トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】

トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】

トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】

B評価商材

「トレンド・ディスカバリーFX」とはどんなFX商材か?

トレンド・ディスカバリーFXは「通貨間の競争力」に着目したトレンドフォロー商材だ

2013年4月にリリースされたトレンドハンターFXの作者関野典良氏による新しい商材です。

トレンド・ディスカバリーFX タイトル:トレンド・ディスカバリーFX
販売:クロスリテイリング株式会社
発売日:2017年4月20日
メディア:動画コンテンツ・オンラインセミナー
トレンド・ディスカバリーFX【公式サイト】

”未来予測”という仰々しいワードが販売ページに散見されますが、投資において未来を予測することは不可能です。あまりこの手の煽りワードは見たくないですね。

販売ページ内の”未来予測”というワードを紐解くと、

その答えは単純明快。「これからも伸びる通貨ペア」を見つければいいんです。

(中略)

「これからも継続して上がっていく可能性の高い通貨ペア」「これかでも継続して下がっていく可能性の高い通貨ペア」これを見つけることができれば、もう勝負あり、と言ってもいいくらいなんです。

つまり今後トレンドが発生しそうな通貨ペアを見極めるわけです。「未来を予測する」のではなく、「今現在、強いとされる通貨を絞り込む」という意味です。

「今どの通貨が買われ、どの通貨が売られているのか」

トレンド・ディスカバリーFXは、通貨間の競争力(強弱)を観測することで、現在勢いのある通貨を絞り込み、仕掛けのタイミングを待つというアイデアがベースになっています。

この考え方は、中・上級トレーダーであれば常に取り入れている思考です。以前このブログでご紹介した「億を稼ぐ現役大学生」=「タカシ」氏も、この通貨間の競争力に着目しているトレーダーの一人です。

3ヶ月で「億」到達!現役大学生が使ったマタフとは?

億トレーダーのタカシ氏は、通貨間の強弱を見極めるために「マタフ」という海外の金融情報サイトを利用しています。

マタフの中に、カレンシーインデックス(Currency index)という指数グラフがあります。こちらです。

Currency index

このカレンシーインデックス(Currency index)は一定期間内の各主要通貨の変動(評価値)をグラフ化(指数化)したものです。同一グラフで複数通貨を表示させるために、均等荷重式のバスケット方式で構成されている点が特徴です。通貨間の為替レートでの競争力をひと目で把握することができるグラフ(指数)です。

わかりやすく言えば、「今どの通貨が買われ、どの通貨が売られているのか」を視覚的に把握することができるグラフということです。

上記グラフは昨年(2016年)から現時点(2017年7月8日)までの各通貨の変動です。こうしてみるとGBPが昨年6月以降かなり弱含みであることがわかります。これはイギリスのEU離脱の影響であることはあきらかですね。その反動でJPY(円)が大きく買われたこともグラフから読み取ることができます。

ここ最近ではCADやNZDが上昇ししていますね。他の通貨ペアに対して「強い」と判断することができます。

トレンド・ディスカバリーFXのロジックは2つ

トレンド・ディスカバリーFXでも、各通貨間の強弱を精査することで、今仕掛けるべき通貨ペアを絞り込んでいきます。ここがこの商材の最大のポイントです。

つまり勢いのある通貨のトレンドに乗る!ということです。この相場観(戦略)がベースとしてあり、そのうえに具体的な仕掛けのロジック(戦術)が乗っかっているわけです。

さて気になるロジックですが、大きく2つあります。

  1. ボリバン押し目・戻りで仕掛けエクスパンションに乗っかる
  2. ラインブレイク後トレーリングストップで利益を追いかける

意外とシンプルですね。

1.ボリバン押し目・戻りで仕掛けエクスパンションに乗っかる

まずはボリバンブレイクです。ボリンジャーバンドのスクイーズ状態(バンドが閉じた状態)から押し目・戻りで仕掛けます。エクスパンション(バンドの急拡大)狙いですね。

手仕舞いはフィボナッチ・エクスパンションと呼ばれるインジケーターを使用します。ちなみにフィボエクスパンションはMT4のデフォルトで表示させることができます。フィボ・エクスパンションによって次の高値(の目安)を定め、タッチで手仕舞いとなります。

とてもベーシックなロジックです。

2.ラインブレイク後トレーリングストップで利益を追いかける

もう一つのロジックはトレンドラインを逆抜けで仕掛ける手法です。インジケーターは一切使用しません。チャートに引いたラインのみでトレードをおこないます。手仕舞いにはトレーリングストップを活用し、極力トレンドに乗っかって利益を伸ばしていくスタイルとなります。

