一撃バイナリー 【検証とレビュー】

一撃バイナリー 【検証とレビュー】

一撃バイナリー 【検証とレビュー】

D評価商材

一撃バイナリーは、クリック証券対応の自動売買ソフト

一撃バイナリーは、バイナリーオプションの自動売買ソフトです。GMOクリック証券のみに対応しており、EURJPY(ユーロ円)専用となります。販売ページには詳細が記載されていませんが、これ非常にハイリスクなマーチンゲールですね。

バイナリオプションはご存じの通り、現在値より上か下かの2択でエントリーします。※バイナリオプションのリスクについてはこちらでも解説しています。

倍賭けマーチンゲールの危険性について

GMOクリック証券の場合、15分毎にエントリーできる仕組みですが、このソフトは怒濤のごとく全てのエントリーチャンスにポジションを建てていきます。そして、もし負けたら次のポジションで2倍の掛け金を建てます。それも負けたら、次はさらに倍です。いわゆる倍掛けマーチンと呼ばれる手法です。

仮に100円でスタートした場合、1敗すると次は200円でエントリー、2連敗すると次は400円、3連敗すると次は800円、という感じで倍掛けマーチンゲールを行います。100円スタートのマーチンゲールで、10連敗すると損失の総額はいくらになるでしょうか?正解は10万2300円です。(実際には10回目は上限の50,000円までしか掛けられないため、10万1100円となります)

1000円でスタートすれば、単純にこの10倍ですので、損失額は102万3000円です。と言いたいところですが、そう単純ではありません。実は証券会社のルールで、一度にトレードできる上限が50,000円に制限されています。従いまして、1,000円スタートすると・・・

1敗目 ▲1,000円
2連敗 ▲2,000円
3連敗 ▲4,000円
4連敗 ▲8,000円
5連敗 ▲16,000円
6連敗 ▲32,000円
7連敗 ▲50,000円(上限の50,000円)
8連敗 ▲50,000円(上限の50,000円)
9連敗▲50,000円(上限の50,000円)
10連敗▲50,000円(上限の50,000円)
合計 ▲263,000円(最大ドローダウン)

つまり6連敗すると、7回目から毎回50,000円を掛けていきます。そして10連敗すると、全てリセットとなります。つまり、263,000円の損失が確定した上で、また最初から1,000円スタートするわけです。うーん、非常にスリリングなギャンブルですね。

自動売買ですので、10連敗するまでに、わずか2時間半しかかかりません。ヘタすると2時間30分であなたの26万円が吹っ飛ぶ可能性があるわけです。(1,000円スタートの場合)ちょっと目を離した瞬間に、あなたの口座が空っぽになっているかもしれません。

10万円を口座に入れて1,000円でスタートすると、6連敗した時点で口座残高が37,000円になります。わずか90分で63,000円を失うことになります。ここで打ち止めです。一旦手動で止めて再スタートするしかありません。残りの37,000円で再スタートすると、今度は5連敗で31,000円が吹っ飛びます。残りは6,000円です。10万円が6,000円になるということです。

6連敗や5連敗って、どれくらいの頻度で発生するのか気になりますね。次章で確認してみました。

連敗の頻度は?

一撃バイナリーの販売者が過去のトレード結果をまとめたPDFを公表しています。ちょっと見てみましょう。

  • http://forexoff.net/20111128-20111213.pdf

最初は100円スタートしてますね。12月5日からは1,000円スタートに変更しています。11月28日から12月13日までの平日12日間で、

7連敗が1回
6連敗が2回
5連敗11回

わずか12日間(営業日)で、連敗がこれだけあります。7連敗ということは、1,000円スタートの場合、最大含み損が113,000円ということです。7連敗に要した時間は、わずか1時間45分です。結構しびれますね。

マーチンゲールなので、マーチンを止めるまで(10連敗するまで)、もしくは資金が底をつくまでは、次の1勝で全ての負けを取り戻せる可能性があります。でももし、10連敗したら?あなたは10連敗が起きないと絶対に信じられますか?10連敗しないまでも、5連敗や6連敗は頻繁に発生しています。

破綻させないためには、口座残高に余裕を持たせるしかありません。しかし、余裕を持たせた状態で10連敗してしまうと、大きな損失になります。50万円入れて、1,000円スタート、10連敗すると52%の損失が発生します。つまり、50万円が23万7,000円になるということです。

しかも月額課金制で毎月8万円の利用料がかかります。※15,000円(毎月)のお試し版は、100円スタートしかできません。1,000円スタートは制限解除版の80,000円(毎月課金)を申し込む必要があります。

