証とレビュー】

「優位性を目でハッキリと見えるようになるためのトレード講座 光~ひかり~」とはどんなFX商材か? A評価「ぷーさん式トレンドフォロー輝」の上位版 当サイトでA評価の「ぷーさん式トレ…

AMMA
選択型自動売買システムAMMA(セレクション365)【検証とレビュー】

『選択型自動売買システムAMMA(セレクション365)』検証とレビュー 選択型自動売買システムはコピートレードの一種 株式会社トリロジー(Trilogy Inc.)によるサービスを…

逆転FX Trend Getter 【検証とレビュー】

逆転FX Trend GetterはPips Getterの兄弟分 今回は、逆転FX Trend Getterを取り上げてみたいと思います。以前、 逆転FX「Pips Getter…

みんなでFX -Rising Sun-
みんなでFX -Rising Sun- 【検証とレビュー】

「みんなでFX -Rising Sun-」を無料インジケーターで再現してみた 「みんなでFX -Rising Sun-」とはどんなFX商材か? ”運転免許証”を販売ページで公開する…

プライス乖離FX
乖離率を使ったトレード手法

乖離率トレードにチャレンジしてみるなら… 先日、FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんのプライス乖離FXをご紹介しました。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 乖…

FXで毎月ずっと57万円を稼ぐ方法 【検証とレビュー】

7万円のセミナー参加権が売られている 「FXで毎月ずっと57万円を稼ぐ方法」という名の商材が販売されています。この商材の中身は、7月6日(金曜日)19時から開催されるオンラインセミ…

BBF Advance 【検証とレビュー】

ボリンジャーバンドフィボナッチを使ったカウンタートレード BBF Advanceですが、「FX【変態】セミナー動画」と同じ販売者です。 商材の中身をざっくりと説明すると、ボリンジャ…

SIG FX 【検証とレビュー】

SIG FXについて 今回は、非常に問い合わせの多いSIG FX(シグ)を取り上げてみたいと思います。SIG FXは、いわゆるシグナル配信サービスです。 SIGFX【公式サイト】 …

FXスキャルマスター 【検証とレビュー】

王道ロジックを採用した順張りスキャル 2009年の10月から販売されていて、今でも売れ続けているヒット商材です。オリジナルインディケータとPDFマニュアル(全113ページ)で構成さ…

最近発売されたFX商材のドラゴンストラテジーFX、FXスキャル・パーフェクトシグナル、Flash Zone FX、ニュートンFXを比較してみる

FXスキャル・パーフェクトシグナル、Flash Zone FX、ニュートンFXを比較検討する ここ最近、多くのFX情報商材がリリースされています。その多くがMetaTrader4を…

FX-Sync Trade System(FX-STS) 【検証とレビュー】

”元ファンドマネージャー”の運用実績 販売ページから漂ってくる自信と裏腹に、運用実績は残念な結果となっています。FX-STSの運用実績は以下のサイトから見ることができます。 htt…

ストップ狩りとは?
マジックミラービジネスが「景品表示法」に抵触する理由を挙げていく

誇大広告のデパート 中川鉄平氏が提供するマジックミラービジネスの公式ページをみていると頭がクラクラします。あらゆる表現を使って煽り立てていますね。まさに誇大広告のデパートです。 マ…