億超えスキャルピング【検証とレビュー】

億超えスキャルピング【検証とレビュー】

億超えスキャルピング【検証とレビュー】

C評価商材

「億超えスキャルピング」の開発者はあの”為替鬼”氏

「億超えスキャルピング」をレビューします。開発者は「為替鬼」のニックネームで知られる津田英明さんです。

億超えスキャルピング タイトル:億超えスキャルピング
販売:株式会社SEOオンライン
メディア:PDFテキスト・インジケーター
発売日:2017年9月14日
億超えスキャルピング【公式サイト】

「為替鬼」氏の経歴(うわさ)については、以下の記事で詳しく書きました。

ざっくりまとめると…

  • トレーダーズマーケット(シグナル配信サービス)を成績不振で脱退
  • ブログ掲載の実績がデモトレードではと不審を持たれブログを閉鎖
  • 為替鬼ファンドを開始するが3週間で30~40%の損失

これらは2011年〜2012年ごろにかけてのウワサであり、当時は2ちゃんねるを始めとして様々なメディアで為替鬼氏の話題が取り上げられていました。あくまでウワサにすぎないので、どこまでが本当なのか、その真偽を確かめることは今になっては困難です。

当時、為替鬼に関するウワサを扱った雑誌のキャプチャ画像を貼っておきますので、気になる方は読んでみてご自身で確かめてみてください。

2ちゃんねる記事(まとめ)はこちら。

憶測や単なる誹謗中傷含など、あることないこと書かれています。玉石混交のから本当に正しい情報だけを抜き出すことは難しいですね。私たちのネットリテラシーが試されます。

為替鬼氏のスキャルピング手法とは?

7万円を5000万円にした!?

さて為替鬼氏はこれまでに複数のFX商材を販売されていますが、そのすべてが「スキャルピング」手法に特化したものです。

彼自信がスキャルを得意としていることがわかりますね。「7万円を半年で5000万円にした」というのが基本的なキャッチフレーズです。

※今回は「貯金7万円から始めたFXで9ヶ月間で5,000万円稼ぎ…」です。

その真偽は置いておいて、いったいどのような手法で7万円を半年で5000万円にした」のでしょうか?

数秒〜数分で決済してわずかな利ざやを抜く”超速スキャル”

為替鬼氏のトレードを一言で表すならば「超速スキャル」ですね。まさに商材名と同じです。数秒から数分程度で、わずかな利ざやを抜いていくスキャルピングです。逆張りで仕掛け、利益がわずかでも乗った瞬間に手仕舞いをします。レートが逆方向に動いたときは、即ナンピンを仕掛けます。なかなかのリスクテイカーですね。

2本のラインチャートの乖離(さや発生)タイミングで仕掛ける

為替鬼氏のスキャルロジックを一つ紹介します。EURJPY(ユーロ円)とEURUSD(ユーロドル)を1つの画面にラインチャートとして重ねて表示させます。この2本のラインが20pips以上開いたら仕掛けるするというものです。

  • EURJPYが上・EURUSDが下の場合は「Sell」
  • EURJPYが下・EURUSDが上の場合は「Buy」

いわゆる「さや取り」とか「ペアトレード」と呼ばれる手法の1つです。為替鬼氏の手法は、「正」の相関関係の高い通貨ペアの値動きを利用し、一時的な乖離(さや)発生からの収束の動きを狙い撃ちするといものです。EURJPYとEURUSDの組み合わせ以外にも、AUDJPY(オーストラリア円)とNZDJPY(ニュージーランド円)などもよく使われますね。

サヤ取りのロジックの元にある考えは、開いた”さや”は、必ず閉じる(収束方向へ向かう)というものです。この考えのもと、収束方向へ仕掛けるわけです。しかし”さや”は必ずしも閉じるとは限りません。また、いつ閉じるのかも不明です。ここが「さや取り」の難しい点です。そこでナンピンの登場です。レートが逆方向に動けば即ナンピンをおこない、戻りを待ちます。

