ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~【検証とレビュー】

ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~【検証とレビュー】

ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~【検証とレビュー】

C評価商材

「ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~」は押し目・戻りを狙う逆張りEAだ

あの「ドルスキャワールドFX」がEAになった

サインツールのドルスキャワールドFXが、EA(自動売買)になって新たにリリースです。

ドルスキャワールドFX タイトル:ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~
販売:株式会社金馬新聞
メディア:EA(自動売買ツール)
発売日:2017年09月06日
ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~【公式サイト】

ドルスキャワールドFXオート(自動売買)のレビューの前に、そのベースとなった前作ドルスキャワールドFXの概要を振り返ってみましょう。過去のレビュー記事はこちらです。

チャート上に矢印シグナルを点灯させるインジケーターとして開発・販売されていました。内容は次のとおり。

  • ロジック:カウンタートレード・スキャルピング
  • 推奨通貨ペア:USDJPY(ドル円)
  • 推奨時間足:1分足
  • 平均保有時間:10分〜1時間

以下のチャート動画を見ればシグナルがどのようなタイミングで点灯しているかよくわかります。

ドルスキャワールドFXは、逆張りロジックに加えトレンド時の押し目・戻しを拾うスタイルです。大きな矢印で相場の反転を確認し、その後、小さな矢印点灯タイミングでENTRYします。手仕舞いは逆方向の矢印点灯タイミングです。

スキャルEAにしてはENTRY数の少なさが特徴的

今回の「オート(自動売買ツール)」版は、前作ロジックをほぼそのままEAに移植したツールです。自動売買化するにあたり、1分足に加え5分足にも対応させています。

気になるのはENTRY回数の少なさです。

  • 2013年…1分足200回、5分足32回
  • 2014年…1分足201回、5分足30回
  • 2015年…1分足216回、5分足45回
  • 2016年…1分足216回、5分足47回

過去4年分の1日平均ENTRY回数を算出してみます。ざっくりと1年=52週✕5日(平日)✕4年=1040日として計算します。

  • 1分足…平均0.8回/日 (833回÷1040日)
  • 5分足…平均0.14回/日(154回÷1040日)

ごらんの通り、1日に1回ENTRYするかどうか、という回数ですね。過去4年間でわずか987回という検証データーは、スキャルEAの優位性を裏付けるにはちょっと少ないなという印象です。

ナンピン・マーチンゲールはしない

バックテストによる成績グラフを見た限りにおいては、ナンピン・マーチンゲール型のEAではないことが一目瞭然です。

ドルスキャワールドFXオート2012年(1分足)

ドルスキャワールドFXオート2012年(1分足)

ドルスキャワールドFXオート2013年(1分足)

ドルスキャワールドFXオート2013年(1分足)

ドルスキャワールドFXオート2014年(1分足)

ドルスキャワールドFXオート2014年(1分足)

ドルスキャワールドFXオート2015年(1分足)

ドルスキャワールドFXオート2015年(1分足)

ドルスキャワールドFXオート2016年(1分足)

ドルスキャワールドFXオート2016年(1分足)

成績グラフは山あり谷ありですですが、年別に見れば、プラスで終わっています。

DD(ドローダウン)による含み損は、EAの”踏み絵”だ

2014年、2015年には大きなドローダウンもあり、積み上げた利益の大半(8割〜9割)を吹き飛ばしています。

ドルスキャワールドFXオートのドローダウン

ドルスキャワールドFXオートのドローダウン(2014年・2015年)

このドローダウンですが、どちらの年もある程度の利益を積み上げた後に発生しています。でも…あなたが運用開始直後に、ドローダウンが発生していたら?

ドルスキャワールドFXオートの含み損シミュレーション その1

ドルスキャワールドFXオートの含み損シミュレーション その1

上の画像は、2014年中期以降と2015年前半の運用成績を繋げたものです。運用開始直後に大きなドローダウンが発生して含み損を抱えてしまっています。

このときに、あなたは冷静にEAを使い続けられる自身がありますか?

もっと最悪なシミュレーションをご紹介します。

ドルスキャワールドFXオートの含み損シミュレーション その2

ドルスキャワールドFXオートの含み損シミュレーション その2

上の図は、販売ページにに掲載されている1分足(2014年と2015年)の運用成績グラフをつなぎ合わせたものです。

2014年後期から運用を開始し、2015年の末まで稼働させた場合のシミュレーションです。初頭に大きなドローダウンに見舞われ、14年の年末にかけてなんとかプラマイゼロまで戻します。2015年に入って順調に利益を積み上げるも、またもや15年下半期に大きなドローダウンで利益を全て吹き飛ばします。

1年以上かけて運用した結果、全ての利益を吹き飛ばし、ゼロになってしまったパターンです。せっかく初期のドローダウン(含み損)を耐えたのに…という残念な結果です。このシミュレーションは決して絵空事ではありません。十分に起こり得るシナリオの1つです。

ドローダウンによる含み損は、まさにEA運用における”踏み絵”です。含み損を抱えてもそのEAを使い続けるかどうか、あなたは試されているわけです。まさに試練ですね。この過酷な”踏み絵”を踏み、乗り越えられた人だけが、その後の利益を手にすることができるのです。

そのうえ、この試練(ドローダウンによる含み損)は、いつ発生するか予測が全くできません。運用開始直後にドローダウンが発生する可能性も十分にあります。その時にあなたは耐えられますか?

