山本有花 FXトレーディングサロン【検証とレビュー】

山本有花 FXトレーディングサロン【検証とレビュー】

C評価商材

FXで勝率100%=損切りしない手法という「オチ」

山本有花さんといえば過去にステイブルバイナリーを始めとした様々なFX(BO)商材をリリースしてきた女性トレーダーですね。

今回は「結論 負けないトレードが最強」と銘打って新たなFX商材を販売(プロダクトローンチ)しています。

  • 結論 負けないトレードが最強(山本有花)公式サイト

負けないトレード(勝率100%)とは、損切りしないトレードのことです。つまり過去にリリースしたステイブルバイナリーと同様、損切りせずにナンピンを仕掛けていく手法ということでしょうね。

FXにおける損切りなし&ナンピン戦略の危険性(リスク)は、このブログで何度も述べてきました。

山本有花さんの商材であるステイブルバイナリーの検証記事では、バイナリーオプションでのナンピン戦略(倍掛けマーチン)がいかに非現実的であるかを解説しました。

山本有花さんは、この手法(ナンピン損切りなし)が大好きなようです。

山本有花さん教え子も勝率100%

販売ページに掲載されている教え子の勝率もほぼ100%です。損切りしないから勝率100%なのです。

「勝率100%」のトレードを実践するために利幅を小さくコツコツと回数を重ねて儲ける方法を取っています。

怖いですね。典型的な損大利小トレードです。そしておそらくナンピンも・・・。

本当にリスクを理解しているのか心配です。

勝率100%の秘密とは?

勝率100%の秘密は、単純です。

リミット(利幅)< ストップ(損切り幅)

つまり、「利幅」よりも「損切り幅」が非常に大きいのです。例として・・・

  • リミット幅・・・3〜5pips
  • ストップ幅・・・100pips

こんな感じですね。ご覧の通り典型的な損大利小です。

リミット幅が非常に小さいため、すぐに利益確定をします。一方で損切り幅が深いので、そう簡単に損切りにはかかりません。

しかし、一度でも損切りに達すると大きな損失を出し、これまで積み上げた利益を一瞬で吹き飛ばしてしまいます。

さらに、この「リミット(利幅)< ストップ(損切り幅)」に加え、ナンピンをおこなうケースもあります。

レートが逆方向に動いて含み損が増えてきたら、段階的(戦略的)にポジションを建てていきます。その際にポジションサイズも段階的に増やす(倍加する)場合があります(これがマーチンゲール)。

ポジションサイズを増やしながらナンピンを仕掛け、レートの戻りに合わせて段階的に利食いをおこなうわけです。そうすることによってレートが完全に戻らなくともトータルで損益をプラスにすることも可能になります。

以下の動画の18分55秒あたりから、山本有花さんが実際のトレードを解説しているシーンを視聴することができます。

ご覧の通りIFO注文(IFDOCO注文・・・IFDONEとOCOを組み合わせた注文方法)ですね。指値買いし、リミットとストップも同時に設定するスタイルです。

動画内ではリミット幅・ストップ幅は隠されていましたが、「1分間で2万円くらい稼げれば・・・」という山本有花さんの言葉からも、利幅は非常に狭いと推測されますね。

「勝てそう!」と思ったあなたは投資リテラシーが低い

いかがですか?勝てそうな気がしてきませんか?

もちろん、相場が思惑通り動いてくれればトータルで利益を出すことは可能です。しかし「利幅が浅くストップが深い戦略」の危険性は、相場が一方的に逆方向に振れたときに顕在化します。あっという間に含み損が増大し、場合によっては強制ロスカットされるケースもあるでしょう。

さらにこの「利幅が浅くストップが深い戦略」にナンピン(&マーチンゲール)を加えることで、そのリスクは幾何級数的に増大します。

当たり前ですが、ナンピン(&マーチンゲール)戦略も万能ではないのです。むしろFX初心者が軽率に手を出すと極めて危険な手法です。一発退場もあり得るリスクの高い手法であることを知っておくべきです。

