禅FX(ZEN-FX)【検証とレビュー】

禅FX(ZEN-FX)【検証とレビュー】

禅FX(ZEN-FX)【検証とレビュー】

C評価商材

ZEN-FXはサポート&レジスタンスを使ったブレイクアウト系手法

ZEN-FXは、Metatrader4用のインディケーターです。チャート上に表示させたインディケーターを使って、目視で判断しながら(裁量)エントリー・手仕舞いをするという手法です。

具体的には、サポレジ(サポート&レジスタンス)を使ったブレイクアウト手法ですね。

昔、販売されていた「グローバルFX」によく似ています。グローバルFXも、サポレジを表示させそのブレイクによってエントリーするノウハウでした。

ちなみに、ZEN-FX(禅FX)の利食いのタイミングにはフィボナッチを使います。この点もグローバルFXと酷似しています。

サポート&レジスタンスは非常に優秀

禅FX(ZEN-FX)で取り入れられているサポート&レジスタンスですが、私は非常に好きなテクニカル指標の一つです。

一時期は、このテクニカル指標のみでトレードしていたこともありました。シンプルですが、理にかなっており、ブレイクアウト系の手法と非常に相性が良いのです。

サポート&レジスタンスのベースは、Fractals(フラクタル)というテクニカル指標です。フラクタルは、Metatrader4の標準インディケーターです。サポート&レジスタンスは、単にこのフラクタルのポイントから未来に向けて、横ラインを表示させただけのものです。

フラクタルを簡単に説明すると、前後5本の足で相場の転換ポイントを確認するテクニカルです。以下のチャートをご覧下さい。

フラクタルズ

フラクタルズ

ローソク足の上下に表示されている紫色の三角マークが、フラクタルです。そして、以下のチャートは、サポート&レジスタンスを重ねて表示させたチャートです。

サポート&レジスタンス

サポート&レジスタンス

ご覧の通り、フラクタルの三角印から未来(右側)に向けてラインが引かれていますね。実は、私のブログのオリジナル特典の1つでもあるSQ-BOXも、サポート&レジスタンス(フラクタル)を応用しています。

SQBOXその1

SQBOXその1

SQBOXその2

SQBOXその2

サポート&レジスタンスのラインを繋げることで、ボックス(箱)状のビジュアルデザインに変更したものが、SQBOXのベースになっています。

ZEN-FX(禅FX)と同じようにブレイクアウト系のツールです。

ZEN-FXを購入(39,800円)するなら、当ブログの無料特典(SQ-BOX)も、オススメです。SQ-BOXは、ご覧の通り非常に分かりやすいビジュアルで、ブレイクポイントを確認できます。

さらに、異なるサイズのBOX(サポレジ)を、重ねて表示させることが可能(無制限)ですので、一つのチャートで大きな時間足のサポレジを同時に確認することもできます。なかなか優れたインディケーターであると思います。

ボラティリティの有無をチャートに表示

サポート&レジスタンスを使ったブレイクアウト手法において、一番の弱点はダマシの連発です。ラインをブレイクしたと思ったら、また戻されて損切りになってしまう・・・こんなダマシを連発することがあります。

ブレイクアウトにありがちなダマシ連発を、いかに回避できるか?これがブレイクアウト手法のキモだと思っています。

その回避策の一つとしてボラティリティの計測があります。ZEN-FX(禅FX)の特徴として、ボラティリティの有無を星印の数で表現している点が挙げられます。

ボラティリティとは価格変動率のことです(価格流動性とも言います)。価格変動の幅が大きければ、ボラティリティが大きい(高い)と表現します。

ZEN-FX(禅FX)では、ボラティリティが高ければ星の数が2~3個表示され、ボラが少ない相場の時は星が1つしか表示されません。

初心者の方にとっては、非常に分かりやすくて好感が持てます。

無料のインディケーターでも対応可能

ZEN-FX(禅FX)を39,800円で購入してみるのも良いですが、無料インディケーターでも十分に同じことができます。

基本は、サポート&レジスタンスのブレイクアウトですので、サポレジインディケーターを表示させればOKです。

ボラティリティの有無に関しても、無料のインディケーターで対応できます。ボラの計測は、何でも良いと思います。ATRでもBand Width RatioでもVQでも何でも応用可能です。

もちろん、当サイトオリジナル特典のSQ-BOXでも、レンジブレイクアウトの手法が可能です。

サポート&レジスタンスを使ったブレイクアウト手法は一般的ですので、検索すれば沢山の検証記事が見つかるはずです。

自分で無料インディケーターを探して組み合わせるのが面倒な方は、ZEN-FX(禅FX)を購入されても良いかもしれませんね。

C評価商材
  • 販売ページを見てみる

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

トレンド・ディスカバリーFX
トレンド・ディスカバリーFXが重要視する”通貨の競争力”とは?

トレンド・ディスカバリーFXが重要視する相場環境認識=通貨の競争力 先日「トレンド・ディスカバリーFX」をレビューしました。 トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】 トレン…

デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証する

デブトレFXを購入しました ”デブトレFX”はシンプルだが決して侮れない デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証 最近、デブトレFXに関して問合せが増えて…

One Tap Trade FX
One Tap Trade FX【検証とレビュー】

『One Tap Trade FX(1タップトレードFX)』検証とレビュー ”1日1回1タップを繰り返すだけで10万円が1億円、2億円、3億円に!”←鵜呑みにしないように… FX情…

LogicalFX
Logical FX【検証とレビュー】

「Logical FX」は”水平線”のみでトレードする裁量手法だ シンプルトレードへの回帰が起こっている? サブタイトルに「水平線のみで波の止まりを的確に予測する・・・」とあるよう…

プライス乖離FX
プライス乖離FXの優位性について考察してみる

プライス乖離FXは 178,000円! プライス乖離FXがいよいよ販売スタートしますね。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 プライス乖離FXのロジックはATRだった! 販売期間は…

レパトリEA 【検証とレビュー】

他メディア記事の改ざん行為が目に余る 今回も読者様からの検証依頼です。レパトリEAという自動売買ツールですね。レパトリEAの販売ページですが、気になるところがいくつかあります。久々…

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入しました

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入 インフォトップのFX部門ランキグ上位のFXスキャル・パーフェクトシグナルという情報商材を購入しました。販売元はクロスリテイリングです。 F…

FX Realize
FX Realize【検証とレビュー】

『FX Realize』を購入しました FX情報商材を販売する業者は、その特色から大きく2つに分けられます。 商材のデパート 商材の職人 1つはクロスリテイリング社に代表される商材…

FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL
FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL【検証とレビュー】

FX MISSION ZEROの原点”MISSION 001”は鉄板中の鉄板だ! FX MISSION ZEROは「4時間足」に特化した「ボリバンの勝ちパターン」を学ぶ商材だ マー…

井手式7daysFX 【検証とレビュー】その2

井手式7daysFXへのご質問と回答 読者様から井手式7daysFXに関するご質問を頂いたので、シェアしたいと思います。 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その1 井手式7d…

TREND RIDE SCALPING NEO 【検証とレビュー】

TREND RIDE SCALPING NEOは意外と真面目な商材 ド派手な販売ページとは裏腹に、商材そのものは真面目です。 TREND RIDE SCALPING NEOは、メタ…

スイングマスターFX 【検証とレビュー】

スイングマスターFXの実績 スイングマスターFXは、読者様より検証依頼を頂いた商材です。 残念ながらスイングマスターFXの販売ページには、東正太郎氏の実績を裏付ける証拠は掲載されて…