EAを使い続けることの難しさ

市販されているEAを使い続けることの難しさは、このブログで何度も触れています。

EAが全てダメだとは思いません。過去には信じられないほどの成績を叩き出したEAも国内外で存在します。早朝スキャルEAなどはその典型です(今ではほぼ使えませんが)。

結局、人の作ったEAを使い続けるには、ドローダウンや含み損に耐えられるだけの強靭な精神力と、持ちこたえられる資金力(もしくは適切な資金管理)が必要とされるのです。

市販EAを使い続けるには、そのEAを心底信じ切る必要があります。ドローダウンに遭遇しても含み損を抱えても、そのEAのポテンシャルを信じることで耐えられるのです。

しかしなかなかそれができません。大半の人が、すぐに不信感を抱きます。

あれ?なんだか負けが続いてるぞ?

今日も負けた…やばい!どんどん資金が減ってる!このままでは含み損を抱えるぞ!どうする?我慢するか?

また負けた!どうする、どうする?マイナスになったぞ!まだこのEAを使い続けるか?どうしよう?(オロオロ)

また損切りだ!含み損が膨らんでいる!もうダメだ!このままではお金がなくなってしまう!

しかたがない、もう止めよう…

なんだ!全然勝てなかったよ!ひどいEAだ!

ところがその後、EAは持ち直して含み損を解消し、プラスに転じる…EAのポテンシャルを信じて含み損に耐え、運用を続けていれば大きな利益を手にできたかもしれない…そんなことが普通に起きる世界です。

「ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~」総合評価

C評価商材

【結論】あなたはドローダウンという”踏み絵”を踏む覚悟があるか?

結局、市販EAを使い続けるには、そのEAのポテンシャルを心の底から信じられるかどうかにかかっています。生半可な忠誠心では、少しのドローダウンで不安がマックスになります。「ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~」も決して例外ではありません。

どんなに優れたEAでも、ドローダウンしないEAなどこの世に存在しません。相場状況によってはなかなか勝てず、損切りを繰り返すケースがあります。一定期間に負けが増えればドローダウンを発生させます。

「最大ドローダウンは未来に来る」という言葉があります。どれほど緻密にシミュレーション(バックテスト)しても、最大ドローダウン(MAX DD)は実際の運用中に発生する、という意味です。この格言を理解しているトレーダーがどれほど存在するでしょうか。

「ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~」のポテンシャルは、バックテストだけではわかりません。販売者がフォワードデータをmyfxbookなどで公開し、半年〜1年くらい経過した後に購入検討すべきかもしれませんね。

ドルスキャワールドFX タイトル:ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~
販売:株式会社金馬新聞
メディア:EA(自動売買ツール)
発売日:2017年09月06日
ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~【公式サイト】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に

ドル円が92円台まで上昇 円が92円台をうろうろしています。アベノミクスによる円安誘導が明らかに機能していますね。国内株式も円安につられるように株高が進行しています。約2ヶ月半で8…

グランドセオリーFX【検証とレビュー】

グランドセオリーFX販売の背景 グランドセオリーFXは、FX情報商材アフィリエイトサイトを運営されている「らいく」氏が満を持して発売したFX裁量マニュアルです。らいく氏の運営されて…

ダブルブレイクマネージャー【検証とレビュー】

『ダブルブレイクマネージャー』検証とレビュー 熊本地震(死者247人)に便乗した商法とも取られかねないマーケティング手法は賛否両論… 震災により甚大な被害にあった熊本の農村部に莫大…

チーティングトレーダー育成プロジェクト
チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

バイナリーオプションのアービトラージ手法 今回紹介するチーティングトレーダー育成プロジェクトは、読者様から検証依頼のあった商材です。 チーティングトレーダー育成プロジェクトは、マー…

エッセンシャルFX【検証とレビュー】

エッセンシャルFXは、チャートマスターが販売元だ 株式会社チャートマスターは、金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。 登録番号:関東財務局長(金商)第2086号 このブログで…

含み損をかかえた「全コピFX」が募集を再開?

全コピFXのその後 前回の記事で全コピFXが壊滅的な状態になっていることをお伝えしました。 全コピFXで強制ロスカットが続発 全コピFXの主力トレーダーである全力男氏が莫大な含み損…

他力本願FX
他力本願FX【検証とレビュー】

「他力本願FX」は既存の「ZuluTrade」を使ったコピートレードにすぎない 「他力本願FX」という名のFX商材が販売されています。 他力本願FX 販売元:情報問屋 高橋一二三 …

イサムデルタFX
イサムデルタFX【検証とレビュー】

イサムデルタFXのトレード動画を検証する【検証とレビュー】その2 『イサムデルタFX』検証とレビュー 「9年連続年収1億円トレーダー」のイサム氏の新作 「9年連続年収1億円トレーダ…

新時代のFX手法「C理論」【検証とレビュー】
新時代のFX手法「C理論」【検証とレビュー】

「新時代のFX手法 C理論」は単なるコピートレードだ ”カルロス上杉”改め、”CARLOS”… CARLOS(カルロス)なる謎の人物によるFX商材のオファーが届きました。「新時代の…

本気のFX
本気のFX【検証とレビュー】

『本気のFX』検証とレビュー 久々のタレコミ情報 読者様からの「タレコミ情報」です。 『本気のFX』というMT4専用インジケーターが発売されたのですが、どうやらその販売ページで使用…

Ava Swing System
Ava Swing System(エヴァスイングシステム)【検証とレビュー】

『Ava Swing System(エヴァスイングシステム)』検証とレビュー FX”先進国”の「日本」 FXが最も盛んな国はどこでしょう。言わずと知れた「日本」です。この事実は各種…

Free Tribe(フリートライブ) 【検証とレビュー】

会員50人に1億円以上稼がせたFreeTribe 今回も、読者様からの情報を元に、記事を書いています。ご紹介する商材は、FreeTribe(フリートライブ)です。とりあえず、こちら…