チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

D評価商材

バイナリーオプションのアービトラージ手法

今回紹介するチーティングトレーダー育成プロジェクトは、読者様から検証依頼のあった商材です。

チーティングトレーダー育成プロジェクトは、マーケットの歪みを狙ったアービトラージ的な手法ですね。投資対象は、バイナリーオプションです。

証券口座のシステムの抜け穴、具体的にはタイムラグを利用し証券口座を攻略する

投資市場における”ズル”を行い爆発的に資金を増やしてしまう方法

簡単に言ってしまえば、特定の証券会社におけるレート表示の遅れを利用して、”さや”を抜く手法です(さや取り=アービトラージ)。証券会社のシステムの脆弱性を突いた、非常に特殊な手法です。

このような市場の歪みを狙って投資を行うという手法は、昔から存在します。別に違法でもなんでもなく、むしろ非常にクレバー(賢い)なやり方です。市場の歪みを見つければ、それは即、圧倒的な優位性に繋がるからです。

ユダヤ人などは、こうした手法を得意としていますね。市場の歪みを見つけることができれば、それはまさに宝の山です。

私だったら、絶対に誰にも教えません。何故なら、市場の歪みを利用した手法には最大の弱点が存在するからです。市場の歪みは常に解消(対策)される運命にある、という点です。

いつ対策されてもおかしくない

このような市場の歪みは、利用者が増えれば増えるほど、発覚する可能性が高くなります。発覚すれば、即、対策されることになります。対策されるのは、1ヶ月後もしくは1年後あるいは今日かもしれません。

つまり予測不可能ということです。

歪みを利用した儲けは、一方的な誰か(=証券会社)の損失を生んでいます。その損失が無視できない規模になれば、確実に対策されます。

チーティングトレーダー育成プロジェクトで、多数の個人投資家が同じ手法を使えば、近い将来証券会社の損失も無視できない規模になるでしょう。その時が対策のタイミングです。

脆弱性を持つブローカーとはどこか?

さて、この脆弱性を持つとされる証券会社ですが、いったいどこのブローカーなのでしょうか?私は商材を購入していないのでわかりませんが、海外ブローカーであることは間違いありません。

ここからは推測ですが、おそらくOpshom.comではないかと思います。理由はいくつかあるのですが、実はOpshom.comを利用したアービトラージ商材が、過去にもあったからです。

それは、90日1000万円プログラムという商材(D評価)です。

90日1000万円プログラムの仕組みは、ブルームバーグのレートとOpshom.comのレートの歪みを利用するものでした。

そして今回のチーティングトレーダー育成プロジェクトも、どうやらブルームバーグレートと某海外ブローカー(Opshom.comか?)の、レート連動(タイムラグ)を利用する仕組みのようです。

それから、チーティングトレーダー育成プロジェクトの販売会社名は、オプションラボ合同会社です。なんとなくOpshom.comをもじったような会社名ですね。

さらに、 どちらの販売会社も外国人を起用しています。

  • 90日1000万円プログラム=エリック・スティーンバーガー
  • チーティングトレーダー育成プロジェクト=エドワード・マクラクラン

なんとなく類似している点が多いですね。

そもそも歪みなどない?

アービトラージ手法全般について言えることですが、一般的には対策を講じられるまでは、勝率100%のはずです。

しかしながら、チーティングトレーダー育成プロジェクトの勝率は70%前後のようです。レートのタイムラグがあるはずなのに、なぜ100%勝てないのでしょうか?

実践者のブログを確認してみると、どうやらタイムラグではなく、たんなるブローカーの独自レートを提示しているだけのようです。

FXブローカーは、相対取引においては、独自レートを提示することが普通です。つまり自由にレートを決めて良いわけです。その独自レートが、たまたま、遅れて(タイムラグ)連動しているように見えているということが実体のようです。

つまり歪み(遅れ)ではなく、単に別レートを提示していた、ということですね。

仮に”歪み”が本当であっても対策は必至

どちらにしても、カバー取引をしていないブローカーにとって、一方的な顧客の儲けはそのままブローカーの損失に繋がります。

もしもチーティングトレーダー育成プロジェクトのような、レートの歪み(タイムラグ)を利用したアービトラージが実践可能であれば、近い将来、必ず対策されるはずです。

対策しなければ、そのブローカーはあっという間に経営が傾くでしょう。

市場の歪みは、常に解消される運命にあるのです。

それらのことを十分理解した上で、チーティングトレーダー育成プロジェクト購入を検討するべきだと思います。

D評価商材
  • 販売ページを見てみる

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

プロフェッショナル・トリガーFX
プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)【検証とレビュー】

『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』検証とレビュー クロス社と双璧をなす「グローバルロイズ社」の新商材 FX情報商材業界の勢力図をみると、おなじみの「クロスリテイリ…

ProEX
ProEX(プロエグジット)【検証とレビュー】その1

ProEX(プロエグジット)【検証とレビュー】その2 『ProEX(プロエグジット)』検証とレビュー 異色のFX商材をレビューします。『ProEX』です。プロエグジットと読みます。…

”トルコリラ円でお気軽スワップ生活を目指す人”よ、早く目を覚ませ
”トルコリラ円でお気軽スワップ生活を目指す人”よ、早く目を覚ませ

TRY/JPY(トルコリラ円)という「鬼門」を開けたFXプライム 暴れん坊のトルコリラがまたもや傍若無人ぶりを発揮 トルコリラ、いよいよ奈落の底へ… 暴れん坊将軍「トルコリラ」がま…

トリニティスキャルパーFX 【検証とレビュー】

Mr.Brain氏のトリニティスキャルパー 注目のEAが登場しました。トリニティスキャルパーFXです。開発者はMr.Brain氏ですね。これまでも数々のEAを制作・販売してきた実績…

Market Hunt System(MHS) 【検証とレビュー】

公(おおやけ)のフォワード成績以外、必要ない ロジック非公開のFX商材販売ページにおいては、様々な言葉を使ってツールの優位性が解説されています。そもそも、ロジックが非公開のシグナル…

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 …

ポリバレントFX 【検証とレビュー】

ポリバレントFXはシグナル点灯ツール ポリバレントFXは、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツールですね。 ボリバレントではなく、ポリバレントです。ポリバレント(polyvalent…

FX THE-RULE-Pro 【検証とレビュー】

玄人好みの裁量系商材 なかなか玄人好みの商材です。FX THE-RULE-Proは、裁量系のトレーディングマニュアルですね。マニュアルは3部作になっており、全部で115ページありま…

ダブルスチール投資
カワセ係長の『ダブルスチール投資法』FXで強制的に+30pips獲得し続ける方法【検証とレビュー】

”そんなにFX勝てるなら自動売買化しろよバカ”←これ 過激な発言で煽る”カワセ係長”こと長谷川氏 「そんなにFX勝てるなら、自動売買化しろよバカ」と過激な発言で業界関係者をコケにす…

スパモニFX
スパモニFX -Super Morning FX-【検証とレビュー】

『スパモニFX -Super Morning FX-』検証とレビュー ”朝トレード”に特化したFX商材 早朝6時から朝8時までの2時間のみトレードするFX商材、それが『スパモニFX…

優秀なEAを選ぶシンプルな方法とは?

EAは【成績】が全て 昨日の記事でORION FXを取り上げ、EAの優位性を証明するデータが不十分であることを記載しました。 ORION FX 【検証とレビュー】 EAを提供される…

保護中: 特典ダウンロードページ

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。