こちらも極めてオーソドックスな手法ですね。

トレンド・ディスカバリーFX タイトル:トレンド・ディスカバリーFX
販売:クロスリテイリング株式会社
発売日:2017年4月20日
メディア:動画コンテンツ・オンラインセミナー
トレンド・ディスカバリーFX【公式サイト】

「トレンド・ディスカバリーFX」の欠点

トレンド・ディスカバリーFXのデメリットについて触れておきます。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

1.ロジックに目新しさはない

トレンド・ディスカバリーFXの2つのロジックに目新しさはありません。

  • ボリバン押し目・戻りで仕掛けエクスパンションに乗っかる
  • ラインブレイク後トレーリングストップで利益を追いかける

どちらも古くからある手法の1つです。斬新さはなく、ここに期待をしていると拍子抜けするでしょう。

2.未来を予測することなどできない

トレンド・ディスカバリーFX販売ページに踊る「未来を予測する」というフレーズは鵜呑みにしてはいけません。未来を予測することなど人類には不可能だからです。

未来を予測するのではなく、強い通貨を見極め絞り込んで仕掛ける、ということです。この点をしっかり理解しておく必要があります。

今ひとつ
  • ロジックに目新しさはない
  • 未来を予測することなどできない

「トレンド・ディスカバリーFX」の評価ポイント

次にトレンド・ディスカバリーFXの評価できるポイントです。

1.「各通貨の勢い」を見極めることを基本戦略とし、戦術としての王道ロジックと組み合わせることで相場の俯瞰力が身につく

トレンド・ディスカバリーFXの最大の特徴である「勢いのある通貨を見極める」戦略は高く評価できます。

相場を俯瞰する方法は様々ですが、その一つに「今どの通貨が買われ、どの通貨が売られているのか」という通貨のパワー(勢い)をチェックする方法があります。

トレンド・ディスカバリーFXでは「通貨の勢い」を事前に見極め、その上でベーシックなロジックで仕掛けのタイミングを取ります。そうすることでトレードの精度を高め、勝率を上げる工夫がなされているのです。

FX初心者を脱皮したいならば相場の俯瞰力を身につけることは不可欠です。その点においてトレンド・ディスカバリーFXは、俯瞰力を習得できる良質な商材であると評価できます。

2.手法はシンプルかつ王道だがそこに意味がある

トレードは戦略と戦術に分けることができます。戦略とは大局を俯瞰し、攻めるべき場所とタイミングをはかります。一方の戦術はより具体的な(局所的な)攻め方になります。いくら戦術が巧みでも、大局の見極めを誤れば、失敗します。逆に大局を正しく見極めることができれば、戦術が多少稚拙でも、トータルで勝ち越すことは可能です。

トレンド・ディスカバリーFXは、そのことを深く理解させてくれます。先に述べた「勢いのある通貨を見極める」戦略こそが最重要なのです。一方、具体的な戦術はシンプルであっても、抜けがなれば良いわけです。だからこそ、トレンド・ディスカバリーFXの2つの手法は、奇をてらわず、王道的なロジックでまとめてあるのです。

  • ボリバン押し目・戻りで仕掛けエクスパンションに乗っかる
  • ラインブレイク後トレーリングストップで利益を追いかける

戦略と戦術に齟齬がないことこそが、確度の高いトレード実践には不可欠です。

3.クロスリティリング社らしいまとまりのある商材

販売会社のクロスリティリング社は、商材パッケージング力が年々高まっていますね。​ユーザーが求めるものがよくわかっていて、それらを上手くパッケージングしています。トレンド・ディスカバリーFXも会員専用サイトが用意されており、ワンストップでコンテンツが提供されます。動画コンテンツにオンラインセミナーを加え、効率よく学べるプラットホームが用意されています。

ここがマル
  • 「各通貨の勢い」を見極めることを基本戦略とし、戦術としての王道ロジックと組み合わせることで相場の俯瞰力が身につく
  • 手法はシンプルかつ王道だがそこに意味がある
  • クロスリティリング社らしいまとまりのある商材

「トレンド・ディスカバリーFX」総合評価

B評価商材

【結論】「ボリバン押し目・戻り」&「ラインブレイク」で仕掛けるトレンドフォローであり目新しさはないが、”各通貨の強弱”に着目し大局を読み取る思考を付加することでベーシックなロジックに深みを与えた

「トレンド・ディスカバリーFX」はその名の通り、トレンドフォローを主体としたロジックです。仕掛けのタイミングは2つ。1つは、ボリンジャーバンドの押し目・戻り(エクスパンション狙い)、そしてもう一つはラインブレイクです。どちらもありがちなロジックですが、他商材と決定的な違いは、大局を読み取るための「思考」にこそあります。