数pipsというわずかな利ざやをかすめ取るため、損切り幅は深くならざるを得ません。損大利小です。集中力を切らせば、損失は一気に膨らみ、薄利で積み上げた利益を瞬殺します。手に汗握るトレードですね。トレード毎に命を削ってしまいそうです。逆張りスキャル+ナンピン…まさにハイリスクトレードといえます。凡人の私には真似ができません。

上に書いたロジックは為替鬼氏の代表的な手法の1つであり、現在の氏の手法とは異なる可能性があります。

「億超えスキャルピング」の欠点

「億超えスキャルピング」のデメリットについて触れておきます。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

1.スキャルピングの再現性は低い

スキャルピングは個人差が大きく表れる手法です。数秒から数分の間に数pipsを抜くという「神業」に近いトレードです。レートを追う動体視力や高い集中力が求められます。トレードというよりは、アクションゲーム(シューティングゲーム)に近いですね。

為替鬼氏には可能でも、同じことをあなたが再現できるかどうかは、まったくの未知数です。あなたにスキャルの資質があれば可能でしょう。しかし誰もがスキャルの資質を持っているとは限りません。瞬間的なレートの動きを利益にするためには、極めて高度なスキルが求められることを知っておく必要があります。

2.チャート画面への張り付きは必須

スキャルピングですから、チャートへの張り付きは必須です。極論ですが、ENTRYしたら瞬きすらNGです。瞬間的にプラスにもなるしマイナスにも振れます。チャートから目を離せば致命傷を負いかねません。のんびりコーヒーなど飲んでいられません。あなたはこのストレスに耐えられますか?

3.スプレッドが命取りになる

1日にスプレッドやスリッページで支払う手数料は最低でも70、80万円ほど支払っています。
多い時は100万円を越えるときもあります。
なぜ、100万もの手数料を毎日支払っているのか?
それは、100万円の手数料を支払っても、利益が出ているからなのですね。

引用:億超えスキャルピング販売ページ

薄利のスキャルピングですので、圧倒的なトレード回数が求められることになります。その都度支払うスプレッドという名の手数料もバカになりません。為替鬼氏は1日に70〜100万円ものスプレッド(手数料)を払っていると語っています。この意味をよく考えるべきでしょう。このスプレッドがあなたにとって命取りにならなとも限りません。

今ひとつ
  • スキャルピングの再現性は低い
  • チャート画面への張り付きは必須
  • スプレッドが命取りになるかも

「億超えスキャルピング」の評価ポイント

次に「億超えスキャルピング」の評価できるポイントです。

1.為替鬼氏の最新のスキャル手法が学べる

為替鬼氏の最新の手法がマスターできる商材です。スキャルが大好きで、為替鬼氏の過去手法にある程度の見識があるならば、この商材はお買い得かもしれません。

2.為替鬼氏愛用のインジケーターがもらえる

スキャルピング補助ツール「Trade Point Indicator」が無料で手にすることができます。チャート上にシグナルが表示されるMT4専用インジケーターです。

Trade Point Indicator

Trade Point Indicator

このインジケーターを見ると、乖離トレードのようにも見えますね。今回の手法は、移動平均線から上下に一定幅でラインを描写し、そのラインにタッチで逆張りで仕掛けるのかもしれませんね。

ここがマル
  • 為替鬼氏の最新のスキャル手法が学べる
  • 為替鬼氏愛用のインジケーターがもらえる

「億超えスキャルピング」総合評価

C評価商材

【結論】スキャルピングは再現性の担保が難しいことを理解すべきだ
誰もがスキャルで為替鬼氏と同じ成果を出せるわけではない

為替鬼氏の様々な経歴のウワサは置いておくとしても、やはりスキャル手法の再現性の困難さは無視できません。スキャルピングは人を選びます。これは間違いありません。誰もがスキャルをマスターできるわけではありません。初心者ならば間違いなくスイングトレードのほうが利益を容易に出すことができます。

でも初心者ほどスキャルピングをやりたがるんですよね。FXに限らず株式トレードでも、スキャルピングで利益を積み上げていく姿はとても格好良く見えます。「タンタン、タ〜ン!」とキーボードを叩き瞬時に数万円の利益を手にする。「今日は、8万円の利益です(キリッ)」…憧れるのも無理もありません。

ただ、そんなことができる人は、選ばれた一握りの人だけです。あなたは神に選ばれし人ですか?