勝率100%という「耳障りのよい言葉」に躍らされるべきではありません。FX取引に限らず投資において「勝率100%」など無意味な存在です。

むしろ勝率が20%でも30%でも利益を出せるのが投資です。そこに投資の本質があります。

高額塾「山本有花 FX トレーディングサロン」へ誘導される

今回の「結論 負けないトレードが最強」からアドレスを登録すると、最終的に高額塾「山本有花 FX トレーディングサロン」の販売ページへ誘導されます。

「勝率100%」の手法のカラクリは先に述べたとおりです。勝率100%!、負けないトレードが最強!などという美辞麗句に目がくらむと、高額商材のカモネギにされてしまうかもしれませんよ。

※2015年に販売されていた高額塾「山本有花のFX教室」は298,000円でした。

C評価商材
  • 結論 負けないトレードが最強(山本有花)公式サイト

 

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

【ドローダウン】マイルストーンFXのその後が目も当てられない

マイルストーンFXのその後 以前検証したマイルストーンFXがその後どのようになったかご存知でしょうか。 マイルストーンFXの検証記事を見てみる マイルストーンFXは、今年2012年…

逆転FX Trend Getter 【検証とレビュー】

逆転FX Trend GetterはPips Getterの兄弟分 今回は、逆転FX Trend Getterを取り上げてみたいと思います。以前、 逆転FX「Pips Getter…

岩本式・アダムセオリーマスタースクール
岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクール【検証とレビュー】

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールは”3ヶ月間のFXオンライン塾” 岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが本日(2016年12月16日)より一般募集を開始しました…

マナブ式FX完全マスタープログラム 【検証とレビュー】

マナブ式FX完全マスタープログラムは海外の無料インディケーター”THVシステム”の日本語解説書だ まず、最初に申し上げたいのですが、斉藤学さんのトレーダーとしての実力は不明です。正…

含み損をかかえた「全コピFX」が募集を再開?

全コピFXのその後 前回の記事で全コピFXが壊滅的な状態になっていることをお伝えしました。 全コピFXで強制ロスカットが続発 全コピFXの主力トレーダーである全力男氏が莫大な含み損…

4DFX
4DFX -錬金スキャルロジック-【検証とレビュー】

「4DFX -錬金スキャルロジック-」とはどんなFX商材か? 4DFXはボラティリティブレイクアウトを捉えるチャートシステム チャート画面にローソク足を表示させずに、インジケーター…

白船誕生FX 【検証とレビュー】

”白船誕生FX” と ”黒船再来FX” 今回は、読者様から提供して頂きました情報をもとに、FX商材を検証していきたいと思います。 その名も「白船誕生FX」です。・・・どこかで聞いた…

FXplus3 Pistachio(ピスタチオ) 【検証とレビュー】

前作のFXplus2 Essentialについて FXplus3 Pistachio(ピスタチオ)が気になる方が多いみたいです。この販売者は、以前、FXplus2 Essentia…

FX裏技攻略塾TPSとスワップアービトラージ

TPSの手法は謎のまま… FX裏技攻略塾TPSが盛り上がっていますね。 FX裏技攻略塾TPSの「裏技」を勝手に推測してみる FX裏技攻略塾TPS第3期の販売価格は驚きの49万800…

FXトレードギア
『FXトレードギア』後発組なのに劣っているという”残念ツール”

『FXトレードギア』はロジック検証用ソフト(MT4専用) MetaTrader4(MT4)に付属するストラテジーテスターの機能を活用して過去相場の値動きを再現しつつ様々なロジック(…

みんなでFX -Rising Sun-
「みんなでFX -Rising Sun-」のチャートを無料インジケーターで再現してみたところ…完全一致だった件

「みんなでFX -Rising Sun-」が無料配布インジケーターと酷似していることについて 先日みんなでFXのレビュー記事をアップしましたが、そのなかで「2010年に無料配布され…

ドラゴンストラテジーFX
ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】

ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順 ドラゴン・ストラテジーFXの優位性を高める工夫 ドラゴ…