ただチャートを眺めてルール通りにエントリーするわけではありません。最大15通貨ペアのチャートを俯瞰し、「勢いのある通貨」「強い通貨」を見極めてその通貨のトレンドに乗る、という考え方がベースにあります。まさに”大局を見る”ということです。

この「強い通貨」を探すためのフレームワークこそがトレンド・ディスカバリーFXの真髄と言えます。

今ひとつ
  • ロジックに目新しさはない
  • 未来を予測することなどできない
ここがマル
  • 「各通貨の勢い」を見極めることを基本戦略とし、戦術としての王道ロジックと組み合わせることで相場の俯瞰力が身につく
  • 手法はシンプルかつ王道だがそこに意味がある
  • クロスリティリング社らしいまとまりのある商材

「トレンド・ディスカバリーFX」を購入したほうが良い人

  • 相場の俯瞰力を身につけたい人
  • 通貨の強さ(勢い)をチェックしてトレードに活かしたい人
  • 王道トレンドフォローを身につけたい人

「トレンド・ディスカバリーFX」を購入しないほうが良い人

  • 斬新な手法を求めている人
  • シグナル点灯ツールを求めている人
  • トレンドフォローが好みではない人
トレンド・ディスカバリーFX タイトル:トレンド・ディスカバリーFX
販売:クロスリテイリング株式会社
発売日:2017年4月20日
メディア:動画コンテンツ・オンラインセミナー
トレンド・ディスカバリーFX【公式サイト】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

岩本式・アダムセオリーマスタースクール
岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが追加枠を用意しての限定募集・・・

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが追加枠を用意しての限定募集(先行販売枠) 岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールがわずか2時間で150名の定員に達して募集締切を…

The Secret FX
The Secret FX(ザ・シークレットFX)【購入レビュー】

The Secret FX(ザ・シークレットFX)を購入した クロスリテイリング株式会社の新商材「The Secret FX」を購入しました。FX仙人こと須藤一寿氏によるFX手法を…

FXB-Manual 【検証とレビュー】

ラインブレイクを極めた販売者 久々にまともな商材に出会いました。FXB-Manualです。 商材の内容ですが、ラインブレイク手法を解説した裁量マニュアルです。PDF(61ページ)と…

flashzonefx
Flash Zone FXの販売終了まであと12時間

Flash Zone FX【検証とレビュー】 Flash Zone FXを買ったので具体的な手法を解説する Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと Flas…

タイムゾーンブレークアウト 【検証とレビュー】

MAX氏のブレイクアウト系商材 タイムゾーンブレークアウトは、6月1日に発売以来インフォカートランキングで常に上位にありますね。ロジック考案者のMAX氏は、これまでにも数多くの商材…

FXの巨額脱税で逮捕された溝田耕治氏とTPSという裏ワザ系ツール

FXの巨額脱税で逮捕された溝田耕治氏とその仲間が裏技系商材(TPS)を販売 FX裏技攻略塾TPSの「裏技」を勝手に推測してみる FX裏技攻略塾TPS第3期の販売価格は驚きの49万8…

ダイヤモンド・トレンドFX
ダイヤモンド・トレンドFX【検証とレビュー】

『ダイヤモンド・トレンドFX』検証とレビュー 怒涛のごとく「FX商材」を次々リリースするクロスリテイリング社に息つく暇もない またもやクロス社の新商材です。昨年あたりから、月1くら…

FX-Sync Trade System(FX-STS) 【検証とレビュー】

”元ファンドマネージャー”の運用実績 販売ページから漂ってくる自信と裏腹に、運用実績は残念な結果となっています。FX-STSの運用実績は以下のサイトから見ることができます。 htt…

FX【変態】セミナー【検証とレビュー】

BBFカウンタートレードの応用手法を動画で説明したもの この商材は、もともと別で販売されていた「BBFカウンタートレード」という商材の応用手法を動画で説明したものです。BBFカウン…

FXライントレード・マスタースクール
FXライントレード・マスタースクール【検証とレビュー】

「FXライントレード・マスタースクール」とはどんなFX商材か? FXライントレード・マスタースクール(ライマス)はあらゆる相場環境に順応できる”王道ロジック” FX−Jin氏が体系…

シンプルな勝者
FXシンプルな勝者【検証とレビュー】

波形認識とダウ理論で相場を俯瞰する「FXシンプルな勝者」 使うのは水平線1本のみ〜FXシンプルな勝者はライントレード商材だ 「FXシンプルな勝者」は、名前も”シンプル”だけでなく販…

スパモニFX
スパモニFX -Super Morning FX-【検証とレビュー】

『スパモニFX -Super Morning FX-』検証とレビュー ”朝トレード”に特化したFX商材 早朝6時から朝8時までの2時間のみトレードするFX商材、それが『スパモニFX…