今ひとつ
  • スキャルピングの再現性は低い
  • チャート画面への張り付きは必須
  • スプレッドが命取りになる
ここがマル
  • 為替鬼氏の最新のスキャル手法が学べる
  • 為替鬼氏愛用のインジケーターがもらえる

「億超えスキャルピング」を購入したほうが良い人

  • スキャルピングが大好きな人
  • スキャルピングを極めたい人
  • 為替鬼氏の手法をよく知っている人で、彼の最新の手法を知りたい人

「億超えスキャルピング」を購入しないほうが良い人

  • スキャルが向いていない人
  • チャート張り付き時間を確保できない人
億超えスキャルピング タイトル:億超えスキャルピング
販売:株式会社SEOオンライン
メディア:PDFテキスト・インジケーター
発売日:2017年9月14日
億超えスキャルピング【公式サイト】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

マーフィーのスパンモデルに”プレミアム版”登場

スパンモデルのプレミアム版が発売開始 マーフィーの最強スパンモデルFX投資法に、特別版(プレミアム)が登場しました。 スパンモデルの詳しいレビューは、以下の記事をご覧下さい。 マー…

パリス昼豚の5万円FX 【検証とレビュー】

FX投資の教科書です おちゃらけの販売ページに騙されてはいけません。非常に芯のある真っ当なFX教材です。商材というよりは「教材」と呼ぶにふさわしいと思います。トレーディング技術を磨…

4DFX
4DFX -錬金スキャルロジック-【検証とレビュー】

「4DFX -錬金スキャルロジック-」とはどんなFX商材か? 4DFXはボラティリティブレイクアウトを捉えるチャートシステム チャート画面にローソク足を表示させずに、インジケーター…

スターハンターFX 【検証とレビュー】

スターハンターFXはシグナル点灯ツール MT4対応のシグナル点灯ツールです。 スターハンターFX販売ページ スターハンターFXの概要は以下のとおりです。 推奨通貨ペア:EURSD(…

プライス乖離FX
プライス乖離FX【検証とレビュー】

FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長がFX商材を販売 FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんがプライス乖離FXという商材を販売されています。 プライス乖離FXの…

スキャルピングFXプロ 【検証とレビュー】

半裁量・半システムの”王道スキャル” スキャルピングFXプロの販売開始時期は2007年ですね。今でも売れ続けているので、相当なロングランヒットです。スキャルピングFXプロ開発者の青…

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHVを自分で設定してみよう

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHV system 先日ご紹介したマナブ式FX完全マスタープログラムが売れてますね。 マナブ式FX完全マスタープログラム【検証とレビュー】 マ…

デイトレンドFX 【検証とレビュー】

ルールが明確な裁量系デイトレ商材 デイトレンドFXは、2008年8月から販売されていて未だに地味に売れている商材です。チャート上に複数のテクニカル指標を表示させ、厳密なルールに従っ…

SnakeFX 【検証とレビュー】

SnakeFXの実績は今のところ不明 SnakeFXは6月19日に登録されたEA(自動売買)システムです。EURUSD専用のEAですね。マーケットオープンとクローズ時間をターゲット…

e-Learning FX 【検証とレビュー】

e-Learning FXは、FXアカデミーの進化版 e-Learning FXは、FXエントリー&FXアカデミーで有名な小室陽一氏の新しい商材です。 FXエントリー&FXアカデミ…

トレンド・ディスカバリーFX
トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】

関連:トレンド・ディスカバリーFXが重要視する”通貨の競争力”とは? 関連:One Tap Trade FX【検証とレビュー】 「トレンド・ディスカバリーFX」とはどんなFX商材か…

ゴールデンアルティメットトレード【検証とレビュー】

ロスカット不要論、再燃 FXにおけるロスカット不要論を唱える商材がまた出てきました。ゴールデンアルティメットトレードです。 ゴールデンアルティメットトレード公式サイト 損切りをしな…