2択なので、連勝もあるが連敗もある

もちろん、ツール次第では連勝もあるでしょう。優位性のあるロジックを採用していれば、50%を超える勝率を維持できるかもしれません。こればかりは、やってみないと分からない(評価できない)ですね。

ただ、有利な点だけでなく、ネガティブな部分も知っておいて損はありません。ネガティブな点とは、上記に解説したとおり、連敗するリスクです。また、継続的に50%を超える勝率を維持しないと、期待値がマイナスのゲームなので資金が減ってしまいます。この点は、そのツール(商材)のロジック如何ですね。

結論:ギャンブルです

バイナリーオプションは、ギャンブルとして遊び金で楽しむのであれば、良いと思います。それなりに、ワクワク感があって、楽しめるかもしれません。でも、張る方向を指示されるギャンブルなんて、面白くないと思います。ギャンブルの高揚感を楽しみたいのであれば、自分で張る方向を決めた方がよっぽど楽しいと私は思います。

D評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

GMOauto 【検証とレビュー】

GMOautoを使うとアカウント凍結のリスク GMOautoは、GMOクリック証券のバイナリーオプションに対応した自動売買ソフトです。MT4(Metatrader4)と連動して稼働…

ボリ平式バイナリーオプション講座 【検証とレビュー】

ボリ平さんが商材販売 ボリ平さんの商材が、業界を賑わせていますね。ボリ平式バイナリーオプション講座(248,000円)です。ボリ平さんについては、古くからブログをチェックしていまし…

バイナリーオプションの新ルールが面白い!
バイナリーオプションの新ルールが面白い!

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画 今さらですが、4月以降に発表された、バイナリーオプション自主規制に関する解説動画をご紹介します。【第4回】(2013年4月26日)と、…

ヒルズバイナリー(FX MAO)【検証とレビュー】

ヒルズバイナリーの推薦者であるFX孔明氏 ヒルズバイナリーの推薦者は、一部の商材でよく見かける人ばかりですね。 販売ページを見てみる その中のお一人、FX孔明氏については、このブロ…

凄技・バイナリー│1日で資産10倍!凄技!バイナリー
凄技!バイナリー【検証とレビュー】

『凄技!バイナリー』検証とレビュー クロスリテイリング社がバイナリーオプション商材をリリース FX商材の大御所である「クロスリテイリング社」がバイナリーオプション商材をリリースしま…

バイナリー大百科 【検証とレビュー】

バイナリー大百科は、裁量商材 バイナリー大百科は、バイナリーオプション商材にしては珍しい裁量系のマニュアルです。販売者であるニーノ氏は、ブログも運営されていますね。  バイナリーオ…

バイナリーオプション自主規制案でGMOクリック証券が涙目な件
バイナリーオプション自主規制案でGMOクリック証券が涙目な件

クリック証券の”賭博場(カジノ)”が閉鎖 昨日の衝撃的なニュースから一夜明けました。 バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに! 今朝の日本経済新聞(朝刊)にもバイナリーオプシ…

タートル・トリック バイナリーオプション 【検証とレビュー】

タートル流バイナリーオプション? どこかで聞いたことのある商材名です。その名も… 伝説のトレーダー集団タートル流タートル・トリック バイナリーオプション 商材の中身は、スマートオプ…

ステイブルバイナリー 山本有花 【検証とレビュー】

倍掛けマーチンのBOシグナル配信 ステイブルバイナリーは、バイナリーオプションの商材です。基本的には、以前レビューした「一撃バイナリー」という商材とほとんど同じです。 一撃バイナリ…

バイナリー専用シグナル配信システム-Everything-【検証とレビュー】

60セカンズ・ペイアウト率70%ブローカー対応の商材 バイナリー専用シグナル配信システム「Everything」は、海外ブローカーに特化した商材です。60セカンズ(60秒後のレート…

ネクストバイナリーアカデミー【検証とレビュー】

ネクストバイナリーアカデミーは、ゲーム攻略本だ 絶対空間零(村上公一)氏によるネクストバイナリーアカデミーに関する問い合わせをいただきました。私はこのブログで一貫してバイナリーオプ…

ヒロセ通商がバイナリーオプションへの対応を発表
ヒロセ通商がバイナリーオプションへの対応を発表

業界「第9位」のヒロセ通商の開示データ 預かり残高業界第9位(2012年8月データ)のヒロセ通商が、バイナリーオプションへの対応をWEB上で発表しました。 【ヒロセ通商】バイナリー…